FC2ブログ

2008.09.05 (Fri)


安倍批判再燃の罠


安倍・福田両首相の辞任を一緒にするな

福田首相が辞任表明したことを野党と反日マスメディアは「無責任だ」といまだに言い募っているが、「福田辞めろ」コールをして来た彼らは福田辞任を歓迎すべきなの辞任を批判するという自己矛盾にいまだに気づいていない。

そんなお馬鹿さんが一年前の安倍前首相の病気による辞任を思い出したように言い出したことは実に不愉快である。
お馬鹿さんの一人、テリー伊藤も今朝こんなことを言っていた。

日本テレビ「スッキリ」(2008/9/5)
テリー伊藤
「(福田首相は)安倍さんを含めて、たいしことはやってなかった」


安倍前首相がたいしたことをしてなかったというのは認識不足も甚だしい。
反日勢力を相手に「相手のいやがること」を短い期間にたくさんやった。
そのことについては旧版「反日勢力を斬る」以来たびたび書いた。

今朝の産経新聞コラム「正論」で岡崎久彦(元駐タイ大使)氏が少し触れている。
「1年間の閉塞状態から脱せよ」と題したこの詳論は「まずは、福田康夫氏の爽やかな出処進退に敬意を表したい」と始まる。
いささか皮肉とも取れる前書きだが、いままでこのようなねぎらいの言葉を発した人はいない。

現在のねじれ国会を「下院とほとんど同じような権力を持ちながら政府が解散権を持たない上院を作ってしまった間違い」という指摘は正しい。

「次の選挙で勝つことを至上命令としている日本の小沢一郎民主党が、何が何でも政府を困らせて点を稼ごうとするのは分かる。だが、党利党略以上の国益というものを理解できないで、果たして政治家と言えるだろうか」という指摘にもまったく同感である。

安倍、福田両首相の突然の辞任を「政治的空白」という表現で批判する人たちには、安倍前首相が目指していたものを実現していない今の政治的状況こそ「政治的空白」と呼ぶべきだと思う。
安倍前首相による改革が頓挫してしまったことを嘆く岡崎氏の思いこそ、国民が共有しなければならないものだと思う。


「安倍晋三前内閣は『途中で投げ出した』などとマスコミで描写されているが、病気さえなければ投げ出す意図など全くなかった。
 むしろその前の国会で教育基本法の改正憲法改正に必要な国民投票法の制定防衛庁の省への昇格など歴代自民党内閣の数十年間の懸案を一挙に解決して、それを行政面で固めていく仕事が多々残っていて、それを進める予定だった。
 特に、日本の安全保障の重要な論点である集団的自衛権の解釈についての再検討は、予想以上に審議のテンポを早めるよう指示され、4分類の審議は昨年の夏休み中に終わり、9月14日に締めくくりの会議が予定されていたが、安倍総理はその2日前に病気で倒れられた。自民党数十年の懸案解決の一歩手前まで来て、改革が止まってしまったのは悔やんでも余りある。
 そうなった理由は誰も説明していない。ただ、戦後半世紀以上に及ぶ惰性的思考から抜け出そうという安倍総理の勇気に対する消極的抵抗の雰囲気(誰一人理論的に説明する勇気も知性も持ち合わせない雰囲気)が、せっかく始まった改革をサボタージュしてしまったのである」

全文は
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080905/stt0809050313004-n1.htm

病気で辞任した安倍前首相をいまだに叩こうとするやり口は支那のやり口である。
安倍前首相は決して水に落ちた犬ではないので、引用したくはないが、支那では「水に落ちた犬を叩け」という諺がある。
政敵の死者の墓場を暴いてまで復讐するという支那人の執念深さを反日マスメディアの安倍前首相批判に感じる。
反日国の工作員が多数入り込んでいるという噂もなるほどとうなづける。
もちろん安倍前首相は「水に落ちた犬」でも「墓に収まった政治家」でもなく、近い将来復活して日本を正しい方向に導いてくれるものと信じている。
それまでは、決して小沢民主党に城を明け渡してはならない。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

17:07  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.09.05 (Fri)


新 脱亜論


日本の近現代史を学ぶ最良の書

ロシアがグルジアを攻撃し、新しい冷戦時代が始まるかと言われている。
青山繁晴氏は米国の力が低下し、諸国の独自性が高まっている事を理由に冷戦の再来を否定しているが、世界は当時ほど米ソに二極化してはいないものの、依然一党独裁国と民主主義国の対立は存在する。

媚中政治家の福田首相が辞任を表明し、日中友好の幻から日本は眼が覚めるのだろうか。
反日勢力の中国、ロシア、北朝鮮、韓国に包囲された日本は聖徳太子、福沢諭吉の脱亜の精神を取り戻すことができるだろうか。
日本人の国家意識の欠如を憂う著者は、現在の極東の地政学的状況は冷戦時代を更にさかのぼって明治維新、日清・日露戦争開戦前夜の時代に「先祖返り」したかと思うほど酷似してきたと言う。

日本の近現代史をつぶさに調べ上げ、日本の先達が如何に独立自尊を守ったかを克明に記している。

本書を副読書として日本の現近代史を学んだ学生たちが日本を動かす時代になれば、日本の復興も可能になるかもしれない。それまで日本がもてばの話だが。

戦後の自虐史観教育を受けた人間の偏向思想が現在の日本をダメにしている。

「外交とは友好や善隣ではない。国益の確保そのものである」と著者はいう。

日韓併合に関しても、著者は「併合という手荒い方法で隣国を支配したことは胸痛を禁じえない」としながらも、現時点で代替案はみつからないといている。
ロシアの南下政策を食い止めるためには日韓併合が唯一の生存の道であったが、韓国は日本、ロシア、清の各国に自国を守ってくれる相手国を次々と変えていく「事大主義」で、政争と内乱に明け暮れていた。
そのような韓国が日本に併合されて発展基盤を形成することができたのは紛れも無い事実である。

近現代の歴史を振り返れば、日本が支那に関わりあって不幸な結果に終わった。
日本は大陸勢力中国と提携するよりも、日米同盟を機軸に、台湾、東南アジア、インド、オーストラリア、ニュージーランドと提携を深めるべきだと著者は主張する。

東アジア共同体は次の5つの理由で実現不可能であり、日本は参画すべきでないという。
これはEUと比較して東アジア共同体に反対する識者には共通の認識である。


1.各国の経済発展の相違
2.政治体制の相違
3.安全保障の枠組みの相違
4.解消できない日中韓の政治的緊張
5.主役が地域覇権主義の中国である


集団自衛権の発動に反対する公明党と連立する自民党の安倍晋三前首相は、集団自衛権についての懇談会を開き、答申したが、福田首相はお蔵入りにした。

北朝鮮の核実験で中川昭一元政調会長が日本の核保有の議論を喚起し、いま、次期首相に最有力の麻生太郎幹事長は「隣国が核兵器を持つにいたった今日、わが国も核保有を検討するというのは一つの考え方であり、いろんな議論をしておくことてが必要だ」と発言したことが論議を呼び、二度と核保有の議論が出来なくなった。
「持たず、作らず、持ち込ませず」の3原則に「論議せず」の4原則になったと識者から揶揄された。
麻生太郎氏が首相になった場合は是非とも核武装の論議を進めてほしいものである。

敗戦直後に小学校に入学した著者は近現代史を系統的に教えられることもなく「負の価値にたっぷり色づけされた左翼史観を断片的に注入された」。
この著者が最後に言う。

「日本はあらゆる可能性を検討し、国難に遭遇すれば核オプションもあり得るというメッセージを怜悧に発信することが、全体主義国家による核恫喝を押さえ込む有力な政治的「武器」たりうる。
北朝鮮の核実験を契機になさるべき議論が正当になさるべきである。そうでなければ民主主義国家の看板が泣こうというものである」


本書の目次はまだ読んでいないあなたへのメッセージである。
必ず買って読んでみたいと思うに違いない。



【目次】

第1章 先祖返りする極東アジア地政学 

日本の近現代史を、教訓を手にすることができるような形で「再編集」しなければならない。
これが日本の将来を指し示すロードマップとなる。

第2章 陸奥宗光の日清戦争・・・機略と豪気

陸奥宗光の思想と行動は外交の「原型」を示して余すところがない。
外交とは友好や善隣ではない。国益の確保そのものである。

第3章 朝鮮近代化最後の挑戦・・・金玉均と福澤論吉

福澤は自分の過去を朝鮮人留学生の中に見出し、頼ってくる彼らに救いの手を差し伸べるのは己の責だと感じた。

第4章 東アジア勢力確執の現実・・・果てしなきロシアの野望

三国干渉は所詮、国力と軍事力の相違である。明治の日本人は国際政治の厳粛な事実としてこれを受け止めた。「明治のリアリズム」である。

第5章 日露戦争と日英同盟・・・海洋国家同盟成立の意味 


イギリスと同盟を結んで背後を固め、全力を対露戦に注ぎ込む。
軍事力において劣勢の日本がロシアに勝利しえたのは、国際環境についての判断力と気概であった。

第6章 韓国併合への道程・・・併合は避けられたか


併合という手荒い方法で隣国を支配したことには胸痛を感じざるをえない。
しかし代替策は現時点に立って判断しても容易に導き出せない。

第7章 台湾割譲と近代化・・・日本の統治がもたらしたもの

世界の植民地の中で社会経済の近代化の観点からみて台湾ほどの成功をみせた地域は他にない。
明治の日本人の志の高さは台湾開発の中に「発見」できる。

第8章 第一次世界大戦とワシントン体制・・・追い込まれる日本


覇権国家は他国による覇権を猜疑し嫌悪する。
ワシントン体制とは、外交戦におけるアメリカの勝利であり、日本の敗北であった。

第9章 中国とはいかなる存在であったか・・・分裂と挑発日本が大陸内での局地戦のことごとくに勝利を収めながら、これが全局での勝利につながることがなかったのは、中国の分裂的現実のゆえであった。

第10章 海洋国家同盟か大陸国家提携か・・・日本の選択
東アジア共同体に日本が加わって「大陸勢力」中国と連携し、日米の距離を遠くすることは、日本の近現代史の失敗を繰り返すことにならないか。
                        
第11章 「東アジア共同体」という錯誤・・・中国の地域覇権主義を見据えよさしたる戦略もなく、言葉は麗しいが、内実の不鮮明な「東アジア共同体」という「鵺(ぬえ)」のような怪物に日本が飲み込まれることは避けねばなるまい。

第12章 日米海洋国家同盟を守る・・・自衛権とは何か中国や韓国の友人たちにも一言したい。中韓からの「冷遇」と「侮辱」に日本人がいつまでも甘んじつづけているという前提は危ういのではないか。

おわりに
近代日本の先人たちは極東アジアの国際環境をいかに観察し行動して、日本の独立自尊を守ったのか。このことを日本の若者にどうしても伝えておきたい。



ランキングにご支援お願いします。
****
FC2バナー2




テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

00:25  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |