FC2ブログ

2007.09.27 (Thu)


どうせ時間稼ぎだ

ということぐらい、みんな分かっているのに何時までだらだらと6者協議などやっているのでしょうか。

前に一度、軽水炉で騙されてるんでしょ。

北朝鮮がテロ指定国家からはずさないとやらないと主張している北朝鮮の非核化。

実は6者協議の本当の狙いは、
①日本に戦後処理の賠償金として1兆円支払わせる(北朝鮮と戦争した覚えは無いんですが・・・)

②日本に核を持たせない

だそうじゃないですか。

もういい加減日本は離脱するという姿勢を見せたらどうでしょう。

そしたらアメリカも中国も必死になって引きとめようとして拉致問題にも本気で取り組むかもしれません。

まあ「相手の嫌がる事はしない」福田政権ではとても無理でしょうが・・・


SankeiWeb(2007年9月27日)
6カ国協議
ヒル次官補「核無能力化で北と隔たり」
 

【北京=有元隆志】北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議は27日午後、北京市内の釣魚台迎賓館で再開される。30日までに、「次の段階の措置」として、核施設の無能力化と核計画の完全申告に関するロードマップを策定する。
 全体会合に先だって27日午前、米国と北朝鮮の2カ国会談などが行われた。

 ヒル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)と北朝鮮の金桂寛外務次官は26日夜も会談した。米朝は9月はじめの関係正常化作業部会で、寧辺にある核施設を当面稼働できなくする無能力化を年内に実施することで合意した。ただ、ヒル氏は27日朝、記者団に対し、「われわれは多くやりたいのに対し、北朝鮮は少なくしたい」と述べ、無能力化に関して大筋では合意しているものの、実施方法をめぐり、なお北朝鮮側と隔たりがあると指摘した。

 6カ国協議の全体会合は、核施設の稼働停止・封印などを盛り込んだ「初期段階の措置」をまとめた2月以来、7カ月ぶり。27日は各国代表による基調発言のほか、5つの作業部会と9月中旬に訪朝した米中露3カ国の核専門家による報告が行われる予定。

 日本や米国は朝鮮半島の非核化に向けて、無能力化やウラン濃縮を含む完全申告の作業を加速化したいのに対し、北朝鮮は米国によるテロ支援国指定解除などの見返り措置の履行を求めている。早期の合意とりまとめでは双方とも一致しているが、隔たりは依然として大きい。


6者協議からの離脱もありと思う方は2クリックを!
***********
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:22  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2007.09.27 (Thu)


中国、媚中内閣を熱烈歓迎

中国、媚中内閣を熱烈歓迎

中国は「主張する外交」の安倍政権から「相手の嫌がることはしない外交」の福田政権への転換を手離しで歓迎した。

福田首相は就任前から「靖国神社に参拝しない」と明言していたから、中国は大歓迎のはずである。
本音を言えば中国は「靖国参拝」など実はどうでもいいことなのである。
「靖国参拝」を気に入らないと言えば、朝日新聞など日本の世論を分断しようとするマスコミや文化的知識人が騒いでくれるから、中国はそれを利用しているだけである。

日本の精神的支柱をぶち壊しておけば、日本は怖くない。それだけの話である。日本人が靖国参拝で一枚岩になれば中国はもう口出ししなくなる。

既に分断されているので一枚岩になるなど夢のまた夢だが・・・・

本人は媚中でないと弁明している高村外相も日中友好議員連盟会長であればそのスタンスは明らかである。

北京五輪後の中国経済のバブル崩壊まで福田政権が持ちそうも無いのはまことに残念である。


産経新聞(2007年9月26日)
「靖国参拝せず」に安心感

 【北京=矢板明夫】中国のメディアは、福田康夫新内閣に高い関心を示している。国営新華社通信は25日午後から、衆参両院における首相指名の状況や、国会議員らの入閣情報などを、日本のメディア報道を引用する形で次々と速報した。
 同日午後に開かれた定例会見で、中国外務省の姜瑜報道官は「新首相就任にお祝いを申し上げる。私たちは中日間の3つの共同文書を基礎に、日本側とともに努力し、戦略的な互恵関係を進めて、健全かつ安定的な中日関係を築いていきたい」と述べた。
 中国政府は昨年秋から、これまでの対日強硬路線を改め、対日重視の姿勢を全面的に打ち出した。このため、昨年10月の就任直後に訪中した安倍晋三前首相を「中日関係の改善と推進に、積極的かつ建設的な努力をされた」(姜瑜報道官)と高く評価している。
 福田新政権に関しては、「首相の任期中に靖国神社を参拝しないことを就任前から言明しており、(同問題で)あいまい戦略をとってきた安倍前首相よりもっと対中関係を重視しているはず」(日中関係筋)と分析されている。
 一方、日中友好議員連盟会長で、中国メディアから「著名な日中友好人士」と称される高村正彦氏が防衛相から外相に横滑りしたことについても「やりやすい」(同)との声が上がっている。


媚中外交はノーだと思う方は2クリックを!
********
FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

14:01  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |