FC2ブログ

2007.10.02 (Tue)


安倍首相を見殺しにしたのは誰か

性急過ぎた保守派の期待

安倍さんは「戦後レジームからの脱却」を目指して単騎突撃し討ち死にした。

多くの保守派議員、論壇が安倍さんを見殺しにした。

しかし、そうなる前に、もう一つの保守派の反省点として安倍氏への過度の期待感があったのではないかと今にして思う。

首相就任前の安倍さんの言動から期待過多になっていたのではないか。

安倍さんを失脚に追いやった性急な保守派にもその責任の一端がある。

確かに安倍さんは首相になってからその主張をトーンダウンさせた。

●靖国参拝の曖昧化

●就任直後の中国訪問

●アメリカでの慰安婦謝罪(公式文書によれば実際にはアメリカに謝罪していない)

●北京五輪参加表明

●河野談話容認

戦後60年以上もの間も染み付いた自虐思想と平和ボケ、無責任な個の主張と公の否定、利権を貪る政治家と官僚・・・そんなものが安倍さんが首相になったからといって一挙に無くなるはずがない。

安倍さんは長期政権を目指し、多くの圧力を排除しつつ、徐々に国政を改変していく積りだったに違いない。

安倍さんは自称保守派を失望させたが、短期間の在任中に多くの重要法案を通した。

反日マスメディアと野党はそれを強行採決というが、廃案にしたい野党との戦術の違いにすぎない。

靖国を参拝したり、河野談話をいきなり否定したりして与党内の混乱を招くのがよかったのか、それともそれらを曖昧にして、重要法案を通すのがよかったのか。

私は参院選に勝ったら次第に安倍カラーを出していくものと期待していた。
残念ながらそうはならなかった。

後は安倍さんが蒔いた種をカラスにほじくり返されないように見張るだけである。

はやくも教育再生会議は頓挫の様相を呈しているではないか。

阿比留瑠比氏の言うとおり「失って知る安倍政権の輝き」だ。

本稿は安倍首相へのレクイエムであると同時に、キリスト再誕にも似た安倍首相の復活を待つハレルヤである。


安倍首相の復活を願う方はクリックを
   ↓


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

19:28  |  政治  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2007.10.02 (Tue)


舛添大臣「ピンポン!」

安倍前首相に弓を引いて、参院選敗北の要因の一つになるテレビ発言をした舛添要一大臣が、安倍前首相に取り込まれて、果たして実績を上げることができるかどうか注目されいる。。

一説では、舛添氏は親の介護を売り物にして議員になり、極めて機を見るに敏な男だという(高山正之氏)。

年金問題で揺れた参院選で「後ろから鉄砲で撃たれる」と泣き叫んだ演技も選挙に勝つためのものとPonkoは睨んでいた。

しかし、国民の人気は高く、総理大臣の候補にもなっている。

その舛添氏がTBSに噛み付いた。

民主党のエース、年金の神様と呼ばれる長妻昭衆院議員(嫌いです)が「ピンポン」に単独出演して一方的な意見を述べたことをBPO(放送倫理・番組向上機構)に訴えるという。
だいたい近頃の偏向テレビ番組は一方的な主張を「お友達」同士で集まって垂れ流している。徹底的にやっつけてやれ!

一方では、ご自分がテレビ出演後、記者団に対して「銀行は信用できるが、社保庁は信用ならない。市町村の窓口はもっと信用ならない」と発言したのに対し、鳥取県の倉吉市市長が激怒し、厚労相宛の抗議文を提出した。
この抗議に対し、舛添氏は「小人のざれ言に付き合う暇はない」と突っぱねた。

その意気やよし。

安倍首相辞任後、まあまあ式の福田政権に飽き足らない一部の国民にとっては、暴れん坊舛添は「ピンポン!」である。

舛添厚労相、TBSに抗議文「年金問題で公平性欠く」
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/media/85290/
舛添発言波紋…鳥取・倉吉市長大激怒で抗議文提出
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/87733/
「小人の戯れ言に付き合う暇ない」抗議文に舛添氏
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/dompolicy/87848/

舛添氏どこまでやるか見届けようと思う方はクリックを!
***

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

18:07  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.10.02 (Tue)


教科書「県」定だな

教科書「県」定だな

このタイトルは2ちゃねらーから頂きました。

「沖縄だけ別の教科書にしてくれないかな」

から

「安倍晋三、かえってきてくれ」

まで、2チャネラーのセンスは健在です。

「沖縄の11万人が1億3,000万を代表するのか」という意見が大部分です。

しかもその11万は主催者発表の数字。
航空写真、地図、公園の公式サイトから、11万人は捏造だと明らかにされています。

沖縄では行動を共にしないと親戚から干されるから行くという話しも聞きます。

「日本軍は、県民を豪から追い出し、スパイ容疑で殺害し、日本軍のくばった手榴弾で集団自害と殺し合いをさせ、800人以上の犠牲者を出した」
この後半部分が「日本軍のくばった手榴弾で集団自害と殺し合いがおこった」と修正された。
果たして「歴史の歪曲」といえるか。(産経抄 10月2日)
 
   
なんのことはない、目くそ鼻くそを笑うの類で、前半部分も後半部分も日本軍を悪者にしたい著者の悪意がムンムンしている。
「殺し合いをさせた」のか(強制)、「殺し合いがおこった」のか(発生)の違いを騒いでいるだけです。

民主党の言い分も「強制」論争から逃げるために、「集団自決が、日本軍による強制・誘導・関与等なしに、起こりえなかったことは紛れもない事実」と「関与」まで含めてきた。

「生きて虜囚の辱めを受けず」の思いで手榴弾を住民に渡した「思いやり」を関与といえば関与になるでしょう。

自国の軍隊を、しかも60年以上も前の軍隊をここまで悪者にして教書に載せる国なんて、世界広しといえども日本だけじゃないでか?

どちらにしても、年金データ保存問題と同じで、日本の政治を内向きにして外に目を向けさせまいとする反日勢力の仕業であることは間違いありません。

私たちが60年以上も前のことをウダウダ言っている間に、アメリカは北朝鮮をテロ指定国家からはずし、米中は接近し、日本は台湾とともにアジアの孤児になる。

こんな筋書きが読めないほど日本人はおバカさんになったのでしょうか。


自虐教科書は要らない!と思う方はクリックを!
***

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

12:11  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |