FC2ブログ

2008.09.24 (Wed)


麻生さん、ほんとに選挙を戦う気はあるんかい

本日の麻生総裁ネガティ・キャンペーン

相変わらず今日もテレビは麻生新総裁の超リッチぶりを取り上げて、庶民の痛みが分からないのではないかというネガティブ・キャンペーンを展開した。
新閣僚を予測するなかで、鳥越俊太郎は顔ぶれに新鮮味が無く、「ほんとに選挙を戦う気があるんかい」とこき下ろした。

テレ朝「スーパーモーニング」(2008/9/24)

【セレブ総理誕生】

山本博(オリンピックメダリスト)
「(麻生さんの邸宅の敷地が)3万坪という数字が出ても大き過ぎてイメージが湧かないから驚きがない」


(山本さん、アーチェリーで最年長メダリストとして名を上げたが、政治の素人では『的を射た』コメントもできないから降板したほうがいい)

落合恵子(作家)
「でも私たちって苦しんでいるわけじゃないですか、何年間の間。だから、どうか生活者の痛みを実感して頂きたい」


(自分は物を書くかたわら、ラジオやテレビに出演して稼いでいるのに「生活者の痛み」なんてよく言えたもんだ)

寺脇 研
「大きな家に住んでいるのは悪い事じゃないが、いろんな人の気持ち、つまり人権意識をきちんと持ってもらいたい。総理になるということはあらゆる日本国民を相手にすることだから」


総理総裁に人権意識を持てと説教したのには驚いた。
寺脇氏の紹介テロップが奮っている。
「ミスター文部省。落語や映画の評論も行い、日韓映画交流にも尽力」

そういえば、民主党にもミスター年金とかい議員が居たっけ。
寺脇氏は「ゆとり教育」を推進して今日の教育の退廃を生んだ張本人。いまでも『ゆとり教育」は間違っていなかったと言い張っている。
大阪の茨木市に今年開設された「コリア国際学園」の理事を務め「ゆとり教育」ならぬ「詰め込み教育」で金を稼いでいる。ちなみに講師も学生もほとんど韓国人。

「ゆとり教育が日本をダメにした」(2008/8/31)
http://blogs.yahoo.co.jp/nipponko2007/24389317.html

キャスター
「国民の苦しみにどうやって応えて行くのか・・・」

鳥越俊太郎
「一度は大臣をやった人が全部登用されるようだが、顔ぶれに新しさやアッピールするところがない。官房長官河村さんと聞いて、この人を思い出すような業績はあんまりないほんとに選挙を戦う気はあるんかい


ヤクザジャーナリストとして突っ込みどころが無くて弱ったのだろう。

TBS「ピンポン」(2008/9/24)

「夕刊フジ」麻生自爆組閣 舌禍、お友達、論功
「日刊ゲンダイ」麻生内閣 新味ゼロ 目玉は小渕優子だけ


井筒和幸
「誰でも大臣になれるんだよね」


「パッチギ」などの媚韓反日映画監督をコメンテーターにして反日的言動をほしいままにさせているTBSから放送免許を剥奪せよ。

宮崎哲弥
「地味すぎてもいいの。麻生さんは俺が居るからという『俺様内閣』だから。地味でも構わない、ちゃんと俺の言った仕事をやってくれればいい。俺が居るから大丈夫だと」


宮崎氏もたまにはいい事を言う。
「サプライズ人事」とかいってマスコミは騒ぎすぎる。
麻生氏が大臣経験者で内閣を固めて地道な仕事をすることはいい事だ。
早晩、マスコミは新閣僚の小さな傷をほじくり出して問題にして辞任に追い込む算段だろう。
安倍政権の轍を踏むことなく、堂々と小沢民主党と渡り合って信を国民に問えばいい。
そのときは景気対策だけではなくて安全保障問題、集団的自衛権、憲法改正、靖国問題を含む外交問題も争点にするべきである。


総選挙前に国民の世論誘導は止めろと思う方はクリックを!
****
FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

17:39  |  2008衆院選  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |