FC2ブログ

2018.09.29 (Sat)


「Hanada」 11月号は闘う安倍首相に期待


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

安倍首相でなければならぬこれだけの理由

20180929001.jpg

安倍政権の真実 官房長官が初めて明かす(菅 義偉)

「Hanada」11月号の読みどころは何といっても菅官房長官の「安倍政権の真実」だ。
菅氏が如何に毎日、身体を鍛え、仕事をし、安倍政権を支えているかがよく分る。
安倍4選が不可能な場合、菅官房長官こそ最適な総理候補だと思う。
もっとも本人にはその気が無いようなので残念だが。

「私は天下統一を成し遂げた豊臣秀吉に仕え、ナンバー2に徹した弟、豊臣秀長の生き方を参考にておおります。今後も、安倍総理をしっかりサポートしてまいります」

と最後に結んでいる。

安倍晋三氏が総理なる前から安倍氏を支え、総理になってから今迄ずっと支えてきた経緯を、成立させた重要な法案、人事、外交などについて語っている。

「安倍総理は残り3年駆けて、駆けて駆け抜ける」(対談: 小川榮太郎、谷口智彦)

安倍総理は戦後初めての主体的な外交を展開している。

「これしかないという意味での日本外交を、初めて本格的に進めたのが『安倍外交』なのではないか」(谷口)

「巨大メディアがマイクを握って無理論な『反安倍』を煽動し続けているため、防戦しなければならない状況が、もう6年続いた。
次の3年は、一部の保守論壇がメディア批判をしているだけで終わってしまうようなことはあってはならない。そんな余裕はもうないのだ、という強い思いと焦りが、私にはあります」(小川)

「総理はふたつの国難があると言った。一つは周辺に非友好的な核保有国・軍事大国を複数擁しながら、どう対外関係をマネージしていくかという『国難』。
そしてもう一つが、少子高齢化という『国難』です。しかし、国民のどれだけが、これらについて議論が深まったと感じているのでしょう。その後の国会は、ひたすら『モリカケ』に時間を空費したわけです」(谷口)

「与党の政治家なら、総理ができない、手が回らない部分をいかにして支えられるかと考えるのが当然であって、それが出来ずに『後ろから鉄砲を撃って野党やメディアに媚びを売る』ような政治家は、その "見通しの悪さ" と "道徳の欠如" において、批判をせざるを得ない。
 私が石破氏や小泉進次郎氏を批判するのはそういう観点からであって、何も安倍総理の対抗馬が出てきたから政局上、叩いておこうなんて気持ちはこれっぽっちもありません」(小川)


そう言えば今日の⇒産経新聞阿比留瑠比論説委員が「自由気ままな船田元氏」と書いていた。

先の総裁選でただ一人白票を投じ、安倍首相の憲法改正案を「姑息な手段」と反対した。
かつては、畑恵との不倫騒動で「政界失楽園」だと揶揄された。衆院憲法審査会に自民党推薦として長谷部恭男早大教授を招いて国会を混乱させた。4月に都内の講演で「このまま続いたら安倍三選はない。総裁選前に首相を辞めざるをえないのでは」と言いたい放題。
そのくせ・・・

「かつての自民党にあったような、自由闊達(かったつ)な議論を復活させ、多様性を認める状況を少しでも作り出してほしい」

とは「その思考の自由さについていけない」と揶揄されていた。
他にも自民党には安倍首相に公然と盾を突く村上誠一郎などという議員が居る。

明日はいよいよ沖縄の命運を決める県知事選。
当然それは日本の命運と重なり合う。

そんななかで・・・

「沖縄二紙よ、『普天間から逃げるな』(比嘉 真)

かつてはオール沖縄の翁長知事そして今度は玉城デニー候補を応援する沖縄二紙。
沖縄タイムズは「辺野古から逃げるな」と書いたが、いまこそ「普天間から逃げるな」だろう。

是非ともお求めの上、ご一読を・・・

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

18:21  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2018.09.03 (Mon)


加地伸行著「マスコミ偽善者列伝」が痛快!


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

左翼を古典古典(コテンコテン)の痛快本ご紹介

20180903002.png

言論誌「WILL」の巻頭コラム「朝四暮三」の筆者である加地伸行氏の原稿の一部をまとめた本が出版された。
これはもう読むしかない。
ちなみに10月号の「朝四暮三」はオウム信者の死刑執行は「日本人全員が人殺し」と言いながらそうでもないような青木理に「ドッチャネン」と大阪弁で痛烈に批判している。

「フワフワとした言葉遊び」で毎日新聞の読者の死刑支持者のご機嫌を取っている。
「そういうヤワな精神でジャーナリストが務まるか」


と。

本書の主張は日本人の昔ながらの正しい大和魂の叫びであり、戦後の間違った民主主義教育で日本人の昔からの美しい心が失われてしまったことに対する鉄槌とも言える。
表題には中国の古典が引用されている。

序章では浜矩子や瀬戸内寂聴を取り上げて滅多切り。

「近頃、立憲主義とやらのことばを有り難がっている連中がおり、『国民が国家(公務員等を含め)に勝手なことをさせないように縛りを掛けた内容や表現が憲法だ』などと称しているが、それはフランス革命に始まる一つの考え方にすぎない」

と国家と国民の関係を説き、左翼を斬る。

「反安倍なら何でも許されるのか」として・・・

「安倍首相の所論を確かめることもなく、動機を勝手に特定しての噂話の散撒(ばらま)き。こんなレベルの低い者が、学生に徹底的に論理性を鍛える大学教授を勤めることができるのが不思議である」

「彼らの愚説愚論を、以下、山ほど引いてご高覧に供した。読者諸公よ、他人についての悪口を聞くのは楽しいことでござるぞ。左筋の連中が、いかにご都合主義であるか、いかに頭が悪いか、はたまた空っぽであることかということをじっくりお示しいたしたい」


つまり一言で言えば左筋に対する猛烈な批判と軽蔑である。

内容の一部から・・・

「次の項目から最も罪深いものをひとつ選びなさい。

①従軍慰安婦
②従軍看護婦
③従軍漫才師
④従軍記者

正解はもちろん④である。かつて当時の毎日新聞の従軍記者は、二人の日本人将校の中国での百人斬りという、ありえない裁判ですぐ死刑となった。
そうした記事の責任など、どこ吹く風。戦後、この記者は中国の保護をうけて暮らしたという。
さて謝罪後の朝日新聞、今後その体質は変わるのか。断言しておこう<変わらない>と。
なぜか。そのわけを言おう。


加地氏もご存じだと思うが「従軍慰安婦」という言葉は当時存在しない。
それと「百人斬り」の将校の遺族が毎日新聞、朝日新聞、本多勝一らに対して起こした名誉毀損裁判での弁護士を務めたのが稲田朋美議員である。残念ながら敗訴となったが。

「日本で話題のヘイトスピーチを念頭に、コメンテーターの岸井某(毎日新聞)がこう被せる。
日本の右傾化、元凶は安倍首相と暗示しつつ、やがて出る戦後70年の安倍談話の内容へのいち早い予防攻撃。
それを物知り顔にヨイショとまわりに、でっぷり肥えた寺島実郎、痩せた姜尚中、その他の雑魚二匹のチンドン屋演芸だった」


その岸井某ももう居ない。沖縄県知事の翁長某ももう居ない。

安倍総理が三選され、果たして憲法改正の道筋ができるだろうか。
日本の運命はここ1-2年にかかっている。

なお蛇足ながら本書は定価1500円。
アマゾンのKindle版で購入すれば1,264円なので約200円お得である。
その上、書架を圧迫することもなくお勧め。

マスコミ偽善者列伝 建て前を言いつのる人々」(加地伸行 飛鳥新社 2018年8月)

【目次】
序章 薄っぺらな国家批判浜矩子の言説を例に

第1章 教育

高等教育は不平等に
奨学金は能力に応じてだ 澤地久枝の言説
「国歌・国旗拒否」教員は幼稚園に学べ 浅井基文の言説
フェミニストに欠ける「知恵」樋口恵子の言説
大学の権威を地に墜とした活動家
左翼大学員教員ーわけ知り顔に言うのは楽
わが家の「踏み絵」に思う
謙虚に他国から学習する日本人の心
日教組と道徳教育とー梅雨に感謝する意味
家庭崩壊に対するには道徳教育しかない

第2章 貧困・格差と社会保障と

社会保障を「損得勘定」で語る識者の愚
増税で福祉の財源を賄うなー財務省流の一体改革
自由の敵・格差是正論者ーピケティブームの愚
貧困を煽る左巻き・似非者の生き方
少子化問題の本質を忘れたリベラル 湯浅誠の言説
国の致命傷となる生活保護「促進」
貧困なる公共世界 桐生夏生の言説
貧乏は悪かー増え続ける経済難民

第3章 マスコミ

目標を失い漂流する朝日新聞
朝日を弁護する偽善者たち
永久謝罪論というファシズム 山崎正和の言説
学問の自由を阻害する反日派団体と植村隆支援者
「歴史修正主義者」のレッテルは権力闘争の道具
ヘイトを扇動するのは誰か?岸井成格の言説
神聖化される沖縄二紙の無残
無芸大食と化すコメンテーター
悪業がモットーなのか前川喜平の言説
客観性なく空虚よことばー寺島実郎の言説
池上彰的物識り顔を克服するには

第4章 憲法

「立憲主義」派の論理破綻 小沢隆一の言説
「その時だけの絶対反対」の法律感覚
矛盾の極地の憲法前文
近代憲法は経典なのか 島田雅彦の言説
左筋には憲法違反も許される 長谷部恭男の言説
日本共産党は改憲勢力である

第5章 戦争

一面的戦争観を煽情に使うな 米谷ふみ子の言説
護憲チンドン屋 鈴木邦男・なかにし礼の言説
安物インテリの「絶対反対」の笑止
空理空論の反戦騒ぎ 加藤典洋の言説
日本学術会議の論理性欠く軍事研究反対

第6章 政治家

民主党鳩山政権は平成の王莽だった
小沢一郎の貪婪
礼を学ばざれば立つなしー民主党政権の不敬
海江田万里の下手な漢詩
福島瑞穂よ、社民党の空理空論は中国相手に生かせ
都知事辞職で見過ごされた政治報道の質
日本は二大政党にならない
立憲民主党に希望なし
「瞬間芸」に終わった小池百合子

第7章 宗教と儀礼と

大道が失われ、亡国へと進む
殯(もがり)の意味と皇室火葬とへの誤解
政教分離の初歩 平野武の言説
沖縄と皇室と
わが国を貫く変不変の真理
日本人の宗教意識は健在

終章 老生の立場について



↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2







テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

00:18  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2018.07.30 (Mon)


自民・和田議員の新著「嘘の新聞と煽るテレビ」はおすすめ


↓↓↓クリックをお願いします

政治ランキング

パヨクメディアを滅多切り

2018073001.jpg

自民党の和田政宗参院議員が新しい本を出した。
題して「嘘の新聞」と「煽るテレビ」
新聞もテレビも嘘を付き、煽るから似たようなものだが、新聞がフェイクニュースを出し、同じ系列のテレビが煽るという日本のメディア界の現状では正しい。

ネットの世界ではおなじみの情報満載だが、一冊の本に纏められたことに意味がある。
反日メディアと野党が二年近く追求して来た森友学園問題で彼らが意図した安倍首相と昭恵夫人の関与がなかった事が証明されたと同時に、誰がいつどこで空騒ぎしたのかの記録として貴重である。

本書で指摘されたフェイクニュースの発信メディア、偏向キャスター、学者などなど(順不同)

●日本が韓国に侵攻したテロップを出したNHK「あさイチ」、「731部隊」「沖縄と核」のNHKスペシャル、「女性国際戦犯法廷」等々

●東京新聞の「高校生未来会議」記事にコメントした中野晃一(上智大教授)と成田憲彦(駿河台教授)

●週刊誌ネタで長時間執拗に下らない質問をする東京新聞の望月衣塑子記者

●沖縄タイムズ、琉球新報の「土人記事」、のりこえネット辛淑玉、過激派山城博治偏向BPO・・・

●左翼系ニュースサイトのリテラ

●安倍首相と対談中、落としたイヤホンから「二人でモリカケ!」とディレクターの指示が漏れてしまったNews23の星 浩雨宮塔子の放送事故

●安倍首相をやり込めようと質問した毎日新聞の倉重篤郎専門編集委員と朝日新聞の坪井ゆずる論説委員。

 「私は彼らの質問を聞いていて、ジャーナリストとして大丈夫かと疑問を感じるとともに、メディア出身者として恐ろしくなりました」(101頁)

●テレ朝「報ステ」の党首討論で「憲法改正についてあまり自民党内で議論のないまま公約に持ってきた」と安倍首相に質問した後藤謙次と、「議論が分かれている」とした富川悠太(キャスター)の事実誤認。

後藤謙次の「有効求人倍数が上がったといっても、日本の総労働人口が減っているから上がって当たり前」の事実誤認発言。

後藤氏は数字の誤認も含めて、経済が苦手なのでしょうか。であれば、視聴者のためには自身がよくわからない分野についての不用意な発言は控えるべきですし、コメンテーターをお辞めになってはどうでしょうか」(106頁)

●同討論会で志位和夫共産党委員長が安倍首相の冒頭解散を批判したが、首相に「都議選後、直ちに民意を問うべきだと言っていたではないか」と反論され「そんな要求はしていない」と嘘をついた。

●TBS出身の杉尾秀哉民進党(当時)の参院予算委員会での「安倍総理の応援団の産経新聞、読売新聞」発言。

メディアを安倍政権の敵か味方で分ける杉尾氏の発言は、単なるレッテル貼りに過ぎません。メディア出身者が、公の場でよくこんな発言ができるなと呆れた事を覚えていますし、こうした人物がメディアにいたことが怖い」(104頁)

●テレ朝「羽鳥慎一モーニングショー」の玉川徹コメンテーターが、自民堅調という世論調査に対して、嘲笑しながら「安倍総理は辞めなくていいんだ」「森友・加計問題は日本人は関係ないんだ」とコメント。

「この国民を小馬鹿にした上から目線のコメントは、論評の域を超えて印象操作に近い発言と言えます」(108頁)

●報ステで各党の総裁・党首の演説を紹介する際、なぜか立憲民主党の枝野代表の演説が一番初めに紹介された。

●虚偽を織り交ぜたニュースサイト・リテラ、元朝日新聞デジタル編集部の古田大輔氏が創刊編集長のバズフィード・ジャパン、朝日新聞合弁のハフポスト、など朝日新聞が左派系のネットメディアを作り出していることに注意。

森友学園問題は高橋洋一氏が早くから指摘していたように、近畿財務局のチョンボであり、近畿財務局と籠池学園理事長との土地価格に関する抗争に過ぎなかったという事だ。
しかしその発端は福島瑞穂議員と親しい豊中市の木村真市議が「右翼系の塚本幼稚園が豊中市に極右の小学校を作るらしいから潰さなあかん」と動いた事にある。朝日、毎日、野党の執拗さもそこにあると和田氏は書いている。(155頁)

安倍政権を倒したいという執念だけで確証もなく森友学園問題を取り上げてきた反日メディアと野党。
財務省の腐敗を明らかにしたものの結局のところ一時的に下がった安倍内閣支持率を反転上昇させてしまった。
国民はそれほど馬鹿ではなかったということである。

最後に本書にひとつだけ注文を付けたいことがある。
内情を知る古巣のNHKをかなり批判しているが、まだ甘さが残る。
受信料制度を義務化せよと言っているが反対である。
いまでも受信料を強制的に徴収して拒否すれば裁判沙汰にしているではないか。
社員は高給取りだというし、巨額のコストで大河ドラマや朝ドラを作っているが、一度も見たことがない。

NHKは公共放送と称しているが、いっそのこと国営にして日本の正しい主張を正確に海外に発信する放送局とすべきと考える。
(現在のNHK海外向け放送は大いに偏向していると聞く)
さもなければスクランブル放送にして、受信料の強制徴収や視聴者相手の訴訟を止めるべきである。

「実はNHKはセクハラ・パワハラが非常に多い組織なのです。もし、これが国会審議で全部明らかになったらNHKはつぶれるでしょう」(41頁)

和田議員には是非とも国会で明らかにして頂いてNHKを潰してほしい。



>



ランキングに参加しています。
↓ ↓ ↓ ↓


FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:14  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2018.07.28 (Sat)


「朝日も野党も要らない」とHanada9月号


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

偏向メディアの罪を糺す雑誌を読もう

2018072801.png

「Hanada」9月号は総力大特集「朝日も野党も要らない!」100ページ

籠池前理事長の長男と小川榮太郎氏の対談、藤原かずえ氏の内閣支持率調査の偏向などなど本号も読みどころ満載。

籠池長男が反省告白「両親は安倍総理夫妻に謝れ!」(小川榮太郎・籠池佳茂対談)

想像はしていたものの、籠池夫妻と長男が野党や反日メディアに取り込まれて行く様子が生々しい。
最初は籠池氏の保守的な教育に否定的だった反日メディアは籠池氏が反安倍政権に傾くにつれて支援者と化した。
中でも菅野 完が上手く籠池家に取り込んで事を運んだことが明らかになった。
稲田朋美議員が防衛大臣を辞任した時には(嬉しくて)「父においおい泣きながら電話して来た」そうな。
民団から4000万円も籠池夫妻の訴訟費用を出させたとは事実だとすれば驚きだ。
ご長男はこれを知って菅野との縁を切ったという。

「内閣支持率調査」 公平なのはFNN・産経(藤原かずえ)

モリカケ問題について・・・

「まさに特定野党が政権に対して人格攻撃を行い、特定マスメディアがそれを容認してさらなる人格攻撃を行うという、反則レスラーと悪徳レフェリーがタッグを組んだようなおきまりの協働作業が行われているといえます」

「特定野党と特定マスメディアがこのような傍若無人な振る舞いを堂々と行うのは、それを見ている国民の一部がこのような振る舞いに簡単に騙されて、一時的に内閣支持率を下げて内閣不支持率を上げるという【外発的インセンティブ】があるからです」

「2015年の安保法案審議、2017年のモリカケ・自衛隊日報事案、2018年決算文書改竄事案は、特定野党と特定マスメディアにとって、この負のスパイラルを実現させた典型的な成功体験であったと言えます」


各社の世論調査のグラフを比較分析して・・・

「内閣支持率の世論調査については朝日新聞が飛び抜けて低く出るメディア」

「朝日新聞は10社に1社程度しか存在しないレベルの偏向メディア」

「日本テレビの世論調査には、選りすぐりの寛容で騙されやすい人物が回答している可能性がある」

「極めて中立的な内閣支持率・不支持率の値を提供しているのがFNN・産経新聞」
等々。

報道各社は内閣支持率の調査方法、およびデータ処理手法の詳細を開示せよと要求している。

原稿締め切りの都合で、内閣不信任案を出した枝野立民党代表の長時間演説、LGBTを巡るパヨクの杉田水脈議員バッシングなどが間に合わなかったのが残念。


>



ランキングに参加しています。
↓ ↓ ↓ ↓


FC2バナー2



テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:43  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2018.07.13 (Fri)


言論誌「正論」8月号は読みどころ満載


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

安倍総裁が三選されなければならないこれだけの理由

正論8(1)

本誌を取り上げて、まず読むべきは加戸守行前愛媛県知事の寄稿文だろう。
獣医学部新設の認可が降りるまでの悪戦苦闘と利権をめぐる政治家や獣医師会の暗躍が暴露されている。

加計問題の"無実" 全てを語る
獣医学部は愛媛県の悲願だった(加戸守行
)

昭和41年以降、獣医学部の新設はなかった。愛媛県は特区申請をしても15連敗だった。農水省と文科省が定員を抑制した。
しかし真の原因は獣医師会と獣医師政治連盟が既得権益を守ろうとしたことにある。
石破4条件で日本獣医師会とが既得利権を守ろうとしたことは明らかになった。

しれ以前の民主党政権時代に出来た獣医師問題議員連盟は獣医師の城島光力氏が会長、事務局長が玉木雄一郎、幹部に福山哲郎。この二人は獣医師政治連盟からそれぞれ100万円の政治献金があったことは周知の事実である。

加戸氏は最後にメディアに「いつまでやっているのか」と苦言を呈している。

「安倍政権を追い詰めるという自分たちの思惑に目が眩んで、都合の悪い事実から(ママ)目を向けず無理筋でも自分達に都合の良い事実をつなぎ合わせてみたり、疑惑を手当たり次第に並べ立てているようにしか見えません。いつまでそんなことをやっているのか、という思いがしています」

特集「小泉純一郎研究」のなかで必読なのは足立康史議員の・・・

進次郎は父親を越えられない(足立康史 日本維新の党)

足立議員独特の辛口批判が面白い。

「進次郎さんには腹が立つ」というサブタイトルで進次郎を滅多切り。
新潟県の知事選で自民党が応援を要請したにもかかわらずに断ったのは反党行為であり、野党を助けた反国益行為だとし、それでも自民党が勝ったことは進次郎に頼らなくても厳しい戦いに勝てることが証明されたと批判。
進次郎は運に見放されており、そのような人は国家全体を不幸の道に導く可能性があるという。
一番ダメなところは勝負に出てこない事。安保政策や外交政策の取材は受けないし論破される可能性があるテレビ討論番組にも出ない。周囲もマスコミも彼をつぶしたらアカンと必要以上に甘やかしている。
安倍首相は辛酸を舐め、強くなったからトランプ、プーチン、習近平、金正恩と堂々と渡り合っていけると。

確かに最近のシンジローの行動は党員として目に余るものがある。
新潟票知事選では客寄せパンダの要請を断られても勝った。
副幹事長の大役を安倍首相から与えられたにもかかわらず、最近の反党的行為には許せないものがある。

シリーズ「日本虚人列伝」(三浦小太郎)
「姜尚中」北朝鮮を擁護し、同胞の人権を軽視する平和主義者」


TBS「サンモニ」のコメンテーターであり司会の関口宏がオーナー「三圭」の社員である姜尚中センセイ。
徹底的にたたかれている。論評するのもおぞましいので、そのサブタイトルと結語だけご紹介。

●文世光への「共感」に見る「在日像」のゆがみ
●あるがままの「収容所国家」北朝鮮の肯定
●脱北者の現実からも目を背ける姜尚中
●人権侵害を見て見ぬふり
●帰国事業に悲劇にも触れず

姜尚中の言説は、北朝鮮独裁政権とそれに従属する韓国の太陽政策、そして極めて貧しい在日像の「生存」に寄与するものに他ならない。


大特集「ここでしか読めない米朝首脳会談の真実」は櫻井よしこ、田久保忠衛、高村正彦、島田洋一氏らの座談会「在韓米軍撤退の現実味 対馬が"38度線"に」

米朝会談について・・・

「成功か失敗かと聞かれれば成功」(高村)

「成功か否か現時点では判断できない」(田久保)

「米朝戦争の危機が取り敢えず回避されたので首脳会談が開かれたのは良かったが、米国が北朝鮮に配慮し過ぎた」(櫻井)

「ホルトンとポンペオのどちらが主導権を握るかがポイント」(島田)

「『日本はいざという時には立ち上がる国だよ』ということを示すために憲法改正は実現すべき」(田久保)

「ボルトンに期待する。ボルトン氏の応援団になり得る存在は安倍政権だけ。日本が最後の頼り」(島田)

「トランプは外交と安全保障の知識を欠き危うい。アジアの運命をより良い方向へ導くのは安倍総理の役割。日本は軍事力と経済力が必要。そのためには憲法改正を」(櫻井)

「外交に精通した安倍さんという総理大臣を持ったことは日本にとって幸運」(高村)


なるほど!

安倍総裁の三選は必須である。

【お詫び】PCダウンのため別のPCで書いています。
システム回復と過去データの復旧に時間がかかりますので内容の不備をご諒承下さい。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2




テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:45  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT