FC2ブログ

2008.08.27 (Wed)


ペシャワールをググってみたら

お花畑の住人は他人を死に追いやる

ペシャワールの会をぐぐってみると、1984年からパキスタンの中村哲医師を支援するために出来た会だそうな。
著書に「アフガニスタンで考える-国際貢献と憲法九条-」(岩波書店)などがある。

「丸腰だから現地の人に伝わるものがある」と「九条の会・小平三周年のつどい」で講演し、アフガンへの自衛隊の支援を批判している。
やはりお花畑に住んでいる人でした。
http://www.news.janjan.jp/world/0806/0806048723/1.php
別のサイトでは中村医師はタリバンのスポークスマンだという批判もある。
民主党小沢一郎とのパイプもあるという。

今回の事件でペシャワール会の会長は、「現地の情勢判断を誤った」と認めながらも「今後もアフガンでの活動を続ける」と言っている。

責任をとってペシャワールの会は解散するのが筋である。
NHKは早くも被害者をヒロイズムに満ちた殉教者のような扱いを始めた。
こういうお涙頂戴的な取り上げ方は御免蒙る。
被害者がおのれの信条に殉じたならばそれはそれでいいが、偏向思想の会が純粋な若者を死に追いやったとすれば許せない話である


お花畑の住人は他人を死に追いやると思う方はクリックを!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:53  |  事件  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.27 (Wed)


アフガンで邦人拉致される

テレビは騒ぎ過ぎ

テレビ各局は一人の日本人ボランティアが治安が悪化するアフガンでテロリストに拉致されたくらいでなんでこんなに大騒ぎをするのだ。
外務省の退避勧告も無視してNGO活動を続けるスタッフにはそれなりの覚悟があるだろう。
たった一人解放するためにまた政府が動く。税金が払われる。
テレビでは、今、大野某とかいう自称中東問題専門家が

「拘束されて自己責任だというかも知れないけれど考えなければならない問題だ」
と訳のわからないコメントをしてギャラを稼いでいる。
何をどう考えなければいけないのか教えて欲しい。

ボランティアはヒーローではない。
外務省の勧告を無視して退避しないボランティアを批判する声はひとつもあがらない。
外国人を助けるために危険な海外に行くぐらいなら、日本でへルパーになって一人でも多くの高齢者を助けてもらいたい。(08/27 8:37 記)
その後、被害者は遺体で発見された。ご冥福をお祈りする。


外務省:危険情報】
本情報は2008/08/27現在有効です。
アフガニスタンに対する渡航情報(危険情報)の発出(2007/07/25)
●下記以外のアフガニスタン全土
    :「 退避を勧告 します。渡航は延期してください。」(継続)
●首都カブール、ジャララバード、ヘラート、マザリ・シャリフ、バーミ
  アンの各都市
    :「 退避を勧告 します。渡航は延期してください。」(真にやむ
     を得ない事情で現地に残留せざるを得ない場合は、政府機関、所
     属団体等を通じて組織としての必要かつ十分な安全対策をとって
     ください。)(引き上げ)


テレビはこんな事でいちいち騒ぐなと思う方はクリックを!
****
FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:48  |  事件  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |