FC2ブログ

2019.02.07 (Thu)


トランプ大統領の演説に否定的な朝日とNHK


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

日米共通の民主党系の愚

トランプ大統領が一般教書演説を行った。
偉大なるアメリカの謳い文句で国民の心を掴もうという狙いだ。

メキシコとの国境の壁建設には民主党が反対している。
しかしメキシコからの違法入国はアメリカにとっては放って置けない問題だ。
幸いにも海という自然の国境に恵まれた日本では想像できない大問題だ。
その日本ですら拉致問題が起こっている。

日米ともに民主党系の似非ヒューマニズムが国を危うくしている。

トランプ大統領は国境の壁建設を公約に大統領を勝ち取ったのだから、トランプ支持の岩盤層を裏切るわけにはいかない。

トランプ大統領
「アメリカの景気回復は速いペースで進んでいる。
経済発展の恩恵を最も受けているのは女性だ。
女性は去年新しく生まれた雇用の58%を占めている」


20190207001.jpg

20190207003.jpg

民主党の女性議員たちが立ち上がって両手を上げて大興奮
女性議員の姿はなんだかなあ。

トランプ大統領
「君たちからの拍手は意外だな、有難う!」

トランプ大統領
「ちょうど1世紀前、憲法改正で女性が投票できるようになって以来、連邦議員の女性議員の数は過去最高だ」


ペロシ民主党議長が立ち上がって両手を上げて民主党の女性議員の起立を求め、民主党議員全員が立ち上がって「USA! USA!」の大合唱。

20190207000.jpg

陽気なアメリカ人の本領発揮だが、日本では野党の女性議員がアメリカ議員の真似をして黒い服を着て抗議することはあっても、安倍首相の演説に熱狂して立ち上がって拍手することはあるまい。

日本も女性議員を男性議員と同じ数にしろという声もあるが、無理な話だ。
数を揃えればいいというものではない。

特に野党の女性議員の品質をみれば絶望的である。

20190207002.jpg

斉木文武(報ステ外報担当デスク)
「ペロシ議長は『国境の壁建設』の予算案に徹底して反対することで、トランプ大統領との政治的駆け引きで最近連戦連勝しています。
今回も野党がペロシ議長の下で一致団結する姿が印象に残り、大統領が向き合う『ねじれ国会の難しさが改めて示された恰好です」


なんとトンチンカンな論評であることよ。

後藤謙次(共同通信社客員論説委員)
「大統領、全体としてやはりご都合主義だなという印象を強く受けましたね」


後藤センセも相変わらず批判することを忘れなかった。

NHKもトランプ大統領に否定的。

NHK「ニュースセブン」(2019/2/6)

ナレーション
「分断と混迷を深めるアメリカに何を語ったのでしょうか」

「今年のトランプ大統領の演説は逆風の中で行なわれました」

「白い服を着た女性議員の集団は女性の権利をアピールする民主党の下院議員達です。
いま下院の多数派は野党民主党が握っているのです」


というイントロに始まって・・・

「ところが演説では移民の脅威を煽る発言が・・・」

不法移民は間違いなく脅威である。

民主党の女性議員全員が立ち上がって一斉に拍手する光景は意図的にカット。

米朝首脳会談は27-28日に予想通りべトナムで開催すると発表した。

トランプ大統領
「私が大統領でなければ、今頃北朝鮮と戦争をしていただろう」


オバマ大統領ならもっと戦争しなかっただろう。
トランプ氏には北朝鮮の金正恩の斬首作戦を実行して欲しかった。
北朝鮮に核兵器を放棄させることに失敗したらトランプ大統領の終わりだ。

石井勇作(ワシントン支局)
「最大の公約である壁の建設という主張そのものはまったく変えていません。
これは民主党に対して協力を呼びかける事で、協力をしなければ民主党側に非があるという理屈を作り出そうという狙いもありそうです。
来年秋の大統領選挙に向けて支持拡大につなげたい考えと見られますけれども、自分の主張に感動して欲しいという以上の具体的な提案はなく、停滞する政治を打開する目途は立っていないと思います」


と否定的。

ただ、米朝会談でトランプ大統領が譲歩をするのではないかという危惧は同感できる。

トランプ大統領は何をしでかすか分らないという不安もあるが、リベラリストの民主党オバマ前大統領よりもマシだと言える。

NHK自論公論(同上)

20190207004.jpg

神子田章博(経済担当解説委員)
「トランプ大統領は一昨日のツゥイッターで『FRBはアメリカ経済の唯一の問題だと発言していますが、私はトランプ大統領の不規則発言こそアメリカ経済の最大の懸念材料ではないかと思います」

高橋祐介(アメリカ担当解説委員)
「ますます内向きになるアメリカ大統領のアメリカ第一主義と私達は向き合わざるを得ないかもしれません」


内向きになるどころか金正恩と会談して安易な妥協をする恐れがある。
北朝鮮の非核化にかかる費用は日本と韓国が負担せよという話もある。
韓国と北朝鮮が一体化して日本に立ち向かおうとしている今、とんでもない話である。

産経新聞社説(2019/2/7)
【主張】トランプ氏演説 北朝鮮に真の非核化迫れ


トランプ米大統領が年頭の一般教書演説で、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との再会談を2月27、28の両日、ベトナムで行うと表明した。
 気がかりなのは、トランプ氏が金氏と会うと言うだけで、会って何をしたいのか、明言しなかったことである。
 北朝鮮の真の非核化へ向けた覚悟こそ、大統領の口から聞きたかった。「金氏とは良い関係」というばかりでは、いかにも心もとない。


朝日新聞社説(同上)
米朝再会談へ 真の成果へ結びつけよ


相変わらず独りよがりが目立つ内容だった。トランプ米大統領が今後1年間の施政方針を示す一般教書演説をした。

朝日新聞の方が「独りよがり」と感情的な表現。
韓国に対して産経社説が怒りを込めたのに対して社説らしい品格に欠けると批判し、朝日社説を褒めたたえた紗鴎一歩などという身元不明なプロ朝日・アンチ産経の評論家はどんな顔をしているか見たいものだ。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

12:05  |  -アメリカ  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2018.11.12 (Mon)


トランプ氏に質問ではなく議論を挑んだCNN記者の愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

日本にも望月衣塑子という記者が居る

新聞記者はゴロツキ同様だと昔から教えられた。
しかし、今や新聞記者はジャーナリストだとカタカナ語で尊敬の念を持って呼ばれている。
でもやっぱり、基本はゴロツキ同様だと思わせるような出来事が多い。

20181112000.jpg

戦場ジャーナリストの安田純平クンは日本政府の努力の甲斐があって健康体で3年ぶりに無事帰国した。
ご同慶の至りである。
彼をゴロツキとは呼ばないまでも、日本政府をチキン政府だと馬鹿にして渡航禁止されていたシリアに飛んだ。
飛んで火に入る夏の虫で、無防備にもテロリスト集団に捕まった。
そしてある時は「助けて下さい。私は日本人です」、またある時は「私は韓国人のウマルです」と言った。
いや言わされていたのだと本人は言うが確かめるすべもない。
「英雄と呼べ」と言われてもいささか躊躇する。

アメリカでは中間選挙を終わってご機嫌のトランプ大統領にCNNのアコスタ記者が質問ではなく喧嘩を売って一発退場、出入り禁止となった。
日本だったら「ジャーナリストの尊厳を傷つけた」と大騒ぎになるところだ。

アコスタ記者はアメリカを目指して行進する難民を、「侵略ではない、移住者のグループが中米から米国に向けて移動しているだけ」とトランプ大統領に議論を吹っ掛けたが、記者会見は議論をする場でない。
質問して大統領の立ち位置を明確にして読者に伝えることだ。

だいいち「移動しているだけ」だというが、彼等難民の目的はアメリカ国に入国することである。
お祭り騒ぎでキャラバンをやっているわけではない。

CNNのアコスタ記者のような、あるいはそれを上回るオバカな記者が日本にも沢山居る。
その一人が菅官房長官の定例会見で質問する、正しくは意見する東京新聞の望月衣塑子クンである。

20181112001.jpg

詳細については触れない。ネットでは周知の事実だからである。

トランプ大統領の出現を言い当てた木村太郎氏は中間選挙では共和党勝利を予測して見事に外した。
上院は勝ったから、半分当たったということか。
その木村氏がCNNのアコスタ氏を批判するFOXテレビの記者の話を書いている。

ヤフーニュース(2018/11/12)
質問せず議論をふっかけたCNN記者 大統領に「挑戦」して跳ね返されたか


米国の中間選挙は様々な波紋を残したが、その中でも記者会見で大統領がCNN記者を「フェイクニュース」と罵り、その後この記者のホワイトハウスへの入構証を取り上げことが問題となっている。当コラムが「ノン・フェイクニュース」を標榜する以上はこの問題を避けて通れないと思って今回取り上げる。

CNN記者「あなたに挑戦したい」

その経緯は日本のマスコミでも詳しく伝えられているので省略するが、注目すべきは問題のCNNのジム・アコスタ記者の第一声だった。

「ありがとうございます大統領、私は大統領が中間選挙終盤で『移民キャラバンは侵略だ』と発言したことをめぐって貴方に挑戦したいと思います」

“質問”か“議論”か

これに対してトランプ大統領は「私はそう考えている」と答えたが、アコスタ記者は「キャラバンは侵略ではありません。移住者のグループが中米から米国に向けて移動しているだけなのです」と反論して大統領に食い下がった。

大統領は「君と私は意見が違うということだ」と跳ね返したのに対してアコスタ記者はなおも大統領に議論を吹きかけ、うんざり顔の大統領が指示して女性の研修生がマイクを取ろうとした時アコスタ記者がその手を払ったのが「暴力行為」だったとして入構証を取り上げられたのだ。

ホワイトハウスの記者団は直ちに抗議声明を出し、マスコミの多くが大統領を批判したが、どちらかと言えばおざなりの抗議や批判のように思えた。

というのも、アコスタ記者はかねてホワイトハウスの記者会見で当局側に議論を吹きかけて会見を脱線させるようなことがしばしばあったからで、一時噂された記者会見のボイコットも忘れ去れた形になっている。

「記者は批判する相手に叩き返される棒を与えてはならない」

そうした中で、トランプ大統領に好意的なFOXニュースでも良識派として知られるベテランのクリス・ウォレス記者はツイッターで「アコスタの振る舞いは恥ずべきものだった」と批判し、後にテレビでも次のように語った。

「アコスタ記者は質問ではなく議論をふっかけていた。彼は同じ質問を繰り返し他の記者の質問の機会を奪っていった。合衆国大統領は彼に「座れ」と言ったのに彼は拒否した。記者は結束しなければならないものだが、アコスタを支持する気にはなれない」

ウォレス記者も同業者としてその指摘には遠慮もあったように思えるが、マスコミ研究で知られる組織「ポインター」はそのニュースでより厳しい批判を繰り広げた。

「我々はジャーナリストが真実を追求するために質問することを求める。しかし記者会見でのアコスタ記者の場合は質問ではなく、意見を陳述するものだった。 そうすることによってCNNの記者はトランプ大統領に彼の職業的成熟度を疑わせるような隙を与えてしまった。(中略)これは大統領を弁護するものではない。ただ記者が批判する相手には叩き返されるような棒を与えてはならないということだ」

アコスタ記者はトランプ大統領に「挑戦」して、ものの見事に跳ね返されたということではないのか。
(執筆:ジャーナリスト 木村太郎)


日本では東京新聞の望月衣塑子記者が野放し状態で、真っ向から批判するジャーナリストの声を聞いたことがない。

20181112002.jpg

東京新聞の先輩の長谷川幸洋氏があきれ顔で批判しているくらいである。

日本は戦後、アメリカから民主主義を学んだが、まだ根付いていない。
むしろ最近は民主主義を錦の御旗に掲げて、真の民主主義を阻害するメディア、評論家、学者、似非市民が増えている。
まあ、国会の野党の質問を聞いていれば、日本はまだまだ民主主義社会には程遠いと痛感する次第である。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

12:59  |  -アメリカ  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2018.11.09 (Fri)


米中間選挙 トランプ大統領が「大成功だった!」と言ったワケ


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

後藤謙次センセが失言 

アメリカの中間選挙で共和党は下院で民主党負けたのに、トランプ大統領が「大成功だった!」というのはおかしいと日本のメディアは批判した。
8日のテレ朝「報ステ」で、現地を取材した富川悠太キャスターがトランプ大統領の勝利宣言の理由を説明したが、その時の後藤謙次(ジャーナリスト)が思い込みのコメントをして徳永有美アナがカバーした場面があった。

テレ朝「報ステ(2018/11/8)
トランプ氏 "勝利宣言" の理由


20181109000.jpg

富川悠太
「取材でCNNの記者が下院は共和党もトランプ大統領もが負けるのは分かっていたと言っていた。
だから共和党は下院を捨てて上院で勝負をかけた。その勝負を掛けた上院で過半数を維持したどころか3つ議席を伸ばしたということは大成功ではなかったかと。
テネシー州に行ったが劣勢に立たされていたマーシャさんがトランプ大統領が行ったことで物凄く盛り上がって、マーシャ候補なんて喋ったのは一分ぐらい。
応援演説というよりトランプ大統領の大統領選に向けた演説のようになっていて、会場が大盛り上がりだったということだ。

20181109003.jpg

大票田のフロリダ州やオハイオ州はいつも大統領選で割れる所だけど、2020年の改選に向けて今回は・・・

20181109002.jpg

富川
「大成功だったということになるんですねえ!」

後藤謙次(ジャーナリスト)
「トランプさん、非常に選挙上手ですよね。
遊説先の9人勝った所は恐らく勝てると踏んでる所に行ってるはずです

そのコメントを打ち消すように・・・

富川
「劣勢な所でもトランプ大統領が行って、グッと伸びた所があるんです」

後藤謙次(ジャーナリスト)
「あー、そうなんですか」(^^ゞ

富川
「共和党支持者からすると、もうトランプ大統領は大スターで、実際に共和党候補の支持率が上がったという所があるんですね。人気はあるんです」

徳永有美
「なるほど、そう思うとやっぱり2020年の改選に向けてという所がトランプ大統領の目には映っているということですね」

後藤
「そうですね。2年前に当選した時から言ってましたからね。それが続いているという事ですね」

徳永
「はい」

富川悠太がイビリ出したという小川彩佳アナ(33)の代わりに登用された不倫略奪婚の徳永有美(43)の咄嗟の機転に救われた「ギリギリセーフ」の後藤センセイ。

良かったですね。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

01:15  |  -アメリカ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2018.10.22 (Mon)


人間には男と女しかいないとしたトランプ大統領に賛同


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

LGBT祭りに迷惑しているのはLGBTの当事者だ

トランプ大統領が生まれた時の性別で男女を限定する法案を検討しているという。
原則的に人間には男と女しかいない。

大方の誹りを承知の上で申せば、大賛成である。
人間には男と女しかいない、以上、ピリオド。
しかし何事にも原則には例外がある。
LGBTは例外として認めよう。
ただし例外が大手を振って同性婚を認めろどと言い募り、一部の自称リベラルな政治家やマスメディアが大騒ぎして政治問題化するのは間違いである。
本物のLGBTにとっても迷惑千万な話でしかない。

AFPBB News(2018/10/22)
性別は「生まれつき不変」で男女に限定、米トランプ政権が定義付け検討


【AFP=時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)は21日、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米政権が「ジェンダー(社会的性別)」の定義について、生まれ持った生殖器によって決まる生物学的性別に限定し、不変なものと位置付ける法案を検討中だと報じた。
 ニューヨーク・タイムズが入手したメモによると、米保健福祉省は、政府の助成する教育課程においてジェンダーに基づく差別を禁じた連邦公民権法の下で、法律上の性の定義を規定しようとしている。
 保健福祉省の提案するジェンダーの定義は、今年の春ごろに起草され回覧されていた草案によれば、性別とは男性か女性のいずれか一方とされ、「生まれた時または生まれる前に確認された不変の生物学的特徴に基づく」と規定している。また、「出生証明書の原本に記載された性別は、信頼できる遺伝的証拠による反証がない限り、個人の性別の決定的証拠とみなされる」としている。
 保健福祉省は、この定義を教育省、司法省、労働省でも適用し、政府内で統一性を確立するよう呼び掛けているとニューヨーク・タイムズは伝えている。
 トランプ政権は性的少数者(LGBTQ)の権利保護を少しずつ後退させる政策を推進している。トランプ大統領は、心と体の性別が一致しないトランスジェンダー(性別越境者)の米軍入隊や同性愛者の就労差別を禁じた法律に否定的で、企業や店舗が宗教的信条に基づき同性カップルへのサービス提供を拒否する権利を擁護している。


FNNニュース(同上)
「トランスジェンダー」行政上認めぬ? トランプ政権が検討と米紙


アメリカのトランプ政権が、また1つ、時代に逆行する決定を行う可能性が報じられている。
性的マイノリティーの1つ、トランスジェンダーの権利を認めない方針をトランプ大統領が固めようとしていると、地元紙が伝えた。
ニューヨーク・タイムズの電子版は21日、アメリカ厚生省が「性別」について、「出生時に識別できる生物学的な身体的特徴」と定義する方針を検討中で、年末までに決定する見通しだと伝えた。
決定されれば、心と体の性が異なるトランスジェンダーの存在を行政上否定することになり、記事は、「生まれつきとは異なる性別を選んだおよそ140万人が、政府から存在を認められなくなる」と指摘している。
トランプ政権としては、中間選挙を前に、保守層の支持を固める狙いがあるとみられる。


「決定されればトランスジェンダーの存在を否定」といっても、現に存在しているのだから否定しようもない。
ただ行政上の特典を認めろと言われてもそれは無理だろう。
性別は基本的に男と女しかないのだから、はい、なあたはLです、Gです、Bですと規定しても意味はない。
戸籍制度のないアメリカですらトランプ大統領の「検討」を大問題にしているのだから、戸籍制度という立派な制度のある日本では「レインボウ運動」などという海外の動きの猿真似はしないで欲しい。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

19:38  |  -アメリカ  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2018.09.13 (Thu)


トランプ大統領の暴露本に悪乗りするテレ朝の愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

トランプ大統領の悪口を言ってどうする

 テレ朝は11日にアメリカで発売されたトランプ大統領の秘密を暴露した本をネタにトランプ大統領を揶揄し、根も葉もない言いがかりを付けていた。
同盟国の大統領を腐して面白がって何の意味があるのか。
安倍首相と親密な関係にあるトランプ大統領を見下すことで総裁選を控えた安倍首相をイメージダウンさせようとする朝日新聞の思惑が見え隠れする。

テレ朝「羽鳥慎一モーニングショー」(2018/9/13)
衝撃 暴露本に"正恩氏暗殺計画" 米朝会談に暗雲も

宇賀なつみ(アシスタント)
「伝説の記者が書いた暴露本ということでトランプ政権に激震が走っているようです。本のタイトルはFear(恐怖)で副題は『ホワイトハウスのトランプ』。
今月の11日に発売されたばかりで既に爆発的な売り上げです。すでに100万部、ネット通販でも一位。
著者は伝説のジャーナリスト、ボブ・ウッドワード(75歳)。ワシントンポスト紙の記者」

玉川徹
(ニクソンを辞任に追い込んだウォーターゲート事件を例に)
「今回の情報提供者は誰か分らないけれど、かつてはホントにそういうことがあって大統領が辞任に追い込まれたという実績と比べてみても、この本の信憑性が高いということをアメリカの人はみんな前提で見るわけだ、多分」

・・・と例によって熱弁。

ウォーターゲート事件はディープスロートという仮名の告発者が居たが、なんだか似たようなポルノ映画があったような。

それはさて置き、トランプ大統領は韓国から在韓米軍の家族を帰還させるとツイートしようとして側近が戦争になるからと必死に止めたとか。
トランプ氏はどこまで本気なのか分からない。そうやって観測気球を打ち上げて北朝鮮の反応を見るという戦術ではないのか。
側近が必死になって阻止したというのもフェイクかもしれない。

あぜん 思考能力は「小5レベル」在韓米軍の意義知らず

小西克哉(国際ジャーナリス)
「トランプ大統領は感情に基づいて攻撃するということは分かっている。そのままほっといたらエライ事になる」

玉川
「北朝鮮(金正恩)の斬首作戦をやると言われていて、そんな事やったら大混乱になると私なんか思ってたけど、軍の人達はとんでもないと思ってた。大統領は『やれ』と言ったからそのレベルだ、大統領は」

「トランプは一日6時間以上テレビを見ている」


ホンマカイナ。

小西
「情報源の人が言ったと出てしまっても、トランプは(この)本を読まないだろう。文字読まないから。FOXニュースでやったらまずいんだよね」


ここまで馬鹿にしていいものか。

玉川
「トランプだけじゃない。トランプの支持者も読まない。自分にとっていい情報しか入れないという所は日本人の中にも居る」

小西
「特にネットを見る人はね。右だったら右のブログしか見ない。左の人は左だけだ」


いやいやこのブログにも「安倍シネ」とか「お前は北朝鮮に帰れ」(?)「サリン撒くぞ」とか結構コメントが来るのだが。

中林美恵子(政治学者、早稲田大学教授)
「そんな事言っていないという人もウッドワードさんが記録を持っている。これはトランプさんにとって分が悪い」

小西
「トランプさんは『それは想像するにヒデエ本だな』と決めつけている」


20180913003.jpg

宇賀なつみ(アシスタント)
「1月19日の国家安全保障会議で、トランプ大統領は突然『アメリカは何のために自腹を切って朝鮮半島に軍隊を派遣してるんだ!』と言った。そこでマティス国防長官は子供を諭すように『第3次世界大戦を防ぐためですよ』と教えてあげた。この会議後にマティス長官は『大統領の思考能力は小学6年生・・・いや5年生レベルだ』と」


ここで玉川がウンチクを傾ける。

20180913002.jpg

玉川徹
「何でアメリカが世界の警察をやる必要があるんだという話は前々からアメリカにもある。だからどんどん派遣を後退させていいんじゃないかという風な考えが裏にあってもおかしくはない」

高木美保
「いやいや、初歩的な事をポロッと言ったら深く解釈されるようなラッキーな時がある。多分そっちじゃないかな」

小西
「アメリカが全部引上げちゃったら、問題は解決すると思ってる所がやっぱり考えが浅い」


サイバーテロについて話をしたいと対テロ対策補佐官がトランプ大統領に申し入れたら、トランプ大統領は「それよりマスターズの中継を観たい」と言ったとか。

重要な資料が無くなっても気が付かない、部下に暴言を吐く。

小西
「ホワイトハウスはパワハラの牙城だ」

中林美恵子(政治学者、早稲田大学教授)
「ホワイトハウスの情報がダダモレだ。日本は特に日本はアメリカを頼りにしているからアメリカの政権がガタガタしている事自体に危惧を覚える」


ここで、また玉川が口を挟む。

玉川徹
「もしかすると、アメリカがこうなったのを奇貨としてアメリカにベッタリ依存するような所から日本は脱却しないといけないかも知れない。だから安倍総理が中国の習近平代表とああいう風に交渉をもって行くのは非常にいい事だとボクは思ってる」


同盟国のアメリカを差し置いて日中首脳会談をすることには賛成できない。まだその時期ではない。

小西
「知識もなく勉強もせず大統領になったのがよく分かった」


以下「中間選挙の結果次第では "クビ" に?」というタイトルで続いていったが省略。

それにしてもアメリカで発売された暴露本に悪乗りしてトランプ大統領を叩くのはいかがなものか。
朝日新聞、NYタイムズなどの日米の政権批判を売りにしているメディアはそれぞれの国にとって癌であることがよく分った番組であった。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2







テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

18:24  |  -アメリカ  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT