FC2ブログ

2007.11.15 (Thu)


「ニツポンの恥!」

「ニッポンの恥!」

新刊「ニッポンの恥!」は現代の世相を鋭く抉る書である。

●安倍さんがコケ、保守系知識人の株も暴落した・・・
(Ponkoは安倍さんを支えなかった保守系知識人の無能さを指摘していると理解する)
●戦後民主主義を支えてきた平和と博愛のリベラルな価値観も御伽噺の世界・・・
●右だ、左だという議論はもう終わった・・・

こんな日本に跋扈する日本の恥は

●電波芸者
●なんちゃって政治家
●セレブ言論人

だとメディアを中心にバッサリ斬っている。

ここに登場する人物は「反日勢力を斬る」でもたびたび取り上げた人達が大部分である。
鳥越俊太郎、古館伊知郎、小倉智昭、福澤朗、関口宏、猪口邦子、義家弘介、片山さつき、横峯良郎、姫井由美子、香山リカ、勝谷誠彦、上杉隆、自民党の媚中政治家と枚挙にいとまがない。

日本の恥とするにはいささか可哀想な人も居る。
たとえば、橋下徹弁護士や島田伸介が槍玉に上がっているが、橋下弁護士は「スパモニ」でも臆せず正論を唱えて吉永みち子を窮地に追い込んでいるし、低脳芸能人をクイズ番組で腐す島田伸介のユーモアのセンスは抜群である。

しかし、自民党の媚中派は許せない。
青木直人氏も文中で指摘しているように、福田政権の役割は「冷戦以後、日本社会の底辺からかすかに湧き上がってきた国民のナショナリズムを、米国と中国、そして財界の経済活動の障害にならないよう管理すること」だ。
氏の指摘を待つまでもなく、

●米国に迎合した北朝鮮との和解
●中国向けODAの復活
●靖国神社に代る国立代替施設建立
●女性・女系天皇容認
●人権擁護法案の成立

が安倍前首相が排除したゾンビ政治家の復活で進められることは間違いない。
古賀誠、谷垣禎一、加藤紘一、山崎拓、河野洋平、野田毅、高村正彦、後藤田正純、川口順子氏らの名前が上げられている。

いまでは反主流派に廻った麻生太郎、中川昭一、平沼赳夫、安倍晋三氏らの一刻も早い巻き返しを期待したい。


ニッポンの恥!(宝島社 2007年12月 1000円)

PART1 電波芸者
人に説教できる分際か? ►細木数子
「黙れ、詐欺野郎が」となぜ言わない? ►江原啓之
オピニオンリーダーが聞いて呆れるゼ ►みのもんた
オレははジャーナリストじゃない宣言 ►鳥越悛太郎

PART2 エライ人
タレント候補の選び方 ►丸川珠代・丸山和也・義家弘介
小泉チルドレン ►片山さつき・佐藤ゆかり・猪口邦子
オコチャマ民主党議員 ►横峯良郎・姫井由美子・細野豪志
自民党の媚中政治家 ►正体は財界の口利き役

PART3 アタマのいい人
ゴー宣&わしズムの恥ずかしさ ►小林よしのり
ベストセラーの倒錯した論理 ►憲法九条を世界遺産に
マスコミ御用達の精神科医 ►香山リカー・町澤静夫・小田晋
ブンカ系知識人の奈落 ►宮台真司・大塚英志・東浩紀

PART4 環境バカとIT幻想
アメリカ軍よりも実は迷惑!? ►沖縄に移住する人々
環境ファシズムの足音 ►「不都合な真実」に煽られる人々
ロハス野郎 ►坂本龍一
ハダカの「オレ様」 ►アルファブロガー

PART5 モンダイの大問題
核心に触れられないダメ本か大半!►格差社会本のバブル
バ力親はなぜ増えた? ►モンスターペアレントの増殖
ホントは残酷な皇室報道 ►雅子妃バッシング
日本語崩壊の最先端 ►子どもの名前がヘンだ!


媚中政治家は日本の恥だと思う方はクリックを!
***
FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:56  |  おすすめの本  |  TB(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |