fc2ブログ

2021.09.02 (Thu)


ジェンダーレスの洋服はお化けの着る洋服だ


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

4年後にはジェンダーレス五輪の開催を

ユニクロは支那に虐待されているウイグル族が生産した綿を使った製品を販売しているとしてアメリカが輸入を禁止した。
しかし日本ではそういった話は聞かない。

日本国内の人権問題には五月蠅いリベラル左翼も、知らぬ顔の半兵衛である。
これは支那と日本のサヨクがつながっている証拠と言える。

31日、ユニクロの競合店H&Mがジェンダーレスのデザインを発表したとTBSニュースが伝えた。

ジェンターフリー運動も、いよいよここまで来たかという感じである。

TBSニュース(2021/8/31)
H&M ジェンダーレスデザイン発表「好きな服で自分らしく」


202109021.jpg

大手アパレルのH&Mが男女を問わない「ジェンダーレス」なデザインの服を発表しました。

記者
 「こちらのメンズ服、男性が着ても女性が着ても自由に着こなせるんです」

 きょうH&Mが発表したのは、日本人デザイナーが手がけるブランドとコラボした服です。

 メンズやレディースとして分けられているものの、デザインや色にとらわれず自由に着られるのが特徴です。トップスはレディース、パンツはメンズという組み合わせで着られるほか、穴が空いていて自分で露出の加減を調整できる服もあります。

H&Mジャパン ルーカス・セイファート社長
 「信条や出身、ジェンダーに関係なく自分らしくあることを、ファッションを通じて消費者に伝えたい」

 H&Mはこのコレクションをあさってから世界展開する予定ですが、無印良品が男女兼用のシャツやデニムを販売するなど、「ジェンダーレス」が新たな選択肢として広がっています。


マネキンの顔は男でもなく女でもなく、お化けである。
つまりお化けが着る洋服である。

男は男らしく、女は女らしくという人間の当たり前の在り方が、僅か数パーセントのLGBTと、それを煽る一部の勢力によって蔑(ないがし)ろにされようとしている。

実に嘆かわしい傾向である。
自分が男だと思えば男の服装を、女だと思えば女の服装をすることは自由である。
しかし、わざわざジェンダーレスと称してお化け用のウエアを販売するのはジェンダーフリーの流行に便乗したあくどい商法だ。

防犯ビデオに映った犯人もジェンダレス洋服を着れば逃げおおせるかもしれない。
目撃者も犯人が男性か女性か判別できない。
お化けだからである。

いま、東京五輪に続くパラリンピックが全開で感動的なシーンが放映されているが、いっそのこと4年後には「ジェンダレス五輪」を開催したらいかがか。

人類はひとつ、男も女もないワケだから。


↓↓↓賛同頂けた方はクリックをお願いします



FC2バナー2




テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

00:00  |  ジェンターレス運動  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |