FC2ブログ

2019.11.19 (Tue)


女性・女系も分からずに愛子さまを推すな


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

安倍首相の攻め方を野党に教えて進ぜよう

今日の産経新聞2面に「『女系天皇』5割超理解せず」とあった。
産経ニュースは「女系・女性天皇」となっている。

産経新聞(2019/11/19)
「女系天皇」5割超 理解せず
皇位継承、慎重議論必要に


2019111900.jpg

産経新聞社とフジニュースネットワーク(FNN)の合同世論調査では、女性・女系天皇に賛成する意見が多数を占めた。一方で、女性天皇と女系天皇の違いについて尋ねたところ、「理解していない」と答えた人が半数を超えており、皇室の伝統や制度について十分知られていない現状が浮き彫りとなった。

 今年5月に行われた産経・FNNの合同世論調査でも女性天皇と女系天皇の違いを理解していないという回答が64%超に達している。
同数が女系天皇と女性宮家に賛成している。
つまり何も分からない者達が「万世一系」の日本の成り立ちを崩壊させようとしているのである。
そのような国民の無知に乗じた朝日新聞などの左翼系反日メディアや女性自身のような週刊誌が存在しているということを国民は知らなければならない。

「女性自身」は愛子さまを褒め契り、天皇陛下になるべしと読者を洗脳している。

「スーパープリンセス愛子さま 万能すぎると学習院でファン急増」

「愛子さまを天皇に!高まる待望論のなか雅子さま綴ったお言葉」

「愛子さまダンス公演に観客殺到『人気はもはや佳子さま超え』」

「愛子さまが動物園に!プライベート中でも握手の“神対応” 」

「愛子さまの現在の画像がかわいい、新天皇即位で女性天皇の問題点と可能性はあるのか?」


「日本国憲法の第一条に、天皇の地位は『主権の存する日本国民の総意に基く』とあり、
第二条には『皇位は、世襲のもの』とあります。
国民の総意に基づくのであれば、男系男子の継承を条件とする「『室典範』を改正して、
女性天皇や女系天皇を認めることは、憲法上、なんの問題もありません。
さらに共同通信が2019年5月1日、2日に実施した全国緊急電話世論調査によると、
男性に限られている皇位継承を巡り、女性天皇を認めることに賛成が79.6%、反対が13.3%となりました。
女性天皇容認の声が高まっています。
愛子様が将来の天皇になられる可能性はおおいにあるということです
。」


このような世論誘導に騙された場合、今を生きる日本人が後の世代から後ろ指を指されることになる。
もっとも、もうその頃の日本は日本ではなくなっているだろうが。
だからこそ現代を生きる日本人の責任は重い。

大東亜戦争の敗戦でGHQに廃絶させられた宮家の復活を求める「日本の尊厳と国益を護る会」の青山繁晴代表幹事は安倍首相に提言したが、安倍首相も十分承知の上で事を運んでいると知り、トーンダウンを計ったと朝日新聞は報じている。
真偽のほどは分からない。

朝日新聞(同上)
首相「男系継承の重要性踏まえ検討」 皇位継承策めぐり


安倍晋三首相は19日、安定的な皇位継承策をめぐり、「男系の継承が古来例外なく行われてきたことの重要性もしっかりと踏まえ、慎重に検討していきたい」と語った。首相官邸で自民党の保守系議員グループでつくる「日本の尊厳と国益を護(まも)る会」(代表幹事・青山繁晴参院議員)の提言を受け、発言した。
首相は「婚姻などによる皇族の減少は先送りすることのできない問題」とも指摘した。青山氏は提言後、記者団に対し「(首相は)非常に慎重に臨んでいる。大事な(皇室の)行事の進み方を無視して、性急に話をすることはないと、よく分かった」と話す。


【追記】今日の産経新聞によれば、ニュアンスが違う。真逆だと言ってもよい。

産経新聞(2019/11/20)
首相「啓発活動は必要」
自民有志


 安倍晋三首相は19日、自民党の保守系有志議員による「日本の尊厳と国益を護(まも)る会」(代表幹事・青山繁晴参院議員)のメンバーと官邸で会い、男系の皇位継承を堅持するための具体策を盛り込んだ提言書を受け取った。安倍首相は面会で、「女性天皇」と「女系天皇」の違いに関する国民の理解が必要との認識を示した。
 同席した山田宏参院議員によると、安倍首相は「女性天皇、女系天皇の違いについて国民に十分な理解が進んでいない」と指摘し、「この部分について啓発活動は必要だ」と述べたという。
 護る会の提言は、女系天皇につながりかねない「女性宮家創設」に否定的で、皇室典範改正や特例法制定によって旧宮家の男子が皇族に復帰できるようにすることが柱だ。
 安倍首相は「男系の継承が古来例外なく継承されてきたことの重要性をしっかりと踏まえながら、慎重に検討していきたい」と語った。


また朝日新聞は10月28日の記事で秋篠宮文仁親王と悠仁親王のブータンご訪問について・・・で

「異例とも言える、別々の飛行機利用。秋篠宮さまは皇位継承順位第1位、悠仁さまは第2位で、次世代を担う唯一の男性皇族でもある。宮内庁幹部は『飛行機事故など、万が一のリスクも避けようという熟慮の結果だった』と明かす。日本への帰国便もお二人は別々だった。
熟慮の背景には・・・」(以下有料会員限定記事)


と報じているが、朝日の記者は世間知らずだ。
大企業の団体旅行では社長と副社長が別便に乗ることは常識だ。

安倍首相の攻め方

話は変わって、野党とメディアは相も変わらず「桜を見る会」を槍玉に挙げて飽きもせず安倍首相を攻撃している。
枝豆・立民党代表などは、これで安倍首相を追詰めれば解散総選挙は必至だと喜んでいるが、選挙すれば立民党は大敗するというのに何というノーテンキ。

野党が勝つためには、安倍首相のアキレス腱を狙うことだ。
来春、中国の集金平を国賓として招待することや、香港の自由と民主主義の抑圧を見過ごしていると批判すればいい。

それが出来ないから万年野党なのである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2




テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:16  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.09.28 (Sat)


「あいちトリエン」への補助金撤回は当然


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

津田大介を擁護するオバカな面々

文化庁は「あいちトリエンナーレ」への補助金7800万円の全額の交付を撤回した。

当然である。

「安全面に対する懸念などを事前に申告しなかった」というのが理由だが、いかにもお役所仕事らしい。
「表現の不自由展・その後」が芸術ではなく、政治的プロパガンダに過ぎないというのが本当の理由である。

「表現の不自由展 その後」は全体の催し物の一部に過ぎず、他の真正芸術家達はとんだトバッチリを受けたものである。

産経ニュース(2019/9/26)
あいちトリエンナーレへの補助金 文化庁が全額不交付決定
「申請手続きが不適当」


愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が中止になった問題で、文化庁は26日、約7800万円の補助金を全額不交付とすることを決定した。愛知県が文化庁に対し、安全面に対する懸念などを事前に申告しないなど、交付申請の手続きが「不適当」であったと判断した。(以下略)

「表現の不自由展」を展示中止に追い込んだのは憲法の表現の自由に違反しているなどと幼い事を大村愛知県知事は言い出して失笑を買っている。

20190928007.jpg

補助金の不交付決定を不服としたリベラル大村は文化庁を相手取り、訴えを起こすそうな。
どこまで馬鹿なのか。

20190928005.jpg

山本一郎なるブロガーが居る。
ブログの世界では有名人だが、あいちトリエン事件の受け止め方は議員の山本太郎と似たようなものだ。

文春オンライン(2019/8/8)
私が「あいちトリエンナーレ」でやらかした津田大介さんをそれでも支持する理由


悪いのは脅迫する連中なのであって
もうね、津田大介頑張れ、と。もっと突っ張れと。そう思うわけです。


津田大介さん、あいトレ問題で検証委員会に「お前の責任だ」と盛大にDISられる
(山本一郎 2019/9/26)


「もちろん、本当に悪いのは妙な抗議を殺到させた名もなきネトウヨの皆さんであって、本来ならば、わざわざ抗議するのではなく、主義主張の違う人たちが面白展示しているのを遠くから眺めているほうが正解だったと思うんですよ。こんな騒ぎにならなければ、たいして話題にもならなかったでしょうから。むしろ、そういう形で言論が封殺されかねない日本の悲しい文化的後進性を知らしめてしまったというのは、別の文脈においてですが残念です。」

言論の封殺だと(笑)

ブログ主は自分をネトウヨとは思っていないし、左右のド真ん中だと思っているが、天皇陛下の肖像画が燃やされて踏みつけられたり、謂れのない自称少女像(偽慰安婦像)を展示されたり、その他の日本国と日本人の名誉を謂れもなく毀損する悪意に満ちた作品を「芸術」などと言うのはチャンチャラオカシイ。

会場にガソリンを撒くと言って逮捕された過激な男は別として、その似非芸術の展示に抗議した大多数の人達の声を「封殺」することこそ問題なのだ。
しかも決定的なのは、その催し物に国費が投入され、公共施設で開催されたということである。
税金を払っている我々が、その不当な使い道に声を上げてどこが悪い。

「でも、そういうドタバタも含めて津田大介さんの面白さだったんじゃないかと外からは思うんですよ。東浩紀さんもアドバイザーを降りる、あれほど親しく写真に写っていた愛知県知事大村さんも津田さんが悪いと切り捨てる。人間臭すぎて、これこそが芸術なんじゃないかとすら思うほどに。」

「津田大介さんには私の変なスレを2ちゃんねるで立てられたり、不思議な怪文書が出てきたり、周辺で変なことはたくさん起きるけれど、本件に関しては圧倒的に津田大介さんを応援しています。」


20190928006.jpg

津田大介は主催者の大村知事に「尖ったことをやってくれ」と言われて、炎上覚悟でやったというのが真相である。

芸術に名を借りた売名行為である。
もうマスコミに大きな顔をして出るなと言いたい。
まあ金髪を丸坊主にして前非を悔いたら許してあげるかもしれないが。
いや、それでも許すわけにはいかない。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:24  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

2019.09.17 (Tue)


渡る世間はゲスばかり


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


20190917001(1).jpg

本日はゲスネタご容赦。
ネットの芸能誌情報によれば、三流芸人の泉ピン子が今回の内閣改造で政務官に抜擢された自民党の今井絵理子議員について「はっきり言って嫌」「汚い」と露骨な嫌悪感を露わにしたという。

泉ピン子は芸も無いのに「渡る世間は鬼ばかり」の原作者・橋田壽賀子に可愛がられて芸能界でのさばってきた。
「渡る世間は鬼ばかり」は一度も観たことは無いが、時たま目にするピン子の下品な喋りや横柄な態度は大嫌いであった。

その三流芸人のピン子が出世した今井議員をけなしたのには腹が立った。
その番組が「アッコにおまかせ!」だったという。
和田アキ子も大嫌いなタレントの一人である。
若手芸人が大御所の和田アキ子に胡麻を摺り、和田アキ子がイジメるというのがウリだったようだが、ピン子と同じく芸も無いのに尊大な所が大嫌いだった。
朝鮮人だとカミングアウトしたが、合点が行く思いがした。

女性を批判すると性差別だと攻撃される時代であり、MeTooなどという横文字の運動が日本にも輸入されて、息苦しい時代になって来ている。
女性議員が少ないのは性差別だと批判する向きもあるが、その数少ない女性議員の出世を同性の能無し芸人が批判してどうする。

今井議員のスピード時代の歌は聞いたことも無いが、新幹線の車中で不倫相手と手をつないで寝て居たとかで話題になった。

それを言うなら立憲民主党のパコリーヌの不倫はもっと問題だろう。
しかし本人は平気の平左で相変わらずガソリンの消耗にいそしんでいる。

【追記】反安倍の朝日新聞系週刊誌が早速飛びついてAera.dotがフォローしている。

週刊朝日(2019/9/16)
今井絵理子政務官に自民党からブーイング 所属していた芸能事務所が多額献金 
交際の元神戸市議は雲隠れ


「自民党からブーイング」という所がイヤラシイ。

目を転ずれば、やっぱり韓国。
文在寅大統領や玉ねぎ男への批判は高まる一方、次期大統領候補は法相の玉ねぎ男がダントツだという。
韓国の人は一体何を見ているのだろう。

20190918002(1).jpg

あまりの儚なさに、野党の党首が抗議して丸坊主になった。
その前に二人の野党女性議員が丸坊主になって、チョグクの罷免を要求したので、最大野党の党首も遅れじとやったそうな。
女性の黒髪は命なのに、野党仲間がやったからといって、二番煎じで男がやってどうすると非難轟々だという。

何か世間は下らない話題が多すぎるが、一番くだらないのは韓国が日本の福島原発汚染水処理は不安だとIAEA(国際原子力機関)の総会で世界中に触れ回った事だ。
これに対して日本は・・・

「日本産食品の輸入規制についていまだに科学的根拠に基づかず規制を維持する国・地域があり被災地の復興に水を差している。科学的根拠に基づく早期の規制撤廃を呼びかける」

と反撃した。
はっきり韓国だと名指ししろよ。
そんな紳士振りが却って韓国をつけ上がらせ、舐められるのだ。
まあ見方を変えれば大人の対応、金持ち喧嘩せずの類かもしれないが。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






23:36  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2019.09.08 (Sun)


防衛相は河野太郎氏か


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

強い日本を再現して欲しい

今朝の産経新聞一面トップは防衛相に河野太郎氏を検討していると伝えている。
まさに当たり役ではないか。
紅の傭兵氏の息子が外相に選ばれた時は不安を禁じ得なかった保守派も、韓国に対する厳しい態度から「鳶が鷹を生んだ」とさえ思うに至った。

20190908000.jpg

しかし、反日親韓のメディアはそのような河野太郎氏を批判していた。
日刊ゲンダイは河野大臣が呼び出した韓国大使に対して「極めて無礼でございます」と発言したことに対して、「外国の大使を侮辱するとは、外務大臣失格」、「ツイッターで批判する国民の書き込みをブロックしている。 国民の声を聞こうとしない。」と足を引っ張った。

どこのメディアか忘れたが、「無礼」とは昔の侍の「無礼者!」から来ていて封建時代の名残だと批判していた。

中央日報は7月20日、「河野外相の『無礼』な主張に青瓦台はGSOMIAで対抗」とあたかも「無礼発言」がGSOMIA解消の原因であるかのように報じた。
しかしこれは後付けだろう。

前にも書いたように河野大臣が怒ったのは韓国大使が「徴用工問題の解決法は日韓共同出資の財団を作ることだ」と日本が拒否した回答をまた口にしたからだ。
日本政府が「出る所に出ろ!」と言っているにもかかわらず。
慰安婦問題で「最終的かつ不可逆的」に取り決めた財団(日本は10億円を供出)を日本に通告もなしに一方的に解散した文在寅はどの口借りていうかというのが日本人共通の怒りである。
河野外相はその怒りを代弁しただけである。

官邸幹部が強気の河野太郎外相を良く思っていないという噂も流れた。

だから残念ながら河野氏の政治生命も断たれたかと思っていたが、もし防衛相に 転身出来れば評判の悪かった現防衛相の後釜として最適である。
英語力も大したものである。

ただ河野外相が実現するかどうかはまだ定かではない。
それと憲法改正についてどの程度考えを改めたかも疑念が残る。

2017年6月3日のブログで・・・

「これまでの自民党の草案なるもののように、自衛隊を国防軍や自衛軍と呼び変えてみたり、軍事裁判所を設置したり、というような悪乗りをすべきではないのはもちろんです。」

と書いているが、自衛隊を軍隊にして軍法会議を設けることの必要性を理解していない。
この点についてだけは、軍法会議の必要性を説いた、あの石破茂氏の方が正しい。

産経新聞(2019/9/8)
防衛相 河野氏を検討


安倍晋三首相が11日に行う内閣改造・自民党役員人事で、防衛相に河野太郎外相の起用を検討していることが分かった。

(中略)

河野氏は、いわゆる徴用工訴訟をめぐり、国際法違反の状態を続ける韓国政府に是正を求め続けた。首相は毅然(きぜん)とした対応を評価している。また、米国のポンペオ国務長官らとは厚い信頼関係を築いている。
 韓国側は先月、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めた。河野氏の防衛相起用は、不協和音が目立っている日米韓の安全保障協力の強化を図る狙いもある。



↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

10:42  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

2019.08.13 (Tue)


赤ちゃんは泣いてもいいよステッカーの愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

小さな親切、大きなお世話

ブログタイトルに相応しくない事は承知の上で書く。
最近、赤ちゃんに「泣いてもいいよ」と呼びかけるステッカーが流行っているという。
少子高齢化で乳児を大切にしたいのは分かるが、そんな事を言われなくても昔から日本人は乳児や幼児に対して「泣くのは子供の仕事だから」と寛容だった。

最近の大人たちはそれほど寛容でなくなったのかと思う一方、子供を甘やかす親が多くなったことを疎ましく思う。
新幹線の通路を騒いで走り回る幼い兄弟を叱り飛ばしたことがあるが、前の席に座っていた両親はどこ吹く風だった。勿論両親にも注意したが。

海外の親達に比べて日本の親達は子供に対する躾がなっていない。
おそらくその親達を育てた親達の世代からして、そしてその前の世代からして駄目な親達であったのに違いない。

産経新聞(2019/8/12 20面)
赤ちゃん「泣いてもいいよ」ステッカー広がる
街中 保護者の心理負担軽く


公共の場所での乳児の「泣き声」に寛容になろうと、「泣いてもいいよ」と書かれたステッカーを配布する取り組みが広がりを見せている。少子化の中、保護者の心理的負担を軽減して子育てしやすい環境づくりにつなげようという狙い。賛同する自治体も続々と名乗りを上げているが、「泣くのはいいが、親は放置せずに子供をちゃんとあやして」と苦言を呈する意見も。子供を育む社会のあり方に一石を投じている。(斎藤有美)

 東京23区で最大の人口約90万人を抱え、子育て世代も多く住む東京都世田谷区では6月から、「泣いてもいいよ」と記された乳児のイラスト付きステッカーの配布を区役所や区民センターなどで開始した。
 スマートフォンなどに貼り付けて「気にしなくて大丈夫」という意思を表明し、街中などで子供が泣き出したときに保護者の心理的な負担を和らげようというもの。区内の子育て支援関連施設の職員向けにも勤務中に身につける「泣いてもいいよ」の缶バッジやキーホルダーを配っている。いずれも、23区内では初めての試みだ。
 事業は「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」を展開しているインターネットポータルサイト運営会社「エキサイト」と協定を締結し実施。保坂展人区長は「子供を産み育てやすいまちづくりのため、子育て世代が外出時に店などに入りやすい環境を生むきっかけになれば」と期待を寄せる。
 同様の取り組みは14県ですでに導入されており、各地域の方言を使った「泣いてもいいよ」ステッカーが作成されている。最初に賛同した三重県では、「泣いてもええんやに!」という方言ステッカーのほか、知事自身が育休を取得するなど子育て支援を積極的に推進。県子ども・福祉部の担当者は「ステッカーはすぐに無くなり、今は在庫切れの状態」と手応えを話す。
こうした動きについて、ツイッター上では「素晴らしい取り組み」「趣旨には同意」と、子育て世代を中心に歓迎する声が上がっている。
 ただ、「泣くのはいいけど、(親は)放置しないでちゃんとあやしてね」「泣くのは(乳児が)不快だからなのに、『泣いてもいいよ』という文言は何か違う」「どこまで寛容を求めるの? いい加減にしてほしい」などと、違和感を表明する書き込みもみられる。 世田谷区の担当者も、「『(ステッカーについて)自分たちが子育てしている時代はなかった。そこまでしなくてもいいのでは』と、年配の女性から電話があった」と明かす。
 公共の場での乳児の泣き声をめぐる「寛容さ」について、法政大学社会学部メディア社会学科の津田正太郎教授(46)は、「子供は自立しておらず、『人に迷惑をかけてはいけない』というルールにそもそも抵触しやすい。ただ少子化により存在が目立つようになり、トラブルが起きやすくなっているのでは」と指摘。
 その上で、「他人の子供であっても、広い意味でいえば日本の子供。みんなで応援するべきだが、なかなか当事者である子育て世代は声をあげられない。自治体がイニシアチブを取る動きは評価すべきだ」と話している。


保坂展人か。
大学のセンセが「子供は自立しておらず、『人に迷惑をかけてはいけない』というルールにそもそも抵触しやすい。」だと。

当たり前の話だ。
だから親や周囲の大人が子供を育てるのだ。
「小さな親切大きなお世話」の見本を見るようだ。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2



テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

19:32  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT