FC2ブログ

2007.11.07 (Wed)


すみません

まだコメント欄が見えません。
FC2からの指示に従って色々やっていますがまだダメです。
なお、コメント欄をクリック&ドラッグすると見えるのは前回ご報告したとおりです。
問題解決まで今しばらくお待ちください。
23:39  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.11.07 (Wed)


神奈川県教委からの回答メール

神奈川県教委からの回答メール

10月30日のエントリーで神奈川県立高校で国歌斉唱時に起立しなかった教員の問題を取り上げた。
この教員たちの氏名を報告することは不当だと県個人情報保護審査会が主張した。
この審査会には「日の丸、君が代」反対のサヨク教授が名を連ねていた。
http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-116.html
この不届きな教員の氏名を公表して処罰せよと神奈川県教育委員会に抗議のメールを送ったところ回答を得たのでご報告する。

*************************************************
2007年11月7日 13:08
Re:国歌斉唱違反者の氏名を公表せよ

神奈川県教育委員会としましては、今後とも各学校において学習指導要領に則った入学式・卒業式が行われるよう指導するとともに、児童・生徒に範を示す立場にある教職員に対しては、国歌斉唱時に起立するよう粘り強く指導してまいります。
なお、今後については、個人情報保護審議会へ諮ったうえで対応してまいりたいと考えております。

問い合わせ先
 高校教育課
教育指導担当 ○○
 電話 045(210)8260(直通)
***********************************************

「粘り強く指導」しなければならないほど現場は荒廃しているのだろうか。
個人情報保護審議会との力関係が分からないが、この文面では強く抗議する考えはないようだ。
審議会の答申通り報告された氏名を破棄したかどうか確認したい。


国歌国旗を侮辱する教員は馘首せよと思う方はクリックを!
***
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:31  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.11.07 (Wed)


恥ずかしい辞任撤回

拗ねてみせただけ
辞任撤回の茶番劇

小沢一郎氏の辞任取り消し会見を見た。
分かったのは次の3点。

①プッツンした。

②東北出身で口下手のため誤解を招いた。

③政権担当能力が無いと(私が)言ったのではなくて、各方面からそう批判されたと言ったのだ。

①大連立で「自分の選んだ」役員を説得できると思ったが、全員に反対されてプッツンした。
だから、辞めると拗ねてみせ、求心力の回復を狙った。

②政治家は言葉が命。口下手では政治家にはなれない。やはり辞任すべきであったし、辞任取り消しの理由にはならない。

③弁解に過ぎない。大連立で政権担当能力があることを証明してから衆院選に望むと言っている事がそれを証明している。単独では政権を担当出来ない事をおのずから語っている。

さて、政治評論家の伊藤氏は
①シナリオ説
(辞任表明から撤回までのストーリーはすべて小沢氏の書いた筋書き)

②離党失敗説
(10数名連れて新党を結成しようとして失敗)

ふたつあると言っていたが、もう一つあると思う。

③なりゆき説
大連立しようとしたが党内の反対で失敗した。離党を決断する気力も体力も自信もない。プッツンして辞任を口走ったが、幸い周りが引き止めてくれたので、それに乗じて元の鞘に収まった。

案外、こんなところが真相だろう。

それにしても、こんなお粗末な辞任騒動に民主党が大揺れに揺れ、連日、民主党員がテレビ出演して民主党は一枚岩だと声高に叫び、「党内に反対意見もあるのでは」と水を向けられると「自由に意見が述べられるところが民主党のいいところ」(蓮舫議員)などと詭弁を弄していた。

小沢抜きでは選挙に勝てないというトラウマが民主党員に骨の髄まで沁みこみ、正面切って小沢代表に反論もできない。

アンチ小沢の仙谷議員は「民主党と国民にギャップがある」と自己反省して見せただけで、小沢氏に食い下がることも出来なかった。
その間、小沢氏は目をつぶったまま苦虫を噛み潰したような顔をしていた。

そして、最後は「みんなで頑張ろう」と気勢を上げられても国民は白けるばかりである。

かくして、民主党のイメージダウンは計り知れず、内紛の可能性は限りなく大きい。


民主党に政権担当能力なしと思う方はクリックを!
***
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

21:09  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2007.11.07 (Wed)


二度も恥さらした小沢代表

小沢さん「恥をさらすようだが」ではなくてもう完全に「恥を晒した」のです。
しかも二度。
自らがトップである民主党を「政権担当能力が無い」と批判し、「衆院選は厳しい」と弱音を吐いたのは政党のリーダーとして恥である。

これを石井一副代表は「男の美学」だと持ち上げた(TBS News23)。
そしていったん記者会見までして「けじめをつける」と辞意を表明したのを撤回した恥。

こんな政党を「二大政党制」などという言葉に騙されて民主党に投票した「国民の恥」がもうひとつ加わる。

「女は機械発言」だの「絆創膏」だの「消えた年金」だの「政治と金、一円領収書」だのとマスコミの世論誘導に騙されて民主党に入れた国民が捩れ国会を出現させ、国際社会に目を向けない政治環境を作っているのだ。


イザニュース(11/06 21:13)
小沢代表続投
「恥をさらすようだがもう一度頑張りたい」


 福田康夫首相(自民党総裁)との連立政権協議について党内から反対を受けて民主党代表を辞任する意向を表明していた小沢一郎氏(65)が続投することが6日夜、明らかになった。鳩山由紀夫民主党幹事長が明らかにした。
 小沢氏は同夜、鳩山氏らに「本当に恥をさらすようだが、皆さんの意向を受け、もう一度頑張りたい」などと述べ、続投に意欲を示した。
 小沢氏は4日に会見し、2日に行われた首相との党首会談で連立政権に向けた協議を打診され、民主党役員会に諮ったが、「政権交代を目指すべき」などと反対されたことを理由に挙げて、党代表を辞任する考えを示していた。
 民主党は小沢氏の辞任表明後から、菅直人代表代行や鳩山幹事長ら党執行部が小沢氏に対して、辞意撤回を求めていた。
 民主党は6日午後、衆参両院議員を当選回数別に集めて意見交換会を開き、いずれも小沢氏の代表続投を求める声が大勢となった。

民主党に政権担当能力なしと思う方はクリックを!
***
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

01:32  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.11.07 (Wed)


盗人猛々しい民主石井副代表

盗人猛々しい民主石井副代表

いまTBS「NEWS23」に民主石井一副代表と安住淳国対委員代理が出演した。
石井副代表の詭弁とそのふてぶてしさにはあきれた。
小沢代表の辞任会見とその撤回について何の詫びもなく、彼の辞任表明は「男の美学」だと。
世論は民主党をバッシングした、自民党の政策転換はアメリカに申し開きをせよと逆襲した。

辞任表明を「男の美学」と言うならば、その撤回は「男の醜態」ではないか。


石井
「自民党は参院選で負けてもう政治が動かなくなった。そこで突然小沢党首に党首会談を求めた。
そこで、安全保障の政策に関しては全面的に180度転換した。小沢がずっと主張している国連主義を丸呑みにしよう。特措法については通過するかどうかこだわらない。そして大連合やろうと言った。
彼は安全保障に思い入れもあるし、わが国の基本の問題が解決するのではないかと党に持ち帰ってきた。
党の役員の連中が反対した。そこでそれ(大連合)を断った。
だから何の瑕疵もない。
ところがその日、どう世論が操作されたのか、自民党はあらゆる所に手を伸ばしてチャンスだ民主党を叩いてやろうと非難、中傷が次々と起こった。世間からも物凄い非難を受けた。
なぜ民主党がこれだけ非難されるのか。
小沢一郎は辞めずにほっとけばよかったが、彼の男の美学だ。
自分がこういう騒動を起して民主党の支持者にも自民党にも迷惑を掛けたと。
政治家の出処進退として辞意を決意したが、その反響があまりにも大きい。
なぜ民主党だけがこういうバッシングを受けるのか。しかも全国から『小沢がんばれ』という声が集まってきた。
党内からも総意で彼に続けてくれと」

コメンテーター
「ただし小沢さんの行動には不満や批判もあったかと・・・・」

石井
「そんなものはほとんどありませんよ。あんた、聞いてください。小沢を続投させるということに批判は無い」

司会
「でも、辞意撤回ということで、民主党は何も無かったように戻るということですか?」

石井
「かえって強くなるでしょうね!そりゃあ見といてください」

大山寛恭(TBS政治部長)
「連立そのもののやり方に対して党内に唐突感がある。党内の合意形成の無いままに代表だけポンと行った。
このアタリの不満は根強くあると思うが。くすぶらないか」

石井
「ちょっと待ってください。説明する気持ちはあったが時間が無かった。しかし、何故世論が自民党と福田総理を非難しないのか。ヒジョーに疑問に思う。これだけの安全保障の政策の転換を訴えたならこれまでの自民党の政策は何だったのか。アメリカに対してどう申し開きをするのか。こちらの方が余程大きな問題を提起したのだ」


石井副代表は語るに落ちた。
自民党は小沢氏の国連主義を丸呑みにしたといいながら、その政策転をアメリカにどう申し開きするのかという。じゃあ、小沢氏の国連主義は間違っているというのか。
自民党の人間が言うなら分かるが、民主党の人間がそういうのはおかしいのではないのか。
こんな政治家が民主党の副代表なんて、民主党の底が知れる。
こんな民主党に一票入れた国民の底も知れる。


民主党に政治は任せられないと思う方はクリックを!
***
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

01:06  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |