2012.11.02 (Fri)


安倍総裁はとんでもなく凄い人だった

安倍総裁安倍総裁縮小
安倍総裁
「新しい日本を作ることが出来るのは私たち自由民主党です。あなた達ではありません!」(33分04秒)

http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=42191&media_type=wb&lang=j&spkid=19571&time=99:00:00.0

今日の臨時国会における安倍総裁の代表質問は実に迫力があった。
下記の産経ニュースでは書かれていない、外交問題、教育問題についても質問した。

日米関係を悪化させた鳩山元総理が外交政策の最高顧問で、原発事故を拡大させた菅前総理が新エネルギー政策の最高顧問となったことについて・・・

安倍総裁
「みなさん、これはブラックジョークなのか」


と激しく野田首相を追求し任命責任を問うた。

 この安倍晋三氏にはよく「生まれ育ちの良い二世議員のボンボン」「気弱でお人好し」などの言葉を投げつける認識不足の輩たちが居るが、それはまったくの間違いであることを「WILL 12月号」で日下公人氏が書いている。

 僅か一年間で成し遂げたその政治的な業績は誰しも認める所であるが、ここまでとは知らなんだ。
詳細は「WILL」を買って読んで頂きたいが、三つ挙げている。

①安倍氏もメルケル首相も初めてのサミットで「中国を傍聴人として参加を要請するか」とのメルケル議長の質問に各国の代表者が中国に懸念して発言しなかったので、窮したメルケル議長は安倍氏に発言を求めた。
その時安倍氏は滔々と中国はサミットに参加する資格は無いと述べ、一同は安心して否決した。メルケル首相は安倍氏に感謝し意気投合した。


②安部氏が初めて訪中した時、安倍氏が温家宝首相の耳元で何か囁き、一瞬、温家宝氏は棒立ちになった。

「外交必勝法は居合い抜きと同じで瞬間芸だとかねて思っているが、こんな見事な成功例はない」 (安部氏が何を囁いたかは本誌をご覧頂きたい)

③日下氏が時局放談をしていた時、「日本が国連で新しい国連を別に作ると演説すれば加盟国の192ヵ国のうち150くらいは付いて来る」と言ったら、最前列に居た安倍氏が「アメリカも付いてい来る」と大声で発言して心から感心した。

日下氏はこれはほんの一部で書き切れないという。「雲上に突出している」という。

北朝鮮から拉致被害者を取り戻す交渉の時も小泉純一郎元首相に助言して成功させたことは広く知られている。

安倍新政権で日本を再生する事が急務である。
そのためには、野田民主党を徹底的に揺さぶって下野させることだ。

今日の国会中継を見て、野田首相はダチョウ倶楽部の上島竜兵の人相を悪くしたようだとつくづく思った。日本を滅ぼす悪相が出ている。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

20:08  |  政権奪還  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2012.09.19 (Wed)


安倍晋三氏、秋葉原駅前演説会速報(1)

秋葉原に到着するともう麻生氏の応援演説が終わりかけていた。
今日は麻生さんの誕生日だったらしい。
奇しくも、息子の嫁の誕生日と同じだ。
花束の贈呈が行われていた。
新藤議員の前置きで、いよいよ安倍晋三氏の演説が始まる。


安倍晋三
「秋葉原駅前のみなさん、こんばんは!このたび自民党総裁に立候補しました安倍晋三でございます。6年前確かにこの場で私と麻生さん、論戦を戦わせました。その時、麻生さんの方が拍手多かった。ちょっ私も羨ましいと思いました。でも今日はその麻生さんに私の応援のために熱弁を奮って頂いた。こんな嬉しい事はありません!(拍手と声援)これからも二人でしっかりと手を合わせて(声援と拍手鳴り止まず)日本を守って行きたい。私と麻生さんが何のために戦って来たのか。この日本の誇りのためであります(「そうだ!」の声と拍手、歓声)。これからも一緒に頑張って行きたいと思います。

 私は6年前、皆様にご期待頂き、総理に就任いたしまして、病気のためとはいえ、突然総理の職を辞する結果となりました。(「気にするな!」「ガンバレ」の声援)心からお詫びを申し上げる次第でございます(ガンバレの声多数、女性の声もする) この5年間、この責任をどう果たすべきか、ずうっと考えて参りました。

 昨年、発生した東日本大震災が今を生きる私たちにとって、忘れ得ぬ出来事であります。今日も朝から宮城に参りまして、被災地を訪れてまいりました。仮設住宅では何とか早く移り住む場所を作ってもらいたい、切実な声を聞きました。未だに34万人の方々が困難な生活を強いられています。今こそ政治のリーダーシップで本格的な力強い復興を進めて行かなければなりません。(そうだの声、男性も女性も)そして、私たちはあの大災害を通じて、私たちにとって大切な価値とは何か、守るべき価値とは何かを学ぶことが出来ました。それは大切な家族を守るためであり、いとおしいふるさとを守るためであり、かけがえのない祖国日本を守るためであります・・・(「そうだ」声と拍手が鳴りやまない)あの宮城〇〇の若い女性職員(Ponko注:遠藤未希さん)の勇気ある行動は、時には誰かが命を懸けなれば、それを守る事が出来ないんだという事を私たちに身をもって教えてくれました。

 いま、日本の私たちの美しい海や領土が脅かされようとしています。
長引くデフレ、円高によって経済は低迷し、若い方々が将来に希望を見い出せないでいます。
いまこの国難にあたって身を挺して立ち向かえと言うみなさんの声に応える決断を致しました!(拍手と大歓声、「がんばれー」の女性の声)そう簡単な道ではありません。
まずは、しかし、私は断固として、日本の領海、領土、何よりも日本人の命を守る、その事を宣言いたします(拍手が鳴りやまず、しばらく間をおいて・・・)
 尖閣を今、中国が自分の実効支配にしよう、ほんとにそう思っているんです。
あの海域の実効支配は、あの海域で日本の海上保安庁の船がしっかりと外国の船を排除しているから守られています。
しかし、そこにしょっちゅう他の公船が入ってくると、これはあやふやになってくる。そこを狙っていると言ってもいい。ですからまずは断固として、領海に入れない!そして上陸をさせない(拍手と「そうだ」の声援)その構えを作っていく。〇〇していく。
実効支配を強めて行く、断固としてやるべきことは当然やって行くんですよ(「そうだ!」、拍手)そしてまたみなさん、今中国において邦人が襲われ、そして日系企業が襲撃に遭っています。それに対して中国外交部は『それは日本に責任がある』、そんな事を言います。
しかし、みなさん、今、中国の日本人の安全を誰が責任をもって守れるべきか。それは中国の政府じゃありませんか!
(「そうだ!」拍手「やれやれ!」)それが出来ないような政府には、外国から資本を受け入れたり、WTOのメンバーである資格というのは無いんですよ。(「そうだ!」と聴衆のボルテージが一段と高まる)これから日本は、もっともっと国際的に発信をして行くべきであろうと、そう思います。
そのためにも日米同盟関係を、失われた信頼関係を取り戻さなければなりません。
信頼の無い同盟は紙切れと同じであります。
民主党政権によってこの同盟が紙切れに近くなっております。

みなさん、そのためにも集団的自衛権の行使、当たり前ではありませんか。(拍手と「そうだ」の男女の声が入り混じる拍手鳴り止まず、安倍さん一息入れる)

日本の自衛艦とアメリカの軍艦が共に戦えば、尖閣の周辺を航行していて、アメリカの船が襲われても日本の船は見ている。その瞬間に日米同盟は終わるんです。同盟国の若い兵士が日本のために命を懸ける、この事を理解していない人たちが政権に就いた事が、今日のこの混乱を招いているんです(「ワー」という声と拍手)私達は同盟を再構築する。そしてもう一つ大切なことは、この島はみなさん、やっぱり私たち自身の手で守るんです!(「そうだ!」の声援と拍手)日本の領土のために、自分の国民のために命を懸けない人のために、命を懸ける人を探したって、世界中にはどこにも居ないんです!(拍手と声援)この事が分からなくなってしまった事が、この戦後の67年間ではないでしょうか。(拍手と声援)だからこそ戦後体制から脱却していく。教育基本法は変えました。いよいよい皆さん、憲法改正に挑戦しようじゃありませんか!
(演説中、この部分が一番盛り上がり、聴衆はヒートアップした)その核となる、その架け橋となる国民投票法は成立させました。
今みなさん、私たちは堂々とこの橋を渡って、私たちの未来を、私たちの憲法を作って行こうじゃありませんか!
(拍手と「そーだ!」の声援鳴り止まず、会場は盛り上がる。憲法改正が聴衆の求めていることだと分かる。安倍さんここで一呼吸おいて、静かなトーンで語り掛ける)
 確かに、いま、日本人は誇りある日本人だ、教育基本法を変えて、この先、そう教えて行かなければいけません。
中国でたとえ邦人が襲われても、日本人は中国の国旗を焼いたり、指導者の写真を破ったり、中国人に被害を加えようとはしない。これは私達日本人の誇りじゃありませんか。(拍手と声援)その誇りをみなさん、キッチリと守りながら世界に示して行きましょうよ!(拍手と声援)(つづく)

安倍さんの事を「やや滑舌がよくない」と以前書いたが訂正する。
今夜の安倍さんは力強く明確に聴衆に訴えていた。
やはり演説をする時の政治家、というより、安倍さんは迫力があるなあと感銘した。
気力、迫力、胆力がすごい。
感激のあまり涙が出てきたが、隣の若い女性も時折目にハンカチを当てていた。
汗をぬぐっていたのかもしれないが・・・
(つづく)


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:57  |  政権奪還  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.29 (Wed)


安倍元首相の出馬に期待する

安倍先生、日本を救ってください

自民党は参議院に問責決議案を提出したが、嘘つき民主党の嘘つき野田首相は、意図的に国会を空転させ、悪いのは自民党だという世論形成を目論んでいる。

 保守新聞とみられていた産経新聞までもが今日の社説で、「自民党の問責決議は大義がない」と民主党の戦術に乗せられている。
解散総選挙など最初から考えていなかった野田首相の「近い内」に騙された谷垣総裁は哀れで滑稽である。
自民党が世論調査で人気が無い谷垣総裁をいつまでも担いでいては勝ち目はない。
今度こそ自民党本来の姿に戻すべく、真正保守の総裁を誕生させなければならない。

このところ毎日テレビ番組で出演していた安倍元首相が、いよいよ出馬の意向を森元総理に伝えた
しかし、町村氏の出馬を理由に森氏は承諾していない。
町村氏は総裁としての資格は十分にあるが、ここは安倍元首相に任せるべきである。
森元首相など、たいした実績もなく、自民党の重鎮に収まっているのがおかしい。
彼の唯一の業績は「日本は神の国」発言ぐらいである。


 谷垣総裁にはご苦労様と謝意を表して引き取ってもらい、安倍元首相で乾坤一擲の大勝負を賭けるしかない。
自公民の連立などもっての外である。
安倍元首相が総裁選で万一敗れた場合は、真正保守の議員を引き連れて新党を結成すればいい。
そうすれば、自民党の足を引っ張る親中・親韓派の老害議員からおさらば出来る。
橋下大阪意維新の会と関係を保っているのはその布石かも知れない。
あくまでこれは最後の手段だが・・・

産経ニュース(2012/08/29 10:53)
安倍氏、総裁選出馬の意向を森氏に伝える

自民党の安倍晋三元首相が9月の党総裁選に出馬する意向を、所属する清和政策研究会(町村派)の実質的なオーナーである森喜朗元首相に伝えていたことが29日、わかった。安倍氏は28日、森氏の国会内の事務所を訪ね、出馬の意向を伝えたという。
 安倍氏は党内の中堅・若手から出馬を求める声が上がっている現状を説明し、森氏に理解を求めた。ただ町村派では、会長の町村信孝元官房長官も出馬に意欲を示しているため、同派の分裂につながるとして森氏は慎重に対応するよう安倍氏に求めた。
 安倍氏は28日、近く立ち上げる予定の経済政策に関する勉強会の打ち合わせ会合を開催。会合には、安倍氏を支持する自民党の衆参国会議員十数人が出席した。会合で総裁選には言及しなかったというが、安倍氏の出馬に向けた布石とみられている。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

13:04  |  政権奪還  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.06.11 (Mon)


10%増税 民・自が合意?

消費税10%増税に民主党と自民党が基本合意したというTBSニュースがネットに流れて騒然となっている。
民主党の増税案に安易に妥協の姿勢を見せれば自民党も国民の反発を買うだろう。
しかし、よく調べてみると、必ずしもこれで決定というわけではなく、自民党の要求する社会保障の民主党案の取り下げには民主党が相変わらず拒否している。
「話し合い解散」というのも変な言葉だが、解散するという口約束で増税に賛成すれば自民党は騙し討ちに遭う事だろう。
マスコミが「自民党は民主党に反対ばかりしていて政局にしようとしている」というアンチ自民のネガティブ・キャンペーンを張っているので、自民党も怖くて増税に正面から反対できない。
もともと増税を打ち出していた自民党だから尚更な事である。
しかし、景気条項とか社会保障の内容の合意がなければ、野田総理がいくら政治生命を懸けても合意は難しい。
また党内の小沢派の反乱もありうる。
とにかく一刻も早く解散総選挙に導くことを自民党は最終目的とすべきである。


TBSニュース(2012/6/11)
「消費税10%」で民・自が基本合意

 消費税増税法案に関する与野党の修正協議が開かれ、民主・自民の両党は、消費税率を10%に引き上げることについて基本合意しました
 「税率10%までの2段階引き上げについては、我々も賛成をすると申し上げた」(自民党 町村信孝元官房長官)
 民主・自民・公明の3党は、税制分野に関する実務者協議を始め、自民党側は、「社会保障分野でも合意することが大前提」とした上で、政府案に盛り込まれている2014年4月に8%、15年10月に10%に消費税率を引き上げることについて賛成する考えを伝えました。公明党は、法案の賛否については態度を保留しました。
 一方、低所得者への対策については、民主党が提案する「給付つき税額控除」措置に自民党が反対しているなど、各党の意見に隔たりがあり、引き続き協議することになりました。(11日13:23)

産経ニュース(2012/6/11 14:33)
自公が党首会談 15日までの修正合意目指す

 自民党の谷垣禎一総裁と公明党の山口那津男代表は11日昼、都内のホテルで党首会談を行った。消費税増税を柱とした社会保障・税の一体改革関連法案への対応について、民主党との実務者による修正協議は15日までの合意を目指すことで一致した。また、早期に衆院解散・総選挙に追い込むことも確認した。会談には自民党の石原伸晃幹事長、公明党の井上義久幹事長も同席した。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

20:40  |  政権奪還  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.12.01 (Thu)


ドゼウを攻めきれなかった谷垣総裁

これでは政権奪還はおぼつかない

昨日の党首討論で完全に堪忍袋の緒が切れた。
やっぱり谷垣禎一氏が党首では自民党は浮かばれない。
完全にどぜうに負けている。
自民党の懇談会でようやく谷垣降ろしの動きが表面化してきた。
もうこのままでは兵糧も尽きて自民党は分解せざるを得ない。
いや、このようなていたらくを続けるのなら、いっそのこと解体して政界再編への道筋をつけて欲しい。
自民党のなかにもまだまだ骨のある議員は居る。
このような議員が力を発揮できるような環境が必要だ。
でも、取り敢えず看板の取り換えである。


産経新聞(2011/12/1)
自民懇談会、執行部批判が噴出 曖昧姿勢弱る結束 

 自民党は30日、党本部で全議員・選挙区支部長懇談会を開いた。平成23年度第3次補正予算成立を受け、民主党政権打倒に向け結束を確認するはずだったが、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)や大阪ダブル選への対応などをめぐり、谷垣禎一総裁ら党執行部への不満が噴き出した。
 「お人よしにもほどがある。解散に追い込むのに対決姿勢が見えない。民主党に抱きつかれ、ひるむのが一番問題なんだ!」
 「参院一のヤジ将軍」と言われる西田昌司参院議員が執行部をこう叱責すると「そうだ!」と拍手。
葉梨康弘元衆院議員も「民主党の秋波に乗っているうちは解散は無理だ。徹底的に対峙してほしい」と同調。前政審会長の山本一太参院議員まで「民主党に『場合によっては協力する』などと言う前に徹底的にこの政権はダメだというべきではないか」とかみついた。
 民主党と共闘し「大阪維新の会」に無残に負けた大阪ダブル選の対応へも批判が噴出。「維新の会の影響力が大阪で終わると思うのは間違いだ。党内でも都構想を検討すべきだ」(松浪健太衆院議員)、「民意に即した政策を掲げて協力すべきだ」(竹本直一衆院議員)など大阪選出の議員を中心に維新の会との連携を求める声が相次いだ。
 TPP問題でも佐藤ゆかり参院議員が「自民党がスタンスを決めないから足を引っ張っているだけだと不評だ」と批判。松島みどり元衆院議員も「街では谷垣さんがもう一つねといわれる」と不満をぶつけた。
 谷垣氏は「この政権に任せていたら国がおかしくなる。国家のために政権奪還する。先頭に立って戦う決意だ」と一致結束を求めたが、中盤からは退席者が続出。「ガンバロー三唱」も弱々しく散会した。
 谷垣氏は30日夜、都内のドジョウ料理屋で伊吹文明元幹事長ら各派領袖と懇談。「ドジョウ首相を食らう」としゃれたつもりのようだが、厳しい注文が続出した。初の党首討論も完敗だっただけに「野田降ろしよりも先に谷垣降ろしだ」(閣僚経験者)との声も上がり始めた。(佐々木美恵)


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

15:00  |  政権奪還  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT