FC2ブログ

2007.11.02 (Fri)


中国は猛毒を撒きちらして自滅する

中国の猛毒は日本人の精神を犯す

10月21日に閉幕した中国共産党大会で胡錦濤が「民主」という言葉を60回以上の使ったという。
共産党の一党独裁政権で、一部の共産党幹部だけが富を独占し、疲弊した農民は年間何万件もの暴動を起している中国が「民主」とは笑わせるではないか。

日本の民主党が「民主」の旗を掲げて、「生活が一番」だのと言いながら、生活を保障する国のあり方や国益を考えずに枝葉末節の事柄で政権与党の足を引っ張るだけに終始しているのと変りはしない。

さて、この近所の迷惑な国、中国は世界に害毒を流しながらバブル街道を突っ走っている。
近い将来、バブル崩壊が世界に大打撃を与えることは誰の目にも明らかであり、日本企業の一部では中国への投資をインドやベトナムにシフトし、リスクを分散しようとしている。
そんななか、中国の鉛塗料の玩具が米国で回収されたことは記憶に新しい。
玩具メーカーのタカラトミーは中国生産を大幅に縮小し、ベトナムやタイに生産拠点をシフトする計画だ。

「中国は猛毒を撒き散らして自滅する」というショッキングなタイトルの著者宮崎正弘氏は中国を自分の足と目で確かめ、精力的にメルマガの発行や月刊誌への寄稿をしている中国通の第一人者である。

本書は前編書き下ろしだが、「正論」「WILL」その他の雑誌への寄稿と一部重複する部分もある。
危険な隣人中国にたいする警戒心も無く、無為無策に過ごす日本政府の危うさを痛感する書である。
ゴールドマン・サックスが経済の躍進を予測した「ネキストイレブン」の11カ国、バングラディッシュ、エジプト、インドネシア、イラン、韓国、メキシコ、ナイジェリア、パキスタン、フィリピン、トルコ、ベトナムの大部分の国に対する中国の政治的、経済的浸透は見過ごせないものがある。
その露骨な進出に現地では嫌われながらも着々と浸透している。
それに対して日本はどのような対策を講じているのか。
インド洋上の海自の給油活動がストップされるからといって、パキスタンへの円借款50億円増額を決定し、相変わらず汗をかかない代わりに金で事を済ませようとしている。
小沢一郎幹事長時代、湾岸戦争のドブに捨てた私たちの税金の経験も生かせないままだ。 
本書のエピローグに書かれた情報戦争に敗れた日本の姿は将来を暗示している。
中国発の猛毒は食品・雑貨だけではなく、日本人の精神まで侵し始めているという指摘である。
米下院の「慰安婦問題謝罪決議案」「反日映画」「新聞広告」など中国の精力的なロビー活動に米国はひとたまりも無い。原爆投下の罪を隠蔽するために中国とグルになって日本軍を悪者にしようという算段だからである。

「政府が頼りなく政治家は恥知らず、マスコミは自虐史観、こうなると日本では反論や映画作りのすべてが民間の良識人、学者、文化人、篤志家の手で行わなければならない」(著者)


ところが、ワシントン・ポストに櫻井よしこさん等の有志が米下院の決議案にノーを突きつけた全面広告を、かえって米国を硬化させたと批判する反日勢力が国内にたくさん居たのである。

「この日本の体たらくの現状を見るかぎり、向こう30年の言論戦争を決意する気概がなく、しかも雄弁家が不在であり、あまつさえ、国内に中国韓国米国の反日グループと連携している反日派がぞろぞろいる。
そうした場合、日本の次なる選択は「徹底的に無言」で過ごしていくしかあるまい。
無言であるうちに国際世論は、目下のダルフール虐殺、プーチンの独裁、ブッシュの落ち目、北京オリンピック・ボイコットから中国の自滅へと向かうだろう」(著者)


一見、著者はもはや諦めの境地のようだが、ごまめの歯軋りよろしくブログで反日勢力を斬って行きたい。

本書の内容は目次をご覧頂ければ懸命なる諸氏にはご推測頂けると思うが、やはり手にとってお読みになる事をお勧めする。

本書の腰帯から

◎菓子、薬、酒……毒入り製品による死者が世界中で急増
◎中国病院では毒入り輸液で韓国人外交官まで死亡
◎横行する手抜き工事で6300以上の橋が崩落の危機○廃液垂れ流しで汚濁と
◎異臭に包まれる江南の川と湖
◎汚水と汚染物質で魚も住まぬ死の海と化した潮海湾
◎日本を悩ませる2万6000トンもの漂着ゴミ
◎中国大暴落の引き金となる内外の「北京五輪」反対運動
◎パキスタンのモスク襲撃事件は中国人売春宿が原因だった
◎「ネクスト11」への積極外交と現地で忌み嫌われる中国人
◎上海への投資を続けているのは、いまや日本だけ
◎いまなお続く少数民族、民主化への弾圧と頻発する暴動

「中国は猛毒を撒きちらして自滅する」
(徳間書店 宮崎正弘著 2007年9月 1600円+税)

目次
プロローグ 世界に広がる中国の「猛毒」排斥

▼傷ついた中国ブランド
▼続出する大量の死者
▼それでも中国のブラックホールに投資するのか

第1章 果てしなき猛毒事件の数々 

▼外交官が北京で輸液投与後に怪死
▼死滅した商道徳
▼スケープゴートで事態の収拾を図る中国
▼花火も中国製は危険
▼中国の取り組みはどこまで信用できるのか
▼ニセモノは中華文化の本質
▼海賊版は止まらない
▼馬の小便、水薬
▼特許制度の欠陥も要因
▼すべては物まね、技術は盗め
▼人心の荒廃が最大最悪の問題だ

第2章 環境汚染の猛毒的な進行 

▼鉄筋の替わりにペットボトル
▼崩壊するダム
▼北京五輪施設にも手抜きはないのか?
▼沈む上海
▼蔓延する「ごまかし」の発想
▼汚染地域には工場建設を許可せず
▼止まらないゴミ輸出

第3章 迫り来る上海発世界大暴落 

▼中国株式市場は劇的に収縮する
▼最後のジョーカーを掴む愚か者は誰か
▼暴落の予兆
▼広東は上海市場の暴落を教わない
▼中国人民銀行の荒稼ぎ
▼暴落の政治的きっかけは北京五輪ボイコット
▼日本人には理解不能の権力闘争
▼民衆の不満は方々で爆発
▼国内からも北京五輪反対の声が

第4章 中国人民の「反日」の実態 

▼それは中国売春婦の文化破壊的行為から始まった
▼武器商人「人民解放軍」
▼ネクスト11でも中国は嫌われている
▼「紅色游」の現場を往く
▼共産党のでっち上げ歴史博物館
▼「反日」教育の効果は?

第5章 中国人は「息を吐くように嘘をつく」 

▼嘘の科学
▼各地で頻発する暴動
▼嫉妬の科学
▼成長率の数字もごまかし
▼頭だけは良い大墟つき
▼ある日、武器庫がカラになっていた

第6章 蔓延する博打とカルトとスノビズム 

▼マカオと香港で起きている経済的異変
▼伝わらない"不都合な真実"
▼バチカンと北京の愛憎関係
▼キリスト教弾圧の国がクリスマス
▼世界のマスコミも「反日」に洗脳されつつある
▼老舗名門のダウ・ジョーンズまでが北京の代理人になるのか?

第7章 中国ビジネスは危険がいっぱい 

▼日本企業はご難続き
▼前途多難な日本のプロジェクト
▼上海への投資を続けるのは日本企業だけ
▼罷り通る理不尽、不法
▼胡錦濤長男コネクション
▼中国から中国企業が逃げ出している
▼それでも投機筋は中国を狙う

第8章 中国がひた隠す「不都合な真実」 

▼胡錦濤が獅子吼する「和諧社会」の矛盾と欺瞞
▼西夏文字はどこへ消えたか?
▼チベットの悲哀
▼チベット語を喋れない若いチベット人
▼ウィグル民主化への弾圧
▼海亀派と貧富の格差

第9章 台湾問題の新たな展開 

▼蒋介石の歴史評価へ、無言の「修正」、が始まった
▼李登輝前台湾総統、3回目の訪日
▼日本人に武士道精神を思い出させた李登輝
▼屈折した中国人の劣等意識
▼台湾のアイデンティティ
▼新幹線開通で台湾経済は飛躍したか
▼台湾にもいる「反日カルト」
▼馬英九氏に直撃インタビュー
▼烈女も来日

エピローグ 情報戦争に連敗続く日本 

▼猛毒は日本を覆い尽くしている
▼シンクタンクを活用する中国
▼華僑も一枚岩ではない
▼議会へのロビィエ作を軽視し隙をつかれた日本


ランキング参加中です。よろしければクリックを!
   ↓***
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:49  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.11.02 (Fri)


落合監督はキライだ

プロ野球に求められるドラマ性

反日勢力に関係の無いお話をひとつ。

別に野球ファンでも中日ファンでもないが、日本シリーズの最終回のテレビは見損じて、次にテレビを見たときは中日が優勝していた。
得点も1対0だったので完全試合が出来たのかと思った。
ところがイザ・ニュースで落合監督が最終回に完全試合寸前の投手を降板させたと知った。

玉木氏の激怒にまったく同感だ。
プロ野球史に残る最悪の采配だ。
最終回に打たれて完全試合を逸しても、それはそれでよかったではないか。
逆転されても良かったではないか。
日本シリーズの優勝を逸してもよかったではないか。
どうせプロ野球の世界だ。
話題が多いほうが好ましい。
オリンピックで国の名誉が掛かっているわけでもなし、そんなに勝負にこだわることは無かった。

落合監督はつまらない小心者だ。
長嶋茂監督は監督としては最低だったが、彼ならば9回も投げさせたに違いないと思う。
6大学野球の早立戦の時、早稲田の安藤(木村だったかな?)投手の投げた敬遠の球をわざと空振りして、結局三振した伝説の男だから・・・

あの薄ら笑いをいつも浮かべている胡散臭い落合監督が出しゃばり奥様と合わせてますますキライになった。


イザ・ニュース(10/01 22:30)
「小心で夢のない野球」
玉木氏、落合采配に激怒


スポーツジャーナリストの玉木正之氏が1日、ナゴヤドームで行われた日本シリーズ第5戦で、8回をパーフェクトピッチングで締めた中日の先発、山井を九回で降板させた落合監督の“非情”采配(さいはい)について、強く批判するコメントを自身のホームページに掲載した。

 玉木氏は、日本野球史上初となる「完全試合での日本一決定」が幻と消えたことに対し、「Wシリーズでもたった1回の記録をナンデ潰すねん!野球の最も美しい瞬間を消したのは誰や!スポーツに対する冒涜や!これが野球やというのであれば俺は野球ファンをやめる!」と強い口調で落合監督の采配を批判。「午前中に中日新聞に優勝予定稿のコメントを電話で送っていたが急遽(きゅうきょ)電話して削除してもらう。100年に1度あるかないかの凄い興奮の瞬間よりも52年ぶりの優勝を確実にしたかったというならナント小心な夢のない野球か!」とまくしたてた。

 1日行われた日本シリーズ第5戦では、先発の山井が八回まで1人の走者も許さない快投。しかし、完全試合達成の目前で、落合監督は九回、守護神・岩瀬を登板させた。結果的に岩瀬も日本ハム打線を0点に抑え、日本シリーズ史上初となる継投での完全試合を達成、中日は53年ぶりの日本一に輝いたが、落合監督のあまりに“非情”な采配に、ネット上の掲示板でも議論が沸騰している。


ランキングに挑戦中です。
***
FC2バナー2

テーマ : プロ野球 - ジャンル : スポーツ

00:22  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.11.02 (Fri)


中教審の報告から

教育改革の灯を消すな
中教審の報告から

ゆとり教育を前面に出して、子供の自発的な問題への取り組みを期待するなどということは、バカな大人の考える理屈であって、子供の頃は基本的な知識を徹底的に叩き込むことが大切であると以前から思っていた。

案の定、ゆとり教育の失敗で日本の子供たちの学力はみるみる低下し、世界でも教育劣等国に成り下がった。

日教組はゆとり教育を推進し、全国学力テストに反対して、長年の間、中断させた。
ゆとり教育推進の張本人、寺脇研はTBS「みのもんたの後ズバッ」で全国学力テストの復活にも反対だと公言していた。どこかの学校が解答を教えて成績が一番になったという不祥事のニュースで「それ見たことか」と言っていた。
全国共通学力テストが中止されたのも、学校格差をはっきりさせてはいけないという主張と、同様の不祥事が起こったためだった。

中教審のまとめに
「子供の自主性を尊重するあまり、指導を躊躇する教師が増えた」
とあるが、まことに情けない教師たちである。
これでは「自主性」に名を借りて子供のやりたい放題だ。

新しい指導要綱では小学1年生の場合、国語と算数が1時間増えただけだ。
まだまだ中途半端で生ぬるい。

そして何より安倍前首相の肝いりでスタートした教育再生会議が提言した「道徳の教科化」が採用されなかったことが大問題である。
「道徳を教科化しないと教科書も出来ないし教員向けの指導書に補助金も出ない。その上、教員は道徳に苦手意識を持っている」という。
何とも情けない話だ。教育勅語こそ道徳の最良の教科書ではないか。
道徳の教科化だけではなく、安倍前首相を失ったいま、教育再生会議の存続すら危ぶまれている。

NHKは日教組の代弁者であるからして、早速、偏向番組を流していた。
子供にインタビューして「もっと遊ぶ時間が欲しい」と言わせている。
子供が遊びたがるのは当たり前の話で、そんなことを言わせて何になるのか。
また、授業時間が増えることで先生が事務作業にますます忙しくなって(労働強化)、子供と面と向かって話し合う時間が減ってしまうと現場の教員にも言わせて居た。
子供と授業をほったらかしにして、日教組の会合やデモ行進、ビラ配りに精を出せば子供と向き合う時間が少なくなるのは当たり前だ。
質の落ちた教員の資格試験の実施はうやむやの内に無くなってしまうのではないか。

「OECDの調査では、GDP比でみた日本の教育費に公的支出はギリシャについで下から2番目」(産経新聞)では質の良い先生は集まりそうにも無い。

国歌・国旗を否定する教員が居る公立学校では生徒が荒れて居るという。
金持ちは子供を塾に通わせ、一流の私立学校に入れる。
世間は格差格差と騒いでいるが、教育格差こそまず最初に考えるべきではないか。


道徳の教科化が必要だと思う方はクリックを!
***
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

00:14  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |