FC2ブログ

2007.11.22 (Thu)


北のご機嫌取る韓国

対北人権非難決議案に韓国が棄権

国連総会第3委員会が、北朝鮮の拉致問題などの人権無視を非難する決議案を賛成97、反対23、棄権60の賛成多数で可決した。

ただ、3年も連続して採択しているにも関わらず、残念ながら拘束力が無い。
中国、ロシアは反対した。
韓国は日本を上回る多数の拉致被害者が居るにも関わらず、北朝鮮に気兼ねして棄権した。
ウガンダなどの多くの非同盟諸国と、自分の国が人権問題を抱えている加盟国も反対し、棄権した。

小沢民主党代表が信奉する国連などは精々こんな程度のもので、各国は自国の国益を主張するだけである。

福田首相は拉致問題を国連では認めない中国や韓国のトップと会談し、「アジア外交を積極的に進める=金をばら撒く」と言っているが、一体何を考えているのか。

安倍晋三前首相とは正反対の「主張しない外交」「相手の嫌がることはしない外交」で日本の明るい将来はあるのか、真に心細い話である。

ランキングに参加中です。
***
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

21:10  |  -朝鮮半島  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.11.22 (Thu)


中味のないアジア外交

中味のないアジア外交と
民主党の愚かさ

産経新聞5面から

ASEAN会議が開かれたシンガポールで記者会見した福田康夫首相は「積極的なアジア外交を展開する、という第一歩をしっかりと踏み出すことが出来た」と自画自賛しているが中味はまったく分からない。
「これからの日本のアジア外交を考えるべきだ」と言っているから、これから考えるのだろう。

産経新聞も「積極アジア外交の第一歩」などと写真入りで載せてヨイショしないで欲しい。

その福田首相が「僕を問責できる人がいるか」と言ったから、鳩山由紀夫幹事長が噛み付いた。
今日の党首会談で、首相から新テロ対策特措法成立への協力を求められても「譲歩するつもりは一切ない」と強調し、「国民の審判は参院選で下っている。その参院で否決された法案をなぜ衆院に戻すのかと言う気持ちが国民に出てくるだろう」と大見栄を切った。

しかし、大勝した参院選で、賭博ゴルファーの横峯良郎議員や不倫女の姫井由美子議員が選挙運動中にテロ特措法反対と一言でも言ったのか。

マスコミの異常なまでの安倍叩きと絆創膏、政治と金、一円領収書と国民を煽ったことで民主党に走った国民はテロ特措法など知っていたとは思えない。

ましてや、世論調査ではテロ特措法続行賛成が反対を上回っている。

野口裕之氏の連載「安全保障読本」は「シーレーン軽視 悪しき伝統」と題して、日本と同じ島国で資源も乏しい英国が開戦と同時にシーレーン確保に成功したことに較べて、日本の海軍はシーレーン確保に出遅れて敗れたと指摘している。

石油消費量は世界第3位、石油輸入量は世界第2位の現在の日本がシーレーンを確保しなくてどうするつもりか。

民主党は反対するだけでいまだ対案を出していない。

「民主党法案は活動中断を主導した罪の重さを悔いる機会であり、国民の目から国益を犯した大罪を隠す道具でもある」


と結んでいるが、言い換えれば

「参院選で民主党を支持した国民は、活動中断を主導した罪の重さを悔いる機会であり、国益を犯した大罪人である」


ランキング参加中です。よろしければクリックを!
   ↓***
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

13:20  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.11.22 (Thu)


危うし福田外交

置いてきぼりの日本

福田首相は米CNNとのインタビューで「中国の軍事力増強は脅威」しながらも「攻撃的な軍事力を持てば脅威になるが、そういうことは許されない。私はどちらかと言えば楽観的だ」と答えたが、とんでもない話である。

日本が東シナ海のガス田開発に着手したら中国は「軍艦を出す」と現に脅迫されているではないか。
そういうことを日本は許しているではないか。
何が楽観的だ。

福田ドクトリンとは「東アジア共同体」という中国に主導権を握られることが歴然としている構想に日本が金を出すということである。

日本のマスコミは福田首相が中国・韓国と親善を深め、ASEAN首脳会議で信頼関係を構築しているかのようなヨイショ記事を載せているが騙されてはならない。

安倍晋三前首相の外交実績についてはほとんど報道もしなかったマスコミが、福田首相の外交を事細かに好意的に報道している。

シンガポールには日本の外交を「小切手外交であり、支援してやるという態度は対等な関係ではない」とまで言われて、まだ小切手を切るつもりなのか。

国内では防衛省問題で国会が揺れている。
政治家やマスコミや国民は内政にばかり気を取られ、日本がどのような外交を進めるべきかに思いを致す者は一人として居ない。

中国問題に詳しい宮崎正弘氏のメルマガを読むと、中国、アメリカ、パキスタンをめぐって激烈な駆け引きが行われている。

「置いてきぼりの日本は、こういう問題にも蚊帳の外にある」と氏は結んでいる。

政局にのみ目を奪われている日本の政治家は国際社会の中の日本を危うくしている。
そんな政治家を選んだのは私たちの責任でもあるのだが・・・


ランキング参加中です。よろしければクリックを!
   ↓***
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

13:16  |  時事雑感  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.11.22 (Thu)


入国審査と指紋採取

指紋採取と在日特権

20日、全国の空港の入国審査で指紋採取と顔写真の撮影が始まった。
スパイ防止法も無い日本では外国人犯罪が急増するなか当然の措置である。
ところが、日弁連や人権団体が「犯罪捜査に際限なく利用される恐れがある」「差別だ」と批判しているという。
弁護士は被害者よりも犯人を弁護するとはいうものの、日弁連の反日姿勢は変らない。
日本にテロリストが潜入しても構わないというのか。

また日本人と「特別永住者」は事前に指紋を登録し、自動照合するという。

「特別永住者」とは在日外国人とりわけ大多数を占める朝鮮半島人のことであり、在日特権がミエミエである。
かつて在日は右手人差し指の指紋採取を差別だと言って騒ぎ、朝日新聞も応援して、日本政府は指紋捺印を廃止した経緯がある。しかし、韓国では10本の指の指紋を取っている。

1968年に金嬉老という在日が寸又峡の温泉街で人質を取って立籠もった事件があった。
刑事が「朝鮮人を人種差別したからだ」と嘘をついて「民族差別の被害者」として英雄に祭り上げられ、韓国では映画まで作られたが、韓国に仮釈放で帰国した時、10本の指の指紋を採られた。
その指紋のお陰か、人妻と不倫に落ちて邪魔な亭主を殺して捕まった。
永住在日の犯罪者を優遇する理由は朝日新聞社が懸命に宣伝して回った「強制連行」や「創氏改名」や「植民地支配」にあるらしい(高山正之氏「日本人が勇気と自信を持つ本」の要旨)


GOO質問状
「在日特権とはほんとうにあるのでしょうか」

回答
「・・・また、このURLが、あの在日系ヤフーに載っていて、削除されないところを見ると、この本に書いてあることは、本当のことなのでしょう。
「ザ・在日特権」
http://blogs.yahoo.co.jp/nipponko2007/8510687.html

と、旧ブログのエントリーが参照されていた。
在日特権は許してはならない。

ランキング参加中です。よろしければクリックを!
   ↓***
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

13:12  |  -朝鮮半島  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |