FC2ブログ

2007.10.05 (Fri)


法務大臣はさっさと署名を

その昔、自分の宗教上の信念から死刑執行の署名はしないと署名を拒否した法務大臣が居た。
大臣の職務放棄である。
また、恐くて署名出来ないと在任中に署名しなかった小心者の大臣も居た。

そのために、死刑の判決が下りても刑務所は死刑囚の花盛り。
いつ呼び出されるかとハラハラさせるという点では懲らしめるという意味で効果的かも知れないが、私たちの税金で無駄に生き永らえさせてどうするものか。

だったら、鳩山邦夫法相が「法務大臣抜きで自動的に」というのも一理あるではないか。

万が一の冤罪を怖れてということもあるようだが、死刑執行の署名も出来ないようなヤワな議員は法務大臣になるべきではない。

死刑廃止論者の亀井静香議員など論外である。
野党もこんな詰まらない事で言いがかりをつけて首相の任命責任などとバカな事を言っていないで目を外に向けたらどうだ。
国民は内向きの議論にはもう飽き飽きしている。

北朝鮮に近付く米国、日本を狙う覇権主義の支那、日本を仮想敵国と指定した朝鮮半島、北方領土を返さないロシア、四方を敵に囲まれた日本はいったいどうするのだ。


イザニュース(2007年10月4日)
鳩山法相の「死刑」発言やり玉に

 死刑執行に関する鳩山邦夫法相の発言をめぐり、野党の追及の火の手が開会中の臨時国会で上がった。4日に行われた衆院の代表質問で、野党議員2人が法相の発言を批判。9月に鳩山法相を再任した福田康夫首相の任命責任を問うなど、波紋が広がっている。
 代表質問で法相の発言を取り上げたのは、照屋寛徳議員(社民)と、下地幹郎議員(国民新党)。いずれも、鳩山法相が9月25日に死刑執行について「法務大臣が絡まなくても自動的に行われる方法を考えたらどうか」などと発言したことを批判し、「鳩山大臣をなぜ再任したのか」などと福田首相の見解をただした。
 鳩山法相は、ときおり笑顔で首を横に振りながら質問を聞く余裕の様子。福田首相は「(発言は)人命を軽視したり、大臣の職責を放棄したものではない」と答弁した。
 鳩山法相の発言に対しては、「死刑廃止を推進する議員連盟」会長で国民新党代表代行の亀井静香衆院議員が「人間の資格がない」と批判している。

法務大臣は忠実に職務を実行せよと思う方はクリックを!
***

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

10:12  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |