2017.02.25 (Sat)


辛淑玉の「ニュース女子」批判に反論する会見に注目


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

沖縄基地反対運動の動画を信じたくない朝日新聞

 東京MXテレビ「ニュース女子」の沖縄報道を捏造だとして「のりこえネット」の辛淑玉共同代表がBPOに訴えたが、真実を知る保守派もついに行動を起こした。

同番組にも出た我那覇真子氏や海外での慰安婦像建設に反対する運動を精力的に続けている杉田水脈元衆院議員  やケントギルバート氏らが記者会見し、沖縄の真実の姿を紹介し反撃した。

 しかし、朝日新聞の編集委員が「いつ、どこであったことなのか。どうやって入手した動画なのか。それが分からないと記事が書けない」と反論したという。
慰安婦記事を捏造した朝日新聞がよくぞいったものだ。
ギルバート氏が「分からなきゃ自分で行って確かめて来い」と怒ったらしいが、まさにそのとおり。
それがブンヤ根性というものだろう。
要するに、朝日新聞は取材して確認して記事にするというブンヤの基本すら知らないのだ。
まず最初にイデオロギーがあって、その視点から取材して記事にする。
だから左巻きの新聞記事になるのだ。

⇒産経ニュース(2017/2/24)
辛淑玉氏の抗議行動は言論弾圧」「ニュース女子」出演の沖縄県民らが会見 基地反対派の「暴力動画」に息をのむ会場


2017022501.jpg
のりこえネット共同代表の辛淑玉氏が講演で「爺さん、婆さんは嫌がらせをしてきて下さい」と話している場面の動画=24日、東京都千代田区(三枝玄太郎撮影

 東京新聞の長谷川幸洋論説副主幹が司会を務める東京MXテレビ「ニュース女子」の番組内容が虚偽の内容にあたり、自身の名誉を毀損(きそん)されたとして、市民団体「のりこえねっと」の辛淑玉(シン・スゴ)共同代表が放送倫理・番組向上機構(BPO)放送人権委員会に番組内容の審議を申し立てたことについて、沖縄県民として同番組に出た「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表運営委員の我那覇真子(がなは・まさこ)さんらが24日、東京都内で会見し、「辛淑玉氏らの行為は言論弾圧だ」と批判した

 我那覇さんら沖縄県民3人は、同番組にインタビュー映像で登場。この日の会見で、我那覇さんは「辛氏には公開討論を申し入れたが、回答期限を過ぎても連絡がない」とし、「人権を悪用してMXテレビを弾圧し、人身攻撃をしている」と批判した。

 会見に出席したタレントで弁護士のケント・ギルバート氏は「沖縄に行けばこうした事態はすぐに目につく。なぜメディアは報じないのか」と憤った。
 会見中には、沖縄平和運動センター議長の山城博治被告(64)=器物損壊などの罪で起訴=らが沖縄防衛局職員に暴行する場面、米軍関係者の車を取り囲んで「米軍、死ね」と何度も罵声を浴びせる場面などの動画も流された。
質疑で朝日新聞の編集委員が「いつ、どこであったことなのか。どうやって入手した動画なのか。それが分からないと記事が書けない」と質問し、ケント・ギルバート氏が「自分で見てくればいいじゃないか」と返す場面もあった。
 我那覇さんによると、2月13日付で公開討論の申し入れと公開質問状を送ったが、24日までに回答がなかったという。
 質問状では、(1)反対派活動家が沖縄県東村高江地区で違法で私的な車両検問を行っている(2)同地区で多数の車両を縦横に放置し、地元住民の生活を脅かしている(3)日常的に反対派住民が職務中の防衛局、機動隊、建設作業員らに暴行したり、ヘイトスピーチを行っている(4)立ち入り禁止区域に不法侵入したこと(5)機動隊員が宿泊するホテルで、脅迫などを行っている-とし、これらの事実を討論するよう申し入れていた。
 我那覇さんは「東京MXテレビへの抗議は、言論弾圧、人身攻撃だ。沖縄を分断させる反日工作活動につながっている。なぜ北朝鮮による日本人の拉致事件や人権弾圧に声をあげずに、こうしたことばかりするのか」と辛氏らを批判。
 沖縄の報道については「ニュース女子問題は沖縄タイムス、琉球新報ともに連日大きく報じられている。デマだと決めつけているが、私たちには一度も取材がないのはどういうことなのか」とも語った。(WEB編集チーム)


(引用終わり)

この会見のニュースがNHKや民放で流れていたのを見たことがない。
連中も辛淑玉たちとグルなのだといってもいいだろう。
言論弾圧だと声高に叫ぶ一方で、報道しない自由を駆使している。
つまり自分達は言論の自由を叫びながら真実を報道していない(隠蔽している)のである。

そしてそれに無知な読者が騙される。

産経、朝日、毎日、沖縄二紙の記者が一堂に会して沖縄の真実を論議せよ。
そうすれば誰が真実を語り、だれが特定のイデオロギーに基づいた偏向報道をしているかがわかる。





↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:47  |  沖縄基地問題  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.23 (Thu)


テロリスト(沖縄住民曰く)山城議長の保釈 最高裁が却下


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

菅直人元民主党代表も安倍首相を訴えて敗訴

東京MXTV「ニュース女子」の沖縄特集で現地住民がインタビューで「テロリストみたい」と表現した沖縄基地反対運動のリーダー山城博治の保釈の要求を最高裁が却下した。

パヨクの市民団体が釈明を求めていたが当然の結果である。

産経ニュース ウエスト版(2017/2/23)
普天間飛行場移設反対派リーダーの保釈認めず 最高裁

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対するグループのリーダーで、昨年10月に逮捕され、勾留中の沖縄平和運動センター山城博治議長(64)について、最高裁第3小法廷(大谷剛彦裁判長)は、保釈を認めない決定をした。20日付。
 山城議長は保釈請求が那覇地裁で2度棄却され、不服として最高裁に特別抗告を申し立てていた。政治弾圧だとして、市民団体や沖縄県選出の国会議員のほか、国際人権団体アムネスティ・インターナショナルも釈放を求めている
 山城議長は昨年10月、米軍北部訓練場(東村など)のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)建設現場近くで有刺鉄線を切断した疑いで、県警に現行犯逮捕された。その後、防衛省職員にけがを負わせたとする傷害容疑や、米軍キャンプ・シュワブのゲート前にブロックを積んで工事を妨げたとする威力業務妨害の疑いで再逮捕され、起訴された。

産経ニュース関東版(同上)
辺野古移設反対派リーダーの保釈認めず 最高裁が特別抗告棄却

2017022301.jpg
 ヘリパッド工事現場近くで、仲間が逮捕されたことに抗議する工事反対派の市民ら(手前)。奥は道路中央に置かれた反対派の車両を動かす警察官ら=平成28年9月、沖縄県東村高江

(無理矢理マスクをはがされようとしている隊員は「土人発言」の隊員に似ている。土人とも言いたくなるのも無理は無い。その左に居るのが山城議長らしい)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対するグループのリーダーで沖縄平和運動センター議長、山城博治被告(64)の保釈請求について、最高裁第3小法廷(大谷剛彦裁判長)は、保釈を認めなかった那覇地裁決定を支持し、被告の特別抗告を棄却した。
 決定は20日付。山城被告は昨年10月、米軍北部訓練場(東村など)のヘリコプター離着陸帯の建設現場近くで有刺鉄線を切った疑いで県警が現行犯逮捕。その後も2度再逮捕され、傷害や威力業務妨害の罪で起訴された。被告の保釈請求を地裁が退け、被告が準抗告。これも地裁が退けたため、被告が特別抗告していた。
 刑事訴訟法は、罪証隠滅や逃亡のおそれがある場合に勾留を認めている。被告の身柄拘束は約4カ月に及び、国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル」も長期勾留に懸念を示していた。


(引用終わり)

国際人権団体アムネスティ・インターナショナルなるものが如何に反日サヨク団体であるかがよく分かる。
そもそも戦後、人権を振り回して本当の意味の人権を踏みにじっているの実はこのような似非人権主義者達である。

敗訴と言えば民主党元代表の菅直人も安倍首相と産経新聞を相手取って訴訟を起こしたが敗訴が決定した。

産経ニュース(2017/2/22)
菅直人氏の敗訴確定、安倍晋三首相メルマガ訴訟 「菅氏に猛省求めたい」

 民進党の菅直人元首相が、東京電力福島第1原発事故への対応を批判した安倍晋三首相のメールマガジンでうそを書かれ名誉を傷つけられたとして、損害賠償などを求めた訴訟は、菅氏の敗訴が確定した。最高裁第3小法廷(大谷剛彦裁判長)が21日付で、菅氏の上告を退ける決定をした。
 確定判決によると、2011年5月、野党議員だった安倍氏は「菅総理が東電に海水注入をやめさせていながら『海水注入は菅総理の英断』とのうそを側近が新聞、テレビにばらまいた」との記事を掲載した。
 一審東京地裁判決は、記事の重要部分を真実と認めて菅氏の請求を棄却。二審東京高裁も支持した。
 菅氏は「残念な結果だ」とし、安倍氏は「私をおとしめようとした訴訟で、菅氏に猛省を求めたい」とのコメントを出した。


(引用終わり)

サヨクが多いとされる司法界にしては最近珍しくいい仕事をしている。





↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

13:40  |  沖縄基地問題  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.09 (Thu)


辛淑玉代表 雉も鳴かずば撃たれまい


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

過去の発言が暴かれて炎上
辛淑玉を雉に例えたら雉に申し訳ない


 東京MXテレビの「ニュース女子」で沖縄県のパヨク市民活動を「沖縄の真実」と題して放映したところ、「のりこえネット」代表の辛淑玉が事実無根であり名誉毀損だとBPOに提訴したが、当事者同士で話し合えと相手にされなかった。

 沖縄タイムズが紹介した辛淑玉の話には「朝鮮民族と沖縄民族は日本に虐げられた被害者仲間だ」とあったが、これでは沖縄の人は迷惑だと怒るだろうと過去記事で書いた。

 その後、ネット上では辛淑玉の過去の講演会の発言が暴かれて炎上している。

辛淑玉
「命を張って民主主義を守るって、ほんとにこういう事なんだなと」

「大阪から来たおっちゃんがずうっとテントに寝泊りして・・・」

「よくネトウヨなんかが朝鮮人達がよく現場に行ってるとかね、あそこは朝鮮人が仕切ってるとか、ねえ、書いてありますよねえ。
そりゃあそうだわって。あたしもそう、今回捕まった○○もそう。それからヒロさんも傍に居る。ね、在日の人もそう。行ってますよ。恐らく日本のね、1億何千万の比率に対して60万人の朝鮮人の比率から言ったらですね、在日の数は多分ね、比率としては高いと思う。なぜ高いのかと言ったら、これは沖縄のウチナンチューの胸の痛みが分かるわけですよ
人間として蝕まれて、そしてですね、どこまでやってもいつまでやっても憲法版番外地で、そして何をやってもね、何をやっても日本人にすらなれない。領土としての日本であったかもしれない。でもそこでウチナンチユーが、沖縄人がですね、日本人として対等に扱われたことは一度も無い!人間として扱われた事も一度もないんです!
でね、その胸の痛みが分かるから。
そして私達は一票ない。一票無い人間は何が出来るのかといったら口でやるか、ね、もしくは一生懸命お金を稼いで金を送るか、もしくは現場に行ってね、そこで体を張るかですよ。
だから、現場に行ってね、何人も在日に会います。だけどもね、なんていうのかなあ、お互いに会ってもですね(片手を上げて挨拶するジェスチャー)『おーっ朝鮮人!』とかやるんですよね。私なんかちょっとハグしちゃったりね。勝手にセクハラやってんですけど、みんなお前も来たか、お前も来たかってね。
で、沖縄で在日が居るということは、この日本が私達のふるさとだからです
私達はここで生きているんです。だからこの社会で壊れていくのはとてもイヤなのね。

(中略)

私もこれから一生懸命稼ぎます。私もう体力無い。後は若い子に死んでもらう。ね、いいですか。若い子にはお国のために頑張ってもらうと稲田朋美も言ってるわけですから。
稲田が言うなら私も言おうじゃないかと!
それから爺さん婆さん達はですねえ、向こうに行ったらただ座って、止まって、なにしろ嫌がらせをしてみんな捕まってください。
でね、70以上がみんな捕まったら、そしたらもう刑務所には入れませんから、若い人が次がんばってくれますので、ですから、何しろ山城博治はボロボロです。申し訳ないけど山城博治に言いました。
『病気で死ぬな、それから米兵に殺されるな、日本の警察に殺されるな』ね、『死ぬときには私が殺してやるから』って言ってますから。だから彼はそこに今居るだけでいい」


(以下略)

腹を立てながら文字起こししてみた。
動画をみるのもいいが、文字にすると余計に怒りを覚える。
程度の低いアジテーターである。

日本が自分のふるさとだなんて辛淑玉に言われたくない。
日本に住んでその自由と豊かさを満喫しながら日本を悪く言う寄生虫だ。
日本人である沖縄住民を在日朝鮮人と同じだと言うな。

日本が嫌いな在日朝鮮人は日本から出て自分の国に帰れ!
これをヘイトだというならば、沖縄パヨクの「ヤンキー、ゴー、ホーム」もヘイトとして取り締まるべきである。





↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

00:42  |  沖縄基地問題  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.07 (Tue)


朝日新聞が「ニュース女子」にご執心


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

中国が沖縄活動家に接触と日本の公安が報告書

 慰安婦問題を捏造した張本人であることを白状してもいまだに世界に明らかにして謝罪しない朝日新聞は、今度は「ニュース女子」を槍玉に挙げたいようだ。
同じような内容を2日に亘って報道した。
長谷川幸洋氏が反論しているのはケシカランという気持ちが満ち溢れている。
どうやら世論を喚起したいようたが、朝日新聞の主張と逆のことをすれば間違いないという定理が確立してしまった以上、もはや手遅れである。

朝日新聞デジタル(2017/2/6)
「ニュース女子と東京新聞は関係ない」副主幹が反論

朝日新聞デジタル(2017/2/7)
「ニュース女子」問題、「論評しない」 東京新聞副主幹、ラジオで

 沖縄の米軍基地反対運動を一方的な立場で伝えたとして批判されている東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)の番組について、司会を務める東京新聞(中日新聞東京本社)の長谷川幸洋・論説副主幹は6日、「あえて論評しない」と述べた。コメンテーターを務めるニッポン放送のラジオ番組で語った。東京新聞が紙面で「反省」を表明したことに対しては「言論の自由に対する侵害だ」と語った。 長谷川氏は、番組に責任を持っているのは制作した「DHCシアター」と放送したMXテレビであり、「そこがそれなりの態度はもう示している」との認識を示した。そのうえで「私は司会という立場で出ているので、コメントすることは差し控えたい」とした。
 長谷川氏が司会を務める番組「ニュース女子」に対しては、取り上げられた人権団体や沖縄の基地反対の人たちが「議論ではなくデマ」「意図的な歪曲(わいきょく)がある」と批判している。MXテレビは「議論の一環として放送致しました」とし、制作した「DHCシアター」は「基地反対派の言い分を聞く必要はないと考えます」などとする見解を示している。長谷川氏は後日の放送で「いろいろ騒ぎになりましたけど、まあ、盛り上がっているということですよ」とも述べていた。
 ラジオ番組で長谷川氏はまた、東京新聞と中日新聞が2日付朝刊に掲載した深田実論説主幹の名前での「他メディアで起きたことではあっても責任と反省を深く感じています。とりわけ副主幹が出演していたことについては重く受け止め、対処します」とする謝罪記事を批判。「ニュース女子と東京新聞は全く関係ない。なぜ深く反省するのか」「番組で取り上げた議論と東京新聞の報道姿勢は違うし、私自身も(同紙の主張と)違う。でも(主張の)違いを理由に私を処分するのは言論の自由に対する侵害」「意見が違うことで排除したら北朝鮮と一緒」と訴えた。さらに会社から「内示のようなもの」があると明かし、「私の方から辞めるなんてことは、もう500%ありません」。「言いたいことはニュース女子で言います。これからも」とも話した。
 一方、東京新聞の深田論説主幹は取材に「紙面で書いたことにつきます」と話した。(坂本進、田玉恵美)


(引用終わり)

東京新聞は「重く受け止めて対処します」と言った以上は長谷川氏に「厳重注意」なり「減俸」なり「馘首」すべきなのにまったく音沙汰なし。

辛淑玉が名誉毀損で訴えたBPOは「当事者同士で話し合って」と逃げてしまった。
辛淑玉の言い分が無理筋だと分かった上での無責任なBPOである。

⇒産経iRONNA(2017/2/5)
しんぶん赤旗 「ニュース女子」沖縄報道をどう伝えたか 杉田水脈氏


【抜粋】

「最終的に井上氏は、高江の現場に行くことを断念しています。私自身、何度も沖縄の辺野古周辺の反対運動の現場に足を運んでいますが、年々、緊張感が増しています。以前は、われわれの判断で行けたのですが、最近では、機動隊や警察と密に連絡を取りながら、その指示に従って行動しなければなりません。辺野古でこの状態ですから、高江はもっとすごいのでしょう。」

「このビラは、東大の上野千鶴子教授や前日弁連会長の宇都宮健児氏、評論家の佐高信氏らが共同代表に名を連ねる反ヘイトスピーチの活動団体「のりこえねっと」によって配られたとされるものです」

「不思議なことに、番組については批判していますが、出演した沖縄県民の方々に対しては一言も触れていません」

「事実を報道したテレビ局に対し、「デマ」というレッテル貼りをし、デモなどで圧力をかける。いつもの左翼活動家の手法です。この川名氏(東京MX前のデモの呼びかけ人であるフリーの編集者)も沖縄基地反対問題の活動家であると、公安の方に教えていただきました」

「調査もせず、事実を曲げ、証拠も示さず報道するメディアを「新聞」と呼ぶことができるのでしょうか?


【抜粋終り】

井上和彦氏も公安が「沖縄反基地の活動家に中国が接触している」と報告していると⇒番組の中で言っている。





↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

11:22  |  沖縄基地問題  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.04 (Sat)


オレの留守中に勝手に決めるなと翁長知事が激怒(笑)


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

トランプ新政権、尖閣は日本の領土だと再確認

 たかが一地方の首長が国民の税金を使ってアメリカくんだりまで出掛けて、辺野古基地の反対を訴えるなど、いったい何を考えているのだと思っていた。
その翁長沖縄県知事は十数名もの従者を連れてアメリカで小者の政治家に会ったり、講演やら記者会見を開いていたが、今度は・・・

「オレの留守中に勝手に決めるな」

と激怒した。

まったく何を勘違いしているのだ。

いったい自分を何様だと思っているのだ。

産経ニュース(2017/2/4)
【マッド・ドッグ来日】
沖縄の翁長知事がなぜか憤慨
「私の訪米中に安倍、マティス両氏が辺野古唯一と決定したのは失礼じゃないか!

 【ワシントン=加納宏幸】訪米中の翁長雄志沖縄県知事は3日、ワシントンで記者会見し、安倍晋三首相とマティス米国防長官が米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を唯一の解決策と確認したことを「(訪米)最終日にマティス、安倍両氏で『辺野古唯一』と決定したことは沖縄県民に失礼なやり方ではないか」と批判した。
 これに先立ち、翁長氏は国務省、国防総省の当局者と会談し、移設計画の見直しを求めた。米側は辺野古移設が唯一の解決策だとし、計画の推進は「揺るぎがない」と伝えた。


(引用終わり)

トランプ新大統領は米軍の駐留費を日本が全て負担しろと過激なことを言っていたが、予想通り日本との外交と安全保障については基本的にオバマ前政権を踏襲することが分かった。

今日の稲田朋美防衛大臣との共同記者会見ではマティス新国防長官が「日本は他国のモデルだ!」と日本の駐留費負担を絶賛するなど、日米の連携プレイが上手くいっている。

⇒産経ニュース(同上)
マティス氏が駐留費負担を絶賛「日本は他国のモデルだ!」 日米共同会見詳報


尖閣諸島は日本の施政下にあり日米安保条約の第5条が適用されると尖閣諸島問題について明言した。

実のところ、「アメリカさん守ってくれるでしようね?」と尋ねて、守ってくれると分かって安心しているようでは情けない。

国防費はGDPの1%などと言わず、更なる自主防衛を心がけるべきだ。

敗れはしたものの大東亜戦争を戦い抜いた日本国民は、国防強化のために少しぐらい税金が上がっても文句は言うまい。





↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:47  |  沖縄基地問題  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT