FC2ブログ

2007.10.15 (Mon)


胡錦濤ヨイショのNHK

なぜNHKは中国に媚びるのか

今朝のNHK7時のニュースはて時間をかけて胡錦濤の紹介をしていた。
共産党大会が近いとはいえ、なぜNHKはこれほどまでに中国の報道に力を入れるのかいつも不思議でならない。

安倍政権の時に、NHKはこれほどまで丁寧にその業績や経緯を詳しく報道したことがあるのか?

安倍首相を殺したのは正しい情報を国民に伝えなかったマスメディアではないのか?

いくら胡錦濤の解説とはいえ、「安倍政権になって胡錦濤氏は日中関係を大きく改善させた」というのはひっかかる。

第一、胡錦濤は1988年から4年間チベットで10万-20万人を虐殺した功績で小平に認められた出世した男だ。

http://jp.youtube.com/watch?v=pab7NQ2Q1Pk

胡錦濤ヨイショ解説ではなくて、日本にとって脅威である中国の姿を正しく国民に伝えるのがNHKの責務であろう。

こんなNHKに受信料は払えない。


NHK朝7時のニュース(2007年10月15日)
胡錦濤体制5年 党内基盤へ固め

胡錦濤氏の政治基盤は当初必ずしも磐石ではありませんでした。
前の総書記だった光沢民氏は引退後も軍のトップである中央軍事委員会主席のポストを手離しませんでした。
さらに江沢民氏は党の最高指導部、政治局常務員の9つのボストのうち5つに上海グループと呼ばれる幹部など自らに近い人物を配置し、影響力を残しました。

胡錦濤氏が指導力を発揮したのは2003年、新型肺炎が猛威を振るった時でした。
情報の隠蔽が感染拡大につながったと言う国際な批判が高まる最中、情報の公開を指示、また自ら医療機関を訪問して先頭に立って対応する姿をアッピールしました。

演説する胡錦濤
「我々の努力の結果新型肺炎に打ち勝った」

2004年
指導部発足のおよそ2年後には江沢民氏が握っていた中央軍事委員会のポストを引き継ぎ、名実共に胡錦濤体制がスタートします。

サウジアラビア去年4月
スーダン2月


胡錦濤氏は積極的なシトップ外交に乗り出します。中東や南米、中央アジア更にはアフリカの国々を次々と訪問。エネルギー資源を矢継ぎ早に獲得して行きます。

反日デモ おととし
日本大使館に石を投げつけ、日の丸を燃やす暴徒

一方日中関係は、靖国神社の参拝をめぐって国交正常化以来最悪の状態が続きました。

日中首脳会議 去年10月
しかし、安倍政権になり、胡錦濤氏は日中関係を大きく改善させました

農民が抗議集会
国内では都市と農村の格差、環境汚染など、経済成長優先路線の歪みが次ぎ次ぎと露呈。住民による抗議デモの映像もたびたび表に出ました。

演説する胡錦濤
そこで胡錦濤氏が掲げたのです。
「調和の取れた社会」というスローガンです。社会福祉や環境保護対策などに力をいれ、経済成長の陰で拡大して来た社会の歪みの是正を国家目標だと位置づけました。

去年6月(解説は9月)
去年9月には人事でも思い切った動きに出ます。江沢民氏に近い大物、上海市トップの陳良宇書記を汚職事件で解任。胡錦濤氏が江沢民氏の影響力を弱め、党内基盤を固めつつあると見られています。

《胡錦濤政権今後の方針》スタジオから 北京の中継
「では再び原田総局長に聞きます。
原田さん、胡錦濤氏はこの5年間、少しずつ独自色を出してきたようなんですけども、今回のこの大会ではどういった方針を打ち出すのでしょうか」

原田真(NHK中国総局長)
「はい。胡錦濤党書記が目指すのは30年前に小平氏が打ち出して江沢民氏が受け継いで来た高度経済成長ペースを緩めることです。というのも経済が過熱して、その歪みが各所に出て来ている。
例えば都市と農村の生活の格差や、環境汚染、そして利権をめぐる幹部の腐敗などです。
(白煙を上げる多数の工場と、どんよりした空の映像)
さらに対外的にも中国製品の輸出が増えて食品の安全問題などで世界と軋轢を生んでいます。
(有毒食品の映像)
このため、今回胡錦濤総書記は持続可能な安定した経済を目指すという方針を新たに党の指導理念に据えて調和の取れた社会作りを進める事にしているんです。
ただし、中国経済を車に例えると既にかなりのスピードで走っています。急ブレーキを掛けると壊れかねません。
また地方を発展させるためには逆にもっとスピードを上げろという声もあるんです。速度を下げながら、環境や格差是正にも配慮して安定した経済成長を続けていくと言う肌理の細やかな経済運営が必要になります。
さらには幹部に対する腐敗防止策や、共産党党幹部を選挙で選ぶと言う党内の民主化も国民の不満を解消させるためには必要です」

スタジオ
「原田さん、次の指導者と言う意味で人事にも注目ですよねえ」

(会議を仕切る胡錦濤)
原田
「はい。党総書記の任期についてはこの共産党規約(と言って赤い規約書を取り出して見せる)には無いが、慣例で2期10年とされています。胡錦濤氏にとっては後半の5年間となります。
後継者候補として自らの考えに近い50歳台の若手を最高指導部である常務員に抜擢したいところです。このために大胆な世代交代を図りたいのですが、党内には江沢民前総書記に近いグループや幹部の師弟のグループも居て、100%権力を掌握しているとは言えません。
人事は22日に発表されますが、どの程度若手を起用できるかについて様々な憶測が飛び交っています。最終的には何人かの若手指導者を起用した上で各方面に配慮したバランス型人事を行うだろうというのが一般的な見方です」


NHKは
解体せよと思う方はクリックを!
***
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:44  |  --NHK反日偏向の軌跡  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.10.15 (Mon)


亀田家増長に私達も加担?

吉永みち子も問題発言

TBSサンデーモーニングで浅井慎平氏が「(亀田一家を)持ち上げていた世間も反省して欲しい」と問題発言をしていたが、今朝のテレビ朝日の「スパモニ」でも吉永みち子氏(作家)が同様の発言をした。

吉永みち子
「私達も若干複雑な思いでいるわけですね。舞台上に乗せられた亀田一家に対して、私たちは相当に気持ちを寄せた時もあるし、ある種のアンチとして『こういうのもいいやなあ』と言う風に思っていた。それがある時から舞台の裏も何となく見えてしまって、今回はまさにドカーンと目の前に提示されて、視聴率40%は亀田家に負うところが多いだろう、これまでずっと持ち上げてきて来てしまったんじゃないかと、増長する役割を私達もちょっと担ったかなと言う気がする。
選手の力があるんなら違うところでキチッともう一回やり直してもらいたい」

ガッツ石松(発言をさえぎって被せるように)
「力はまだありません!このぐらいの選手は日本にいっぱい居ます」

よほど腹に据えかねたのだろう、この石松発言で番組は終わった。

吉永みち子氏の発言はいつも賛同しかねることが多いので旧ブログでもたびたび取り上げたことがある。
「私達も加担した」などと言ってもらいたくない。
あくまでTBSの作為的な盛り上げに過ぎなかったからだ。

マスコミは連日、内藤選手を過度にヒーロー扱いしているのが今度は少し心配だ。
今のところは、内藤選手独特の飾らないキャラクターに救われているが、これ以上喋らない方がいい。亀田大毅は才能があると讃えていた方がいい。

マスコミは持ち上げてから叩き落すから。


この件に限らずマスコミは無責任だと思う方はクリックを!
***
FC2バナー2

テーマ : ボクシング - ジャンル : スポーツ

10:48  |  妄言・暴言・失言集  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.10.15 (Mon)


そうさ、あなたもテロリスト

国会で本質的な論議を

自民党の中谷元議員が「(海自の給油活動に)反対するのはテロリストくらいしかいない」と発言したことに鳩山由紀夫民主党幹事長が反論した。

「国民の約3割が給油活動に反対しているのだから、日本にも3割のテロリストがいるのか」


と子供じみた反撃を試みたが、7割が給油賛成だとすれば民意を代表しない民主党はテロリストに加担したと言われても仕方があるまい。

国の憲法よりも国連憲章の方が大事だという小沢一郎代表の国連原理主義は世界の笑いものになるだろう。

いや、本当は、小沢氏の発言を逆手に取って、日本国憲法の矛盾を国会で正面切って論議して欲しいものだ。

そんなことも出来ない自民党は党是である憲法改正も忘れてしまったのかと情けない。


イザニュース(2007年10月14日22:32)
「給油反対はテロリスト」と自民・中谷氏

自民党の中谷元・安全保障調査会長(元防衛庁長官)は14日、フジテレビの番組で、インド洋での海上自衛隊の給油活動継続の意義を強調した上で「これに反対するのはテロリストくらいしかいない」と、給油活動に反対している民主党などを批判した。さらに番組のキャスターが「民主党はテロリスト集団か」と質問したのに対し「(反対は)理解できない」と述べた。

 これに対し、民主党の鳩山由紀夫幹事長は同日の和歌山市での記者会見で「国民の約3割が給油活動に反対しているのだから、日本にも3割のテロリストがいるということになる。こんなむちゃくちゃなことをテレビの前で発言するのはとんでもないことだ。冗談じゃない」と猛反発した。


国会は子供の喧嘩を止めて本質的な論議をせよと思う方はクリックを!
***
FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

09:10  |  時事雑感  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |