FC2ブログ

2007.09.25 (Tue)


安倍氏の政治生命を断ちたいマスコミ

昨日の安倍首相の「国民への謝罪会見」について、今朝のテレビ各局は更に追い討ちを掛けてその政治生命まで断とうとしているかのようである。
裏を返せば、それほど安倍首相の思想信条が怖いのであろうか。

テレ朝とフジTVしか見られなかったが、反安倍テレビ局のTBSその他のテレビ各局も同様な取り扱いだったに違いない。

テレ朝「やじうまプラス」
安倍氏の会見についてのインタビュー
中年女性
「いまさら遅いと思う」

川村晃司
「安倍さんは大臣の経験もなく首相になった。本人はまだ政治家を続けたいと選挙民に訴えているが、もう首相としても政治家としても可能性がない安倍さんを山口県の選挙民は選ぶだろうか。○○という若手の政治家も出てきているし」

他のコメンテーター達も酷い事を言ってたのでチャネルを回した。

フジテレビ「とくダネ!」
上杉隆

「今回の会見は安倍さん自ら積極的にという形ではなくて、側近がやや政治的な意図を持ってセットしたというのが分かった。国民への謝罪が表のテーマになっているが、事実上は麻生さんに配慮した、麻生クーデターを打ち消すための会談だ。本人が何度も言及したが最後の最後まで側近によって政治的に利用されてしまった」


「本人が何度も言及した」というが、同じ質問を二回も繰り返したバカ記者たちに対して答えただけである。このようにしで事実を歪曲するのはいかにもNHK、NYタイムズと渡り歩いた反日ジャーナリストらしい。最後の最後まで安倍首相を貶めようとしている。

小倉智昭
「個人的には同情するが、国政を考えたらやっぱりこういう形で辞めるのは納得がいかない。その怒りをこれで納めてはいけないと思う。記者会見をして気の毒だ、気の毒だとなってしまうと、怒りを納めようとするじゃないですか。それってボクは違うと思う」

「怒りを納めるのは違う」というなら、じゃあ安倍さんにこれ以上なにを求めるというのか!

竹田圭吾
「おっしゃるとおりで、昨日の会見もそういった疑いを打ち消すものではなかった。辞めた時にその理由をきちんと話さなかったのをゴメンナサイと。本来ならば、ああいう形で投げ出すことになったことに対してもうちょっとストレートに謝るべきだった」

室井佑月
「国民がただちに謝って欲しいから出て来たと思ったんだけどさあ。そうじゃなくて議員を続けたいから会見開いたみたいに見えちゃってさあ、その図々しさがあるんだったら心配しなくても大丈夫だと」


小倉が愉快そうに高笑いし、上杉が失笑する様子をカメラが捕らえる。

室井は「安倍晋三が大嫌いだ」と公言する女流作家。
旧「反日勢力を斬る」でも「バカ女シリーズ」で登場している。
http://blogs.yahoo.co.jp/blogger2005jp/46736514.html
http://blogs.yahoo.co.jp/blogger2005jp/38755799.html

別の番組で室井とたびたび出演している政治評論家の裏話によれば、局側がアンチ安倍の放言を繰り返す室井を高く買っていて、非常にやりにくいとか。
テレビ局のプロデューサー、ディレクターの仕込みがわかる話である。

フジTVも朝日新聞の代理店・上杉隆を多用するが、いかがなものか。
http://blogs.yahoo.co.jp/blogger2005jp/48823742.html

今朝の産経にもこんな広告が載っていた。
BOSS11月号特集「堕ちた偶像」
安倍晋三 1年で逃亡「坊ちゃん宰相」の限界 上杉隆

上杉隆氏は「誌面で強く、対面に弱いと揶揄されている」(ウィキペディア)

それにしても、最近保守派の評論家がテレビからすつかり姿を消した。
本人達が自粛(?)しているのか、テレビ局からお声がかからないのか。
かくして反日勢力はますます日本にのさばり、勢力を伸ばしていく・・・・


安倍首相の一日も早い健康回復と再起を願う方は2クリックを!***********
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

14:16  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |