2017.10.23 (Mon)


テレ朝「選挙特番」 田原総一朗の妄言を書き起こし


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

みんなアベに対して甘すぎる!と

政治評論家の田原総一朗氏が22日のテレ朝「報ステ」の選挙特番でひとりで興奮していたので書き起こしてみた。

テレ朝「選挙ステーション2017」(2017/10/22)

2017102305.jpg

田原総一朗
「自民党は勝ち過ぎですよ。おかしいよ。
だってねえ、本当はね安倍政治の総括だったんですよ。
安倍政治ってのはね、森友・加計あるいは共謀罪? 
碌なもの無いんだよ。
それが何にも直ってないんだよね」


富川悠太(キャスター)
「自民党が支持されたというのではなくて、他よりも・・・」

田原
「要するに小池さんが排除みたいなこと言った。で、要するに小池さんの野党と枝野さんの野党と野党同士の対決になっちゃった。安倍さんに対する批判とか吹っ飛んじゃった」

後藤謙次がボードを取り出す。

2017102304.jpg
             ↑
メチャクチャな悪筆(笑)

「自民党の選対、最高幹部が『手を合わせないといけない数字だ。希望の党に感謝しなければいけない」

田原
「小池様々!もうひとつ北朝鮮様々!」

後藤謙次
「漁夫の利を得た。ホッとしたということですね」

田原
「知事は小池さんが座長になった直後、風がみんな小池さんに吹いて、この時自民党の幹部達はボスト安倍を誰にしようかと本気で考えた。野田さんがいいか、岸田さんがいいか、更にその時幹事長を誰にするか、官房長官を誰にするか、ここまで言われてたんですよ」

富川
「ヘエーッ!。それがどんどん風が違う方向に変わってきた」

田原
「そう。だから一番ホッとしてるのは安倍さんでしょう」

後藤
「一時期は安倍総理自身が遊説の場所すら公表しないでゲリラ的にやってましたよね。
公示の直後に自民党に非常にいい数字が出た。その後に安倍さんは積極的に街頭演説に出て行った」

田原
「でもどちらかというと、今は小泉進次郎の方がむしろいいですよ」

後藤
「今ね、自民党の顔は小泉進次郎さん。全然、集まる人の数が圧倒的に違うと言われてますね」

富川
「これで改憲がどんどん進んでいくということにになりますか?」

田原
いや、その改憲がね、大問題なんですよ
要するに安倍さんは日本の憲法学者の7割近く、63%が自衛隊は憲法違反だと言ってるから憲法9条に自衛隊を明記したい。
これは安倍さんの大誤解だ。とんでもない。要するに憲法学者達はいわゆる自衛隊が既に自衛隊の範疇から逸脱していると。
特に安倍さんが、安保関連法案、集団的自衛権にした。
こんなものはね、専守防衛でもなんでもない!
だから逸脱してるんで、憲法学者は○○だと言っている」

富川
「書いてないのが違憲なんじゃなくて・・・」

田原
「安倍さんは自分が実は誤解してると知ってて、敢えて知らん顔して憲法改正と!」

富川
「そうなんですか!」

後藤
「枝野さんはそこを言っている。安保法制は違憲だと。その憲法違反である自衛隊を憲法で明記することは違憲のものを全部認めてしまうということになると。そこが枝野さんの・・・」

田原
「そうなんです!」

若い女性コメンテーター
「憲法改正にはいろんな意見があるかもしれないけれども、これまでアンタッチャブルだった憲法改正を議論できるようになった事自体はいいことではないかと思うんですが?」

田原
「いままで自民党の歴代総理は一切改憲と言わなかった。それは戦争を知ってる世代は改憲と言えなかった。
竹下登が総理大臣になった時、自衛隊はまったく戦えない軍隊だぞと言ったら、イギリスやフランスの軍隊はネガティブルールと言って、やっちゃいけない事以外は全部やっていい。日本はポジシィブルールで何にも出来ない。
戦えない。そんなんでいいのか。
そうしたら竹下さん『だからいいんだ』と。『戦えないから平和なんだ』と。
小泉さんまでそう言った」


まず世界の軍隊は「ネガティブリスト」で禁じられた以外のことは全てやってよい。
これは軍隊の常識だ。
なぜならば緊急事態に遭遇した時、限られた「ネガティブリスト」さえ頭に置いておけば迅速に対応できるからだ。
それを否定する竹下も小泉も田原も、日本の若い兵隊を見殺しにするのか。
「戦争を知っている世代は改憲と言えなかった」というのも嘘。

アメリカの爆撃機B29の一般市民の大量殺戮。艦載機の遊び半分の機銃射撃。
それを経験した日本人は弱い軍隊の悲哀を味わった筈だ。
石原慎太郎氏も学校の帰りに野原でアメリカの艦載機に遊び半分に銃撃されて逃げ惑い、操縦席のアメリカの若者の笑い顔を目にしたという。

後藤
「それと安倍総理は今度の遊説中に憲法改正の自民党案をどうするか明確に言っていない」

田原
「これも問題だ。2012年、これは家族、家族、それから言論の自由、公共の名に反しないだって、非常に束縛してる」

富川
「そういったところも第二部の討論の中で・・・」

田原
「やりましょう!徹底的にやんなきゃ!
どうもみんな安倍に対して甘すぎる!」


この男も、気でも狂ったのか、それとも老いぼれたのか?
安倍首相と北朝鮮問題に関して重大な話し合いをしたと思わせぶりなことをマスメディアにばらした。
どうやら安倍首相自身が北朝鮮に行って金正恩と交渉せよと勧めたらしい。
いったい自分を何様だと思って居るのだ。
蔑みと哀れみの気持ちしかない。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:11  |  2017衆院選挙  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2017.10.23 (Mon)


選挙特番 池上彰は何様の積りだ


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

不躾な質問は不快でしかない

 テレビ各局の選挙速報の司会やコメンテーターのコメントがいつも以上にあからさまな現政権に対する反発を示していた。
番組作成のプロデューサーやディレクターの指示があったに違いない。

いつものように池上彰は一体自分は何様だと思い上がっているのだ。
昨夜の自民党二階幹事長への質問をはじめ、テレビ視聴者の受け狙いのつもりなのか、度を越した非礼な質問の「仕方」をしていた。
相手を怒らせて本音を引き出すというテクニックもないわけではないが、あれは見るものに不快な気分を与えた。
二階幹事長の狸も内心ムッとしていたようだったが無表情に答えていた。

2017102301.jpg

産経新聞(2017/10/22)
【衆院選・テレビウオッチ】
「あんまりいい質問じゃないね」池上彰氏に自民・二階俊博氏 テレ東系「総選挙ライブ」

 衆院選の開票が行われた22日夜、ジャーナリストの池上彰氏がメインキャスターを務めるテレビ東京系の開票速報特別番組「池上彰の総選挙ライブ」で、中継で出演した自民党の二階俊博幹事長が池上氏に「あんまりいい質問じゃないですね」と返す場面があった。
 池上氏は二階氏を「安倍晋三首相は、あなたをもっとも政治技術をもった方といっている」と評したが、二階氏は「私は権力を集めたり、そういう努力をしているわけでもない。あんまりいい質問じゃないですね」と答えた。
 さらに「老練な政治家」と続ける池上氏に二階氏は「そんなこと言われたことはないね」と無表情に返した。
(

2017102302.jpg

ツウィート
「モリカケ」連呼の野党より地道に政策を自民党は訴えてたような感じはする」


池上は安倍首相との中継が意図的に妨害されたと自民党に苦情を申し入れた。

産経新聞(同上)
安倍晋三首相との中継「うまくいかなかった」 池上彰氏が自民・岸田文雄氏に“申し入れ”

 衆院選の開票が行われた22日夜、ジャーナリストの池上彰氏がメーンキャスターを務めるテレビ東京系の開票速報特別番組「池上彰の総選挙ライブ」で、池上氏は、自民党の岸田文雄政調会長に対し、安倍晋三首相との中継の際に、自民党本部で当確候補の氏名読み上げが行われていたのは、「テレビ中継のルールに反する」と強い調子で伝えた。
 番組では、午後10時過ぎに党本部の安倍晋三首相と中継のインタビューが始まったが、中継の後半は安倍首相が話す背後で氏名を読み上げる音声や拍手が聞こえ続けた。池上氏が安倍首相に「聞こえますか。大丈夫ですか」と確認する場面もあった。中継は質問の途中で時間切れとなった。
 池上氏は岸田氏に「中継の際は読み上げなどは行わないルールのはず」との自身の認識を示し、「こちらと安倍さんとのやりとりがうまくいかなかったことについて、きわめて異例のことだったと一言申し上げておきます」と伝えた。
 岸田氏は「ご迷惑をおかけしたとしたら、おわびを申し上げなくてはと思います」と答えた。


(引用終わり)

官邸サイドの作戦勝ちである。

2017102303.jpg

峰竜太
「ボクなんか気になってるのは森友・加計問題なんですけど、この選挙で禊(みそぎ)になってしまうのか、その辺を聞きたかった」


ディレクターの指示通りのお約束のコメント。

まあ政治に疎い芸人は大衆の面前で恥を掻かないようにして欲しい。
 
 ↓徹底検証 「森友・加計事件」朝日新聞による戦後最大の報道犯罪(小川榮太郎著)



↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

20:14  |  2017衆院選挙  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017.10.23 (Mon)


自民大勝を喜ばない反日メディア


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

まだ森友・加計を言う執念深さ

「大義がない」と「モリカケ隠し」というパヨクの激しい批判の中に行われた総選挙は自民党の予想以上の圧勝に終わった。
これはとにもかくにも安倍総裁自民党が国民の信を得たということだ。
それでもパヨクメディアは国民は安倍首相はいやだが自民党を選んだなどと愚かな事を言ってまだ国民を騙そうとしている。

確かに希望の党をはじめとする野党が連携できなかったことも自民党に幸いした。
しかし、やはり自民党の主張する政策が広く受け入れられたということであろう。
反対に野党には政策らしい政策も有権者に提示できなかった。

今朝の各紙を読み比べてみると・・・

やはり産経新聞が一面トップに大きく「自公大勝 首相続投」と大きく報道。

「北朝鮮と小子高齢化という、日本に差し迫った国難を乗り越える。安倍晋三首相の呼びかけに、国民は強い支持を与えた」

石橋文登政治部長が・・・

「首相の強運生かすとき」と題して「小池希望の党代表の『排除』発言など『敵失による勝利』といえなくもないが、政権与党が圧倒的な勢力を得た意義は大きい」
と憲法改正への期待を膨らませた。


読売新聞
「民意は安倍政権の全てを支持するほどではない」

朝日新聞
「森友・加計学園への追求を交わす大義なき解散に勝った」
「世論調査では首相の続投を望む声は少ない」
「安倍首相は勘違いしてはならない」

毎日新聞
「押しつけ型の政権運営は見直す必要がある」
「森友・加計学園問題も過去の問題として片付けるべきではない」

東京新聞
「安倍首相が積極的に支持されたと断言するのは早計だろう」
「森友・加計問題への説明が選挙戦でされなかった」

日経新聞
「安倍政権を全面承認したのではない」


民主主義の基本原理である多数決に従っただけの話。

経済が専門の日経さんよ、自民大勝で株価は上がりっぱなしだ。
どうしてくれる。
猥褻な意味もあるというユリノミクスでこんなに株価が上がるのか。

連騰記録の更新は、高度経済成長期にあたる昭和35年12月~36年1月(14営業日続伸)以来、約56年9カ月ぶり

⇒産経新聞
東証が初の15連騰、歴代最長を更新 与党大勝でアベノミクス継続を確認



「森友・加計学園の禊が終わったと浮かれるな」


・・・と産経新聞以外は安倍政権に冷や水を浴びせるだけの各紙である。

安倍首相も敵がそう出ることは先刻ご承知で、バラの花を当選者の名前につける時も硬い表情をみせていた。
また今日の記者会見でも低姿勢で応じた。

これでいいのだ。
反日マスメディアに対して真正面から戦う必要はない。
そうすれば敵の思う壺にはまることは都議選の秋葉原で「こんな人達に負けるわけには行かない」で学習した筈だ。

モリカケ問題についてはもうこれ以上論じても時間の無駄である。
いまベストセラーの売り切れ続出で、ようやくアマゾンから入手した小川榮太郎著「徹底検証『森友・加計事件』朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」を読んでいるが、本当にこれは朝日新聞のまたしての犯罪であることは間違いない。

安倍政権が初動を少し間違えた点がないとも言えないが、何の証拠もなく推測だけで国のトップをこれ以上追い詰めても時間と国費の無駄である。

ブログ主は東京都知事選の時からマスメディアの小池旋風には疑義を抱いていた。
個人的にも小池百合子は好きになれなかった。

いわばその嫌っていた部分が今回災いして希望の党は失速して小池にはもう再起の芽はないだろう。

日刊ゲンダイは

「安倍首相に劣らぬ独裁的な『ヤバイ女』という正体を露呈し・・・」

こき下ろしている。

しかし世論とは恐ろしいものだ。
政党集団は思想信条を同じくする政治家が集まるのだから、「憲法改正」と「安保法制」に賛成という縛りをつけるのは当たり前の話だと前に書いた。
ただ「排除」という言葉が一人歩きして大事になった。
小池独特の上から目線が災いした。

排除された連中が「立憲民主党」を作って野党第一党になった。
弱いものに同情したくなるという日本人の優しい心根が仇になることもある。
「強きを挫き 弱きを助ける」というアレである。

今日の産経抄は「日本人の判官贔屓」が立憲民主党に幸いしたと見抜いている。

産経抄(2017/10/23)

赤穂藩の旧藩士47人が江戸・本所の吉良邸に討ち入ってしばらくは、上野介(こうずけのすけ)への同情の声の方が多かった。大勢の侍が年寄りを襲うなんて、というわけだ。ところが、赤穂事件を題材とした浄瑠璃や歌舞伎が上演されると、赤穂浪士はたちまちヒーローとなる。江戸研究家の故杉浦日向子さんから聞いた話である。

 ▼庶民の突然の心変わりに、吉良家の縁者たちの戸惑いは大きかったはずだ。パリに出張中の小池百合子東京都知事も日本から届く衆院選の結果を聞きながら、似たような思いをかみしめているにちがいない。

 ▼自ら立ち上げた「希望の党」への追い風は、「排除の論理」をきっかけに逆風に変わった。憲法や安全保障に対する考え方がバラバラでは、将来党内に混乱を招く。その意味でメンバーの選別は、政党のリーダーとして間違っていない。

 ▼ただ、小池氏は有権者の判官びいきを軽視したのではないか。立憲民主党が予想以上に票を集めた一因は、排除された候補者への同情だったとみる。選挙の結果は、兄の源頼朝に追っ手を差し向けられた義経が、逆に鎌倉に攻め上るがごとくである

 ▼もっとも、天下の形勢が動くほどではなかった。北朝鮮危機、少子高齢化などの国難を前にして、有権者は引き続き、自民、公明の与党に政権をゆだねた。確かに「安倍1強政治」への批判一本に絞った野党の戦略は一定の成果を収めた。ただその後の国家の舵(かじ)取りについて、青写真が示されることはない。「大統領憎し」の国民感情で誕生した、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権の迷走も影響しているかもしれない。

 ▼ただ選挙結果のくわしい分析はこれからである。土砂降りの中、投票所に足を運んだ18、19歳の若者の投票行動を何より知りたい。


立憲民主党が躍進したことは相変わらず一定数の愚民が存在することを証明した。
愚民とはマスメディアの世論誘導に容易に騙されてしまう人達を言う。
人間的には「いい人達」かもしれないが、政治の停滞の原因となる。
なぜならば為政者はこのような「愚民」にも一定の配慮をしめしながら「まつりごと」を行わなければならないからである。

しかし、安倍首相が絶対に許してはならないのはこのような「いい人達」を一定の方向に誘導するマスメディアの存在である。
昨夜の選挙報道中にも反日テレビ番組での目に余る発言があった。
つくづく日本のメディアは腐っていると思う。
それ正すのは非力ながらもネット論壇でしかない。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

18:03  |  2017衆院選挙  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2017.10.22 (Sun)


今日は改憲勢力に投票する日


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


安倍自民党を応援する

注目の小池「希望の党」への追い風が止み、希望の党への逃げ込みを謀ったが小池百合子氏に「排除」された枝野幸男氏が立ち上げた「立憲民主党」が世間の同情を集めて急進している。
そんななか、最初メディアが一斉に大躍進と報じた自民党は果たして序盤の勢いを保っているのか。
今日、戦後初めて改憲を問う選挙が実施される。

全国的に見て赤い大地の北海道と新潟、沖縄で自民党は苦戦している。

⇒zakak(2017/10/21)
【激闘10・22衆院選】大逆転!全国52選挙区徹底分析
挽回試みる希望、野党第1党うかがう立民 選挙プランナー・松田馨氏分析


2017102201.jpg
2017102202(1).jpg

北海道11区:中川夫人頑張れ
神奈川5区:浅尾慶一郎候補当選して自民党に入党か
神奈川16区:義家弘介候補頑張れ
東京1区:海江田牧場有利
東京3区:石原宏高候補優勢
東京10区:小池百合子の最側近若狭勝が落選したら一大事!
新潟4区:金子候補が劣勢、愛知7区でウワキーヌ山尾が優勢なのは残念。
京都6区:デマノイが劣勢なのは当然。
大阪10区:またあのしたり顔の辻元清美の顔を国会で見なければいけないのか
大阪11区:劣勢だった佐藤ゆかり候補が盛り返した
岡山4区:前記事の柚木候補が劣勢なのは当然
香川2区:玉木雄一郎がまたモリカケで国会を空転させる

⇒ZAKZAK(同上)
【激闘10・22衆院選】路上キス、ハゲ暴言…自民『魔の2回生』
91人が大苦戦、現状で「44勝47敗」


2017102203(1).jpg

各派閥での新人教育がおろそかになった証拠。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

06:47  |  2017衆院選挙  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2017.10.21 (Sat)


岡山4区の柚木道義候補は落選して頂きたい


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

政治信念のない議員に日本は任せられない

安保法制に反対していた元民進党の柚木道義議員は安保法制に反対するなど、テレビの露出が多かったのでご記憶の方が多いだろう。
それが、民進党が危ないと思って小池百合子の新党「希望の党」に入った。
勿論、踏み絵を踏んだからには憲法改正や安保法制に賛成しなければならない。
ところが、希望の党の人気が凋落すると途端に手の平返しをした。

 「柚木道義氏(岡山4区)は『安倍9条改憲は危険!』とのビラを配布した」(東京新聞10/20)。
今日のテレ朝のニュース番組は柚木候補のなりふり構わぬ変節ぶりを暴いている。

テレ朝「スーパーJチャンネル」(2017/10/21)
明日選挙 最終盤に"異例の展開"

2017102110.jpg
写真中央が希望の党の柚木道義候補


2017102108.jpg

2017102109.jpg

ナレーション
「三つ巴の展開となっている岡山4区。希望の党から出馬した柚木道義氏。民主党時代、反対のプラカードを掲げて安保法案の成立に猛反発。しかし今回、『現実的な安全保障政策を支持する』としている希望の党からの出馬を決めました。


2017102150.jpg

街頭演説する柚木候補
「これまでの憲法違反の安保法制の反対とは何ら齟齬はないんです」

「齟齬」だなんて難しい言葉を使って誤魔化そうとしてもダメ!!

ナレーション
「ところが選挙も終盤戦になり、希望の党への風当たりが強くなると・・・」

2017102140.jpg

柚木道義
「これまでの皆さんと一緒に築き上げてきた党を潰して、それをあいつはダメだ、こいつならいい、そんなこと言ってたら安倍さんの上から目線と変わりませんよ、小池さんも

ナレーション
「小池代表が応援に駆けつけた際にも、希望の党からの出馬が自身に不利であったかのような発言もありました

2017102115.jpg

柚木
「私は小池さんに対しても言うべきことは言いますよ」

柚木
「自分の選挙に不利になっても、もうひとつの受け皿を国民が望んでいて、それが残念ながら当時の民進党では力不足で、だったら野党を結集して政策を一致させて新たな受け皿を作る。

ナレーション
「そこに対するのは自民党の橋下 岳氏。橋下氏は橋本龍太郎元総理を父に持ち、厚労副大臣も務めました。
(自民党に)反省点はあるとしても政権運営に意欲を示しています。
そして民進党を離れて希望の党に入党した柚木氏に対し・・・」

2017102130.jpg

橋本 岳氏
「政策を前に反対していたのを賛成するとか、ご支援される方々の期待だとか思いを背負っている、そのことがきちんと受け止められていないような人は国会議員、どんな議員にもなるべきではないと思います」

ナレーション
「有権者への説明がキチンとされていないと批判しました。過去4度、柚木氏との勝敗は五分」

共産党からも出馬した。


こ番組を見た人は柚木候補には投票しないだろう。
テレ朝がなぜこのような報道をしたのか不思議である。
しかし思うにこれは立憲民主党への援護射撃ではないのか。

希望の党もダメだが立憲民主党は更に左寄りで危険である。
仮に野党第一党になったら、衆院副議長は野党第一党がなるというから、あの菅直人が副議長席に座る可能性が高い

ブログでも名前の変わりに「あれ」としか言わなかった敬愛する阿比留瑠比産経新聞論説委員は、悶絶してしまうのではないか。

ところで安倍首相の最後の秋葉原駅前の演説は妨害されなかったのだろうか?
メディアはいまのところ何も伝えていないが心配である。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

21:39  |  2017衆院選挙  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT