FC2ブログ

2007.12.19 (Wed)


山拓、来年訪朝に意欲

山拓、来年訪朝で松茸狩りか

山崎拓氏が北朝鮮朝鮮問題をテコにその存在感を示そうとしている。
以前にも記事でご紹介した「朝鮮半島問題小委員会」が18日に初会合を開き、山崎拓氏は福田首相のお墨付きを貰った小委員会であると明らかにした。
来年は積極的な活動を展開し、山崎氏自身も再度訪朝する意向を示した。
福田政権のもとでは「二元外交」との批判は受けないだろう。

「福田政権で国交正常化」をというが正常でない国とどうやって正常に国交ができるというのか。
独裁政権との国交を正常に行うとはどのようなことを言うのか。
田中角栄氏が日中国交の正常化の立役者と言われているが、一方的に私たちの税金であるODAを与えて、反日的な仕返しを受けている日中が正常な国交をしているとはといもいえない。

同じ事がまたアジアのもうひとつの独裁国家である北朝鮮との間で繰り返されることは目に見えている。
北朝鮮に金を与えて、拉致家族の一人も取り返せないことは目に見えている。
北朝鮮に与えた金は日本の企業が入り込んで開発事業を行い、利益を上げ、その一部が仲介者の政治家にキックバックされるという構図はすべてお見通しだ!

この小委員会の顔ぶれを見て、真に拉致家族の奪還を望む愛国議員か、それとも利権が絡む売国議員か、今後の彼等の行動をじっくりと注視する必要がある。

安倍政権が倒れてからというもの中国や北朝鮮に対する圧力を止め、話し合いという名の媚中外交、利権外交に走ろうとしている自民党の売国議員の動きが活発になってきた。彼等から目を離さないでおこう。

【関連記事】山拓ってどんな人
http://blogs.yahoo.co.jp/nipponko2007/10344176.html


産経新聞(2007/12/19)
山崎氏「福田政権で正常化を」
朝鮮半島小委初会合


 政府の対北朝鮮外交をバックアップするための機関として新設された自民党朝鮮半島問題小委員会(委員長・衛藤征士郎元防衛庁長官)が18日、党本部で初会合を開いた。最高顧問に就任した山崎拓元副総裁は「福田政権で日朝国交正常化を達成したい」と小委員会を通じて北朝鮮との政党間外交を強化する考えを示した。

 初会合には、中谷元・元防衛庁長官ら約30人の衆参議員が出席。山崎氏は小委員会設置を「福田康夫首相の意向だ」と強調した上で、「朝鮮半島問題をめぐり来年は非常に忙しい年になる。党側も臨機応変に対応していきたい」と述べ、自らの訪朝にも含みを残した。

 山崎氏は独自の対北朝鮮パイプを持つことで知られ、平成16年4月に中国・大浦で鄭泰和・日朝国交正常化交渉担当大使(当時)と接触。今年1月にも訪朝し、北朝鮮の金養建国防委員会参事らと会談したとされ、「二元外交」と批判された。

自民党朝鮮半島問題小委員会の役員は次の通り。(敬称略)
【委員長】衛藤征士郎
【最高顧問 山崎拓
【顧問】愛知和男、臼井日出男、中馬弘毅
【副委員長】太田誠一、大野功統、金子一義、川崎二郎、河村建夫、笹川堯、園田博之、船田元、細田博之、中曽根弘文、溝手顕正
【幹事長】茂木敏充
【幹事】田野瀬良太郎、平沢勝栄
【事務局長】高木毅


山拓の松茸狩り許すまじと思う方はクリックを!
***
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

12:41  |  -朝鮮半島  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |