fc2ブログ

2021.06.15 (Tue)


野党が内閣不信任案提出の茶番劇


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

土地利用規制法案が廃案になる危険

野党が今日の午後、内閣不信任案を提出する。
否決されることを織り込み済みの提出である。
与党もそれを承知の上での茶番劇。
解散するぞと二階幹事長がコケ脅しするのも茶番劇。

武漢ウイルス退治と東京五輪の開催を控えてそんなことをしている場合か。

産経ニュース(2021/6/15)
内閣不信任案を提出 午後の衆院本会議で否決へ


立憲民主、共産、国民民主、社民の野党4党は15日午前、菅義偉(すがよしひで)内閣に対する不信任決議案を衆院に共同で提出した。16日までの国会会期の3カ月延長を与党が拒否したことを踏まえた。不信任案の提出は安倍晋三内閣時代の令和元年6月以来。与党は15日午後の衆院本会議で否決する方針だ。秋までに行われる衆院選をにらみ、与野党の攻防は激化している。
不信任案提出をめぐり立民の枝野幸男代表は一時、慎重な姿勢も見せていたが、与党が会期延長を拒否したことに加え、先の党首討論などを踏まえ、「戦後最大の危機であるコロナ感染症から国民の命と暮らしを守る責任感や危機感が全く感じられない」として、提出にかじを切った。衆院選を控え、対決姿勢を鮮明にする狙いもある。
自民党の二階俊博幹事長は不信任案が出された場合の対応について「首相に解散を進言する」と語っていた。ただ、首相は衆院解散・総選挙の時期について「最終戦はコロナ対策だ」としている。


支那のスパイが自衛隊や原発周辺の土地を確保する事を防ぐ土地利用規制法案の成立阻止が野党の狙いかも知れない。

産経ニュース(2021/6/14)
内閣不信任案提出 与野党で思惑一致


16日の国会会期末を目前に控え、内閣不信任決議案をめぐる与野党の攻防が最終盤を迎えた。野党は不信任案を提出しても菅義偉首相による衆院解散・総選挙には直結しないと判断し、提出に踏み切ることになった。一方、新型コロナウイルスワクチンの接種拡大に自信を深める政府与党は本音では選挙を急いでおらず、不信任案を粛々と否決する方針だ。

「菅内閣不信任決議案を4党共同で提出することで意見が一致した。不信任に値する事項はあまた存在している」

立憲民主党の枝野幸男代表は共産党の志位和夫委員長、国民民主党の玉木雄一郎代表、社民党の福島瑞穂党首との会談後、そろって記者団の取材に応じ、不信任案提出の理由をこう強調した。
 枝野氏は政府の新型コロナ対応を「戦後最大の危機から国民の命と暮らしを守るという責任感、自覚、危機感が全く感じられない」と強調。
志位氏が「国民に長期間にわたる我慢を強いながら東京五輪・パラリンピックを強行しようとしている」と批判すれば、玉木氏も「困窮している家計や事業者への支援が弱い。補正予算を組んで速やかに対応すべきなのに、全くやる気がない」と糾弾した。
7月の東京都議選や秋までに行われる衆院選を前に、政権との対決姿勢を鮮明にするため不信任案の提出を決めた野党だが、枝野氏はかねて煮え切らない態度を見せてきた。

 提出は事実上、首相に衆院解散・総選挙を求めるものであり、「新型コロナ禍で野党が政治空白を招いた」との批判を浴びることを懸念したとみられる。

枝野氏は衆院解散について記者団に「内閣の専権事項だ。いつ、どういうタイミングでやるか判断するのは、ひとえに内閣にかかっている」と述べた。
首相が万が一、衆院解散に踏み切っても、野党に責任はないと予防線を張った形だ。

 ようやく提出を明言した枝野氏だが、その決定までに10、14日と2度も野党党首会談を開いたことに関しては「迫力が感じられない」(国民民主幹部)との不満も出ている。
 自民党の二階俊博幹事長は14日、首相と官邸で面会後、不信任案が正式に提出された場合、首相に衆院解散を進言すると述べた。ただ、政府与党内では、二階氏の発言は野党を牽制(けんせい)する「脅し」ととらえる向きが強い。
 首相がコロナ収束の切り札と位置づけるワクチン接種の拡大を見据え、与党幹部は「選挙を考えれば任期満了近くの解散が有利だ」と語り、国民の安心感を醸成した上で衆院選に臨みたいとの思惑をにじませた。
 一方、不信任案を否決するまで国会審議は止まるため、土地利用規制法案などの成立が危うくなる可能性もある。政府与党はあくまで16日までの会期内に決着させる方針で、野党の抵抗も予想される。(原川貴郎、永原慎吾)


ZAKZAK(同上)
野党4党、内閣不信任案を共同提出 与野党攻防に疑問の声…
識者「左派野党の選挙向けアピール、いずれブーメラン」


「政治評論家の伊藤達美氏は「左派野党は、菅内閣がコロナ対応優先のうえ、東京五輪の開会式(7月23日)が近いため、『衆院解散に踏み切る可能性は低い』とみて不信任案を出すのだろう。選挙向けに対決姿勢をアピールするような姿はむなしい。国会は攻めた方が責任を持つ。いずれブーメランとしてはね返る」と指摘する。」

ブーメラン野党は健在だ。

↓↓↓クリックよろしく


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

11:35  |  国会より  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2021.06.11 (Fri)


武漢ウイルス渦中でも解散しろ? 強がり言う立憲民主党の愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

本音は解散したくないのに

国会はこのまま行けば16日に会期末となる。
支那が撒き散らした武漢ウイルスという国難の中、政府は野党との不毛な議論で無駄な時間を費やしている暇は無い。

しかし立憲民主党は会期の延長を求めて拒否されれば、即不信任案を出すと息巻いている。
不信任案を出せば即解散になる。
この非常時にどこまで国民を無視した政党なのだ。
しかも国民の支持率は一桁。
無事に東京五輪が終わり、武漢ウイルス騒動も一段落した秋に総選挙はやればいいのだ。

もっとも、立憲民主党など野党4党の本音は選挙はやりたくない。
大敗するのが分かっているので、強がりを言っているだけなのである。

産経新聞(2021/6/11)
立民・安住氏、不信任案「本気だ」 解散覚悟で提出に意欲


立憲民主党の安住淳国対委員長は11日、菅義偉首相が内閣不信任決議案提出を受けて衆院解散・総選挙に踏み切った場合、受けて立つ覚悟があるかを記者団に問われ「もちろんだ。本気ですから」と強調した。
内閣不信任案は衆院解散・総選挙を事実上求めるもので、自民党の二階俊博幹事長は不信任案が提出されれば「直ちに衆院解散だ」と繰り返している。安住氏は「二階氏が解散だと言っているわけだから、そういう覚悟を持って臨む」と強調した。
安住氏は11日、自民党の森山裕国対委員長と会談し、16日に会期末を迎える今国会の会期を3カ月延長するよう要求。週明けには森山氏が「応じられない」と回答する見通しで、立民など野党は不信任案を提出する方向だ。
安住氏は森山氏との会談後、記者団に「会談の中身は言えないが、(与党が不信任案を)さらっと否決して終わる雰囲気でもない。お互い本気だ。『なあなあ』で済まない」と述べ、衆院解散含みで政局が激化するとの見通しを示した。


この緊急事態に「政局が激化」だと。
国民目線が全くない立憲民主党。共産党その他の野党3党も同じだ。

有権者は秋の総選挙でこのような無責任野党に鉄槌を下すべきである。


共産党の本性を暴いた鈴木親子議員

共産党と言えば、「共産党は破防法の調対象か」という鈴木宗男(日本維新の会参院議員)の質問主意書に対し、政府は「そうだ」と回答した。

産経新聞(同上)
「共産は破防法対象団体」政府答弁書決定 鈴木宗男氏質問に


202106111.jpg
共産党の志位和夫委員長(春名中撮影)

政府は11日の閣議で、共産党は「破壊活動防止法(破防法)に基づく調査対象団体だ」とする答弁書を決定した。日本維新の会の鈴木宗男参院議員の質問主意書に答えた。
鈴木氏は、月刊「正論」7月号の特集「日本共産党に騙(だま)されるな」で、作家の佐藤優氏と公安調査庁の横尾洋一次長が「革命路線に変わりなし」と題して対談したことを受けて、共産党と破防法の関係や暴力革命の方針をめぐる認識について質問した。
答弁書は共産党について「日本国内において破防法に規定する暴力主義的破壊活動を行った疑いがあり、いわゆる『敵の出方論』に立った暴力革命の方針に変更はないものと認識している」と説明した。政府は3月にも同様の答弁書を閣議決定している。
共産党の志位和夫委員長は3日の記者会見で、佐藤氏と横尾氏の対談について「使い古されたデマの蒸し返しという内容だ」「国会の場でも論戦で決着をつけている。まったく事実無根だ」と述べていた。
鈴木氏は11日、自身のブログなどに「共産党がここ数年、ソフト路線、イメージ選挙をアピールしているが、閣議決定の答弁書では、本質は何ら変わっていないと断じている」「答弁書を共産党はどう受け止めるのだろうか。国会でのやり取りより、閣議決定の上、決裁された文書による回答の重みをよく考えるべきではないか」と記した。


鈴木宗男議員の娘である貴子議員も2016年に「日本共産党と『破壊活動防止法』に関する質問主意書」を提出し、「日本共産党は、現在においても、破壊活動防止法に基づく調査対象団体である」との回答を得ている。

野党とは言えこのような政党が存在すること自体が間違っている。

志位和夫が2000年に共産党委員長になって以来、21年間も選挙も無く委員長を続けていることも異様であり、任期を無期限にした支那の独裁者醜菌兵と同じだ。

やはり共産党は共産党だ。
日本には要らない。


↓↓↓クリックよろしく


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:40  |  国会より  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2020.02.13 (Thu)


辻元清美が「自衛隊が心配」とお為ごかし


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テレビは野党の低次元な質問を報道せよ

国会では相変わらず野党がくだらないを質問をして安倍首相に馬鹿にされている。

辻元清美(立民党)の質問に対し、安倍首相が「意味のない質問だよ」と独り言をつぶやいたのが耳に入ったと野党が猛反発。

安倍首相は「質問ではなく罵詈雑言の連続だった。国会論戦が無意味になるという趣旨だ」と反論した。

2020021202.jpg

(衆議院TVインターネット審議中継)

2020021203.jpg

辻元清美は野党の中でも最大の質問時間1時間と優遇されている。
生コン疑惑の前科者・辻本清美が野党の代表とは情けない。

自衛隊のために国民投票は止めろという詭弁で安倍首相に迫った。

辻元清美
「憲法に自衛隊を明記する国民投票で、もし反対多数だったら、教科書に書かれてしまう。
私はとても心配している

国際的に自衛隊の信頼を損ねる。
国民投票はとっても怖い。
総理はとっても認識が甘い。」


2020021201.jpg

後ろで麻生副総理がいつものように笑っている。

安倍総理
辻本さんはもしかしたら国民の合意を得られることが怖いのではないか。もしかしたら。
だから国民投票に反対していると私は思う。国民が判断するのだから、怖いとかそう言ったものではない」

辻元
私が申し上げているのは自衛隊が大事だと思うからだ。
一国の総理として愚かだ


よくもヌケヌケと!

世間ではこれを「おためごかし」と呼ぶ。

安倍総理
「辻元議員がそれほど自衛隊を案じていたとは寡聞にして知らなかった」

辻元
「私は日本が心配だから言っている」


辻元ごときに日本を心配してもらう必要など更々無い。

【追記】テレ朝「報ステ」などの反日メディアは安倍総理の苦言の部分と野党の議事進行妨害の部分だけ取り上げて報道し、その苦言の原因である野党の低次元の質問についてはスルーした。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2



テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

00:17  |  国会より  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

2020.02.04 (Tue)


立民党議員は人間として失格?


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

安倍首相が黒岩議員(立民党)を人間としてどうかと

安倍首相が今日の衆院予算委員会で立民党の黒岩宇洋議員を「人間としてどうか」と激しく批判した。

国会ではまだ野党が「桜を見る会」で無駄な時間を費やしている。
今日も立憲民主党の黒岩宇洋議員(新潟県選挙区)が安倍首相に質問というより個人的な攻撃をして顰蹙を買った。

それは答弁に当たって安倍首相が秘書官の助言に耳を傾けていた時に起こった。

衆議院TV国会インターネット審議中継

2020020400.jpg

2020020401.jpg

後ろのおばさんの反応がいちいち目ざわり。その右隣は下品な野次と質問で有名な何とか議員。

202002040301.jpg

黒岩議員
「そこ、ウルサイ!」


202002040401.jpg

後ろで麻生副総理が腕を組んで目を瞑ったままにんまりと笑っている。

202002040504.jpg

安倍首相
「秘書官は様々な機会にですね、私にアドバイスすることはありますよ。それに対して怒鳴るというのはですね、異常な反応ですよ。
私は人間としてどうかなあと・・・」


黒岩議員は「久兵衛の寿司」のデマを流した前科がある。

20200204020.jpg

安倍首相に厳しく批判されると黒岩は痛い所を突かれて逆上した。

首相に「人間としてどうか」とまで言われた議員を選出した新潟県民の恥ではないか。

いずれにしても日本は今このような下らない国会論議で時間を浪費している場合ではない。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:19  |  国会より  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2019.03.08 (Fri)


官僚の言葉尻を捉えて激怒する野党の愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

国会の劣化はテレビ向け演技をする野党のせい

6日の衆院予算委員会で千葉の恥、ダイビング小西が質問に立って安倍首相の人身口撃を行った。

20190308001.jpg

20190308002.jpg

これに対し、横畠内閣法制局長官が「声を荒げて発言する」と揶揄し、それに野党が「ニヤニヤ笑って答弁したから馬鹿にされた、思いあがっている」と怒って謝罪を求めた。

20190308003.jpg

それは馬鹿にされるだろう。

いまの国会はとても子供に見せられるようなものではない。
野党が与党や官僚の言葉尻を捕まえて、国会で罵詈雑言を浴びせたり、一斉に議長席に詰め寄ったりする様は日本の恥である。

今日、横畠長官は収拾を図って委員会で謝罪した。

20190308004.jpg

しかし、立憲民主党の杉尾議員が大袈裟に「憲政史上に一大汚点を残した」と辞任を要求した。
安倍一強政治で野党の存在感が一層薄れるなか、野党が展開する国会論戦こそ憲政史上の一大汚点である。
野党は政策論争で安倍一強政治に立ち向かわなければ、有権者はますます野党を見限ることになるだろう。
それに気づかぬ野党はもう見捨てるしかない。

「横畠裕介内閣法制局長官が野党質問を「批判」したとされる問題でも、実際には横畑長官が「このような場で声を荒らげて発言」と、やや皮肉めいた発言をしたとされる、それだけのことである。皮肉には皮肉で応酬する、といった洗練されたやり取りくらいはあってもいいと思うが、「どっちが偉いか分かってんのか、貴様」といわんばかりに官僚イジメをする国家議員の行動から、国民が何か利益を得られるとは思えない。
これによって安倍政権の驕りが見えた、とか大げさな結論を導き出そうとするのも、いただけない。挑発して相手の失点を狙う、というのは、ほとんど炎上ビジネスのようなものなのではないか。⇒(アゴラ横畑内閣法制局長官発言と国会における炎上ビジネス篠田 英朗)

まさに正論である。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:48  |  国会より  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT