FC2ブログ

2007.09.22 (Sat)


北京五輪をヨイショするNHK

(NHKは9月22日、受信料を50円値下すると発表しました。NHKは反日偏向番組が多く公共放送としての不適切です。2006年8月9日の記事を転載しました)
北京五輪をヨイショするNHK

NHKも民放も連日のように、北京五輪がちょうど1年後に迫ったとお祝儀報道している。
今朝のNHKニュースは北京では開催1年前の祝典に湧く北京市民の様子を伝えていた。

そんな中で、テレビ東京は女子マラソンの深刻な問題を取り上げていた。

北京のマラソンコースはほとんど坂が無く平坦な道なので、高記録が予想それている。
しかし、実際は、8月下旬の30度を越す温度、60%を超える湿度、そして何と言っても大気汚染。
浮遊塵粒は東京の4倍もあり(二酸化炭素は5倍)、選手は呼吸困難になる危険があるという。

中国政府は1兆円かけて北京市内の工場を郊外に移転させているというが、「移転先が汚染される」とクレームをつける老人など2名がインタビューで否定的な意見を述べていた。

オリンピック運営委員は「中国は努力している」と語っていたが、賄賂をつかまされてるんじゃないかと疑ってしまった。

元女子マラソン選手の増田明美さんが対策として「試合直前に北京入りするしかない」と語っていた。

世界の選ばれたアスリートが競う五輪で、食の安全、治安(試合に興奮した市民の暴動)、健康障害などが危惧されている開催地など、いままで聞いたこともない。

これだけでも、とても五輪を開催する資格のない中国は、ダルフールのジェノサイド(大量虐殺)など、政治的にも世界の関心を呼んでボイコット運動が進められている。

マスメディアは北京五輪のヨイショ報道だけでなく、このような暗い闇の部分も視聴者に正しく伝えてこそ、ジャーナリズムというものであろう。


北京五輪はボイコットすべきと思う方は2クリックを!
********
FC2バナー2



テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

23:48  |  --NHK反日偏向の軌跡  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.09.22 (Sat)


台湾、聖火の通過拒否

多くのトラブルが予想される北京五輪。

今年4月の中国は聖火の通過するコースを、ベトナム→台湾→香港→マカオ→中国本土として台湾を含めていた。

しかし、台湾は「中国は台湾を中国の一部とみなしている」として反発、中国は21日、台湾の通過を断念した。

「中国が突然条件を変えてきたので交渉は決裂した」(台湾行政院体育委員会、楊忠和委員長)

その条件とは、聖火リレー中に台湾の「国旗、国歌、記章」の使用を禁ずるという一項を追加しようとしためだ。

中国は台湾の国旗を聖火の通過する沿道に出すなと釘をさしたのだ。

「中国はひとつ」として、台湾を中国の一部だと主張する横暴な中国に対し、豆粒みたいな小さな国、台湾が中国の支配に必死に抵抗している姿に心打たれる。

安倍首相の「共通の価値観」を持つ国を日本は見殺しにしていいのか?

中国と台湾の争いは対岸の火事ではない。

覇権主義の中国がアジアを制圧しようとして、台湾、沖縄、日本本土とこの黒い魔手を伸ばそうとしていないと誰が言い切れるのか?

一党支配、人権無視、他国への侵攻を続ける国際社会の異端児が主催する北京五輪はボイコットすべきだ。

親中派のボス、福田首相になれば日本は中国の魔手に絡め取られていくことは間違いない


産経新聞(2007年6月22日)
北京五輪 聖火、台湾通過せず
IOC「中台交渉が決裂

 【北京=川越一、台北=長谷川周人】2008年北京五輪聖火リレーの台湾通過問題で、国際オリンピック委員会(IOC)は21日、中国と台湾の協議が合意に達せず、今後の作業に支障が出る恐れがあるとして、台湾を通過しないことを決めた。台湾の中華台北オリンピック委員会と行政院(内閣)体育委員会がこの日、発表した。
 北京五輪組織委員会の蒋効愚副会長は同日夜、記者会見を開き、「聖火が台北を通過しなくなった責任は聖火リレーのルートを政治問題化した台湾当局にあると強調した。
  一方、台湾側はこの結果について「遺憾」 (張俊雄行政院長=首相)としながらも、体育委員会は、北京五輪の競技には基本的に「積極参加」する従来の方針を確認した。

 北京五輪組織委員会は4月下旬、ベトナム・ホーチミンから台北に渡り、香港に抜けるルートを発表した。しかし、台湾側が中国の一部とみなされることを懸念。「主権を矯小化するもの」な
どとして受け入れを拒否していた。
 蒋副会長が今月6日、 「台湾は海外ルート」と明言したことを受けて、台湾側も一時、聖火受け入れに傾いた。8日に合意書を取り交わす手はずだったが、台湾側の説明によると、前日になって中国側が聖火リレー中に台湾の「国旗、記章、国歌」の使用を禁じる一文の追加挿入を求め、交渉は決裂したという。
 IOCは北京時間21日午前8時(日本時間同8時)を交渉期限に設定していた。

北京五輪はボイコットと思う方は2クリックを!
********
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

10:00  |  政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.09.22 (Sat)


安保理、インド洋上の対テロ活動に謝意

安保理、インド洋上の対テロ活動に謝意

国連の安保理はインド洋上の日本も含む国際協調対テロ活動に謝意を示した決議文を賛成多数で採択した。

反対して棄権したのはロシア。
そのロシア自身はテロ対策(米軍主導のOEF、アフガン国際治安支援部隊のISAF)のいずれも参加していないのだから無責任な国だ。

国連のお墨付きがないからテロ特措法の延長は反対だという民主党はさてどうする。

やつぱり、民主党=ロシアということなのね。まことに分かりやすい。

今朝のテレ朝「やじうまプラス」は相変わらずの偏向番組。

朝日新聞の昨日の夕刊を紹介して、その見出しを紹介・・・・

決議分裂「日本のせい」
給油謝意 安保理各国が反感


日本のせいで安保の決議が分裂して、安保理各国が日本に反感をもった。さあ大変だと騒いでいる。

よく読むと、反対したロシアの大使の言葉を引用している。
朝日新聞=ロシアということなのね。まことに分かりやすい。


朝日新聞
「『安保理の一員でもない特定の国』(チュルキン大使)の国内事情を安保理決議の交渉に持ち込んだ米国への反発がある。各国は分裂は日本のせいだとみている」


ロシアの立場に立って日本を非難する朝日新聞てどこの国の新聞?

司会者の吉澤一彦アナは反対派の朝日、毎日、東京新聞と賛成派の読売、産経、日経を比較する。


東京新聞 「姑息では見透かされる」
対テロ対策で悩ましい問題を抱える国際社会で姑息と映らないか。それが心配だ。


(東京新聞さん、そんな無用な心配しなさんな(笑))

朝日新聞 「筋違いの謝意が紛れ込んだのは日本のせいだ」
(朝日新聞は日本が国際社会から感謝されることがよほどお気に召さないらしい)

吉澤アナ
「前文ではあるものの謝意が決議された。本文ではなくて前文だというところがビミョーだ」

(日本国憲法の前文には随分ご執心の朝日新聞が、前文だからどうでもいいというのか)


二木啓孝
「感謝状呉れ呉れと言って、貰ったら感謝してますよというのはどうなのかなと思う。
アフガン支援で犠牲者の出ているドイツでは日本が憲法の制限でインド洋海上の給油支援しか出来ない事は知っている。『謝意を入れてくれ』と日本が言った時に『何を言ってるんだ。こっちは血を流してやってるのに謝意だけ求めるのは何だ!』と国連の中で物凄く反発している。米英が『まあまあ、日本の国内事情だからさあ』みたいな話になってくると、この感謝状を武器にしてさあということになるのか」

だったら日本もドイツのように血を流しましょうよ。
日本が血を出せば大騒ぎするのは朝日新聞とあなたがた進歩的文化人でしょ(笑)


吉永みち子
「国民としては、日本が何ができるのか、今までしたことがアフガンの役に立っているのか、国際的に評価されているという『国際的』とはどことどこかを知らされていない」

あのねえ、パキスタンとか他の国の名前も新聞に出てるじゃないですか。安保理で謝意議決に賛成した国もはつきりしてるじゃないですか。

今日の産経新聞社説の一部から

「日本を含む諸国の貢献と意義を一層評価する決議に高めることができたのは、日本政府による『国連を活用する外交』の成果といっていい」

小沢一郎代表の「金科玉条」「錦の御旗」の国連なんてこんなもんさ。
国連は活用すべきで、崇め奉る組織ではない。

そして、身命を賭してブッシュ大統領に直談判し、この謝意を盛り込ませたのは安倍首相だったとは、知らなかった。


民主党の反対に反対と思う方は2クリックを!
********
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

00:24  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |