2017.02.19 (Sun)


民進党を批判する産経、安倍首相を嗤う朝日


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

政治のリアリズムを否定する朝日新聞の愚

 昨日に引き続き、産経は民進党の自己矛盾的かつ非生産的な国会論議はまさしくブーメラン現象だと厳しく批判した。

産経ニュース(2017/2/19)
【政論】南スーダン日報問題でも懲りない民進党のブーメラン芸

 南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に参加している陸上自衛隊の派遣部隊が昨年7月に作成した日報をめぐり、衆院予算委員会で野党による追及が続いている。15日には民進、共産、自由、社民の4野党が稲田朋美防衛相の辞任を求める方針で一致した。
 確かに、当初は「不存在」とされた日報が再調査で見つかった経緯自体は粗末だった。もっとも、再調査を指示したのは稲田氏であり、日報が見つかったのは当初は調査範囲外だった端末なので、隠蔽との指摘はあたらないだろう
 民進党は、日報に記載された「戦闘」という文言を問題視している。PKO参加の前提となる紛争当事者間の停戦合意は崩れているという主張だ。
 だが、ここで民進党が触れない事実がある。旧民主党の野田佳彦内閣時代の平成24年春、隣国のスーダン軍が国境を越えて南スーダンを空爆し、他国のPKO部隊に被害が出るなどした。そして当時の報告にも「戦闘」と記されていた。
 それでも野田内閣は自衛隊の派遣を継続した。このとき自民党の佐藤正久参院議員の質問主意書には「主として(PKOの)活動地域外で発生し、規模も限定されている」と答え、武力紛争を否定している。
 いつものブーメラン芸だが、本当に懲りないとしかいいようがない。彼らが安全保障関連法の廃止を要求したときも、同党幹部らがかつて集団的自衛権の必要性を主張していたことが次々と指摘されていた。
 民進党が稲田氏を追及している最中の12日には、北朝鮮が新型の弾道ミサイルを発射した。それでも2日後の国会では防衛相を相手に日報の話ばかり。国民の生命財産に関わる重大事を脇に置く民進党に、政権を担う資格があるとはとても思えない。(小野晋史)


(引用終わり)

 サヨクメデイアの朝日や毎日では決して見られない論調だ。
なぜなら彼等も「国民の生命財産に関わる重大事を脇に置く」メディアだからである。
彼等のイデオロギーには日本国民の安全などという言葉は無い。

朝日新聞の政治部次長はおのれのイデオロギーに従って安倍首相とトランプ大統領をこき下ろしている。
いやヒステリーを起こしているとしか見えない。

朝日新聞(同上)
「仕方ない帝国」に生きていて楽しい?

類は友を呼ぶ。

 日米首脳会談から1週間余、この言葉を嚙(か)みしめている。脳内BGMは「世界は二人のために」。どこに行くのかあなたと2人、厚遇、おべっか、ナイスショット。 2人は、「嗤(わら)う」が板についているという点で「類」だと私は思っている。人をバカにしたり見下したりは誰しもついつい普通にあるが、それと「嗤う」ではステージが違う。あざけって、わらう。さげすんで、わらう。なかなかできることではない。ある意味才能。褒めてないけど。

 1月26日、衆院予算委員会。民進党の大西健介氏が質問している最中、ツツーと安倍晋三首相が退席した。

 え? なに? トイレ? 騒然とする委員室。やがて戻ってきた首相は、ズボンをずり上げるしぐさに続き、両手を上げて伸びをして、閣僚らからドッと笑いが起きた。 国会審議を軽んじている。カリカリと質問する野党議員を見下し、嗤っている――。「真意」はこの際関係ない。権力者の言動はそれ自体がメッセージだからだ。ああ。心がザラザラする。お前は無力だ、お前のやることには何の価値もないというメッセージを、まんまと感受してしまった。嗤われる側はそうやって少しずつ気力をそがれ、政治のダイナミズムは失われる。
 もちろん逆に、嗤う権力者を痛快で頼もしいと感じる人もいるだろう。だが、嗤いは嗤いを、軽蔑は軽蔑を招き、社会はすさむ。そう。俳優のメリル・ストリープさんが先月、ゴールデングローブ賞の授賞式で、かの大統領を念頭にスピーチしたように。
「衝動的に人を侮辱するパフォーマンスを権力のある人間が演じれば、あらゆる人たちの生活に影響が及び、他の人たちも同じことをしてもいいという、ある種の許可証を与えることになるのです」

 嗤われるのは、数の力という「現実」に抗し、理念や理想を語る者。所与の現実から最大限の利益を得ることに腐心する「現実主義者」にとって、理想なんて1円にもならないキレイゴトだから。しかし――。現実ってなんだ?

 「現実とはこの国では端的に既成事実と等置されます。現実的たれということは、既成事実に屈伏せよということにほかなりません」(丸山真男「『現実』主義の陥穽」)

 そのように捉えられた現実は、容易に「仕方がない」に転化する。こうした思考様式がいかに広く戦前戦時の指導者層に食い入り、日本の「現実」を泥沼に追い込んだか。丸山はこう、言葉を継ぐ。
 「ファシズムに対する抵抗力を内側から崩して行ったのもまさにこうした『現実』観ではなかったでしょうか」
 既成事実への屈服が、さらなる屈服を生む。対米追従は仕方ない。沖縄に米軍基地が集中するのは仕方ない……。現状追認の無限ループ、そんな「仕方ない帝国」に生きてて楽しい?
 嗤われたら笑い返せ。現実は「可能性の束」だ。私もあなたも一筋の可能性を手に、この世に生まれてきたのだ。(政治部次長・高橋純子)


(引用終わり)

 安倍首相とトランプ大統領は相手を「嗤う」と批判している筆者自身が、パヨク女優のメリル・ストリープの言葉やパヨクの元祖・丸山真男の言葉を引用して「品良く」安倍首相とトランプ大統領を嗤っているではないか。
こういう自己矛盾に気づかないところはブーメランに気づかない民進党と同じ。

「理想なんて一円にもならないキレイゴトだから」

その通り。

人類みな兄弟、平和を愛し憲法9条を死守しよう!
どんな在日異国人とも仲良く共生社会を!
戦争反対、自衛隊員を殺すな!
(といって自衛隊員を丸腰にする)

「嗤われるのは、数の力という『現実』に抗し、理念や理想を語る者」とあたかも自分が理想を実現できないヒロインであるかのような自己陶酔。
若い女性なら笑って許されるが、政治部次長を名乗るならばそこそこ人生の経験を積んだ中年女性だろうが。
政治のリアリズムを「既成事実への屈服」と置き換える頭脳には、中国の武力進出や北朝鮮の危ない核遊びなどの現実が見えていないのである。

「政治のダイナミズム」が失われているのは「ズボンをずり上げた」安倍首相のせいではなく、産経新聞が指摘した野党第一党の民進党の現実(リアリズム)を無視した国会論議のせいなのである。

「安倍首相の葬式を出せ」という朝日新聞の伝統は失われていない。





↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:13  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.17 (Fri)


愛国教育の塚本幼稚園がパヨクの標的に


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

ヘイト文書を配布したと

大阪の塚本幼稚園は真の日本人を育てる幼稚園として広く知られている。
朝礼で教育勅語を朗誦し君が代を斉唱する。
懐かしい戦前の日本の教育を踏襲している。

教育方針
「国を愛する心を育てすべての子どもたちが持っているたくましい生命力と無限力を指導者が明るい表情と態度と言葉で引き伸ばしていく教育を誠実に、心を込めて実践していきたい」

(⇒塚本幼稚園のHPより)

「子供」を「子ども」と表記した以外はまったく同感である

しかしこの幼稚園と経営母体が最近サヨクの標的になっている。
安倍首相の昭恵夫人が名誉校長で国有地を10分の1の価格で払い下げたられたのは安倍首相の差し金だと衆院予算委員会で野党が追及した。
安倍首相は「一切関わっていない。もし関わっていたら間違いなく、首相も国会議員も辞任する」と答弁した。
そして今度はこの幼稚園がヘイト文書を配布したと批判されている。

アンチ安倍政権の日刊ゲンダイは大喜びで報じている。

日刊ゲンダイ(2017/2/17)
森友学園系列の幼稚園がヘイト文書配布“よこしまな在日”

 大阪市淀川区の学校法人・森友学園が運営する「塚本幼稚園」が、「よこしまな考え方を持った在日韓国人や支那人」などと記載した“ヘイト文書”を保護者向けに配布していたことが分かった。大阪府は、憎悪表現に当たる恐れがあると問題視し、法人理事長の籠池泰典園長らから事情を聴いている。
 昨年12月、元園児の保護者から情報提供を受け、1月12日、大阪府の職員が園を訪れて籠池園長や妻の副園長と面会。大阪府は、行政指導を行う必要があるか検討することにしている。
 塚本幼稚園は、園児に「教育勅語」を暗唱させるなど、戦前のような教育をしている。籠池園長は、日本最大の右翼組織「日本会議」の幹部。「森友学園」は、今年4月、豊中市に小学校を開校する予定で、名誉校長は安倍首相の夫人昭恵さんが務めている。小学校設立の寄付を呼びかけた際は、「安倍晋三記念小学校」なる名称を用いていた。安倍政権と深く結びついている学校法人だ。塚本幼稚園には15年度、4000万円もの補助金が交付されている。
また、小学校を建設するために取得した国有地は、評価額の14%という激安で払い下げられていたことが発覚し、国会でも「経緯が不可解だ」と取り上げられている。
 国有地の取得の裏になにがあったのか、なぜ「ヘイト文書」を配ったのか、安倍政権とどんな関係があるのか、国会で解明する必要がありそうだ。


(引用終わり)

ヘイトスピーチ対策法など作るからこういう言いがかりがつけられる。
戦後の占領政策に基づいた教育で洗脳され破壊された日本人は劣化の一途を辿っている。
塚本幼稚園のように幼児から日本人としての誇りを教育しなければ日本の再生は難しい。





↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:59  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.15 (Wed)


安倍首相の持病を揶揄した朝日記者が謝罪の愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

何が悪いと山口二郎法大教授が擁護

 朝日新聞の記者が今月10日、安倍首相の持病を持ち出して「大丈夫かな…またおなか痛くなっちゃうのでは」と揶揄した。
ネット上で幼いパヨクが「ポンポン痛くなって」と揶揄するのはよく目にするが、天下のクオリティペーパーを自負する朝日新聞の記者様がこんな事を言ったとは驚いた。

⇒東スポWEB(2017/2/14)
まだまだ続くのか「安倍VS朝日」
記者が不適切ツイート謝罪の背景


 朝日新聞の神田大介テヘラン支局長が10日(日本時間11日)に日米首脳会談に臨んだ安倍晋三首相(62)についてツイッターで「大丈夫かな…またおなか痛くなっちゃうのでは」と持病をやゆするような書き込みをして、削除、謝罪に追い込まれた
 安倍首相は難病に指定される潰瘍性大腸炎で第1次政権を退陣しているが、その後、特効薬が開発されたことで回復している。ネット上では、心ない神田支局長のつぶやきに批判が殺到した。
 とはいえ、ここまで炎上したのには伏線があった。安倍首相と朝日新聞は長年にわたって、対立しているが、産経新聞が11日付で昨年11月に安倍首相とトランプ氏(70)が初会談した際「あなたと私には共通点がある。あなたはニューヨーク・タイムズに徹底的に叩かれた。私もNYTと提携している朝日新聞に徹底的に叩かれたが、私は勝った」とやりとりがあったと伝えていた。
 永田町関係者は「7日の衆院予算委員会でも安倍首相は朝日の吉田調書報道(東電福島原発の吉田昌郎元所長の命令に所員が違反した等)の誤報を引き合いに出し、非難したように朝日が心底嫌い。そんなタイミングで神田氏が非常識にも病気の話を持ち出した。いくら朝日新聞の社是が安倍政権打倒としても許されるものではない」と指摘する。

 この神田支局長は過去にもツイッターでたびたび舌禍騒動を起こしている。「朝日はツイッター使用に寛容で、神田氏も“ネット記者”のはしりを自称している。社会畑を歩んだ後、4年前にテヘラン支局に異動したが、現地から日本と変わらぬ頻度でツイートしていて、熟考せずに即反応している節もあるから今回みたいなことをやらかす」(メディア関係者)
 神田支局長は「私は何事も是々非々でみるようにしています。もちろん安倍首相を批判するツイートもしますが、『アンチ安倍』と言われるのは心外です」と釈明したが、後の祭り。
 朝日新聞広報部は「極めて不適切なツイートと受け止めている。本人も謝罪し、削除している」と説明している。


(引用終わり)

「私は何事も是々非々」だって? 「アンチ安倍と言われるのが心外」だって?
往生際が悪いぞ神田記者。
持病をもって政治家を揶揄するなど記者の端くれもいいとこだ。

しかしこれが朝日新聞の正体なのだ。
なにせ社主が「アベの葬式を出す」と言ったぐらいの新聞だからだ。
イエローペーパーにも劣るクオリティである。

 しかし、この新聞記者を擁護するトンデモナイ奴が現れた。
ご存知、法政大学の山口二郎センセである。
あの目玉をギョロリとさせて、安保法制反対デモで国会に向かって⇒「安倍は人間じゃない。たたき斬ってやる」と暴言を吐いたセンセである。
まったく反省していないことに呆れる。

⇒ガジェット通信(20107/2/15)
山口二郎教授「最高権力者をおちょくることに、何の遠慮が必要か」
朝日新聞・神田大介記者のツイート削除で


しかし、このセンセ、安倍首相を「統合失調症」と揶揄して今年1月に謝罪したばかり。

「12月29日のツイートで、安倍首相真珠湾訪問と閣僚靖国参拝の矛盾について、統合失調という言葉を使いましたが、この表現は精神疾患の方を揶揄、侮蔑するものと受け取られる恐れがあることを指摘されました。私にはそういう意図はありませんが、不適切な表現であることをお詫びします。」

謝るくらいなら最初から言うなよ。
まあこういう男こそ「統合失調症」と呼ぶべきだろう。

人を批判するにはいささかの節度とユーモアが必要である。
石原慎太郎氏が小池百合子を都知事選の最中に「厚化粧の女」と揶揄したことなど可愛いものである。
あれは顔の痣を隠すためだと小池氏に切り返されてマスメディアがやんやの喝采だった。

ネットで自由な意見交換が出来る世の中になった今、日本人の品格が試されている。





↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:42  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.15 (Wed)


反日メディアと野党の稲田防衛相バッシングの愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

政争のための汚い口撃

この所、稲田防衛相が国会審議で集中攻撃を受けている。
それを反日マスメディアが報道して稲田大臣を貶めようする野党に加担している。
それも「戦闘行為」か「衝突」かという禅問答が続いている。

読売新聞(2017/2/15)
首相の助け舟裏目?…民進「防衛相、情けない」


2017021501.jpg
衆院予算委員会で答弁する安倍首相。後ろは稲田防衛相(14日、国会で)=青山謙太郎撮影

 14日の衆院予算委員会では、野党の猛攻撃を受けた稲田防衛相に代わって、安倍首相が答弁に立ち、たびたび助け舟を出した。
 稲田氏が南スーダンでは「戦闘行為」はなく、「PKO参加5原則」は維持されていると答弁したのに関連し、民進党の辻元清美氏は「シリア内戦は戦闘か衝突か」とただした。稲田氏は「法的評価をしていない」と答えたが、野党席はヤジが収まらず、首相が自ら手を挙げ、「私は自衛隊の最高指揮官だ。(法的評価の)検討をしていない」と引き取った。
 首相は稲田氏を重用してきただけに、目の前でやり込められるのを黙って見ていることができなかったようだ。ただ、辻元氏は「首相が出てくると、世界中にこの防衛相は情けないと思われる」と当てこすった。


(引用終わり)

たかが売国辻元ごときに日本の安全保障について口にしてもらいたくない。
ましてや稲田防衛相を「世界中に情けないと思われる」などと貶めてもらいたくない。

なぜならば国思う気持ちに雲泥の差があるのだ。
国を思う安倍首相がバックアップするのも当然である。

一方、稲田氏にももっと太太(ふてぶて)しさを持って欲しいと願う気持ちもないわけでもない。
こうやって経験を積んでもらうことでより逞しくなっていくことを期待する。
苦しい答弁も憲法9条と言う時代遅れの条文のせいである。
日本国民は匍匐前進を続ける安倍首相を援護射撃して、安倍首相が立ち上がって突撃できるように応援すべきである。





↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

13:57  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.06 (Mon)


日米同盟関係を強調するなと「サンモニ」岸井成格氏


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

中国を念頭に?

TBS「サンモニ」は相変わらずの一方的なトランプ批判。
米国民が正当な選挙という手続きで選んだ大統領なのだから、そんなにミソクソに言わなくてもいいだろうに。
コメンテーター達は集団ヒステリーを起こしているかのようだ。
もちろん日米外交には慎重な上にも慎重な態度が必要だが、一応同盟国である。

TBS「サンモニ」(2017/2/5)
トランプ大統領が日本批判
マティス国防長官来日

寺島実郎
「9.11の犯人達の大半はサウジアラビのパスポートで入ってきたわけで、この7カ国を規制したからといってテロを抑制できるかどうか甚だ疑問だ。
この政権のウォールストリー・シフトが見えた。また、環境問題よりも化石燃料に軸足を置くということだ。この政権の本質は何かを賢く見抜く段階に入ってきた」


ではいったいその本質は何なのか説明して欲しい。

関口 宏
「オバマ時代のものをコロコロコロコロみんなひっくり返してるって感じがしますが」


リベラルな民主党政権から共和党政権に変わったのだから変わって当たり前。

目加田説子(中央大学教授)
「環境問題ではパリ協定からの離脱も囁かれている。7ヵ国の市民の入国禁止も最初は賛成49%だったのが、このたった1週間でアメリカで100年の歴史をもつ最も影響力のある自由人権協会に僅か1週間足らずで2500万人から20億円が集まった。危機感を覚えた人が物凄く増えている」

人権協会ですかあ(笑)

寺島実郎
「アメリカは尖閣諸島について日本の領有権を認めていない。施政権を認めているだけだ。同盟責任を果たすと言っても武力衝突が起こった時にアメリカが米中戦争してくれるんだろうなんてそんな単純な話じゃないということをよく見抜かなきゃいけない」


寺島センセは民主党政権の時にルーピー鳩山の外交ブレーンだったけど、日米中の正三角形論など色々やってくれましたね。

寺島
「日本人としてアメリカの戦争に巻き込まれないこと。日本の青年をアメリカの戦争に巻き込まれて失うようなことをしてはいけないということをこの国のリーダーの機軸とな(す)るべきだ。
そういう構えの中でアメリカと向き合っていく。これは反米でもなければ嫌米でもない。
日本人して自立自尊の気持ちを持たなければいけない」


はい、それではアメリカさんに頼らずに自主防衛に力を入れましょう。


西崎文子(東京大学大学院教授)
「日本はお手本だと(トランプに)言われたのは褒め殺しだ。日本が先回りして提案しお膳立てした。それに対するご褒美のようなものだ。ほんとにそれでいいのか。経済も人事も混乱しているアメリカに先走りして強固な日米関係をアピールしてしまったのは本当に日本にとって得策なのか。大きな疑問だ

関口
「ヨーロッパのいろんな国はトランプさんに対して厳しいですよねえ」

岸井成格
「マテイス(国防長官)に対して日本の政府もメデイアも警戒感が無さ過ぎだ。間違ったイラク戦争の前線指揮官だ。海兵隊のボスだ。そんな事をみんな忘れてる。思いやり予算をお手本だと言われて、そんな事で喜んでちゃためだ」

岸井成格
「トランプのようにどんどんどんどん喧嘩を売ってるとね、本当に対立と分断が世界にガーっと広がってって、しかも中東が火薬庫になっちゃう。一触即発みたいになってくる。一番今年心配なのはヨーロッパがどんどん極右勢力が力を付けてきて、右傾化が更に進むんですよね。


右傾化という言葉で済ませてしまう岸井センセ。

(中略)

トランプさんとの付き合いは余程慎重にやらないと危ない」

関口 宏
「10日に日米首脳会談があるんですね」

岸井
「あまりね、前のめりでね、同盟関係強調しないほうが私は国際的にはいいような気がしますけどね」

関口
「そうですねえ。また言うべき事は言わなきゃいけませんねえ」


このあと国会で共産党議員の質問に対する稲田朋美防衛大臣の答弁が長すぎると議長に注意された映像や、民主党の福山哲郎議員のテロ等予備罪に関する質問に金田法相がいい加減な答弁をして国会が混乱したと伝えた。

明らかに放送法第4条違反である。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:55  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT