2018.01.11 (Thu)


安倍首相の平昌五輪開会式欠席は当然だ


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

支離滅裂な文在寅大統領

今日の産経新聞一面トップは安倍首相が韓国の平昌五輪の開会式に出席しないと報じている。
当然の判断である。

産経新聞(2018/1/11)
首相、「平昌五輪」開会式欠席へ
日韓合意 韓国新方式で判断

安倍晋三首相は韓国で2月9日に行われる平昌五輪の開会式への出席を見送る方針を固めた。複数の政府関係者が10日、明らかにした。表向きは1月22日に召集予定の通常国会の日程があるためとするが、慰安婦問題の解決を確認した2015年12月の日韓合意をめぐり、文在寅政権が日本政府に新たな措置を求める姿勢を示したことを受けて判断した
 韓国政府はこれまで、平昌五輪に合わせた安倍首相の訪韓を繰り返し要請してきた。そうした中で、康京和外相が9日に「被害者らの名誉・尊厳回復と心の傷を癒やすための努力継続を期待する」と発言。10日には文大統領も記者会見で、日本の誠意ある謝罪が必要だとの認識を示した。
 日本政府は「最終的かつ不可逆的な解決」を盛り込んだ日韓合意を見直す動きだと判断。昨年1月に釜山の日本総領事館前の慰安婦像設置への対抗措置として中断している日韓通貨交換(スワップ)協定再開の協議に引き続き応じない方針とともに、安倍首相の平昌五輪の開会式出席を見送る方針を固めた
 ただ、日本政府内には安倍首相が訪韓し、日韓合意の順守を文氏に直接求めるべきだとの意見も根強くある。
 菅義偉官房長官は10日の記者会見で、文氏の発言について「韓国側がさらなる措置を求めることは、わが国として全く受け入れられない」と批判。外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は同日、在日韓国大使館の李煕燮公使に抗議した。

(引用終わり)


政府内に安倍首相の訪韓を促す意見もあるという。
間違いだ。
出席しないことが回答である。
安倍首相がノコノコ韓国まで出かけていって文在寅に日韓合意を守れなどと要求する必要はさらさらない。
むしろ安倍首相に訪韓を促す議員は韓国に通じた日韓友好議連のメンバー(韓国の回し者)に違いない。
文在寅大統領は「2トラック方式」などと呼んで、慰安婦問題と日本からの経済支援は別だとヌケヌケと言い放っている。

文は10日、就任後初の年頭記者会見で日韓合意について次のように演説した。

文在寅
「日韓合意は公式的合意であることは否定できないが、誤った結び目は解かなければならない」

「真実を冷遇した場で道を作ることはできない」

「日本と再交渉はしないが、合意そのものについては誤りだった」

「日本が心から謝罪し、国際社会とともに再発防止で努力した時、被害者(元慰安婦)が日本を許すことが出来る。それが本当の解決だ」

日本の政府高官
「文在寅大統領の言っている事は訳が分からない」


その通り!
韓国国民の反日感情を利用して日韓合意の破棄を公約に大統領になった文在寅。
しかし大統領になると、そういうわけにはいかない。

そこで・・・

日韓合意は認めないが、だからといって日本とは再交渉しない(出来ない)。

韓国政府が10億円を出すから、70%の元慰安婦がすでに受け取った日本からの10億円の一部は無かったことにする。

その日本からの10億円をどうするかは日本と相談する。

しかし日本政府の閣議で正式に「元慰安婦への謝罪」を決定し、安倍首相は元慰安婦に直接会って謝れ。


というのである。
もうデタラメというか支離滅裂としか言いようが無い。

元慰安婦支援団体(韓国内のデモで)
「(文在寅が)間違っているものを無効にしないのは欺瞞だ」


その通り!
ただ、正しくは「間違っていないから無効に出来ない」のだ。
それが分からない韓国国民。

朝鮮半島の女達を日本軍が強制連行したと嘘の本を書いて慰安婦問題のきっかけとなった故吉田清治の長男の依頼を受けて元自衛隊員が韓国に渡り、吉田清治が建てた謝罪碑に「慰霊碑」と裏書して韓国当局に逮捕された。
韓国内で200日の足止めを喰らった挙句、その判決が今日出た。
公用物損傷の罪で懲役6月執行猶予2年だという。

⇒産経ニュース(同上)
「根本的な嘘を正したい」裁判で思いは届いたのか… 
奥茂治被告「碑を使い続ければ恥になりますよ」


(前文略)

 奥被告は、控訴するか否かにかかわらず、今後、謝罪碑の所有権の確認と碑の完全撤去を求め、民事訴訟を起こすことも想定。引き続き、「碑文の嘘」を訴えていくつもりだ。
 韓国の文在寅政権は、慰安婦問題をめぐる日韓合意について「この合意では解決できない」とし、歴史問題を蒸し返す姿勢を強めている。奥被告は言う。
「歴史を見直すというのであれば、慰安婦問題の根源である吉田氏の嘘から見直すべきではないでしょうか」(天安 桜井紀雄)


慰安婦問題の根源である故吉田清治の嘘を見直すとともに、その嘘を世界中にばら撒いた確信犯の朝日新聞こそ責められるべきではないか。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

20:51  |  慰安婦問題  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2018.01.10 (Wed)


韓国の新提案 毎日と東京の社説はスルー


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

読売社説は文在政権を非礼だと批判

韓国の文在寅大統領の日韓合意に関する「新提案(?)」を毎日と東京新聞の社説はスルーした。
朝日新聞は「日本政府も韓国との協力を拡大せよ」と日本に注文し、「1ミリたりとも合意を動かさない」とした菅官房長官を批判した。
受け入れられないとした河野太郎外相を批判しない所を見ると、まだ自分達の側に立っていると思っているのか、いずれ懐柔しようと狙ってのことだろう。

しかし、流石に毎日と東京は恥ずかしくて社説で取り上げることを止めた。

時折保守の読売新聞は「文在寅大統領は非礼だ」と怒っている。
韓国の大統領はいままで常に日本に対して非礼だった。
別に驚くには当たらない。

読売新聞(2018/1/10)
日韓慰安婦合意 文政権が骨抜きを謀っている

 自ら果たすべき約束は棚に上げ、日本側にさらなる譲歩を求める。韓国の文在寅政権の態度は、外交常識に外れ、非礼である。両国関係の破綻につながりかねない。
 慰安婦問題を巡る日韓合意について、韓国の康京和外相が政権の方針を発表した。合意は元慰安婦の意思を反映していない、と主張し、「真の問題解決にはなり得ない」とその意義を否定した。
 看過できないのは、「両国間の公式合意であり、再交渉は求めない」とする一方で、問題を蒸し返したことだ。
 元慰安婦を支援する財団に日本が拠出した10億円について、韓国政府の予算で充当する、と表明した。拠出金の扱いは日本側と協議するという。財団の今後の運営については、国民の意見を聞いて決める、と述べるにとどまった。
 すでに、元慰安婦の7割以上が財団からの現金支給を受け入れている。事実上の再交渉の要求は、「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した合意の趣旨に反する。到底容認できない。
 そもそも、日本が政府予算から拠出したのは、韓国側の強い要請に応じたものであり、合意の要である。いまさら覆すのは、合意に執拗に反対する市民団体への迎合にほかならない
 康氏は、元慰安婦が「自発的な真の謝罪」を望んでいるとし、日本側が被害者の名誉回復の努力を継続することへの期待も示した。合意に、安倍首相のおわびと反省の意が盛り込まれていることを軽視しているのだろう。
 今回の方針は、外交省の作業部会による合意の検証報告書に基づく。報告書は、朴槿恵前政権の交渉姿勢の指弾が中心で、合意の瑕疵について説得力のある指摘はなかった。にもかかわらず、日本に責任を転嫁するのは筋違いだ
 河野外相が、「韓国側が日本側に対してさらなる措置を求めることは、全く受け入れられない」と強調したのは当然だろう。
 市民団体がソウルの日本大使館前に設置した、慰安婦を象徴する少女像について、康氏が言及を避けたことも理解しがたい。
 合意では、韓国側が少女像を巡る問題の解決に向けて努力することを約束した。しかし、文政権はいまだに、撤去に向けた具体的な行動に踏み切っていない。
 外国公館の安寧と威厳を守ることは、国際条約が定める受け入れ国の責務だ。少女像を放置するならば、韓国は規範を無視する国家だと見なされても仕方ない。


(引用終わり)

文在寅大統領は元々親北派であり左翼である。
文に限らず、前大統領を批判して国民の私怨を晴らすポピュリズム政治は韓国政治の常である。

今回も韓国の自称慰安婦(売春婦・公娼)を利用した韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)の反日活動の一環でしかない。
挺対協は中国と連携している。
日本は中国と韓国の反日勢力と戦っているのである。
それに加担しているのが朝日、毎日、東京の反日新聞であり、反日テレビ局なのである。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

14:07  |  慰安婦問題  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.01.10 (Wed)


朝日社説 1ミリたりとも動かぬ菅官房長官を批判


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

産経社説は「日本に甘えるのはやめよ」と

朝日新聞の今朝の社説には驚いた。
昨日の韓国政府の方針に疑問を抱きながらも、菅官房長官の「1ミリたりとも合意を動かす考えはない」発言を「建設的でない」と批判したのだ。

朝日新聞社説(2018/1/10)
慰安婦問題 合意の意義を見失うな

 韓国政府として今後どうするのか明確な考え方が見えない。理解に苦しむ表明である。
 2年前に日韓両政府が交わした慰安婦問題の合意について、文在寅(ムンジェイン)政権が正式な見解をきのう、発表した。
 日本側に再交渉を求めない。康京和(カンギョンファ)外相が、そう明言したのは賢明である。この合意は、両政府が未来志向の関係を築くうえで基盤となる約束だ。
 ところが一方で、合意の根幹である元慰安婦らへの支援事業は変更する方針を示した。
 日本政府から拠出された10億円は、韓国政府が同額を支出し、日本の拠出金の扱いは「日本側と今後協議する」という。
 支援事業のために設立された財団の運営については、元慰安婦や支援団体などの意見を聞いて決めるとしている。
 これでは合意が意味を失ってしまう恐れが強い。合意の核心は、元慰安婦たちの心の傷を両政府の協力でいかに癒やしていくか、にあったはずだ。
 これまでの経緯に照らしても一貫性を欠く。
 日本では90年代以降、官民合同の「アジア女性基金」が償い金を出した。だが、民間の寄付が主体なのは政府の責任回避だとして韓国から批判が出た。
 今回の合意はそれを踏まえ、政府予算だけで拠出されたものだ。その資金を使って財団が支援事業をすることを否定するならば、話は大きく変わる。
 この合意が結ばれた手続きについても韓国外相の調査チームは先月、問題があったとする報告をまとめていた。その後、文大統領はこの合意では「問題解決はできぬ」と発言した。
 では、きのう表明した方針で問題が解決するかといえば、甚だ疑問であり、むしろ事態はいっそう混迷しかねない。
 何よりめざすべきは、元慰安婦のための支援事業のていねいな継続であり、そのための日韓両政府の協力の拡大である

 その意味では日本側も「1ミリたりとも合意を動かす考えはない」(菅官房長官)と硬直姿勢をとるのは建設的ではない

 アジア女性基金では歴代の首相が元慰安婦におわびの手紙を送ってきた。韓国側から言われるまでもなく、合意を守るためにその範囲内でできる前向きな選択肢を考えるのは当然だ。
 平昌五輪の開幕まで1カ月を切り、きのうは南北会談が板門店で実現した。朝鮮半島情勢は予断を許さない状況が続く。
 歴史に由来する人権問題に心を砕きつつ、喫緊の懸案に共に取り組む。そんな日韓関係への努力を滞らせる余裕はない。


(引用終わり)

 「歴史に由来する人権問題」ではなくて、朝日新聞の捏造報道で日本が蒙った事実無根の名誉毀損であろう。
朝日新聞はこの問題を他人事のように論説するのではなくて、何度も言うように、全社員が仕事を投げ出して海外に赴き日本の穢された名誉の回復に務めるべきである。

一方、産経新聞の社説は真っ当である。

産経新聞社説(同上)
【主張】慰安婦「新方針」日本に甘えるのはやめよ

いわれのない要求に拒否を貫くのは当然だ。
 慰安婦問題の日韓合意をめぐり韓国の康京和外相が「新方針」を発表した。再交渉は求めないと言いながら、相変わらず「真の解決にならない」などと強弁している。
 これを受けて河野太郎外相は「全く受け入れられない」と批判した。
 日韓合意は、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を明言した。問題を蒸し返す新方針などありえない。
 日本政府は合意に基づき10億円を拠出し、元慰安婦らを支援する財団が韓国につくられた。元慰安婦の7割超が財団による現金支給事業を受け入れている。
 康氏は「両国間の公式合意だったという事実は否定できない」とも述べた。それならまず、やるべきことをやってもらいたい。
 ソウルの日本大使館前の慰安婦像撤去に努力すると約束しながら果たされていない。像は、慰安婦について旧日本軍が強制連行した「性奴隷」などと歴史をゆがめ、日本を非難する運動の象徴である。放置は許されない。
 新方針では、財団に韓国政府が日本の拠出金と同額予算を出すことを表明した。
 日本がすでに拠出した10億円の扱いは今後協議するというが、日本側がこれに乗る必要はない。
康氏は「被害者が望んでいるのは自発的かつ心からの謝罪だ」とも述べたが、それを含めての合意である。
 そもそも戦後補償問題は個人補償を含め、昭和40年の日韓協定で解決済みだ。その後も日本はできる限りのことをしてきた。
 合意は、北朝鮮が核・ミサイル開発の暴挙に出る中、日韓関係の改善が欠かせないという国際環境を背景に交わされた。韓国政府はその経緯や意義を国民に十分説明していない。文在寅大統領に指導者の責務を改めて求めたい。
 謝罪外交を繰り返してきた日本の足元をみて、韓国側がまたもこれに甘えようというなら、いいかげんにしてもらいたい。 それがかえって反日世論を勢いづかせ、問題をこじらせてきた反省から、日本は毅然(きぜん)とした態度を貫くべきである。
 菅義偉官房長官が「1ミリたりとも動かさない」と再三、明言するように合意を見直す余地はない。合意は国際公約であり、破れば韓国の信頼は地に落ちる


(引用終わり)

「破れば韓国の信頼は地に落ちる」というが、すでに韓国は破っており、韓国の国際的信頼は地に落ちているのである。

あなたは朝日新聞を購読したいと思うだろか?
それとも産経新聞を購読したいと思うだろうか?

反日、愛国、左翼、保守などの言葉を越えて、どのメディアが正しい情報を提供し、日本の国益に寄与しているかを考えてみよう。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

09:44  |  慰安婦問題  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2018.01.08 (Mon)


韓国は安倍首相の慰安婦訪問を要求していると朝日新聞


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

社長以下、朝日新聞は全員で世界中に謝罪行脚をせよ

 朝日新聞の伝えるところによると、韓国は日本との慰安婦問題合意の破棄や再交渉は求めない模様だ。
しかし、その代わりに安倍首相に自称慰安婦を訪問するか謝罪の手紙を出せと要求するらしい。
いい加減にしろ!
安倍首相は絶対に韓国の要求に応ずるな。
日本はいままで必要以上に韓国の過分な要求に応じた。
あとは諸悪の根源である朝日新聞が社財を投じて韓国の要求に応ずればいい。

⇒朝日新聞デジタル(2018/1/8)
日韓合意破棄は回避見通し 韓国、首相の慰問求める案も


 韓国の康京和(カンギョンファ)外相は9日午後2時から、慰安婦問題の最終的で不可逆的な解決をうたった2015年の日韓合意をどう扱うかについて、一部を説明する。同国外交省が8日発表した。文在寅(ムンジェイン)大統領が未来志向の日韓関係を強調していることに配慮。合意の破棄や再交渉は求めない見通しだ。
 日韓関係筋によれば、合意を維持したうえで、「日本政府は責任を痛感している」などと記す合意の精神に基づいた履行を日本側に要請する可能性が高い。安倍晋三首相らに対し、元慰安婦らを慰労するための訪問や手紙の送付など、「誠実な履行」を求める形で事実上の追加措置を求める案が浮上しているという
 外交省の措置は、文大統領が10日に年頭の記者会見を行う前に、懸案を整理しておく狙いがある。
 日本外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は8日、ソウルで韓国外交省の金容吉(キムヨンギル)東北アジア局長と会談したが、韓国政府の新たな方針については聞かされていないとした。金杉氏は「合意の着実な実施を求める」と改めて記者団に強調した。
 日韓合意を巡っては、韓国外相直属の検証チームが昨年末に「合意は不均衡」とする検証結果を発表。文大統領は「この合意では問題は解決されない」との声明を出し、今月4日に元慰安婦らに謝罪した。日本側は「合意の維持以外、受け入れられない」とする立場を韓国側に伝えている。(ソウル=牧野愛博)


「日韓関係筋によれば」というが、どのような情報源なのか?
またガセネタで朝日新聞は日本国民を騙そうとしているのか。

同じ時間帯で産経ニユースは次のように伝えている。

産経ニュース(同上)
慰安婦問題の日韓合意履行要求 金杉アジア大洋州局長、対北では緊密な協力合意

ソウル=名村隆寛】韓国を訪問中の金杉憲治外務省アジア大洋州局長は8日、韓国外務省で李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長、金容吉(キム・ヨンギル)東北アジア局長と相次いで会談。北朝鮮問題や日韓関係について協議した。
 北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議で双方が首席代表を務める李氏との会談では、9日の南北閣僚級会談など最近の動きが、北朝鮮の核問題の平和的解決につながるよう外交努力を強化していくことで意見が一致。日韓が緊密に連絡と協力を続け、朝鮮半島情勢安定に向け、北朝鮮を対話の場に出すための方法を協議した。
 双方は、北朝鮮の核問題の平和的解決のために今後も緊密に連絡を取り合うことを確認した。
 また、金氏との会談で金杉氏は、慰安婦問題の「完全かつ不可逆的な解決」を約束した2015年末の日韓合意の履行を韓国側に求めた。
 文在寅大統領は昨年末、日韓合意について「政府間の約束であれ、大統領として、この合意で問題が解決できないことを改めて明確にする」と表明。金杉氏は、文氏の発言の真意について韓国側に問いただし、日本政府として応じられない立場を伝えたもようだ。


「日韓関係筋」の情報には触れていない。
朝日は韓国側の身勝手な要求をそれとなく日本側に伝えているのではないか。
まったく恥知らずな新聞社だ。
たびたび言うように、朝日新聞の社員は全員海外を訪問し自ら蒔い種を自分達で刈り取れ!
その間、朝日新聞は営業を停止すればよい。
それだけの責任があるということを社長以下肝に銘ずべきだ。
朝日新聞を批判した評論家を訴訟するぞと脅かしている暇などないはずである。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

21:56  |  慰安婦問題  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2017.12.29 (Fri)


韓国の慰安婦検証で朝日社説に噛み付いた産経系ZAKZAK


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

中国まで口を出すのは大きなお世話

昨日のエントリーで韓国の慰安婦問題検証結果に関する各紙社説を比較した。
そのなかで、問題の元凶である朝日新聞は他人事のように日韓双方に注文をつけたが、産経新聞は韓国を厳しく糾弾したと書いた。

今日は産経系のZAKZAKも同様の視点で朝日新聞を批判している。
朝日新聞よ、おまえが言うか(おまいう)と。

⇒ZAKZAK(2017/12/29)
朝日新聞が“人ごと”社説「日韓合意順守こそ賢明な外交だ」
大誤報の責任どこへ


 朝日新聞が28日朝刊で、「人ごと」のような社説を掲載した。韓国政府の作業部会が、慰安婦問題に関する日韓合意の検証報告書を公表したことを受け、「日韓合意 順守こそ賢明な外交だ」とのタイトルで、「双方が建設的な言動をとり続けるしか道はない」と主張したのだ。吉田清治氏のウソ証言に基づく大誤報を30年以上も放置し、日韓関係を傷つけた責任は、どこへいったのか
 社説は、慰安婦問題を「長年に及ぶ懸案」として、日韓合意について「壁を乗り越え、互いに歩み寄った両国の約束」と指摘してみせた。
 そのうえで、文在寅(ムン・ジェイン)政権に合意の順守を求める一方、「日本政府の努力も欠かせない。歴史問題をめぐる理解が国民の胸の内に浸透していくには時間がかかる」と注文をつけている。
 韓国国民に、自社の大誤報を浸透させる努力をしてはどうか


文在寅大統領は検証結果を公表した後、前政権の日韓合意を見直すと言い出した。
今日の産経新聞社説は日韓合意を反故にしようとする文在寅大統領を批判している。

⇒産経新聞社説(同上)
【主張】文氏の「合意」批判 国家関係を損ねたいのか


 日韓関係を損なうことは目に見えている。現下の情勢を顧みない、あきれた発言である。
 韓国側の日韓合意検証を受けて、文在寅大統領が「この合意では慰安婦問題は解決できない」などと表明した。断じて容認できない。 文氏は「当事者(元慰安婦の女性)を排除した政治的な合意」であり、「気が重い」と述べたという。
 北朝鮮の新たなミサイル発射などが懸念される中、緊密な連携を取るべき隣国の指導者がこれでは日本こそ気が重い。
 繰り返すまでもないが、日韓合意は両国関係を損なってきた慰安婦問題について「最終的かつ不可逆的な解決」を表明したものだ。見直す余地などない。
 北朝鮮問題など地域の安全保障環境を考え、関係改善が欠かせないと歩み寄った経緯もある。政治的というなら、解決済みの問題についてあえて日本が付き合い、韓国側は面目を施したといえる。
 その意義も顧みずに批判するのは、前政権の失政探しに汲々(きゅうきゅう)とし、日韓関係を悪くする材料を自ら生み出す行為である。
 元慰安婦らを「排除」したという指摘もあたらない。日本政府が拠出した10億円による財団の支援事業を、元慰安婦の多くは受け入れている。
 慰安婦問題で看過できないのは、旧日本軍の「性奴隷」などとする歴史の捏造(ねつぞう)により、日本の名誉が傷つけられていることだ。
朝鮮半島で女性を強制連行したとする吉田清治証言が嘘だと分かっても、「自由が奪われた」などと議論をすり替え、不当な非難を続けている

 合意批判の一方、文氏は「未来志向的な協力のために、首脳外交を回復させる」という。外交・安全保障や経済と歴史問題は別だと言いたいのだろうか。
 反日運動の象徴である日本大使館前などの慰安婦像は、撤去されないままだ。問題を蒸し返し、嘘を振りまき続ける国内の反日運動を大統領が助長している。
 国同士の約束を守らなければ、国家関係そのものが成り立たなくなる。国際的な信用を失うリスクを考えているのだろうか。
 政府は、合意の着実な履行を求める立場は「不変」だとしている。それは当然だが、大統領の妄言(もうげん)は日韓関係を壊しかねないことを直接、伝えるべきだ。


韓国は文が日韓合意を否定する一方、日本の領土である竹島で二回目の軍事訓練を実施した。
断じて許せない。

その上、日本を仮想敵国とみなしている中国が韓国の肩を持って、日本は慰安婦問題を解決しろと迫ったと時事通信が伝えている。
大きなお世話である。

⇒時事通信(同上)
慰安婦、日本が対応を=中国


 【北京時事】中国外務省の華春瑩・副報道局長は29日の記者会見で、慰安婦問題をめぐる日韓両国の対立について「アジアの隣国と国際社会の懸念を日本が正視し、責任ある態度で問題を妥当に処理することを希望する」と述べ、日本側が対応すべき課題だという認識を強調した。

中国が自国の国民を大量虐殺した天安門事件は慰安婦問題と違って明らかな事実であり、つい最近の事件である。
中国こそ他国のことより自国の恥ずべき現代の歴史を猛省すべきであろう。

日本の仮想敵国は明らかに中国・韓国・北朝鮮の3ヶ国であることを再認識し、軍事力の強化を急がなければならない。
それに反対する者は中・韓・北を利する回し者だと言っても過言ではない。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:33  |  慰安婦問題  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT