2018.02.15 (Thu)


道徳教育に反対する前川喜平の愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

地球市民的発想を教育せよと

 加計学園問題で有名になった前川助平はしんぶん赤旗後援の講演会に出たり、メディアにチヤホヤされていい気になってオダをあげている。
道徳教育にも反対だそうだ。
出会い系のバーに頻繁に出入りし、JKの貧困調査をしたという噓つき助平はおそらく道徳教育を受けていなかったに違いない。

道徳教育すなわち国体思想だと短絡的に拒否反応を示すのは幼稚なパヨクの習性である。
以下のインタビューは前川助平が文科省に籍を置きながら面従腹背であったこと、教育現場でも日教組の教員が現場で面従腹背の反日教育をしていることが明らかになっている。

面従腹背な上に、天下り斡旋で懲戒免職とすべきところを依願退職にして5,610万円もの大金の退職金を与えた行政は間違っていた。
いまからでも遅くない、徹底的に前川助平を斬るべきである。

⇒週刊プレニュース(2018/2/15)
前文部科学事務次官・前川喜平が「道徳」教科化に警鐘
「国体思想的な考え方は子供たちを“分断”させかねない」


「加計学園問題」で一躍、時の人となり、昨年11月に『これからの日本、これからの教育』(ちくま新書)を上梓した前文部科学事務次官の前川喜平氏にロングインタビュー!
前編記事(「教育無償化」が単なるバラ撒きにならないために必要なこと)に続き、後編では教育に持ち込まれている「国家主義」「新自由主義」の弊害、そして今年から教科化される「道徳」教育の危惧すべき中身を語る──。

─教育無償化など、教育行政の問題が議論になるたびに考えさせられるのは、国や自治体が支える「公教育」はそもそも誰のために、何のためにあるのか…という素朴な疑問です。長年、文科省で教育行政に携わってきた前川さんはどうお考えですか?

前川 基本的に教育はそれを必要とするひとりひとりの「個人」のためにあると私は考えています。そして教育はカネやモノではなく「人間の心」を扱う。その本質は「現場」にしかないし、それを実践している主体は学校の先生たちです。
しかし、文科省の官僚や政治家の中には「教育はこうあるべきだ」と考えて、それを現場にやらせるのが自分の仕事だと勘違いしている人も多い。今は特に、それなりの権力や影響力を持った政治家が教育の中身に介入して、ある意味「国家主義的」な観念を植え付けようという動きが強まっている。これは非常に警戒すべきことです。

―特にここ数年、前川さんが指摘された「国家主義的」な、例えば子供たちに「愛国心」を強要するような教育や、経済の世界と同じように教育にも「自由な競争」「民営化」を進めるべきという「新自由主義的」な考え方を持ち込もうという動きも強いように感じます。

前川 ただ、それは最近に始まった話ではなく、おそらく中曽根内閣の頃からそうした国家主義的な方向性と新自由主義的な方向性が大きくなってきていると思います。それが小泉内閣、安倍内閣と時代を経るに従って、あからさまになってきたということでしょう。


(中略)

―それって、例えば全国統一テストの点を公開して、学校間、地域間で競わせれば、お互いが切磋琢磨して結果的に教育レベルが上がる…みたいな発想ですよね。

全国統一テストは子供達の競争心を煽り、差別を産むと反日パヨクの日教組やメディアが騒いだために一時中止されたが、安倍首相が復活させた。
安倍首相は正しかった。
「ゆとり教育」を垂範実践して子供の教育をダメにした文科省の元官僚の寺脇研と前川喜平はタグを組んで恥知らずにもよくメディアに露出している。

(中略)

―その根底には、現在の加計学園問題に繋がる「規制緩和至上主義」がありますね。

前川 そうです。やはり市場経済はしっかりとしたパブリックな市民社会という土台の上でコントロールされるべきだと思います。その土台を取り除いて、全てを市場原理に委ねてしまうと人間の世の中が弱肉強食のジャングルになってしまう。


市場の規制緩和には反対だが、教育は規制緩和せよという前川たちパヨクは矛盾している。

(中略)

―新自由主義のほか、「国家主義的」な観念が教育に持ち込まれていると先ほど仰いました。小学校では今年から、中学校では来年から、いよいよ「道徳の教科化」が始まります

前川 道徳の教科書や学習指導要領を読んでみると、とにかく「集団に帰属する」ことが強調されています。例えば、「みんなでよい校風を作りましょう」とかね。でも、私に言わせれば校風なんてものはいらないんですよ。そんなものは作ろうとするものではなく勝手に出来上がるものです。「よい校風を作りましょう」となれば、極端な話、「この校風に合わない人間はいらない」みたいなことになりかねない。
道徳の教科書には集団のルールを守ること、日本という集団に帰属するアイデンティティが強調されていて、これは言ってしまえば「日本らしさ」や「日本の国柄」を強調する人たちの根底にある「国体思想」と変わりありません


日本国家を崩壊させようとする反日勢力は日本人が国の意識を高める事には反対である。

(中略)

 道徳の教科書には「家族」「郷土」「国」という言葉は出てきますが、「国」で止まっていて、「人類」「世界」「地球」といった言葉はほとんど出てきません。一応、「他の国と仲良くしましょう」みたいな国際親善には触れられていますが、いわゆる地球市民的な発想は全く反映されていないんです
でも、改正前の教育基本法の前文には「私たちは世界の平和と人類の福祉に貢献する」という理想があって、それは教育の力で実現できるんだって、ちゃんと書いてあったんです。ところが、そういう理想は道徳の教科書には出てこない。とにかく「日本の国柄を大事にしましょう」みたいな話が強調されていて、明らかに国体思想の影響があると思います。


「地球市民的発想」!!
これぞ典型的なお花畑の発想である。

―それは、これから日本の学校の中でも確実に増えていくであろう「日本にルーツを持たない子供たち」にとっては深刻な問題ですよね。

前川 本当に危険だと思います。日本は表向きには移民を受け入れていませんが、現実には外国人労働者も増えていて、教育の現場でも日本にルーツを持たない子供たちが増えている。
「血で繋がった日本人であることが大事」という、国体思想的な考え方が教育の現場で広まれば、それは将来、日本にルーツを持つ子供たちと外国にルーツを持つ子供たちの間に分断を生じさせかねない。アメリカの白人至上主義のような「日本人至上主義」的な団体が先鋭化して「この土地は日本人のものだから、外国人は出て行け」というヘイトスピーチみたいなことが各地で起こるかもしれません。
私はそうならないようにひとりひとりの違いを認め合う多様性のある社会を作ることが大事だと思っているんです。学校に宗教上の理由で豚肉を食べられない人がいてもいいし、障がい者がいても、もちろんLGBTの人がいてもいい。今のうちから学校という公教育の場で多文化共生の大切さを教えていかないといけない。教育が特定の理念を押し付けるのは良いことではないけれど、そうした「多様性」の大切さを伝えることは公教育の大切な役割だと思います。


出ました!多文化共生!
これこそ日本を滅ぼす思想である。

―ところが、政治の側はそれとは全く逆の方向に向かっている…と。

前川 そうですね。ただ、この道徳教育に関しては、文科省が表向きに言っていることと、学校の現場に伝えていることはちょっとズレているんですよ。
確かに教科書には「国を愛しましょう」とか「父母や祖父母を敬愛しましょう」みたいな、まるで教育勅語を現代語に焼き直したようなことが書いてあるんですが、その裏で現場の先生向けのユーザーズマニュアル的な文書にはこっそりちゃんとしたことも書いてあるんです(笑)。


赤い日教組の教員が隠れマニュアルを使って文科省の教育指導要領を無視しろと言っている。
これが元文科省のお役人とは呆れる。

―そういう意味では、前川さんのような先輩が文科省の中で連綿と続けてきた、権力に対する「面従腹背」の伝統がちゃんと生きているわけですね。

前川 「国を愛する心」は教科書にも学習指導要領にも出てきますが、だったらそれを授業では批判的に扱えばいいわけです
「国を愛するという時の『国』ってなんだ?」とか「そもそも『愛する』ってどういうことだろう」とか…それを自分で考え、みんなで議論することは決して悪いことじゃない。だって、「これからの道徳は考え、議論する道徳でなければいけない」と、文科省が作ったマニュアルにちゃんと書いてあるんですから(笑)。


この言葉からも前川は反日勢力の一人であり売国奴であることが明らかである。
このような男が平然とメデイアに露出し、安倍政権を批判することを野放しにしていいのか。
本来なら日本に悪をなす害虫として社会的に抹殺すべき人物ではないのか。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:50  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2018.01.19 (Fri)


インドが中国全土に届く核ミサイル実験に成功


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

世界のICBMクラブに入りたいのかと中国が反発

中国と敵対するインドが中国全土を射程内にする新型ICBMの実験に成功した。
これに対し、中国は「世界のICBMクラブに入りたいのか」と非難した。
大東亜戦争の戦勝国と戦勝国面をした中国とロシアが世界の核クラブを独占している現状では、インドに続いて日本も何らかの形で仮想敵国に一矢報いる手立てを講じる必要があると痛感する。

⇒ニユーズウィーク(2018/1/19)
インドの新型ICBMで「中国全土が核攻撃の射程内」


2018011902.jpg
インドの新型ICBM「アグニV」は中国を射程内に(写真は12年の最初の発射実験 DRDO/REUTERS

<今週インドが射程5000キロ超のICBM「アグニV」の発射実験に成功したことを発表。インドは中国全土が核攻撃の射程内に入ったと主張している>

今週18日、インドは東部オリッサ州沖合の発射施設で、核弾頭が搭載可能な大陸間弾道ミサイル(ICBM)「アグニV(ファイブ)」の5回目の発射実験に成功した。
今回の実験はアグニV開発の最終段階で、これによって陸上発射型ICBMとして実践配備に一歩近づいた。CNNによればアグニVの射程距離は約5000キロ以上で、中国北部までが射程内に入る。

(中略)

インドのニュースチャンネルNDTVは、アグニVの今回の発射実験を伝えたうえで、これによって「ICBMを所持する超高級クラブ」でのインドの立場が保証されたと報じた。
中国の政府系メディア環球時報の英語版Global Timesは、今回のインドの実験について「世界のICBMクラブに入りたいインドの欲望」と非難した。また通常のICBMは8000キロ以上の射程があるが、アグニVの射程は5000キロしかないと批評している。

(引用終わり)

「世界の超高級クラブ」に日本も入りたいものだ。
金大中、オバマなどが受賞した噴飯もののノーベル平和賞を最近受賞したICANのナンタラ事務局長が安倍首相に会えないと承知の上で来日して、安倍首相は逃げたと嘘を付き、核兵器禁止条約の批准をせよと迫った。
大きなお世話だ。
そんな暇があったら北朝鮮に行って金正恩に核開発は止めろと言って来い。

韓国との慰安婦問題は2年前の日韓合意で既に解決済みだが、アメリカの変なおネエちゃんが慰安婦問題を前向きに解決しろと余計な事を言っている。

⇒産経ニュース(同上)
慰安婦問題「前向き解決を」 米国務省日本部長が発言


2018011903.jpg
18日、ワシントンでのシンポジウムに出席した米国務省のジュリー・チャン日本部長(共同)

国務省のジュリー・チャン日本部長は18日、慰安婦問題を巡り対立する日韓両国に対し「相互に信頼し合い、和解できるような前向き志向の解決策を模索するよう促している」と述べた。(共同)

慰安婦問題はアメリカの陰での立会いの上で既に解決済みだ。
いまさら「前向きな解決を」はないだろう。

ジュリー・チャンはアイリス・チャンを連想させる中国名で拒否感がある。
昔は支那人をチャンコロと言っていた。
今で言うところの「ヘイト用語」だ。
チャン日本部長も祖国の血を引いているのではないか。

⇒今日の産経抄「安倍首相の平昌五輪出席は論外だ」と言っている。

「安倍晋三首相に五輪開会式への出席を求める声が、与党内からも出ている。論外である。慰安婦問題の合意についての、韓国への失望だけではない。茶番劇になりかねない平和の祭典に首相として関われば、北朝鮮の思うつぼだ。」

いかし、一方で開会式に参加するという愚か者も居る。
長野県知事である。

産経ニュース(同上)
【平昌五輪】
長野県知事が平昌五輪開会式に出席を表明「自治体レベルでは交流強化すべき」

2018011904.jpg
長野県の阿部守一知事=県庁(太田浩信撮影)

 長野県の阿部守一知事は19日の記者会見で、韓国で2月9日に開かれる平昌冬季五輪の開会式に出席する考えを表明した。県が友好交流協約を結ぶ江原道から招待されていた。
 阿部氏は「国際的な儀礼を尽くして未来志向で交流を深めたい」と述べ、訪韓の意義を強調。平成30年度の予算編成作業など県政運営に影響はないとの考えも示した。
 安倍晋三首相が開会式出席を見送る可能性があることを念頭に、「外交的に難しい課題もある」と指摘。同時に「地方自治体や市民レベルでは友好交流を強化すべきだ」とも語った。
 滞在中、江原道の崔文洵知事、2022(平成34)年北京冬季五輪の開催地である中国・河北省副省長との3者会談に臨む。これに関連し、「五輪の開催地に積極的に協力し、県の発展につなげたい」と語った。
(以下略)

長野県といえば思い出すのは聖火リレーでの中国人の集団暴行だ。
長野県知事は五輪の政治利用と中韓の横暴を忘れたのか。

慰安婦像問題で米サンランシスコ市との姉妹都市を解消した大阪市の市長を見習うべきである。

首相官邸に欠席して頂きたいとメッセージを送ろう!
⇒https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:28  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2017.10.31 (Tue)


安倍総裁のLINEスタンプが登場!


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

朝日と毎日はモリカケスタンプはいかが?

ラインのユーザーはいろいろなスタンプを利用していると思うが、安倍総裁のスタンプが登場するとは思わなかった。
さっそく今日から使って安倍総裁の宣伝をしている。

2017103103.jpg
2017103104.jpg

産経ニュース(2017/10/31)
安倍晋三首相(自民党総裁)がLINEスタンプに登場 自民党が配信

 自民党は31日、安倍晋三首相(党総裁)をキャラクターにした無料通信アプリ「LINE」用スタンプの配信を始めたと発表した。幅広い世代が利用するLINEを活用し、「首相の人柄が伝わるようにしたい」(平井卓也党広報本部長)という。
 「思ったより使える♪総裁スタンプ」は「異議なし!」「おめでとう」「お疲れさま」など全8種類。党の公式アカウントを「友だち」に追加すれば、来年1月21日まで無料でダウンロードできる。


これが枝野幸男でも小池百合子でもサマにならない。
しかし安倍憎しの怨念に凝り固まっている朝日新聞や毎日新聞が反発することは間違いない。
これ以上安倍総理の人気が出ては困るからである。
社説では大人気ないから、明日の天声人語あたりで揶揄するのではないか。

「安倍圧勝で、“モリカケ疑惑ロンダリング”は許されていいのか」(週刊朝日)などと馬鹿な事を言っているから。

悔しかったら籠池か前川のモリカケスタンプを作って拡散すればいい。

2017103107.jpg2017082102(1).jpg

籠池が100万円の偽の札束を出す場面とか、前川が少女を連れ出す場面とか「動くスタンプ」を作れば使う人が居るかもしれない。

いやタダでも使う人は居ないだろう。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:44  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.19 (Tue)


菅野 完が完敗!


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

菅野 完と反日メディアの完敗

「日本会議の研究」というデタラメ本を書き、森友学園の籠池泰典夫妻を担いで売名行為に走った元シバキ隊の菅野 完がついにツイッターの永久停止を喰らった。

パヨクのウェブサイトBuzzFeedでお友達が停止したツイッター運営会社を批判している。

⇒BuzzFeed news(2017/9/19)
Twitter社が菅野完さんに宣告 やり取りが判明
どの発言がアウトだったかの説明はなく……。
渡辺一樹 レポーター


「日本会議の研究」の著者で、森友学園問題などで注目を集める菅野完さんのTwitterアカウント @noiehoie が9月19日未明、凍結された。菅野さんはその直後、BuzzFeed Newsの取材に対し「いきなりだった」「凍結の理由説明はなかった」と語った。
BuzzFeed / Via Facebook: noiehoie
2017091903.jpg

菅野さんは19日朝、凍結の理由が知りたいと、Facebookに投稿した。

Facebook: noiehoie
Twitter社からの回答

そして9月19日17時21分、菅野さんの問い合わせに対する、Twitter社からの返信メールが届いた。
そこには次のようにあった。

このアカウントは復活されません。

永久凍結の理由は、Twitterルールのうち、「特定の人物に向けた嫌がらせ行為に関するルール」に違反したということだ。

Twitterルールの該当箇所には、次のように書いてある。

以下のような行為をしているアカウント、およびこれに関連するアカウントは、一時的にロックまたは永久凍結されることがあります。

・嫌がらせ: 特定の人物に向けた攻撃的な行為や嫌がらせを禁じます。攻撃的な行為に該当するかどうかの判断では、以下の点が考慮されます。

•報告されたアカウントが、主に他者に向けて嫌がらせや攻撃的なメッセージを送信するために使用されている場合

•報告対象の行為が一方的であるか、あるいは脅迫を含む場合

•報告されたアカウントが他のアカウントへの嫌がらせを扇動している場合

•報告されたユーザーが複数のアカウントから1つのアカウントに向けて嫌がらせのメッセージを送信している場合


一方で、Twitter社からの返答には、具体的にどのツイートがダメだと判断されたかが書いていない。
この返答を受けて、菅野さんはTwitter社に次のような反論メールを送った。

当方がどの人物にどのような嫌がらせをしたのでしょうか?

1)まずこちらが攻撃的なメンションを受け、それへの対応をした

2)著名人・政治家等が、自己の影響力を省みず、差別的言動(これもTwitterルールで明確に禁止されているはずです)をおこなったため、批判したという事例以外、心当たりがありません。

菅野さんは、Twitter社に送ったメールで、次のようにも主張している。

もしそこまで厳密に「ルール」を適用するのであれば、なぜTwitter Japanはヘイトスピーチを放置しつづけるのでしょう?

なんだったら、検索したらすぐみつかる「人種、民族、出身地、性的指向、性別、性同一性、信仰している宗教、年齢、障碍、疾患を理由とした他者への暴力行為、直接的な攻撃、脅迫の助長を禁じます。また、以上のような属性を理由とした他者への攻撃を扇動することを主な目的とし」た書き込みを、列挙していきましょうか?
整合性のある回答を、再度強く求めます

誰に対するどんな発言だったのか?

Twitterはいち民間サービスだが、政治家や行政なども利用するなど、「言論プラットフォーム」としての公共的な役割も担っている。

さまざまな表現がある中で、利用ルールが幅のあるものになるのは、ある程度仕方ない。

ただ、「特定の人物に向けた攻撃的な行為」があったというなら、それが誰に対するどんな発言だったのかを知らせたほうが、納得感は高まるのではないか。

ジャーナリストの江川紹子さんは、次のようにツイートしている。

2017091904.jpg

BuzzFeed Newsは、Twitter社にも取材を申し込んでいる。返答があれば追記する。
(サムネイル:時事通信)


言論の自由が叫ばれるなか、ヘイトスピーチ法を後押ししたパヨクがみずからヘイトスピーチの罠にひっかかったとはご同慶の至りである。

☆☆☆

安倍首相の解散総選挙の動きに対して、反日メディアが野党4党やパヨク評論家を巻き込んで過剰反応している。
「解散の大義が無い」と。

彼等の真意は安倍首相を日本の政界から葬りたいのだ。
折角、何の根拠も無いモリカケ問題で安倍首相を追い詰め内閣支持率を激減させることに成功したのに、その真相がバレて支持率が反転してしまった。

産経新聞社とFNNの16,17日の合同世論調査によれば安倍晋三内閣の支持率は50・3%となり、5月以来4カ月ぶりに5割を回復した。

2017091905.jpg

この図を見ても、いかに反日マスメディアの反安倍攻勢が強烈であったかを物語っている。
それは一種の集団ヒステリーだったと言ってもよい。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:51  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2017.08.25 (Fri)


野田聖子と小池百合子の共通点は

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

「ズルさ」と「尊大さ」だった

稲田朋美元防衛相は出る釘は打たれるの例え通り、政治の表舞台から一時消えた。
時期さえ来ればそのうち必ず復活する。

一方、いままで冷や飯を喰っていた女性政治家がやおら表に躍り出た。
野田聖子総務相である。

個人的な好みで恐縮だが、Ponkoは昔から野田聖子は生理的に嫌いである。

郵政民営化に反対して干された時、支援者に泣いて訴えた。
その後安倍首相に拾われて自民党に復党し郵政民営化賛成に転じた。
しかし講演会で安倍首相に続いて壇上に立ったとき「大層なお話だったが、安倍さんは私の同期だ」と見下した言い方をした。

総裁選で石破茂を応援し安倍首相に弓を引いた。

アベノミクスに根拠もなく反対している。

こんにゃくゼリーの発売を禁止した。

麻生内閣の時、ただ一人靖国神社に参拝し「国務大臣と記帳した」と誇ったが、今年は参拝しなかった。

古賀誠のバックアップで総裁選に出馬しようとしたが、20名の推薦人が集まらないために断念したにも関わらず、推薦人の問題ではないと強弁した。

パチンコチェーンストア協会のアドバイザーである。岐阜の近くの名古屋はパチンコの発祥地)
日韓議員連盟のメンバーでもある。

夫婦別姓を主張し、実践している。

19、20日実施した産経とFNNの合同世論調査では野田氏に「期待する」は64・6%に達したという。
度し難き愚民たちである。

⇒産経ニュース(2017/8/25)
注目集まる野田聖子総務相、埋没か上昇か 総裁選へ勝負の1年
選択的夫婦別姓前向き…閣内で危険はらむ


 安倍晋三首相と距離を置きつつ第3次安倍第3次改造内閣で総務相に就任した野田聖子氏(56)に対し、世論調査で期待が高まっている。来年秋の自民党総裁選への出馬を組閣当日にぶち上げたが、入閣で埋没するのか上昇気流に乗るのか。野田氏にとって勝負の1年となるが、首相とそりが合わない野田氏を閣内に取り込んだ危険もはらんでいる。(笠原健)

(中略)

ただ、安倍内閣の一員としての言動には不安もある。野田氏は24日の講演で、選択的夫婦別姓の導入について「女性が社会で活躍していくための阻害要因にもなっている名字を変えなきゃいけないということも夫婦の自由に任せてはどうか」と述べ、前向きな姿勢を示した。
 自民党内には「家族の解体」につながる可能性があるとして選択的夫婦別姓への反対論が根強い。党の選挙公約に明示したこともなく、首相は国会答弁などで前向きな発言をしたことがない。


(中略)

野田氏は経済政策「アベノミクス」に否定的な自民党有志が集まった「財政・金融・社会保障制度に関する勉強会」に加わっている。今後も参加を続けるかどうか態度を明確にせず、「党内のいろんな意見に耳を傾けることが大切だ。バランス感覚が必要なのよ」と意に介さない。

(中略)

野田氏は郵政相や消費者行政担当相時も欠かさなかった8月15日の「終戦の日」の靖国神社参拝を今年は見送った。「政治的な意味合いはない」と強調するが、総裁選を意識して中国や韓国に配慮したのは間違いない。見送りの理由を問われて「総合的な判断だ」と答えた野田氏の表情は明らかにこわばっていた。

(中略)

野田氏は首相に挑むべく2年前の総裁選に意欲を示したが、推薦人が足りずに断念した。その直後から次期総裁選出馬を公言し、入閣当日も明言したことで一躍注目を集めたが、現在は独り相撲のようだ。

(以下略)

野田総務相が現在の放送法に罰則規定を追加し、公正中立を求めた第4条を倫理規範だとする輩を相手にテレ朝、TBSなどの反日メディアの放送免許を取り上げ、NHKの受信料を撤廃してスクランブル化し、電波オークション制を実施すれば少しは見直してやってもいい。

さらにもう一人の脚光を浴びている女性政治家、小池百合子も生理的に嫌いである。
安倍首相は今のところ野田聖子と小池百合子の二人を泳がせている。

小池百合子が都知事になって一年間何の実績も上げず、豊洲移転問題も都議選直前に築地と両方を活かすという曖昧戦術に出て一層の混乱を招いている。
さらに最近は「私はAIだ」と意味不明な発言をして問題になっている。
都議会をブラックボックスだと批判し、都議会のドンと呼んで内田茂都議連会長を悪者に仕立てて都議選に勝ったが、今度は自分自身がブラックボックスになっている。

タレントで辛口評論家のフイフイの小池百合子批判は痛快だ。

⇒週刊女性PRIME(2017/8/24)
フィフィ、小池百合子知事の都政に「これこそまさにブラックボックス」


201708250001.jpg

2016年7月31日に実施された東京都知事選挙にて当選、就任から1年を迎えた小池百合子知事。情報公開が“のり弁”だったこれまでの都政の“のり”を取っていきたいとする小池知事だが、自身が特別顧問を務めている地域政党「都民ファーストの会」の所属議員に対し、SNSでの発信を制限することを求めたり、自ら任命した特別秘書の給与について情報公開を渋る姿勢に、批判の声も上がっている。かつて、小池知事サイドから間接的に発言を規制されそうになったこともあるというフィフィは、そんな小池知事の動向をどう見ているのだろうか。「議員のSNS規制は、小池知事“らしさ”が出ている」

(あれほどシャシャリ出てはしゃいでいた若造のおときた駿もすっかり鳴りを潜めてしまった)

 まず、小池知事の政治手法というのは、敵を作って、何かを悪として、それを批判することによって賛同を得ようとするものですよね。それって一見わかりやすいんだけど、じゃあ何をやるのかって言ったときに、具体的な提案ができない。問題の解決策が見出せない傾向があるように思います。

 まあ小池知事に限らず、「私はこれができる」ということで世に出てくる政治家は、いま世界を見回してみても少ないとは思いますけどね。

 そんな小池知事のこの1年を振り返ってみると、最近では、自身が率いる「都民ファーストの会」の所属議員に対してSNSでの発信を制限したということが話題になっていますよね。私はこのニュースを聞いたとき、彼女の“らしさ”が出ているな、そして“ズルいな”と思いました。

 というのも、私自身、小池知事サイドから発言の規制を受けそうになったことがあって。

 今年の年初めに放送された討論番組に出たときに「豊洲の問題をいつまでも引っ張るのは、選挙のためのような印象を受けてしまう」といった感想を述べたんですね。

 すると、この意見に対し、小池知事サイドから番組側に謝罪を求める旨の連絡が入ったようなんです。

 結局、一意見ということで番組側は謝罪をしませんでしたが、これはちょっと異常なことですよ。こうしたことでいちいちメディアを規制してしまったら、コメンテーターは何もコメントを言えなくなってしまいます。

 メディアに対して過剰なまでに敏感になっている小池知事だけど、今回問題になっている都民ファーストの会は身内でしょ。身内にまで規制をして、自由に意見を言わせない。それって裏を返せば、所属議員を単なる駒に過ぎないと捉えているということでしょ。議員たちは、黙って、ただ座って数稼ぎをしてくれてればそれで良いと。

身内の議員たちを信頼していないと受け取られても仕方がないし、それで失言がないでしょと言われても、ズルいやり方だなあと思うわけです。

 “ブラックボックス”や“のり弁”と言って批判したのであれば、自らも発言を規制したりせず、都民ファーストの会の代表を外れたりもせず、今までの都知事たちと同じ条件でやる。

 それで失言も癒着もない、情報公開もきちんと率先してするというのであれば、私も納得します。

「小池ファシストだと揶揄されても仕方がない」

 それに、いくら議員たちの口を封じても、自ら問題発言をしてしまっているわけですし。

 AI発言もそうですし、8月22日には自身のツイッターにて、「無電柱化を進めるための、フォトコンテストのお知らせ。どんどん綺麗な景色、醜い景色を写真で送って下さい!」とツイートしていましたよね。すでに批判されている方も多いですが、私もこの「醜い」という表現は如何なものかと思いました。

 これもまたお得意の「醜い景色」という批判する対象を作り出し、それを貶すことで、自分は新しい人だとして賛同を得ようとしたのかもしれないけど、実際そこに住んでいる人たちもいるわけですし、少なくとも都知事がすべき発言ではないですよね。

 このままでは、小池知事の存在こそがブラックボックスだという印象を受けてしまいます。都民ファースト、どころか小池ファーストでもなく、小池ファシストだと揶揄されていますが、そう言われてしまっても仕方がない状況だなと。


(引用終わり)

フィフイの話しを聞いて気が付いたことは、野田聖子と小池百合子をPonkoが生理的に嫌いなのは、共通したその "ズルさ" を感じているからだ。
稲田朋美氏にはそのズルさを感じない。
むしろあまりに実直すぎて折れやすい政治家であるとも言える。

できるだけ早く政治の表舞台に復帰してもらいたいものだ。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:24  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT