FC2ブログ

2008.11.19 (Wed)


マイクホンダが米教育長官?

親米保守か対米独立か

米国がオバマ政権になったら中国への接近をさらに強めるというのは短絡的な考えだと中嶋嶺雄氏は昨日の産経新聞(「シリーズ 米新政権を占う」)で述べている。

「民主党=中国重視」は単純過ぎ
http://sankei.jp.msn.com/world/america/081118/amr0811180316000-n1.htm

日米同盟関係は更に強化すべきであり、「最近、日本国内にみられる対米自主路線への方針転換といった意見には軽々に与するわけはいかない」という。

しかし、過去の民主党政権の親中主義と日本パッシング(無視)という歴史的事実を日本として忘れるわけにはいかない。ブッシュ共和党政権も最後は中国や北朝鮮に対する厳しい態度を放棄してしまった。
日本人の顔をして日本を貶める「慰安婦問題」の対日非難決議を推進したマイク・ホンダ米下院議員は教育長官のポストを狙っている。
教育長官になったら日本パッシング(無視)ならぬ日本バッシング(虐め)の教育を進めるのではないか。
民主党政権の今後の動きについては決して楽観を許せない。


産経新聞(2008/11/19)
ホンダ米下院議員、教育長官ポストに意欲

カリフォルニア州選出の日系下院議員、マイク・ホンダ氏は17日、サンノゼ・マーキュリー紙(電子版)など地元メディアに対し、「教育長官」としてオバマ次期政権で入閣をめざす考えを明らかにした。
ホンダ氏は、州・連邦の政界入り前に、サンノゼで公立学校の校長や教育委員を務めた経歴を持つ。同氏はこうした教職歴を挙げて、「すべて重要な職務であり、(長官ポスト獲得に)有益だと思う」と自信を示している。民主党全国委員会(DNC)副委員長や、アジア太平洋系の議連会長を務めていることで、ホンダ氏はオバマ氏への支持を呼びかけていた。ホンダ氏は昨年、下院本会議で採択された慰安婦問題をめぐる対日非難決議を主導した。(ワシントン 山本秀也)


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:17  |  -アメリカ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.19 (Wed)


贖罪が足りぬと村田晃嗣センセイ

空疎な村田晃嗣の「正論」

今朝の産経新聞「正論」欄は村田晃嗣(同志社大学教授)が書いている。
題名は「国民は対米追随の発想脱却を」とあるので期待して読んだが、どのように脱却すべきかはいっさい語られていない。

政府や外務省は対米追随主義であり、それを批判するメディアや世論も対米追随だと批判している。そして、アメリカの新政権はイメージ・チェンジしようとしているから日本もイメージ・チェンジせよという。
では、どのようにイメージ・チェンジすべきかというと、

「『過去を反省しない日本』や『謝罪しない日本』というイメージは、明らかに不正確なものである」

筆者は国際会議で欧米人や中国人、韓国人とこの「イメージの歪み」を是正すべく努力してきたという。つまり、「十分に謝罪している」と主張してきたというのである。

「精緻な歴史研究に立脚しつつ、さらに冷静で説得力のある『語り口』も重要ではあるまいか」

早い話が、もっと歴史研究を進めて、日本は謝罪しているのだと冷静に説得せよというのだ。
この伏線のあとに「正論」は次のように結論される。

「自分たちの持論だけが『真の近現代史』や『正しい歴史認識』であり、異論を唱える者は『反日的』といった狭量な発想では、論敵はおろか幅広い第三者の支持と理解を獲得することも困難である。日米ともにイメージ戦略を再考する時期に来ていよう」

田母神論文を激しく批判した村田氏は、その「歴史認識」を「狭量な発想」と断定している。
私は村田晃嗣を反日勢力の一人とみているが、異論を唱えるものを「反日的」と断定するのは「狭量な発想」と自己弁護している。

表題からすれば親米保守派に対する批判かと勘違いする。
「対米追随の発想を脱却」するということは、日本の真の独立を目指すことであり、東京裁判史観からの脱却を意味する筈である。
このような羊頭狗肉の「正論」、意味不明の「正論」を載せる産経新聞のジャーナリスとしての良識が疑われる。

オバマ政権は「慰安婦問題」で対日非難決議を主導したマイクホンダ議員を教育長官のポストに推す動きがある。
アメリカのこのような左傾化「チェンジ」に日本も対応せねばならぬ。
「話せば分かる」というこのような学者の空疎な論文はまっく無意味である。


国民も対米追随の発想脱却を
http://sankei.jp.msn.com/world/america/081119/amr0811190319000-n1.htm

謝罪外交からの脱却をと思う方はクリックを!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

15:48  |  妄言・暴言・失言集  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |