FC2ブログ

2008.09.28 (Sun)


日教組つぶしの大臣は要らない!?

小泉氏引退と日教組潰し大臣

小泉元首相の引退について各局が報じている。
しかし、小泉氏の残した業績については、ネガティブな評価が多い。
曰く、地方の疲弊、格差、アメリカの手先・・・
引け際の潔良さを美学として称える一方、次男の小泉進次郎君(27)を立てたことに失望し、世襲だとして非難が集中している。
Ponkoは世襲だからと言って必ずしも悪いとは思わない。
小泉氏の次男はかなりポテンシャルが高い青年とお見受けする。

反日偏向テレビ局の反日偏向番組「サンデーモーニング」は左寄りコメンテーターを揃え、司会の関口宏が最後に「その辺はどうなんでしようか」などと意味不明の締め方をする番組で敬遠していたが、ちょっと覗いてみた。

TBS「サンデーモーニング」(2008/9/28)

田中秀征
「叩き上げでなければ駄目だ。世襲で首相になれる優秀な人は何万人、何十万人に一人しかいない」


これはいくらなんでも極論だろう。
世襲が悪いといって進次郎君を否定する人は、肝炎薬害訴訟原告の福田衣里子さん(27)や女子アナの永江 孝子さん(48)と米国で政治学を学んだ真次郎君とどちらが政治家として期待できるというのか教えて欲しい。

岸井成格(毎日新聞特別編集委員)氏が小泉政治の功罪の功の部分に初めて触れていた。

岸井
「不良債権処理から最初に手をつけたこと、自民党の古い組織や派閥をぶっ壊したこと、新しいリーダー像を作ったということが大きな功績だ」


不良債権処理で日本経済が立ち直ったのは事実で、それがなければ今の日本は無いという人も居る。
アメリカの手先といわれた竹内平蔵氏も毀誉褒貶が激しい人だが、功労者の一人だろう。

ところが岸井氏は中山国交相の辞任については極めて批判的であった。

インタビューに答えて・・・

中山前国交相
「私は日本の教育の癌が日教組だと思っていますから。日教組をぶっ壊すために火の玉になるんだ


新聞記事でしか読んでいなかったので、この激しい言葉には驚いた。

関口宏
「相当恨みがあるんだね日教組に対して」

岸井
「ちょっと唖然呆然だ。中山さんは戦後教育の間違いだとか何とか言ってるが、言う資格があるのかと思う。この人は物凄く確信犯的だ。国交大臣の枠を越えている。辞任は当たり前、当然だ
日教組潰しの先頭に立つといっているが、そんな大臣は要らない


岸井氏は戦後教育の失敗と日教組の罪については認めていないようだ。
やっぱり毎日新聞、TBSは駄目だ。


日教組と民主党とTBSをぶっ潰せ思う方はクリックを!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:30  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.09.28 (Sun)


マスコミの言葉狩り

悪夢がよみがえる

26日に各紙の発表した麻生内閣支持率は大方の予想を下回った。

日経 53%    
読売 49.5%
朝日 48%
毎日 45%

お祝儀相場で60-70%という見方もあったからかなり少ない。
ただ、比例投票では自民党が民主党を逆転したと朝日と毎日は伝えている。

朝ズバッ!(9/26)でもやはり自民党やや優位の結果を紹介していた。

首相は
麻生  42%
小沢  19%

政党は
自民党 41%
民主党 37%

岸井成格(毎日新聞特別編集委員)
「民主党は女性の支持者が少ない。小沢さんになってから特に少なくなってしまった。そこが民主党は問題だ」


(女性独特の勘で民主党の胡散臭さを感じ取った)

杉尾秀哉
「阿部さんの時も福田さんの時もダブルスコアで負けている。それでも一昨年の参院選では小沢民主党で勝ったから、これは分からない。今度は衆院選で『お灸を据える』では済まされないから」


(参院選で『お灸を据える』などと安易な考えで民主党に入れたために政治が停滞している。「一度やらせてみたら』という安易な考えを再び繰り返せば、今度は取り返しのつかない事になる)

岸井
「選挙後、自民・民主ともに公明を入れても過半数を取れない状態になり、政界再編、大連合の動きは必至というのが各紙の共通したシミュレーションの結果だ」


この直後、中山国交相の失言問題が取り上げられ中山氏は今朝辞任した。
安倍政権の時、マスコミによる言葉狩りで何人かの閣僚が罠にかかり辞任した。そのデジャヴー(既視感覚)現象がいま起きている。

なぜ「言葉狩り」と言い「罠」と言うのか。
それは話した言葉の文脈を捉えずに一部だけをとり上げて、攻撃するからである。
インタビューの記者の質問も、失言を誘うような罠を掛けているのが見て取れる。
マスコミがこのような愚かな事を繰り返せば「物言えば唇寒し」の時代となり、言論の自由をジャーナリズム自身が失うことに気がつかないのか。


マスコミの言葉狩りに騙されるなと思う方はクリックを!
****
FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:23  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.09.28 (Sun)


「癌は差別語」と鳩山氏

癌患者に失礼だ

NHK「日曜討論」で「日教組は癌だ」と断言して辞任した中山前国交相に対して鳩山民主党幹事長は「『日教組は癌だ』というのは癌と戦っている人に失礼だと発言した。

鳩山氏は「大分県の教育委員会と何らの係わり合いも無い日教組の批判をしたのはとんでもない話だ」と批判した上に・・・

「教育は癌だという話は失礼だ。日教組にも失礼だが、癌と一所懸命に戦っている多くの方々にとって、大変な苦しみと戦っているのだから、ああいう言い方は絶対にしてはならない」
(「教育は癌だ」とは誰も言っていないが・・・)

これからは「・・・は癌だ」という言い方は癌患者に対して失礼だから使ってはならないということになる。

言葉狩りもここまで来ると滑稽極まりない。

YouTubeに「日教組徹底研究」という安倍政権時代のTBSの特集番組(2007年7月1日)がアップされている。ここでリンクをご紹介したいが、ブログが削除される危険があるのでググッて頂きたい(ニコニコ動画は一部削除された)
「ぼやきくっくり」さんの文字起こしサイトもある。

TBSにしては珍しく中立的なスタンスで、自民党と日教組の抗争の歴史が分かりやすく紹介されている。
この番組を見ると・・・

●日教組は共産主義思想に基づいた日本破壊の目的を持つ組織である。
●ゆとり教育はその目的に沿った教育改革であり、見事に失敗した。
●自民党はそれと戦ってきた。
●民主党は支持基盤である日教組を支援し、両者は同根である。
●安倍元首相は教育法改正の成果を上げたがマスコミは無視した。

ということが分かる。
中山国交相辞任劇の裏には、自民党VS民主党+日教組という戦いがある。
中山前国交相の発言内容は正しくとも、時期と方法が悪かった。
自民党もこれを擁護しなかったのは自ら白旗を掲げたようなものだ。

番組の中で、日教組の教員が1時間のうち教師が話す時間は5分だと言ったのには驚いた。
討論方式で子供に自分の頭で考えさせるというが、実は全くの嘘で、子供達の発言の中で自分の意図する方向に持っていくための糸口になる発言を取り上げて、「今の意見いいねえ、じゃあそれについて一緒に考えてみよう」と誘導していく。
このような洗脳教育に染まった基礎学力の不足した子供達が成人してどのような日本になったのかはご存知の通りだ。

安倍政権崩壊の時もそうだったが、マスコミの罠にかかる大臣、獲物を捕らえたマスコミの世論誘導で日本はますます悪くなっていく。


日教組は癌だと思う方はクリックを!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

16:00  |  妄言・暴言・失言集  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |