FC2ブログ

2007.10.17 (Wed)


謝罪にならない謝罪会見

謝罪にならない謝罪会見

今日の5時過ぎ、亀田親子と金平会長の謝罪会見があった。
スポーツ記者の質問は、安倍前首相への悪意に満ち溢れた質問に較べて何と甘いのかと思った。
記者も人の子、一国の長であっても善良そうに見えると突っ込み、亀田史郎氏のようにヤクザまがいに見えるとビビって突っ込めないのではないか。

産経新聞記者に「今後もあのようにパフォーマンスを続ける積りか?」と聞かれて「パフォーマンス?」と睨み返した時の亀田父は恐ろしいヤクザの顔であった。

内藤選手はテレビ各局のインタビューに追われて大変だったが、その飄々とした受け応えでますますファンが増えたに違いない。


《記者との一問一答》

スポニチ
「内藤選手に対する反側行為が非常に顕著だったが、JBCより先に内藤選手の所にいくのが筋ではないのか」

亀田父
「・・・・」

金平会長が代わって答える。

産経新聞
「今このような状況で振り返って、これまでの亀田家の言動やパフォーマンスについて、またボクシングスタイルについてどのような感想を持っているか」

亀田父
「スタイルは、自分等のスタイルなんで、とりあえずこのままで、反側行為は指導するつもりだ」

産経新聞
「パフォーマンスの現状についいては?」

亀田父(伏せていた顔を持ち上げて、相手を睨みつけながら)
「パフォーマンス?」

産経新聞
「いままでの過激な発言について今振り返ってど゙のような感想を持っているか」

亀田父
「それは今はちょっと分かりません」

金平
「負けたのだから、結果が全てだ。勝てば良し、負ければ何も語らない。
結果負けたのだから、どのような批判を受けても仕方が無い。次からまた一から出直しという事でご理解頂きたい」

朝日新聞
「11ラウンドの前に『タマを打てまえ』と反側を指示したのかどうかが今問題になっているが」

亀田父
「それは指示はしていない」

朝日新聞
「では具体的にどのような言葉を言ったのか」

亀田父
「とりあえず、最後はもうポイントも取られているから、悔いの無いように闘えと。あとはどう捕らえようとそっち側が自由だが、俺らは言うてない」

TBSスタジオにて
飯田覚士(元WBA世界フライ級王者)
「ボクが一番引っかかったのは、ボクシングは結果が全てだという言葉で、ボクシング界ではよく言われる言葉だが、今回はそれとは違う。もう一回再起してチャンピオンを目指すなら、どういうチャンピオンになりたいのか、会長やトレーナーはどういう品格を持ったチャンピオンに育てていくのか、もう一度考えてもらいたい」

司会
「勝てば何をしてもいいと受け取られかねない発言だった」

飯田
「そういう考え方だと繰り返すと思う」

谷口源太郎(スポーツジャーナリスト)
「父親の考え方を否定して、新しい考え方を持った指導者につかないと意味がない」

《内藤選手インタビュー》
「大毅選手は一言もいわなかったが、どう思うか?」

内藤
「いやあ、特に。元気になってから喋ってくれればいいですよ」

三雲孝江
「亀田親子が謝罪に来たら何と声をかけるか?」

内藤
「ボクは普通に大毅選手と喋りたい、健闘(を祝)し合いたいなと思う。お疲れってな感じでボクシングの話しをしたいかなあと。もう終わったことだから。これからお互い頑張るか、とか」

三雲
「これから防衛を重ねなければならない決意を」

内藤
「うーん、ボクもちょっとこんだけ有名になっちゃったから、これから言動に気をつけないといけないし。ボクシングも『何だほんとは弱いじゃん』と思われたら大変だし、練習もっと頑張らなければと思っている」

杉尾秀哉
「亀田ブームを煽ったという風に言われた我々も真摯に反省しなければいけない。
内藤選手の爽やかな姿が一つの救いでもある」

《日本テレビ》

内藤
「いい選手ですから。反則さえしなければ。言動はまあパフォーマンスもあるから大目に見て」

《テレ朝》

(大谷昭宏や小宮悦子が内藤選手から過激な発言を引き出そうとするが内藤選手は誘いに乗らなかった)

内藤
「まも終わったことだから。現役選手だからコメントは控えようかな」

小宮
「言いたいことがあるのでは?」

内藤
「日本タイトルをまず目指したらどうか。それから世界(タイトル)を。まだ世界云々で

はない」

フジテレビでも同じ事を言っていたが、これが一番厳しい内藤選手の言葉だった。

小宮
「亀田親子が謝罪に来た時の最初の一言は?」

内藤
「『こないだはお疲れ』と言って笑って声を掛けたい」


リングを降りても内藤選手の勝ちであった。さすが世界チャンピオン!

内藤選手にエールをと思う方はクリックを!
***
FC2バナー2

テーマ : ボクシング - ジャンル : スポーツ

22:27  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2007.10.17 (Wed)


自虐教育は止めろ!

沖縄検定撤廃運動に流されるな

朝日新聞の11万人虚報(主催者発表)にみるように、数字の捏造、「関与」と「強制」のすり替えなど「慰安婦問題」「南京虐殺問題」と根っこはまったく同じです。

根っこで動いているひとたちはどういう人たちか。

今回の教科書検定の撤回を求めている人たちはどういう人たちで、その目的は何かを考えるべきでしょう。

答えは日教組です。日本の子供たちに、自分の国に対する誇りを失わせ、他国の侵略を受け入れやすいように教育しようとするサヨクです。
こども達が自分の国を恥ずかしいと思い、国のために命を捧げた人たちを尊敬もせず「他国に攻められたらよその国に逃げればいい」(NHK番組「日本のこれから」の参加者)という若者を沢山作ることです。

沖縄県の教職員組合は検定撤廃運動を精力的に展開し、今年6月に作成した資料には

「撤回は文科相の政治判断であれば可能。執筆者が訂正申請すれば(撤回の)可能性が生ずる。その時、世論が関係する」

と記していた(産経新聞10月16日)。

彼等の作戦通りに事は運んでいるのです。
勿論、日教組だけでなく、野党、自民党の反日政治家、朝日新聞、NHKなどの反日マスコミが今年の3月以来手を組んで狙っていた方向であり、福田政権はまんまとこの動きに嵌まった。
いや、安倍政権を倒し、福田政権を立ち上げたことすら彼等の仕業だったと言えるでしょう。

NHKは昨日のニュースで沖縄の運動家たちが教科書販売会社に抗議の申し入れを行った映像を伝えました。
日教組の女性教師らしい人が「子供たちは嘘の書かれた教科書は使いたくない」と言っていると迫りました。他にも沖縄人らしい人達が、聞き飽きた言葉を並べていました。

驚いたことに教科書会社は「子供たちが嘘の書かれた教科書は使いたくないと聞いてショックだ。早速執筆者に伝える」と約束していました。

むしろこの事の方がショックでした。
子供たちを自分の思想に染め上げる教育を沖縄ではしているのです。
この子供の発言はそれを証明しています。
自虐教育は絶対にやめなければいけません。


MSN産経ニュース(2007.10.17 11:44)
沖縄県民大会参加者「約1万8000人」
自民歴史教育議連

 自民党の「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」(会長・中山成彬元文部科学相)は17日、沖縄戦の「集団自決」をめぐる高校日本史教科書検定の見直しを求める動きについて党本部で協議した。その結果、検定制度の堅持を近く政府に申し入れるとともに、「議員の会」に沖縄戦検証のための小委員会を立ち上げ、史実の調査を開始することを決めた。

 また、検定撤回を求めた沖縄県民大会の参加者数(主催者発表11万人)が、実際には約1万8000人だったとする調査結果も報告された。
 議論の中心メンバーによるこの日の会合では、教科書記述の見直しについて「政治介入は避けるべきだ」との意見が相次いだ。 

 沖縄県民大会の参加者数の調査は、都内の警備会社が、9月30日付「琉球新報」掲載の航空写真を拡大し、1人ずつ数え上げたもの。その結果、参加者は視認可能部分で1万8179人、建物や木陰に隠れている人数を推定しても1万9000~2万人に過ぎないことが判明した。

 参加者数をめぐっては日本会議熊本が、同様に琉球新報の写真をもとに1万3037人だったとする調査をまとめている。また、沖縄県警は4万人程度との見解を示しており、主催者発表の11万人という数字が誇大である可能性がさらに高まったといえる。


自虐教育は止めろ!と思う方はクリックを!
***
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

18:15  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |