2013.07.23 (Tue)


自民圧勝、茫然の朝日、右翼化警戒する毎日

自民党が圧勝したことに反日メデイアは落胆している。
そこで考え出したのは低投票率。
有権者の半分しか投票しないのでは、民意とは言えないという論法である。

朝日新聞社説(2013/7/22)
一強下の野党 与党の2倍働こう

「茫然(ぼうぜん)自失の体である。参院選に敗れ、自民党1強体制下に甘んじた野党の姿だ」


(茫然としているのは朝日新聞だろう)

(中略)

政権が直面する難題と、政権交代が起きやすい衆院の選挙制度を考えれば、1強体制は永久に続くわけではない。野党議員には、惨敗に沈んでいる暇はないはずだ。 与党議員の2倍は働く気概で安倍政権に挑んでほしい」

・・・と野党にエールを送っている。

最近は朝日新聞より毎日新聞の方が反日姿勢が強い。

毎日新聞(同上)
衆参ねじれ解消 熱なき圧勝におごるな


政治の安定と着実な改革を求める民意の表れだとした上で・・・

「この結果を有権者から白紙委任を得たと錯覚し、数におごるようではただちに国民の信頼を失う」

と釘を刺す。

「(低投票率)だからこそ、有権者から託されたものを首相や自民党ははき違えてはならない」

「圧勝の反動でタガがゆるみ、党の古い体質が頭をもたげたり、偏狭なナショナリズムが勢いづいたりする懸念はぬぐえない」


また「偏狭なナショナリズム」か。もういい加減聞き飽きた。

「首相は選挙戦終盤に憲法9条改正への意欲を示したが、改憲の具体的内容や優先順位まで国民に説明しての審判だったとは到底言えまい。改憲手続きを定める96条改正も含め、性急な議論は禁物である」

と憲法改正に反対。

 毎日新聞はまだ興奮が冷めやらぬと見えて、今日も安倍政権に注文をつけている。

「安倍首相は靖国神社に参拝するな」と「原発と民意 推進への信任ではない」の2本。

毎日新聞社説(2013/7/23)
靖国と安倍外交 参拝は控え基盤強化

「安倍晋三首相は歴史認識問題を再燃させるような言動を慎み、外交基盤の強化に全力を注いでほしい。そのためには8月の終戦記念日と、10月の秋季例大祭の靖国神社への参拝は見送るべきだ」


これって、中国と韓国の言い分そのものではないか。
それほどまでに中国と韓国の肩を持つのか。

「もちろん本来は国の指導者が戦没者を追悼するのは、人としても国のあり方としても当然のことだ。だが、それには環境整備が必要になる。最大の問題は、極東国際軍事裁判(東京裁判)のA級戦犯のうち14人が靖国神社に合祀されていることだ」

かつて国会で共産党の発議により、全会一致で「A級戦犯は存在しない」と決議した。
毎日新聞は分祀を勧めているが、無意味である。
分祀した所で中韓の批判は収まらないだろう。
なぜなら、それは単なる外交カードで、内心はどうでもいいのである。
日本が狼狽えれば狼狽えるほど、外交カードの効力は続く。

「歴史認識を巡る首相の言動が今後も続き、「右傾化」「ナショナリズム」批判を招けば、政権の外交基盤は損なわれ、安倍外交は思ったような成果をあげられなくなるだろう」
共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2


まさしく中韓の言い分である。
中韓だけが外交ではない。
ここは我慢比べだ。

慰安婦門問題もそうだが、日本のマスコミが中韓に迎合していること自体が日本の外交の障害になっている。

毎日新聞社説(同上)
原発と民意 推進への信任ではない



「自民党の圧勝で、原発推進にお墨付きが与えられたと考える人がいるかもしれないが、誤りだ」



「確かに、選挙公約で『原発ゼロ』を掲げなかったのは自民党だけだった。新規制基準をクリアした原発の再稼働を進め、地元自治体の理解が得られるよう最大限努力するという内容だ」

B層の担がれたお調子者の山本太郎を除いて、「原発ゼロ」を広言する候補者がたくさん落選した。
たったら民意はどちらにあるのか。

もっとも、B層の民意を大事にして「国策を誤っては」ならない。

プロの政治家が国益のために行う判断は時には愚民の民意を超えることか゜許される。

忘れないでほしい」「当然のことながら、再稼働に前のめりになり、原子力規制委員会の判断に介入することは許されない。再稼働は一定のリスクと隣り合わせであることも

40万年前の地殻変動を根拠に結論を出す規制委員会は神経質過ぎるのではないか。
民主党の決めた委員の顔ぶれを精査する必要がある。

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

21:54  |  2013参院選  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.07.23 (Tue)


自民圧勝が気に入らない反日TBS

自民圧勝、民主大惨敗から一夜が明けて・・・

TBS「朝ズバッ!」(2013/7/22)
自民65議席で圧勝
「ねじれ」解消

与良正男(毎日新聞論説委員)
「投票率50%では有権者の半分だから、あまりにも低い。衆参両院で過半数取ったから何でもできる。けれどもこの投票率を見れば、やっぱりそんなに奢っちゃいけないねと。全面的に支援されたワケじゃない。これは安倍さん自身も分かっているとは思いますけど」

柿崎明二(共同通信社編集委員)
「50%だとすれば、多数決ではなくて少数決になっちゃう。ほとんどの人が自分たちと関係ない所で決められちゃうというのは、今回棄権した人は反省した方がいい」

柿崎明
「憲法改正まで丸ごとパッケージで支持されたとは限らないですよね」


と国民は景気回復に期待しただけと佐藤ゆかり自民党議員に問いかける。

佐藤ゆかり議員
「今までの経済効果は一本目の矢、二本目の矢で、あくまで金融市場を中心とした期待先行の景気回復だ、実体経済という面から言えば、多くの成長戦略は法案が通らないと実施できない。全国の遊説演説で、『実際に実際に所得が上がったと感じることが出来るのは法案が通ってからですよ、今は効果が出ませんよ』という話をしてきた」


と答える。
佐藤議員は美人である上に、話し方から頭脳明晰であることが分かる。
スタジオはいっせいに呑まれた感じ。

みんなの党の渡辺喜美代表が横からチャチを入れたが歯が立たない。

そのうち、現場中継で山本太郎が出て来てなにやら喋っていたが・・・

みのもんた
「佐藤さんどうですか?」

佐藤ゆかり
「エネルギー政策は独自の路線を張っておられますし、TPPとエネルギー政策がどう連携するのかお話の筋が分からなかったんですが、その辺もありますし、まあ難しいですね」


と軽くいなされてしまった。

途中から杉尾秀哉TBS解説委員が登場。

杉尾秀哉
「(日本を取り戻すのではなくて)自民党を取り戻すという感じですが・・・」


と嫌味を言っていた。

 全体の論調は、野党はこれからどうするという事が中心で、自民党に圧勝させた民意を受けて、日本はこれからどうなるかと言う展望がまったくなかったのは、いかにも反日TBSらしかった。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

10:36  |  2013参院選  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.07.22 (Mon)


NHKの反日番組を観た

いま、NHKが「党首討論 日本政治はどう動く」を放映している。
画面の下に視聴者からのコメントが流れている。

そのほとんどが自民党への不信の声。
一緒に観ていた息子が言った。

「これが本当なら、どうしてあんなに自民党が圧勝したのかね?」

まったくだと自分の部屋に戻り、パソコンからコメントを連打!
勿論、ひとつも採用されない。

最後は「NHKは偏向報道を止めろ」と書いたが、もちろんテロップには流れない。

中韓が泣いて喜ぶようなコメントがいっぱい流れる。

「自民党の暴走を許すな」

「日本は借金大国」

「世界に誇る平和憲法のお蔭で今迄戦争に巻き込まれていない」

「高校生です。憲法を改正して私達を戦場に送るのですか?」


後半になって、ようやくまともなコメントが少しだけ出てきた。

集団的自衛権のテーマで・・・

「アメリカに守って貰いながら、アメリカが攻撃されたら知らないなどという同盟関係があるのですか」

Ponkoのコメントに似たものがようやく流れた。
こんなの常識問題。

9,400通がNHKに寄せられたそうな。

しかし、この番組では自民党政権党への不信、憲法改正反対、憲法は国家権力の暴走を防ぐためという立憲主義を守ろう、戦争反対、集団的自衛権の行使反対、中国や韓国と仲良くしよう・・・

というB層コメントが大部分だということになる。

自民党が圧勝した昨日の選挙結果は夢だったのか?


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

21:26  |  2013参院選  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.07.22 (Mon)


自民圧勝、民主結党以来の大惨敗

参院選は予想通り自民党の圧勝、民主党の大惨敗に終わった。
参院選に勝たねば「死んでも死にきれない」とした安倍首相は積年の恨みを晴らしたことになる。

テレビ各局の選挙速報を見ての感想・・・

●お馴染み反日のTBSは関口宏の司会で選挙速報の合間に沖縄特集をして「安倍政権は沖縄に寄り添っていない」としきりに主張していた。

●日本テレビ「NEWS ZERO」でゲストの百田尚樹氏(作家)が・・・

「日本とドイツだけが戦勝国から憲法を押し付けられた。ドイツはその後58回も憲法を改正したが日本は一度も変えていないのはおかしい」

とコメントすると村尾信尚キャスターが・・・

「百田さんには百田さんの考えがありますが、反対の意見もありますし・・・」

と慌ててフォロー。

●各政党の当選者数の最新情報を示す下部のバーのタイトルが殆どの局が自公民の順序になっているのに、TVKだけは、民主、自民、公明と民主党をトップに持って来ていたのが異様。
NHKは自民、民主、維新、公明の順序だった。

●国会で鳩山元首相に「ルーピー」と野次を飛ばした丸川珠代候補は東京選挙区でトップ当選だったが、支援者が万歳を叫ぶ中、御当人の万歳はなぜか控えめ。
それというのも同じ自民党の武見敬三候補の当選が最後まで決まらなかったからに違いない。

●最後までハラハラさせた武見敬三候補。当選したが票数で山本太郎に後れを取った模様。

●日本維新の会の中山恭子候補の当選は喜ばしいが、アントニオ猪木が当選したのはまだB層が多い事を示している。

●一方では、弁護士の若狭勝候補は苦戦している。

そもそも参院選の任期が6年なのは、それぞれの分野で専門的な知識と経験を持つ議員が長期的な見地から政策を練るためである。
だから若狭候補の様な専門家を当選させるべきであり、脱原発を叫んで当選したアマチュアの山本太郎候補や元プロレスラーなどが当選するのは間違っているのである。

●森裕子 (生活現) 落選。

●岡崎トミ子(民主現)宮城 落選。
 税金で韓国視察中、韓国の日本大使館前で元慰安婦の反日デモに参加した反日リベラル左翼には当然の報い。

●一川保夫(民主現)石川 落選。
 防衛大臣時代に素人だと酷評された。

●衆院選の民主党落選組が参院選に蔵替え出馬したが、全員落選した模様。

●出口調査 
ノンポリ時代のPonkoは「出口調査」とは出口研究室か出口教授の独特の予測システムかと思っていたが、なんと投票所の出口での調査だと分かった。
なんだそのまんまではないか。
それにしても開票率わずか1%で当選確実が出るのは不思議。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

21:19  |  2013参院選  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |