FC2ブログ

2008.11.07 (Fri)


筑紫氏は死して何を残したか

反日勢力のひとり死す

筑紫哲也氏については、別冊宝島で「筑紫哲也『妄言』の研究」なる特集号の雑誌が出るほど評判の悪い人物であった。
当ブログでも反日勢力の一人として批判してきた。

筑紫哲也氏癌で入院
http://blogs.yahoo.co.jp/blogger2005jp/48503491.html
筑紫哲也の通信簿
http://blogs.yahoo.co.jp/blogger2005jp/8500881.html
筑紫哲也妄言の研究
http://blogs.yahoo.co.jp/blogger2005jp/896220.html
筑紫哲也の珍妙な答え
http://blogs.yahoo.co.jp/blogger2005jp/1938873.html
筑紫哲也、民団・総連の和解を歓迎
http://blogs.yahoo.co.jp/blogger2005jp/36033255.html

TBSのNEWS23はどれほどの報道公害をもたらしたか計り知れなかった。
「多事争論」の終焉近くは見るに耐えない凋落ぶりであった。
その筑紫氏が死去した。
まことに感慨深いものがある。
ご冥福をお祈りするとともに、日本は筑紫氏の撒き散らした偏向思想を払拭して正しい方向に進むべしと強く思う。


筑紫思想は唾棄すべしと思う方はクリックを!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:37  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.07 (Fri)


ヒルはハニトラに落ちたか

喜び組に拉致されたヒル

ヒル米国務次官補はブッシュ、ライスのパシリである。

かつて青山繁晴氏が同席した会議で、ブッシュに呼ばれたヒルがおずおずと叱られた小僧のように正面に出てきたと言っていた。
たいした男ではないというような印象だった。

その小僧がいまや北朝鮮の言うがままである。
喜び組(正しくは喜ばせ組)のハニートラップに掛かったのではないかと思われるほどのフニャフニャぶりである。
サンプル採取などいくらでも誤魔化せるし、「科学的な手段」と表現を変えてまで取り決めを曖昧化しようとしている。

日本は米北の茶番劇、六カ国協議の茶番劇から「一抜けた!」と離脱するくらいの根性を見せるべきである。
それを「日本は蚊帳の外」などど偏向マスコミはさも不安げに煽っている。
今朝は麻生・オバマの電話会談があったというが、オバマ新政権で米中の蜜月時代が始まる。
日本もそろそろ自分の身の振り方を考えたほうがいいようである。


産経ニュース(2008/11/7 14:10)
米朝間に「明確な理解」、6カ国協議のヒル米国務次官補が強調

ヒル米国務次官補は6日、6カ国協議の北朝鮮次席代表、李根外務省米州局長とニューヨークで会談後、記者団に、北朝鮮の核計画申告の検証での「科学的手段」は核施設からのサンプル採取を対象とするとの「明確な理解がある」と強調し、10月の米朝合意から変化はないと語った。
 6カ国協議は米朝が合意した検証方法の文書化を目指すが、北朝鮮はサンプル採取という文言を文書に盛り込むことを拒否し、「科学的手段」という抽象的な表現になる見通しだ。日本が抵抗を示しているが、李局長はさらなる譲歩には応じない考えを示した。
 学術会議出席などのため訪米中の李局長は米次席代表のソン・キム担当特使とも協議。韓国の聯合ニュースによると、李局長はオバマ次期米大統領に、「どんな政府が樹立されても対北朝鮮政策に対応する準備はできている」と述べた


日本は独自の道を探れと思う方はクリックを!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

17:07  |  -アメリカ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.07 (Fri)


「村山談話」から「村山神話」へ

田母神氏の論文が公になった時に、こういう展開になる事が十分予想された。

たとえその論文が100%正しくとも、政争の具にされ「村山談話」を金科玉条とする勢力の餌食になる事は明らかだった。

麻生首相が「村山談話」を破棄する可能性はゼロに近く、国会で弁明に追われれば、「村山談話」は「村山神話」にまで高められ、二度と覆す事のできない日本人のトラウマとして後世代々に渡って日本人を苦しめるだろう。

田母神氏は責任をもって、自らが投じた一石の波紋を広げ、「村山談話」破棄につながる行動を取っていただきたい。

よもや「退職金を返納する」などと言わないと思うが・・・

国を憂える人たちは全面的にあなたを支援すると思うから。
石破茂氏が田母神氏と渡部昇一氏をブログで批判している。
このような思想の持ち主が日本の防衛の責任者だったと思うと慄然とする。
そのブログに石破礼賛のコメントが溢れるのを見てさらに慄然とする。
日本はいったいどうなってしまったのか。

http://ishiba-shigeru.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-8451.html

産経ニュース(2008.11.7 13:04)
西岡氏が田母神問題で麻生首相を批判 新テロ法案審議で説明を

西岡武夫参院議院運営委員長(民主党)は7日午前、国会内で記者会見し、田母神俊雄前航空幕僚長が政府見解に反する論文を発表した問題について「シビリアンコントロール(文民統制)の観点から由々しき発言だ」と指摘。懲戒免職でなく定年退職になったことについて麻生太郎首相が「どうのこうのという立場にない」と発言したことに触れ、「自衛隊の行動などの最終責任は首相にある。どうのこうのいう立場にある」と述べ、首相を批判した。
 また、新テロ対策特別措置法改正案が参院で審議中であることを受け、「国会の場で首相が考え方を明快に国民に説明すべきだ。それをやらないまま改正案を採決するならば、議運委員長として本会議の取り扱いを考えざるを得ない」と述べ、首相が参院外交防衛委員会などに出席して明確な説明をしなければ、同法改正案採決のための本会議を開会しない考えを示した。


村山談話は破棄せよと思う方はクリックを!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

16:58  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |