FC2ブログ

2007.09.12 (Wed)


反日勢力に返り討ち

安倍首相が突然辞任した。
それも、昨日、衆参両議院で立派な所信表明演説をして、自民・民主の対決が見られようという衆院本会議開催の直前になって辞任した。保守の希望の星が墜ちた。

辞任の記者会見ではとても疲れた様子に見え、今にも崩れ落ちそうな気配だった。
なぜ、いまこの時点で辞任を決意したか。
安倍首相の言葉を信じれば、自分が首相の座にいることがテロ特措法の延期の障害になると判断したからだ。

もう一つの理由は小沢民主党代表との党首会談を拒否されたからだという。
言わずもがなである。
こんなことは理由にならない。黙っているべきだ。
案の定、小沢代表は「聞いていない」とか「主旨がわからない」とかとぼけている。

安倍さんの欠点は真面目すぎるということだ、政治の世界は真面目さは必ずしも利点にはならない。

安倍前首相は外柔内剛とみていたが、硬いものは破断の臨界点に達すると突然ポキッと折れる。

安倍さんが周囲の反対にもめげず、憲法改正の道を開いた選挙法改正、教育基本法改正、公務員法改正、防衛庁の省への格上げ等々、短期間に数々の重要法案を通して、戦後レジームからの脱却を計った功績は大きい。

外交においては中国の包囲網を着々と作りつつあった。

しかし、どうせ辞めるなら、今ではなくて参院選惨敗の時に辞めた方が、いずれ将来の復帰の芽は残せたはずだ。今となってはそれも結果論か。

繰り言になるが、安倍さんには、政界再編の糸口をつけから辞めて欲しかった。
自民党内の護憲派、媚中派、リベラリストを追い出し、民主党から保守派を迎え入れ、公明党を切る。

ただ、あまりにも唐突なので、ただひとつ捨てきれない予想は、野党民主党との間に、安倍首相さえ辞任すれば、野党は相談に応じるという密約が交わされていたのではないかということだ。この下司の勘繰りが正しいかどうかは今後の野党の国会での動きで分かる。

小泉前首相は「自民党をぶっ壊す」と言って、田中角栄・竹下登の流れを汲む派閥政治、金権政治をぶち壊した。

改革を急ぐ余りに票田である農村、医療、建設業、郵便を敵に回した負の遺産を安倍さんが引き継ぎながら選挙に挑んで敗れた。

反日偏向マスコミの陰謀で愚民に竹薮の中で槍で刺されて落命した高名な武将の姿が目に浮かぶ。

安倍武将を殺したのはマスコミであり愚民であることを私たちは忘れない。

日本がこれで大きく後戻りすることは間違いない。

反日勢力に返り討ちにあった安倍さん、捲土重来、しばらく静養されて、逞しさと狡猾さを身につけた上で再び首相の座に返り咲いて欲しい。


ブログランキングに挑戦中です。よろしければクリツクを!




20:43  |  政治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |