2017.03.26 (Sun)


松井府知事「安倍首相は忖度を認めろ」は間違い


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

「忖度」を悪用するパヨクにご注意

誰かが森友学園問題は国政マターではなくて大阪府マターだといっていた。
国の規制緩和の方向に従ったものとは言え、財政状況も良くない森友学園の小学校開設を認可したのは大阪府だからだ。

籠池氏は証人喚問で一番悪いのは一に松井一郎大阪府知事であり、ニに松井一郎大阪府知事だと答弁して失笑を買った。

籠池氏が松井氏を恨む気持ちが分からないでもない。
認可したのも松井一郎、取り消したのも松井一郎だからだ。

その松井府知事が「安倍首相は忖度を認めるべきだ」と言った。

産経ニュース(2017/3/25)
【森友学園問題】
維新・松井一郎代表「安倍首相は『忖度』認めるべき」
籠池泰典氏には「会ったこともない人にここまで恨まれ…政治家冥利に尽きる」

 日本維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)は25日、東京都内で開いた党大会でのあいさつで、学校法人「森友学園」の国有地取得問題について「油を注いでいるのは皮肉にも安倍晋三首相だ。『忖度(そんたく)はない』と強弁し続けるから、そうなる。忖度はあったと認め、『いい忖度とやってはいけない忖度がある』とはっきり言うべきだ」と語った。
 松井氏は「政治家は有権者の意思を『忖度』して仕事をしている。ただし、一部の人たちだけがお金をもらったり、いい思いをしたりする『忖度』をやってはいけない」とも主張した。
 森友学園の籠池泰典氏が小学校設置認可が出なかった責任を松井氏に向けていることに関しては、「国会での『政治ショー』に参加させていただけない松井が、『世の中で一番悪い』というような形で(籠池氏に批判されている)。会ったこともない人にここまで恨まれるのは、ある意味、政治家冥利に尽きる」と皮肉り、会場内の笑いを誘った。


(引用終わり)

安倍首相は「忖度」を認めてはならない。
なぜなら「忖度」そのものはある意味日本人の美徳だが、日本人ではないパヨクは「国家権力の意向(圧力)を忖度して報道の自由を曲げた」という風に悪用するからである。

松井府知事の「政治家は有権者の意思を『忖度(そんたく)』して仕事をしている」というのは間違いだ。
それを言うなら選挙を通じて国民の『負託(ふたく)』を受けて政治家は仕事をしているからだ。

今回の事件の本質を辛坊治郎氏が明快に解説している。

辛坊治郎
「何としてでも朝日新聞としては安倍政権が続くと今国会で必ずテロ等準備罪、別名共謀罪が通る、で、この共謀罪を潰すためには安倍政権をぶっ潰す。ぶっ潰すためには最適なツールだからといまでも突っ込んでいる。その構図が鮮明に見える」(「日本放送そこまで言うか」3月25日)


事件の本質はここにある。
だから野党4党と反日マスメディアが森友学園疑惑を盛り上げているのである。

中国の尖閣諸島侵犯や北朝鮮の核ミサイル発射と更なる核実験から国民の目をそらすという目的があることは言うまでも無い。






↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

09:18  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.23 (Thu)


籠池氏の証人喚問終わる


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

面白いが時間の無駄

今日の籠池氏の国会証人喚問は予想通りの展開となった。
籠池氏の答弁の印象はよく言えば肝の据わった男、悪く言えばしたたか者であった。
質問者の質問に臆することなく堂々と答弁した。
ただし、それが真実であるか虚偽であるかは分からない。

籠池氏はまず最初に手の平を返すように離れて言った、トカゲのシッポ切りだと恨みつらみを述べた。

午前中の西田昌司自民党議員の質問を「的外れだ」と反論し、午後は葉梨自民党議員の質問を「失礼な話しだ」と切り返した。
よくも悪くもいい度胸である。

TBS「Nスタ」(2017/3/23)
森友学園 籠池理事長
証人喚問で何を語る?

葉梨康弘自民党議員(東大法学部卒、元警察庁官僚、元法務副大臣)
「午前中の西田議員の話では内閣府の職員が二人安倍夫人随行したが、夫人から離れたことは無いと言っているという。その二人に聞けば分かる


と言うと、薄ら笑いを浮かべて天を仰いだ籠池氏は・・・

籠池
「あの、先生仰ってるのは何か畳み掛けるようで、ちょっと非常に私にしては失礼な話だと僕は思っております。えー、一人で話しておられまして、ねえ」


と逆襲。
議場からはバカ笑いが沸き起こる。
なかなかのつわものである。

 自民党はこれで幕引きとしたかったかもしれないが、結果として迫田英典国税庁長官と竹内良樹財務省国際局長を参考人招致することになった。
それはそれで疑惑解明に役立てば結構だが、今後もダラダラとこの問題を長引かせることは野党4党の術中にはまる。
それが国益に利することがあれば大いに結構だが、お茶の間のワイドショーを喜ばせるだけでは国益を損なう事になる。

参議院では西田昌司(自民)の質問は鋭かったが、二番手の民進党の福山哲郎議員は及び腰だった。
偽メール事件の轍を踏まないように質問も決め付けないで、「それが本当だとすれば」と必ず前置きをして質問していたから迫力が無い。
昭恵夫人の随行員からFAXが籠池氏の希望に添えないと返事が来たと聞いて「びっくりした」と大袈裟。

福山哲郎
「これはまあひひとつの・・・ちよっと私びっくりしたんですけど・・・」

福山
「総理大臣夫人付きの書記官というか夫人付きの方が動いたということがあったという事は、まあ非常に大きなことだと思います、ちょっと僕も面食らってますが・・・これはまある種、忖度が働いても仕方が無い状況もあるかなあと思います」


野党4党は安倍首相夫人も証人喚問すべきだとはやくも前のめりになっている。
首相夫人が証人喚問に応ずるとすれば前代未聞であり、強く反対する。
両者とも物証がなく水掛け論になるばかりである。

学園の理事長室で100万円の寄付を受けた時、安倍夫人が人払いをして二人きりになったというが、安倍夫人のお付の人はそんなことは無かったと言っている。

 仮に寄付が事実だったとしても、寄付(政治献金)を受けたのではなく、寄付をしたこと、しかも選挙区外の籠池氏に対する寄付は違法でもなんでもない。

野党4党はそこからどのような結論を得てどのように世論を誘導して安倍政権を倒そうとしているのか。

宮田佳代子(フリーキヤスター・城西国際大学客員教授)
「これで終わりじゃなくて、これが始まりだという気がしますね


いつまでやっていれば気が済むのか。

ロンドンでは現地時間の22日、テロ事件が発生して4人が死亡した。
安倍政権が成立させようとしているテロ等準備罪は野党4党と反日メディアが大反対している。

TBS「ひるおび」(同上)
籠池氏 証人喚問を検証
小学校設立に政治家の関与は?


自民党・こころの中野正志参院議員と民進党の杉尾秀哉参議院が激突した。

八代英輝(
「やはり昭恵さん自身も証人喚問しなければ解決しない問題だ」


当ブログの「バカ女シリーズ」によく登場して頂いた室井祐月氏は・・・

室井佑月
「やっぱり誰かを庇ってるとしか思えない、杉尾さんどう思いますか?」


と助けを求める。

室井
「凄い力が働いたと考えた方がすんなりと・・・」


とあくまで権力が働いたと言いたいらしい。
証拠が無いので、「忖度」という言葉をしきりに使う。

これはパヨクの常套語である。
直接圧力を受けたわけではないが、忖度して事実を曲げた、報道の自由ガア!という皆様ご存知のアレである。

小池都知事の豊洲市場問題と並んでワイドショーには絶好のテーマだが、そのうち視聴者もうんざりしてくることだろう。

大宅荘一氏の「テレビはマスコミの一億総白痴化運動」の名言は今でも生きている。





↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

20:53  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.07 (Tue)


4月解散かと産経新聞


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

小池劇場のおぞましさ

 今日(もう昨日になってしまった)の産経新聞一面トップは「再び解散風 4月にも」という衝撃的な、そしていかにも遅過ぎた解散の動きを報じている。

⇒産経新聞(2017/3/6)
再び解散風が吹き始めた 「4月衆院選」その狙いはどこにあるのか


 .自民党は5日、第84回党大会を都内で開き、総裁任期を連続2期6年から連続3期9年に延長する党則改正を了承した。これで安倍晋三首相(党総裁)に3選の道が開かれた。そんな中、自民党内で再び解散風が吹き始めた。平成29年度予算成立直後に解散して4月衆院選。その狙いはどこにあるのか-。 (以下略)

(引用終わり)

安倍首相はもっと早く解散を打つべきだったのだ。
民進党を叩きのめして非生産的な国会論議を終焉させることが日本にとって最も重要な課題だからだ。

顔を見ただけでも虫唾が走る二重国籍蓮舫、ガソリーヌ山尾、ピースボート辻元清美を国会から追い出すことだ・・・と誰かが言っていた。 

 少々自民党の新人議員が落選しても相打ちで肉を斬らせて骨を斬ることが必要だ。
このまま行けば大衆迎合のパフォーマンス都政を進める小池都知事の思う壺に嵌る。

都議選で蓮舫民進党が議席ゼロになって蓮舫失墜するのは御同慶の至りではあるが・・・。

石原慎太郎氏の記者会見があった。
「座して死を待つ気は毛頭ない」と百条委員会に先立って会見した。
その悲壮感にはやや違和感を覚えた。

 しかし会見後、小池都知事が「昔の武士みたいで古臭い」と揶揄したのは許せない。
石原氏は小池氏に責任があるとし、小池氏は石原氏に責任があるとした。
そもそも百条委員会など開かなくても小池都知事が部下の担当者に聞けばかつての経緯はすぐ把握できるはずだ。
それを百条委員会という舞台を設けて小池劇場でパフォーマンスをして都議会選を有利に進めようという魂胆だ。

 辛坊治郎氏も言っていたが、森友学園の校庭に埋められた産業廃棄物と豊洲市場の地下水の問題は同じようなものだ。
豊洲市場の地下水を飲むわけではないし、児童が校庭を何メーターも掘り起こして遊ぶというわけでもない。

しかし物議を醸してパフォーマンスするには格好の材料と都知事は考え、それをパヨクが応援しているのだ。

ついでに言えば辛坊氏はPonkoの疑念を証明していた。

「自民に共産のスパイ」(2017/3/4)

石原氏の記者会見の司会を務めた橋本五郎氏が石原氏に向かって「知らなかったでは都知事としての責任が果たせないはないか」と詰問したのである。

 地下水について科学的な知見も持ち合わせていない石原元都知事は部下の報告を信用するしかないではないか。
その責任を取るのはGOサインを出した都知事であることは言うまでも無いが。
これは企業の意思決定についても同じ事が言える。
何故GOサインを出したのかと後になって問い詰めてもになんの役にも立たない。

小池都政は劇場型でマスメディアのネタにはなるが、一体彼女が就任してから何か仕事らしい仕事をしたのか?
石原元都知事は就任後まず東京都の排気ガスを規制した。
記者会見で試験管に車の排気ガスの煤を入れて振って見せた情景は記憶に新しい。

保守言論人の岩田 温氏は次のように言う。

⇒岩田温の備忘録(2017/3/5)
「科学」を「敵」にした小池都知事の誤り


 豊洲の移転問題について、殆ど興味がなかったのだが、マスコミがこぞって石原慎太郎批判を展開しているので、興味をもって石原慎太郎の記者会見の全文を読んだ。

結論から言えば、石原慎太郎を悪魔化しようとしても、それは無理筋だということだ。

小池都知事は政治家として、なかなか戦略的な人物で、つねに大衆を人気を得ようとして戦略的に振る舞っている。彼女には自身の基盤となる政党の支持がないので、大衆の支持だけが頼りになるのだろう。

彼女の一貫した戦略は、大きな敵を作り出し、自分が巨悪、敵と戦う正義の政治家だと演出する戦略だ。古代より「敵」を作って内部を結束させ、支持を得る戦略が存在した。マキャヴェリは『君主論』の中で、次のように指摘している。
「賢明な君主は、機会があれば奸策を弄してでも、わざと敵対関係をこしらえ、これを克服することで勢力の拡大をはかる」
 古代の君主たちが用いた戦略は、民主主義社会の中で、さらに力を発揮することになった。最も究極的なのはヒトラーで、彼は「ユダヤ人」の脅威を煽り立てて国民を恐怖させ、支配者となった。

小池都知事は、当初、内田茂氏を「都議会のドン」という「敵」に仕立て上げ、千代田区長選挙で代理戦争を演出し、血祭りにあげた。ここまではうまくいった。

勝利を喜ぶと同時に、彼女は勝利に焦ったはずだ。「敵」が消え去れば、巨悪と戦う政治家として演出する戦略が不可能になるからだ。

そこで「敵」となる次なる獲物が石原慎太郎だったのだろう。

だが、石原慎太郎を「敵」にしようとする方法があまりに露骨で、論理が粗雑に過ぎた。記者会見の全文を読んでみれば、石原慎太郎を「悪魔化」することが非論理の極みであることは明らかだろう。

豊洲の移転に関して石原慎太郎は言う。
「行政の組織、都庁全体が専門家含め検討し、しかも議会が了としたものを私は裁可せざるを得なかった」
恐らく、今回の問題に対する最大の答えがここにある。組織で動いてきたこの問題を石原慎太郎個人の罪として追及するのは、論理的に考えれば、無理な話なのだ。

石原の説明を「恥さらしの説明」と決めつけ、「日本男児の愛国者を標榜」する石原は責任を取らないのかという挑発的な質問に対しても冷静に答えている。
「あの土地をあのコストで購入したのは、私が決めたわけではありませんよ。そのための審議会が専門家を含めて決めたことですから。私は恥とは思ってませんね。」
私もこんなことを恥だとは思わない。審議会が専門家を含めて決めたことを首長がひとつずつ拒絶していたら、行政機能は麻痺してしまうだろう。

私が最も重要だと感じたのは次の指摘だ。
「風評に負けて豊洲がこのまま放置されるっていうことは、結局科学が風評に負けたということになる。これはまさに国辱だと。日本が世界で恥をかくことになるという忠告をいただきました。」
これはまさにその通りだ。使いもしない地下水の問題を喚きたてる理屈はまさに非科学的だし、単に「風評」被害をでっち上げているだけの話だ。科学が風評に負けてはならない。

以前、教えていた福島県出身の学生が、福島ナンバーの車で旅をすると、タイヤをパンクさせられたりすることがあり、本当に嫌な思いをすると話してくれたことがある。「福島から来るな」という意味が込められているのだという。当初、考えすぎではないのかと思っていたのだが、ニュースでも福島県出身の子供が公園で虐められた話等々が報道されているのをみると、本当に「福島県から来るな」「福島県出身者のそばに行くと『被爆』する」などという全く非科学的ないじめが存在していると思わざるを得ない。無知なる風評が科学を無視していじめとなっているのだ。

科学が風評に負けてはならない。

小池都知事の誤りは石原慎太郎を「敵」としようとしたあまり、「科学」を敵にしてしまった点だ。


(引用終わり)

いずれ小池氏は石破茂を再び擁立して首相選を戦い、あわよくば禅譲を受けようという算段なのであろう。
しかし自民党に進退届けを出したが返事がないから離党しないと開き直り、宙ぶらりんの自民党議員で都議会新党を作っても恐らく持たないだろう。

マスメディアがこぞって小池旋風だと持ち上げた都議選で自民党が負ける前に総選挙でその芽をつぶすことだ。
小池旋風にあやかろうと自民党を脱退したり小池氏に秋波を送る節操の無い都議会議員のザマをテレビで見かけるにつけまことに情けない連中だと思う。
選挙で落選することを怖れて党派を変える連中は必ずや報いを受けることだろう。





↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:59  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.09 (Thu)


石原氏参考人招致と名門ゴルフ場の女性差別?


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

小池劇場はいつまで続く

 5に行われた東京千代田区の区長選は小池都知事と自民党都連との代理戦争と騒がれたが、小池氏の支持した現職が5選した。
都知事選の時と同様に自民党都連の出したタマがそもそも悪かった。
小池氏はいまのところ順風満帆であるかのようだが、そう長くは続くまい。
そのポピュリズムにはいずれ破綻が来る。

 小池都知事は石原慎太郎氏を参考人招致する構えを示し、石原氏も喜んで応じると言っている。
小池支持派は百条委員会で石原氏を呼び出すことを要求しているがどうなるか。
参考人招致も小池のスタンドプレイに過ぎない。
豊洲移転の真相を本当に知りたいのなら何もわざわざ石原氏を招致しなくとも、部下の都職員に当時の状況を聞けばすぐ分かることである。
だから参考人招致は小池劇場に過ぎない。

おそらく都知事選中に石原氏から「厚化粧の女」と悪口を言われたことの意趣返しであろう。
あれは女性票を逃がした悪手だったが、言ってる事は事実である。
本人とマスコミは顔の痣を隠すためと尤もらしいことを言っているが、だったら眉毛や睫毛やルージュはもっと控えめにすべきだろうに。
小池嫌いのPonkoはその表情と物言う仕草とカタカナ語が鼻に付く。

 東京五輪のゴルフ会場に指定された埼玉県の霞ヶ関カンツリークラブが女性の正会員を認めてないのは女性差別だと国際オリンピック委員会(IOC)がケチをつけて揉めている。
テレビを見ていたらゴルフ場のオーナーか会員代表が「こちらから頼んで五輪会場にしたわけではないのに大迷惑だ」と怒っていた。

そのとおりだ。

カンツリークラブにはそれぞれ長い歴史と伝統がある。
それをIOCごときに改正せよとは笑止千万、イヤなら他所でやってくれということだ。
女性の都知事がどういう判断を下すのか見ものだ。

 小池百合子はひっくり返っても総理大臣にはなれないから心配ないが、稲田防衛相が首相になって優勝力士に賜杯を渡すとき土俵には上がれない。
それはそれでいいではないか。
安っぽいフェミニズムが大相撲の歴史と伝統を破壊したら大変である。





↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:40  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.08 (Wed)


ブログを続けることの空しさを覚えた朝


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

今朝の曾野綾子氏の産経コラムから

作家であり詳論家である曽野綾子氏のご主人三浦朱門氏が3日他界した。
文学界では評判のおしどり作家だった。

カトリック教徒の曽野氏はアフリカなど海外の貧しい僻地を訪れて過酷な現実を見ているためか、日本の一国平和主義や似非ヒューマニズムにはいつも厳しい目を向けた評論を書いていて賛同することが多い。
⇒「理想の生活などこの世にあるはずがない」という徹底した現実主義者でもある。

沖縄の集団自決を書いた大江健三郎の嘘を暴いたドキュメンタリーもある。 
しかし三浦氏のエッセーは読んだ記憶があるが小説を読んだ記憶は無い。

その曾野綾子氏が今日の産経新聞に書いた連載コラム「透明な歳月の光」の「夫の旅立ち」に心打たれた。

産経新聞(2017/2/8)
【透明な歳月の光】夫の旅立ち

何もかも平穏な冬の朝

 私の年になると、お正月にいろいろな方から、優しい言葉をかけていただくと、思いがけない事実を思い出す。
 私の知人の女性の一人なのだが、きれいで心温かく、かつ多情な人がいた。夫との間に一子を儲けたが、まだその子が幼いうちに、夫も子供も捨てて、新しく好きになった男のもとへ走った。妻に捨てられた夫は後に心優しい女性と再婚し、その女性が幼子を育てた。
 30年以上が経って、家も子も捨てた母は回復の望めない癌に罹った。多分彼女の心に浮かぶのは、幼い時に別れて合うこともなかった息子のことだろう。何とかして再会させる方法はないか、と私は考えた。
 その時、私の一人の知人が、その役を買って出てくれた。その子が、大学を出てからある役所に勤めていたことを実母は人づてに聞いていたので、その線に沿って探し出せるかもしれない、と彼は言ってくれたのである。
 病気の母がまだ意識もあるうちに、その知人はやっと探し当てた息子の住所を、私の手元に届けてくれた。私は病床の母に、「あなたが、自分で電話する?それとも私か先にかけておく?」と尋ねた。
「いいわ、私か自分で電話する」と彼女は言い、私は電話番号を書いた紙を彼女に渡した。
 しかし結局、この母は、ついに自分から息子に連絡を取ることはしなかった。病気になったから、電話をかけたなどということになると、お金か何か助けを求めて連絡を取ったのではないか、と思われるのが嫌だった、と彼女は私に語ったが、それだけのことではなかっただろう。彼女は自分で子供を捨てた罰を自分に課したようにみえた。とにかく母と子の長い沈黙の歴史は終わり、母は何も言わず、息子に会う機会も自ら捨てて、この世を去った。
 彼女の死後、私は彼女の息子に、母の近影をたくさん用意して渡した。すると彼はためらいがちに私に言った。
 「母の顔はよくわかりましたが、母はどういう声をしていた人なんでしょうか。もし録音テープをお持ちでしたら・・・」
 私の手元に声の記録はなかった。
 この息子の居場所を探し出してくれた人も、最近の私の夫の死に際して手紙をくれた。たくさんの人たちの配慮に包まれて、夫はこの世を去った。口も態度も悪い人だったから、改めて感謝もしなかっただろうけれど、彼の生涯が平穏そのもので明るかったのは、よき人々の存在に包まれていたからである。
 死の朝の透明な気配を私は忘れない。私は前夜から病室に泊まっていたが、夜明けと共に起き出してモニターの血圧計を眺めた。何度も危険な限界まで血圧が下がっていたが、その朝は63はあって呼吸も安定していた。朝陽が昇り始め、死はその直後だった。
 病室は16階だった。西南の空にくっきりと雪をかぶった富士が透明に輝いており、自動車も電車も通勤時間に合わせて律義に走り回っていた。それが夫の旅立ちの朝であった。


(引用終わり)

 死に際に捨てたわが子に会いたいと願う老いた母親。しか自らを罰するように会いもせずに旅立った。
その心境はいかがなものだったろう。

Ponkoの親友の母親は北陸地方の芸妓だったが、親友を産んだのち男に捨てられ病死した。
 その男は剣道家でその後結婚して生まれた二人の娘を溺愛し、長男の親友を差別し厳しく育てた。
成人した親友が過去の母親の存在を確認するためにその地方をよく旅していたのを思い出した。

 これも私事で恐縮だが、義兄が最近入院中に亡くなった。
昨秋見舞いに行った時は年が明ければ退院する予定だった。
亡くなる前日は孫に囲まれて上機嫌でスマホカメラに収まったという。
そして突然他界した。
人間は亡くなる直前に突然輝きを増すかもしれない。
義兄の病室も最上階で富士山こそ見えなかったが、遠くの連峰が透明に輝いていた。

 人が亡くなっても悠然と時は過ぎていく。
パヨクだのウヨクだのと言い争っている間にも時は流れ、人が生まれ人が死ぬ。
なにかブログを続けることの空しさを覚える朝である。





↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

11:06  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT