FC2ブログ

2007.10.29 (Mon)


人権擁護法案のゾンビ再来か


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


またぞろ「人権擁護法案」のゾンビが頭をもたげて来た。
安倍首相が辞任した後、必ず出てくるゾンビのひとつとして怖れていたことだ。
鳩山法相は選挙を有利にするための道具としてこの法案を考えているという。
民主党の永久外国人地方参政権付与と同様に、両党は売国合戦をしているようだ。

マスメディア規制条項が削除されて、マスメディアは急に黙り込んだ。
既存マスメディアにとっては天敵であるインターネットのサイレントマジョリティが声を上げるのを怖れて、人権擁護法案を既存メディア批判を封じ込める道具として使おうとしているとの声もある。

古賀・二階らが強引にこの法律を通そうとしたら、勢力が衰えたとはいえ、党内保守派の強い反対を招くだろう。

党内若手の期待どおり、この法律を巡って保守派の再結集が実現すれば喜ばしい限りだ。

憲法改正にせよ、人権擁護法案、教育再生法にせよ、党内で白黒をはっきりさせて世に問えばいい。
同じ事は民主党にも言える。

衆院選挙の論点はこれらの法案に賛成か否か、憲法改正に賛成か反対かなど分かりやすい争点にして、政界再編のきっかけにすべきだ。


イザ・ニュース(10/28 20:16)
人権擁護法案提出の動き再燃 法相が意欲 
自民党保守派からの反発必死


 過去に自民党内の反対を受けて頓挫した人権擁護法案を、来年の通常国会に提出しようとする動きが政府・与党内で再燃している。鳩山邦夫法相が国会答弁で再提出への強い意欲を表明したためだ。しかし、2年前には人権侵害の定義があいまいなどの理由で自民党内の保守勢力が反発し、党を二分する騒動に発展した経緯があるだけに、すんなりと再提出できるかどうかは微妙だ。
 鳩山法相は24日の衆院法務委員会で「さまざまな問題点をクリアできる方法を考え、人権擁護法案は国会に再提出したいと考えている。日本に人権擁護法案がないというのは実に情けないことではないか」と答弁した。
 鳩山氏は19日の同委員会では「国会への再提出を目指すべきだが、与党内にもさまざまな議論があることから、真摯に検討を進める」と述べるにとどまっていただけに、一歩踏み込んだ格好だ。
 鳩山氏は周辺に「自民党が人権擁護法案を通せば、選挙にも有利だ」と漏らしているという。これに連動するかのように「自民党内の人権擁護法推進派が水面下で再提出へと動き出している」と同党関係者は指摘する。
 鳩山氏が描く具体的な議論再開の時期や法案の修正内容は不透明だが、鳩山氏の「意欲」に対し自民党内では「新たな人権侵害を生む可能性をはらんだ法案には賛成できない」(中堅)と早くも警戒感が広がっている。
 政府は平成14年3月、出生や国籍などを理由にした差別や人権侵害の防止と救済を目的に人権擁護法案を国会に提出した。だが、メディア規制も対象にしていることから自民党の保守派勢力などから反発が沸騰したため、15年10月の衆院解散に伴って廃案となった。
 17年には、自民党の現選挙対策委員長を座長とする与党の「人権問題等に関する懇話会」が中心となって修正案を提示したが、法務省の外局に新設する人権擁護委員会に令状なしの強大な調査権を与えることへの批判は収まらず、提出を断念している。
 与党懇は昨年8月にも、あいまいとなってい人権侵害の定義に「違法性」を加える修正を検討した。しかし、9月に法案反対派の安倍晋三前首相が政権トップの座に就くと、党内には前首相の思いを忖度する空気が強まり、法案を議論する党人権問題等調査会の会長ポスト自体が空席となった。調査会は現在も活動を停止している。
 ところが、福田政権が発足してから事態は急展開。党役員には推進派の古賀氏と二階俊博総務会長が名を連ね、逆に反対派の中川昭一氏が政調会長を退任した。反対派の議員連盟「真の人権擁護を考える会」を結成した平沼赳夫元経済産業相は郵政民営化反対で党を離れたままとなっている。
 もっとも、自民党内には、「法案再提出の動きが、退潮著しい保守勢力の結集のきっかけになりうる」(若手)との見方もあるだけに、展開次第では再び自民党内が混乱に陥る可能性もある。



↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:10  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2007.10.29 (Mon)


興毅は父離れしている


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


橋下弁護士、興毅は父離れしている

もう亀田一家の話は終わりにしたいというのが視聴者の大部分だと思うが、空気の読めないテレビ各局は未だにこの話題を引きずっている。

今朝のテレ朝「スパモニ」で例によって、亀田一家は親離れ・子離れをしていないと吉永みち子が批判すると、橋下弁護士がそんなことはないと反論した。

「まだ20代の青年があのような(立派な)謝罪会見をしたことは親離れしているから出来る事。自分だったらあのような場面で一言も言えない」

橋下弁護士の反論に吉永みち子は顔を歪める。
吉永がなんとか反論しようとしているのが空しい。
柳沢大臣の「女性は機械」発言(実際にはそう言っていない)やその他のテーマでも「スパモニ」の橋下弁護士は独特の主張をかまして時折スタジオを混乱させる。

それに較べてTBSの「サンデーモーニング」などは左傾コメンテーターだけが集合して仲間内だけで意気投合している。
関口宏の締めの言葉はいつも「さあどうなることでしょうか」で無責任極まりない。
時事バラエティ番組なんかに出ないで、「フレンドパーク」でホイッスルを吹いていればいいんだ。

ところで「スパモニ」のスポーツライターの二宮氏の話が面白かった。

ボクシングは恐怖のスポーツだ。マイク・タイソンのトレーナー(?)は、火の怖さを克服する方法をタイソンに教えた。火は身を焦がすから怖い、しかし、同時に便利なものである。

というようなことだったと思うが、そこで子供の頃の記憶がよみがえった。

田舎町に住んでいた頃、東京からボクシングの興行がかかった。
公園広場の仮設リンクでボクサー達がボクシングを見せてくれた。
背の高いハンサムな男が、小柄で小太りの男と対戦した。
小柄な男は徹底的に打ちのめされて鼻から鮮血が迸った。
中に入ろうとするが長いリーチで阻まれてダウンした。
戦っている小男の目には恐怖の色がありありと見えていた。
ボクシングとはなんと残酷なスポーツかと子供心に思った。
小男の恐怖が自分の体に乗り移ったようだった。

今の日本人は戦争できない代わりにボクシングの殴り合いで心を癒しているのであろうか。
あの小男の恐怖心を平和ボケした日本人は忘れてしまったのだろうか。

ドサクサに紛れて防衛強化するな
http://blogs.yahoo.co.jp/blogger2005jp/38571215.html

北朝鮮ミサイルは怖くない?
http://blogs.yahoo.co.jp/blogger2005jp/38742983.html

橋下発言でスパモニまたもや内乱
http://blogs.yahoo.co.jp/blogger2005jp/49574822.html

柳沢発言でテレ朝内乱!
http://blogs.yahoo.co.jp/blogger2005jp/45841129.html



↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : スポーツ - ジャンル : ニュース

18:11  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.10.29 (Mon)


笑える守屋証人喚問

衆院特別委員会の守屋前防衛次官証人喚問のテレビ映像を見た。

なんだ、自民党田中和徳議員のあのあの芝居気たっぷりな質問の仕方は!

教会の牧師が説教するような抑揚をつけた口調で守屋前防衛次官を叱責する様子には辟易した。

こんな茶番劇をやっている間に、石油補給中止による日本の国際的な立場はどうなるかを与野党ともに真剣に論議したらどうか。

ゴルフ疑惑の追求もいいが、どうも日本の国会は本質的なところからはずれた論議が多い。

これも野党が政党として一人前でないことの証左だろう。

二大政党などは遠い先の話しだ。


議員さんもっとしっかりせよと思う方はクリックを!
***
FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

18:08  |  事件  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.10.29 (Mon)


遺憾だけではイカン

思わずおやじギャグを口走ってしまった。

日本政府はなぜこのように弱腰なんだろう。

中国を刺激するのがそんなに怖いのか。

中国の抗議船が出航した時点で中国に警告を発し、領海侵犯した時点で中国の大使を呼びつけて厳重抗議すべきであった。

海保は領海侵犯をみすみす一時間も見過ごした。

これだから近隣諸国に舐められのだ。

やはり金正日様から一発お見舞い頂かないと日本は平和ボケから直らないと痛感する。

官房長官も「たとえ(中国に弱腰な)福田内閣だからといえども許されるべきではない」と言ったようだった。


イザ・ニュース(2007年10月29日12:01)
官房長官 中国抗議船に遺憾の意「主権侵害だ」

 町村信孝官房長官は29日午前の会見で、尖閣諸島(中国名・釣魚島)に香港の抗議船が領海に入ったことに関連し、「尖閣諸島が日本固有の領土であることは歴史的にも国際法上も疑いのないことであり、日中両国間に領土問題は存在しない。たとえ1時間余りでもわが国の主権を侵害したのは大変問題だ。(この方針は)福田内閣であろうと、どの内閣であろうと変わるところはない」と述べ、強い遺憾の意を表明した。

日本政府はもっと厳重に抗議せよと思う方はクリックを!
***
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

15:33  |  -支那  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |