FC2ブログ

2007.11.30 (Fri)


護憲派の肩持つNHK


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


NHK番組「憲法論議に揺れる地方自治体」

NHKが18時半に放映したこの番組は関東地方の地震で一時中断したが疑問の残る番組だ。

千葉県鎌ヶ谷市の主婦たちが憲法を考えようと「みんなの憲法」というパンフレットを印刷して、あちこち配布して公民館にも置いてもらおうとしたが断られた。
賛成も反対もしない中立な立場で書いたの残念だという。

別のケースでは先の大戦に関する展示会と戦争体験を語って来た老齢の元日本兵が、最近公民館から許可されなくなったのは解せないとインタビューで語らせた。
これは明らかに戦争反対、改憲反対の運動である。

NHK千葉がちなみに千葉県の56市町村の自治体に、鎌ヶ谷市の主婦達のパンフレットを置くか否かの調査をしたところ、63%が認めないという結果になったという。

パンフレットの内容を視聴者に公開しないでは、自治体の回答が正しいかどうか判断できないではないか。

NHKはアンケート結果を示した後で、評論家に「公民館は市が一方的に情報を提供する場所ではなく、市民が自分の意見を反映させる場所である。政治的な中立性にこだわることはない」と語らせる。

現在のように公民館が思想的に偏った市民活動家の政治活動の場所になっていても構わないというのか。

千葉県は九条の会の活動が盛んである。
尾木直樹氏(教育評論家 法政大学教授)を招いて護憲講演会などを公共施設でやっている。

千葉県9条の会
http://chiba-9jou.net/chiba9jou.html

安倍政権が憲法改正の手続きを法制化したが、改正論議はまだ数年後の話なのに、地方自治体は今から過敏になりすぎているという批判の込められた番組づくりだった。

あの沖縄戦での「軍命令による集団自決」の捏造をした大江健三郎が属する護憲派「9条の会」の運動を自治体の施設で許してはならない



↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:53  |  --反日NHKウォッチング  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.11.30 (Fri)


小沢党首、民主党の癌?

人騒がせな見出しだ。

てっきり小沢代表が民主党のガンであり、一時は政界引退も考えたのだと思ってしまった。

しかし、考えてみれば、「俺の言う事が聞けないなら党を出て行け」とか「政権担当能力が無い」とか「衆院選は苦戦する」とか「辞める」「やっぱり辞めない」とか言いたい放題。

党員は小沢代表に気を使って反対も出来ない。

国会は証人喚問するのしないのといって空転している。

これはやはり民主党のガンではなく、日本のガンであろう。


イザ・ニュース(11/29)
小沢代表がガン!? 一時「政界引退も考えた」

 民主党の小沢一郎代表がガン手術歴があったことが29日、わかった。同日午前のテレビ朝日の情報番組で小沢氏が明らかにしたもので、「(昭和44年に衆院選に初当選した)すぐのころで甲状腺(せん)。たまたますぐにわかって手術をした」と告白。

 しかし手術後声が出なくなり、「本当に政治家を辞めようかと思った。地方選挙の応援に来いといわれ、それで声が出なかったらその場で政治家を辞める以外ないと思って行ってて、思いっ切り声を出したら出たんですよ」と一時は政界引退を決意したとの“秘話”を語った。

 他の出演者らは「心臓が悪いと聞いていたが、初耳だ」と驚いていたが小沢氏は「当時はマスコミにも相手にされていなかったから」とすましていた。

 同番組にレギュラー出演している鳥越俊太郎氏が今年、ガン手術を受けたことから、小沢氏は「ガンは早く見つければ何のことはない。激励のつもりで言った」(周辺)という。


いたずらに証人喚問を求める民主党に喝!と思う方はクリックを!
***
FC2バナー2



テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

10:03  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.11.30 (Fri)


東国原知事、徴兵制発言を撤回

徴兵制発言を撤回するな

東国原知事が、県民との座談会で「学校が教えない心身を鍛錬する場」として徴兵制があって然るべきだとの発言を撤回した。

北朝鮮が核ミサイルを発射した時、「日本の核武装論を始めるべきだ」と誰かがいったら、とんでもないと批判されて、持たず、作らず、持ち込まずの3原則に「論ぜず」の4原則になったことがあった。

知事よ、「徴兵イコール戦争」などと短絡的な批判を怖れるな。

若者が国を守らなくてどうする。

NHKの反日番組「日本のこれから」で「外国に攻められたらどうしますか?」と言う質問に「戦争はいけない。外国に逃げます」と答えた若者が多かった。

徴兵制がどうして悪いのだ。

とりあえず、徴兵制の代わりに、若者は全員自衛隊に体験入隊すべきである。

以前、テレビで芸能人たちの体験入隊の番組を見たことがある。

最後まで落ちこぼれないで、一番成績の良かったのは、なんと、あのなよなよしたオカマの振り付け師カバちゃんだった。

彼(彼女?)は全員が脱落するなかで、ただ一人、障害物の乗り越えや山登り、そして最後は銃を持った苦しい匍匐前進も難なくやり遂げた。

ダンスで鍛えた身体と意外にも強い意志の持ち主だと見直してしまった。

日本の若者よ、カバちゃんに負けずに強い身体と強い意志で日本を守る礎となれ。


イザ・ニュース(11/29)
東国原知事が徴兵発言で釈明も
今度は「徴農制」


 宮崎県の東国原英夫知事は29日、徴兵制に賛意を示したとされる発言について「徴兵制を容認していない。戦争に直結するものでは全然ない」と弁明した。同時に、若者に一定期間、強制的に農業を体験させる「徴農制」などの仕組みが必要との考えを強調した。
 東京都内で開かれた「道路整備の促進を求める全国大会」終了後に報道陣に答えた。
 東国原知事は「徴兵制」発言について「社会のモラルハザード、規範意識の欠落、希薄化はどういうところで補うのか。学校教育が補えない中で、心身を鍛錬する場が必要ではないかと言いたかった」と釈明。
 「この国の道徳観の崩壊を心配しての発言と解釈してほしい」とした上で、知事は「例えば徴農制とかで一定期間、農業を体験するとか、介護、医療、災害復興の手伝いなどをある程度強制しないと今後の担い手不足、社会構造の変化に付いていけないと危惧(きぐ)している」と強調した。
 東国原知事は28日に宮崎市内で開かれた県民との座談会で宮崎市内で開かれた県民から直接意見を聞く「県民ブレーン座談会」で「僕は徴兵制はあってしかるべきだと思っている。若者は1年か2年ぐらい自衛隊か、ああいうところに入らなければならないと思っている」と発言していた。


ランキング参加中です。よろしければクリックを!
   ↓***
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

09:56  |  時事雑感  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |