2017.06.20 (Tue)


北朝鮮から取り戻した米大学生が死亡


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

日本はなぜ拉致被害者を救い出せないのか

 北朝鮮に行って政府のビラを取得したというだけで逮捕されたアメリカの大学生をトランプ大統領は取り戻したが、家族に見守られて昨日亡くなった。
北朝鮮は拘禁状態でボツリヌス菌に感染したと発表したが、アメリカの医師団は体内からボツリヌス菌の痕跡は発見されなかったと発表した。
北朝鮮のことだから何をされたのか分からない。

北朝鮮は昏睡状態の逮捕者の管理が面倒になって解放したともいえる。
それにしてもトランプ政権は北朝鮮で捕らえられた同胞を取り返すことが出来た。
ご家族の北朝鮮に対する憎悪の念は高まるばかりだが、最期を看取られただけ良かったかもしれない。

それに比べて日本の拉致被害者達は国内に侵入した北朝鮮のスパイに拉致されていまだに取り戻すことができない。
こちらから好き好んで北朝鮮に入ったわけではないのに。

日本政府の弱腰はまったく許せない。
なぜ弱腰なのか。
それは日本には北朝鮮を脅かす軍事力がないからだ。
軍事力を否定する日本国民のお花畑思想が原因である。

スパイ防止法、テロ準備罪法に反対するパヨク(野党4党、マスコミ、学者、司法界、自称市民運動家)が原因である。

産経ニュース(2017/6/20)
昏睡状態で解放の米大学生ワームビア氏が死亡 トランプ大統領「残虐な体制」と北を非難 

2017062001.jpg
オットー・ワームビア氏

 【ワシントン=黒瀬悦成】米主要メディアによると、北朝鮮当局に約17カ月間にわたって拘束された後、今月13日に昏睡状態で解放された米国人大学生、オットー・ワームビア氏(22)が19日、米中西部オハイオ州シンシナティ市内の病院で死亡した。
 ワームビア氏の家族は病院を通じて声明を発表し、「残念ながら、息子が北朝鮮(の当局者ら)から、あのような凄惨で拷問のような虐待を受ければ、私たちが本日経験したような結末になることは当然だった」と述べ、北朝鮮の金正恩体制に対する強い怒りをにじませた。
 声明によれば、ワームビア氏が13日に帰国した直後は「会話ができず目も見えず、言葉での呼びかけにも反応せず、苦悶している様子だったが、その日のうちに、帰国したのを察知したかのような、穏やかな表情になった」という。
 病院は15日の記者会見で、ワームビア氏の脳組織が広範囲にわたって壊死し、「無反応覚醒」の状態にあると発表していた。
 トランプ米大統領は19日、声明を発表し、ワームビア氏の家族への「深い哀悼の意」を表明。また、トランプ氏は声明とは別に、記者団を前に北朝鮮を「残虐な体制だ」と非難した。
 ティラーソン国務長官も同日、声明で「北朝鮮にワームビア氏の不当な拘禁に対する責任を取らせる」と述べるとともに、現在も北朝鮮に拘束されている米国人3人の解放を要求した。


(引用終わり)

森友学園問題だの加計学園問題だのと下らない事にメディアが国民の目を逸らしている状況に、 北朝鮮の刈上げ男が高笑いしている声が聞こえる。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

09:41  |  -北朝鮮  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.07 (Sun)


北朝鮮と話し合おうとTBS「サンモニ」


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

中国は歴史を見直そうとしていると姜尚中

今日のTBS「サンモニ」は相変わらず、百田尚樹氏が嗤う「ゆで蛙」たちがコメントしていた。

TBS「サンモニ」(2017/5/7)
緊張続く北朝鮮情勢
圧力強めるアメリカと中国

ナレーション
「北朝鮮が血の同盟国である中国を名指しで批判するという異例の事態が起こっている。
中国としては、いままで北朝鮮の後ろ盾となって来たのに心外だと怒っている。
北朝鮮のミサイルは中国に向かっているも考えられる」

姜尚中
「朝鮮戦争は米ソの代理戦争で、実態は北朝鮮は単なる傀儡国家ではなくて、金日成はスターリンと毛沢東を天秤に掛けて両者を巻き込んで統一しようとした。
だから中国の中では金日成に対する批判が出てる。
だからそもそも、朝鮮戦争に遡って、一体これは誰が仕掛けたんだということ。
それは中国の首脳部の中でかなり歴史の見直しが起きているという風に考えなければいけない(以下略)」


姜尚中らパヨクとパヨクメディアは「歴史の見直し」は「歴史修正主義」だと日本を批判してきたではないのか。
いま、ヘンリー・ストークス著「大東亜戦争は日本が勝った」を読んでいるが、「太平洋戦争」はアメリカの日本洗脳であり、実際はアジアの植民地諸国を白人の手から取り返した「大東亜戦争」だったと書いている。

いままで日本の保守派がそれを言うと戦勝国のアメリカや、戦ってもいないのに戦勝国ツラをする中国や韓国が「歴史修正主義」だと批判してきた。

目加田説子(中央大学教授)
「(北朝鮮に)ミサイルを使われれば、韓国も日本も取り返しのつかないダメージがもたらされるから、そのオプションは無いということを前提に粘り強い外交交渉を期待するしかない」


これこそ北朝鮮の思う壺だ。
北朝鮮のミサイル攻撃が怖くて外交交渉をするという事自体が敗北主義だ。
足元を見られているということであり、北朝鮮はますます頭に上る。

安田菜津紀(フォトシャーナリスト)
「先日アメリカがシリアを攻撃したとき、北朝鮮がこれを受けて萎縮するのではないかと前向きに捕らえる言説があったが、同じような言葉が2003年のイラク戦争の時も飛び交っていた。
遠くの国の犠牲の上に成り立つ安全を受け入れてしまうような姿勢がある限り、近くの緊張を解きほぐすことは出来ない。
14年前に投げ掛けられた教訓だ」


この女性のコメントはいつも観念的、感情的で歴史解釈が間違っている。
「遠くの国の犠牲の上に成り立つ安全」とは理解不能。

古田大輔「バブフィードバャパン」創刊編集長 元朝日新聞記者)
「危機が高まっているのは間違いない。ただ、危機を強調し過ぎないような報道が求められる


むしろ日本人の危機意識は足りないのではないか。
朝日新聞系の反日メディアは北朝鮮を刺激しないようにと配慮している。
反日メディアに騙されて憲法9条の効用を信じている「ゆで蛙」たちが多すぎるのだ。

岸井成格
「シリアを攻撃している現実もあるから、金正恩体制を読めないから、ひょっとすると不測の事態はありうるのではないかと我々メディアは始まっちゃう。
半島をめぐって大国の三つ巴、四つ巴が色々絡んでいる。
そのなかで、とにかく水面下の話し合いで、交渉で行ってもらいたい。そこには日本の役割も色々ある。
特に拉致問題は時間ないから。そこに突破口があると私は思う」


拉致問題は北朝鮮が降参しないかぎり解決しない。
拉致問題に突破口があるとは意味不明。
それとも大金を上げて拉致被害者を返してもらえとでもいうのか。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:37  |  -北朝鮮  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.05 (Fri)


テレ朝「ワイド!スクランブル」で珍事


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

スタッフが説明中のボードを倒す

今日のテレ朝「ワイド!スクランブル」の番組終了直前に珍妙な出来事があった。

遠藤誉と辺真一(コリア・レポート編集長)両氏が暴走する北朝鮮に対して中国が圧力を加えると北朝鮮が暴発するのではないかと予想するなか、辺氏が「北朝鮮の核・ミサイルが北京に向けられる日は来るのか?」書かれたボードを使って説明していると、いきなり局のスタッフが飛び出して来てそのボードを下げてしまった。

2017050501.jpg

辺真一
「一言で言いますと、明らかに中国は北朝鮮に対してもはや同盟国に非ず、敵国という扱いで北朝鮮の核・ミサイルが北京に向けられるという事態も今後考えられるということですね」

2017050502.jpg


「北朝鮮が言う所の中朝関係は・・・」

2017050503.jpg


「破局を迎える」

2017050504.jpg


「ですから覚悟してやれということが」

2017050505.jpg


「この北朝鮮のメッセージの言いたい事ではないかと思いますね」


北朝鮮に問題が起こるたびにテレビに出てきて大儲けの辺真一氏。
コメントの内容は誰でも思いつくもので何ら新鮮味は無いのにどうして局は彼を使うのか不思議でならない。

先日のTBS「サンモニ」でも一人で喋り捲っていて、他のコメンテーターの下らないコメントの時間を食っていた。
それはそれでいいことだが・・・

今回はカンペを見せても喋りを止めない辺氏に強硬手段を取ったのか。
いずれにしてもみっともないシーンであった。

それにしても、日本にはもっとマシなアジア関係を語るコメンテーターがいる筈である。
どうして辺真一氏を重用するのかテレビ界の謎である。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:39  |  -北朝鮮  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.30 (Sun)


北朝鮮を攻撃するなとTBS「サンモニ」


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


いま戦争が起これば韓国も日本も耐えられない。
妄動するな。(姜尚中)

戦争しないで解決するのが本当の強い国家だ(田中優子)

先制攻撃は非常に危ない(西崎文子)

日米合同訓練は武力による威嚇で憲法違反だ(青木理)

戦争になれば一番被害を受けるのは日本。
日本人は危機意識が薄い(岸井成格)


毎週お馴染み、放送法第4条違反のTBS「サンモニ」は今日も報道の自由満開!
北朝鮮のミサイル発射については一言も批判せず、日米は戦争を煽っている、中国が北への石油を止めれば過去の日本が戦争に突入した二の舞だと変な理屈をこねて北朝鮮を擁護した。

日本のメディアには外国の工作員が多数侵入していると言われるが、さもありなんと毎週思う。
日本に害をもたらす番組とテレビ局は明らかに放送法第4条違反であり、排除すべきである。

TBS「サンモニ」(2017/4/30)
緊張続く朝鮮半島
北朝鮮また弾道ミサイル発射

姜尚中
「開戦前夜ではない。満州事変から2年後、信濃毎日の主筆が「関東防空大演習を笑う」という社説を書いた。今読むと含蓄が深い。こういう時だからこそ妄動しないことだ。いま戦争が起これば韓国も日本も耐えられない。プーチン大統領が言う様に六カ国協議を再開すべきだ」

田中優子(法政大学学長)
「こういう時は『屈しない』とか『断固として戦う』とか言うと強い国家だとか強い指導者だと評価されてしまう。本当に強い国家や指導者は戦争しないで解決する。北朝鮮に議論の場に出てきなさいというのが一番大事なことだ。是非そうして欲しい。
もうひとつは緊張が高まれば必ず儲かる組織がある。そういう人たちの犠牲になってはならない」

西崎文子(東京大学大学院教授)
「トランプ政権100日目だが成果に乏しい。シリア攻撃と北朝鮮でオバマ政権との違いを出したいと思っている。軍事力行使や先制攻撃という言葉は逆に選択肢を狭めてしまう。そこが非常に危ない。
日本はアメリカが追い込まれて行かないようにアメリカともキチっと対話すべきだ」

青木理
「日本が平和的・外交的に解決しようというメッセージが非常に薄いのが凄く気になる。
一方で『あらゆる選択肢がテーブルの上にある』と(トランプ大統領が)言ったのを(安倍首相が)『高く評価する』とか『心強い』とか、カールビンソンに(海自の)護衛艦が付いている状況だ。
これは歴史的な事だ。
憲法9条で2項を変えようとする人は居るが、1項を変えようとする人は余程の右派でなければ居ない。
『武力による行使』だけでなく『武力による威嚇』も放棄するとなっている。
『あらゆる選択肢がテーブルの上にある』というのも護衛艦がカールビンソンと訓練するのも武力による威嚇としかボクには思えない」

関口 宏(司会)
「そう言われてもしょうがない」

青木
「これは憲法違反だと思うし、習近平やプーチンいうように平和的に解決するよう日本はもっと発信しなければいけない」

岸井成格
「関係国があらゆるルートを通じて外交努力を傾けて米朝の直接対話に持って行こうとしている。それが難しければ中国を入れた三者協議とか、北朝鮮に急接近しているロシアも入れて4者協議とか、六カ国協議に戻す努力をすべきだ。その努力を一番日本はやるべきだ。
米朝が一触即発で、もし万一、武力衝突になれば一番被害を受けるのは日本だ。
そういう意識が日本人には薄すぎる。
なんしてでも武力衝突にならないよう平和努力で外交的な決着をつけることがいま一番必要だ」


青木理の憲法違反は論外だとしても、過去何度も六カ国協議を開いても北朝鮮の核実験と弾道ミサイル保有を阻止できなかったではないか。
核を持たせてしまった今、何を協議しようと言うのか。

北朝鮮を開戦に追い込み、徹底的に破滅させる。そのために日本が少しぐらい傷を負っても仕方が無いとさえ思う。
それ以外に方法はないと思う。
もしかしたら拉致被害者も取り戻せるかもしれない。
年老いた被害者の家族の喜ぶ姿が見られれば、少しぐらい傷を負っても、それは戦後70年もノウノウとして日本を守ることをしなかったツケであると思えばいい。

この番組のプロデューサーやディレクターやコメンテーター達はアメリカから攻撃されたくない北朝鮮の工作員だと思えてしかたがない。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

11:49  |  -北朝鮮  |  TB(0)  |  CM(17)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.29 (Sat)


北朝鮮またも弾道ミサイル発射失敗


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

いまさら6カ国協議で北朝鮮に騙されるのはやめよう

 今日早朝、北朝鮮がミサイルを発射し失敗に終わった模様とメディアが伝えた。
これで3回も連続して失敗したことになる。

産経ニュース(2017/4/29)
北朝鮮が弾道ミサイル1発発射、失敗か

【ソウル=名村隆寛】 韓国軍合同参謀本部によると北朝鮮は29日午前5時半ごろ、平安南道北倉(プクチャン)付近から弾道ミサイル1発を発射した。韓国軍によると、ミサイルは北東方向に発射され、数分間飛行したが、失敗したと推定されるという。
 韓国軍では、ミサイルの種類などの特定を進めるとともに、さらなるミサイル発射を警戒している。
 国連安全保障理事会が28日、北朝鮮の核・ミサイル問題について協議する閣僚級会合を開き、米国のティラーソン国務長官が北朝鮮の核・ミサイルによる日本と韓国への脅威を「現実のものだ」との考えを示し、国際社会の一層の圧力強化を訴えたばかり。
 また、ミサイル発射は、米原子力空母カール・ビンソンが朝鮮半島近海に向かう中で強行されており、米国への反発の意思がうかがえる。カール・ビンソンは29日朝時点で長崎県沖を航行、日本海に向かっているとみられ、緊張は一段と高まる可能性がある。


(引用終わり)

朝鮮人民軍は創設85年にあたる25日にウォンサン付近で大規模な砲撃演習を行った。
Ponkoはその映像を見て何たる無駄かと思った。
日本円にして一発何万円するか知らないが、国民の大半が飢えているというのに金正恩はチキンレースでおのれの力を誇示している。
先進国では事演習で実弾を豊富に使うのは在庫一層の狙いもあるといわれている。
兵器の賞味期限は何年か知らないが、軍事産業を育成するためには戦争をするわけにもいかず、軍事演習で消費するわけだ。
しかし貧乏な北朝鮮は軍事演習で消費するよりも温存すべきだと親切心からアドバイスする。

もっとも、日本の元自衛官は「1960年代から70年代の兵器だ」と驚嘆し、「砲撃陣が前後2列になることはありえず、合成動画ではないか」と見ている。(フジTV「新報道2001」)
確かにあれは合成動画の匂いがする。

米空母のカールビンソンは対馬沖を航海中でいまにも朝鮮半島に接近する。
いよいよ北朝鮮も追い詰められた。
安倍首相と会談したロシアのプーチン大統領は6カ国協議の再開による対話の継続を提案した。
どの程度本気が分からないが、北朝鮮への石油の輸出を制限する姿勢を示した中国に対し、ロシアは北朝鮮に甘い顔をしている。
中国の後ろ盾を失えば、北朝鮮はロシアに接近するといわれている。
まさに国際情勢は混沌としてきた。

今更話し合いなどしてもまた北朝鮮に騙されるだけだ。
拉致問題を抱える日本としては北朝鮮が暴発してアメリカの金正恩斬首作戦が成功することを祈るばかりだ。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

11:56  |  -北朝鮮  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT