FC2ブログ

2020.05.31 (Sun)


中国なしでは日本の繁栄はあり得ないと姜尚中


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

日韓が連携して第3極を作れと

今日のTBS「サイテーモーニング」で姜尚中が米支の対立が一層激しくなるなか、日本は韓国と連携して第3極を作れと提案し、田中優子(法政大学学長)が賛同した。

TBS「サンモニ」(2020/5/31)
風をよむ
コロナ禍の中国


2020053000.jpg

関口 宏(笑いながら)
「昔からピンチをチャンスにという言葉があるけどさ。それを考えてるのかなという気がしないでもない」


笑って済ますような事ではない。

姜尚中(東京大学名誉教授)
「新しい覇権国家に中国がなるのかどうかですね。
その意味では、米中の間の○○戦が始まるのかどうか。
それに対して日本はどう対応すべきなのかということが、やっぱポイントになると思いますね」


そんな事は改めて言うまでも無い当たり前の事。


「で、そのポイントは尖閣諸島や日本海域への中国の脅威ということは明らかに日本にとっては大きな問題です。
しかし、その抑止力としてのアメリカの軍隊が、今度は米中直接対立で、もし局地的な紛争が起きた場合に、日本はどうしたらいいのかと。
つまり日米安保という形でアメリカと運命共同体。
しかしもう一方では経済的には中国をはずしては日本の繁栄はあり得ないと思うんですよね


(日本は支那への過度の依存で今回の武漢ウイルス被害を大きくしたことを反省しなければならない。
サプライチェーンと称して支那に生産拠点を移したこと、インバウンドと称して支那観光客を無節操に取りこんだこと。
グローバリズムの失敗はナショナリズムへの回帰につながる。

「グロ―バリズムという仕組みが、一握りの人たちだけにしか恩恵を与えない搾取構造であることがあきらかにされた」(渡邉哲也「新型コロナ恐慌後の世界)

「第一はグローバリズムの大後退が起こるだろう。過去2,3年の動きを見ても、中国をめぐる論争を通じて、進歩派、リベラル派、左翼の唱えていたグロ―バリズムの敗色は濃厚である。
グローバリズムとはマルクス主義の裏返しである。貿易面で停滞を起こさせないために国境をなくせという主張の裏側には、グローバリストたちの国家破壊という究極の目的がある」(宮崎正弘「『コロナ以後』中国は世界最終戦争を仕掛けて自滅する」


そういうジレンマの中で日本がやっぱ立たされているわけで、私はアメリカンファーストも問題だし、中国の覇権的な拡大はもっと問題だと思いますけども、やっぱり私は日韓関係をやはり良好にするしか、ひとつの手立てはないと思ってますね。韓国にとってもアメリカと中国の間で股裂きに遭ってるわけですね。

(なんで、ここに韓国が入ってくるのか。「韓国にとっても」ということは日本も股裂きになっているということだが間違っている)

ですから、今後の日韓、まあ僕の目からするとミミッチイ消耗戦は止めて、日韓が連携し、後はオーストラリア、場合によってはEUのドイツをはじめとする緩い連携のなかで第三極を作って行くべきだと思うんです。

「平成の30年間で、日本企業が失っていったシェアがたくさんあるのだけれど、どこが奪ったのかというと中国と韓国
ですから、中国と韓国をはずした新しいサプライチェーンの構築をすればいいんです」(渡邉哲也 「コロナ大恐慌 中国を世界が排除する」(渡邉哲也・宮崎正弘対談)


(EUは今回の武漢ウイルスを契機に、ますます崩壊の道に向かっている。何をいまさらEUか。
むしろ日米協定にオーストラリアその他の国を入れて支那の覇権主義に立ち向かうべきである。
支那に加担する韓国は除外する)


今迄の様な二国間外交に国の運命を預けるのはもうまずい時代です。多国間主義でなければならない。
それがやはり日本に任されていることで、二頭の鯨がいまから戦おうとしているわけすね。
その間を自由に飛び回るドンキイ(?)にはなれると思うんです。
日本と韓国だけで1億7000万居るわけですよ。世界第3位と10位の経済大国ですよ。あとオーストラリア、シンガポール、EUと連携しながら第3極を作って行く事が今とても大切な時期に来ていると思います」


韓国は武漢ウイルス禍で経済的に崩壊する。
日本は支那の手下の韓国などは無視して日米安保を一層強化して支那に立ち向かうべきである。

田中優子(法政大学学長)
「私も第3極を作って行くことが大切だと思います」
(以下略)

「みみっちい消耗戦」を日本に仕掛けているのは他ならぬ韓国である。
その証拠に・・・
今日中に日本が韓国に対する「輸出制限」を解かなければ、韓国は再び日韓GSOMIAの破棄を宣言すると言っている。
日本が無反応なので焦っているのである。
勝手に期限を決めて日本を脅している積りの文在寅。

第3極を作れということは日米安保協定の破棄を促しているのか。
姜尚中や田中優子は支那のスパイではないかとさえ思う。

聯合ニュース(同上)
韓国の輸出規制撤回要求 きょう期限=日本側から回答なく


【ソウル聯合ニュース】韓国政府が日本に対し、半導体材料など3品目の対韓輸出規制を強化した措置について、31日までに解決策を示すよう求めたが、日本はまだ回答していない。韓国政府は同日いっぱいまで待つとしているが、日本が前向きな回答を示すかは不透明だ。
日本は対韓輸出規制の理由として、両国間の政策対話の中断、通常兵器に転用可能な物資の輸出を管理するキャッチオール規制が整備されていないこと、輸出管理体制・人員の脆弱(ぜいじゃく)性を挙げている。韓国政府は日本側が提起した問題を全て改善しており、輸出管理強化措置を維持する理由はないと主張している
 ただ、日本が前向きな立場に転じる可能性は高くないとの見方が多い。対韓輸出規制を維持し、両国の懸案を巡る交渉カードとして使う可能性があるとの分析もある。
日本が回答しない場合、韓国政府がどのような措置を取るか注目される。世界貿易機関(WTO)提訴の手続きを再開する可能性もある。韓国政府は昨年、日本側の措置は不当としてWTOに提訴し、両国は2国間協議を行った。だが、昨年11月22日、韓国が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了通告の効力を停止させ、WTO提訴手続きも停止した。
韓国政府がGSOMIAの終了というカードを切る可能性もある。だが、韓国政府が昨年8月にGSOMIA終了を通告したことに対し、米国が韓国側を強く批判したことを考えると、可能性は低いとみられる。
 韓国の政府関係者は「日本の立場を確認した後、総合的に考慮し、(今後の出方を)判断する」と述べた。


日本の非韓三原則が効いている。
韓国は無視していればいい。

「輸出規制の3品目の韓国への年間輸出額は、154億円相当です。それが止まると韓国で作れなくなるものが約20兆円分の製品。20兆円の製品が作れなくなると60兆円稼ぐ会社が潰れるんです」(渡邉哲也 「コロナ大恐慌 中国を世界が排除する」(渡邉哲也・宮崎正弘対談)

韓国が焦っているわけである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

19:41  |  支那武漢ウイルス  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2020.05.30 (Sat)


武漢ウイルスに立ち向かう自衛隊の足を縛る左翼勢力


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

同盟国アメリカと連携を強化して支那に立ち向かえ

昨日、航空自衛隊のブルーインパルスが都民の医療関係者に謝意と敬意を示した飛行は印象的だった。

しかし、忘れてならない事は、左翼勢力は武漢ウイルスで活躍した自衛隊の活動を評価せず足枷をはめようとしていることだ。
昨日、東京の青空に展開した感激のシーンを見て目を潤ませたに違いないジャーナリストの井上和彦氏は、たまたまその前日に産経新聞の「正論」欄で自衛隊員が如何に武漢ウイルスと戦ったかを書いていた。

自衛隊は支那の湖北省から在留邦人を帰国させるチャーター機2便に搭乗した。
クルーズ船の乗客のPCR検査支援や患者の搬送など延べ約4900人の自衛隊員が活躍したという。
感染者は一人も出なかった。
日本の反日メディアはほとんど報道しなかったからブログ主も知らなかった。

自衛隊には歴史的に鍛えられた防疫意識があるという。

「特に陸上自衛隊は、日頃からNBC(核・生物・化学)兵器に対処すべく、より高度な防御技術を身に付けており、これを今次の疫禍に応用したわけである。そもそも軍隊は、敵と戦いながら劣悪な環境下で広がる疫病と戦わねばならず、歴史的にも軍隊にとって防疫は重要課題なのだ。それゆえに自衛隊員一人一人の防疫に対する意識は高い」

「4月以降、全国の都遣府県知事等からの要請を受け、陸上自衛隊は各地の医療関係者をはじめ自治体職員、民間宿泊施設従業員らに感染予防等についての教育支援などを開始した。またこの自衛隊式感染症予防方法は、陸自が、医療従事者、自治体、個人向けの動画をインターネッ下上で公開しており、誰でも見ることができるようになっている。加えて自衛隊中央病院などには、内外の退院された方々から感謝の手紙が多数寄せられており、その診療や看護の姿勢に学ぶことも多かろう。
 このように新型コロナの感染拡大防止に見事に成功している自衛隊の医療ノウハウが、今後予想される新型コロナ第2波への有効な予防策になることを期待したい。」


なお産経ニュースの動画で自衛隊中央病院の上空を飛ぶブルーインパルス機に関係者が手を振っている姿を見ることが出来る。

これに呼応するかのように翌29日の産経新聞で阿比留瑠比論説委員が連載コラム「極言御免」で、このように活躍している自衛隊を左翼勢力が如何に妨害しているかを書いている。

阿比留瑠比の極言御免(2020/5/29)
自衛隊 もっと活躍できた?


クルーズ船で感染したドイツ人夫妻が自衛隊中央病院の医療チームの手厚い看護を受けて幸運だったと感謝の手紙を出したという。
この老夫妻の感謝する姿はテレビでチラリと見た覚えがあるが、自衛隊と結びついた話という記憶はない。
阿比留氏は自衛隊は頼もしいと思う一方で、左翼勢力がその活躍を妨害していると具体例を挙げて証明している。
西村幸祐氏と福山隆・元陸将の対談集『「武漢ウイルス」後の新世界秩序』のなかで・・・

  「社会党と共産党は、今日の新型コロナウイルスに対処する自衛隊の能力を阻害した責任があります。(中略)自衛隊の充実強化を長年にわたり阻害し続け、国民の安全も蔑ろにしてきたこれら左翼政党・・・」

・・・と福山氏は先輩からメールを貰った。
当時、社会党や共産党に国会で反対されて特殊武器防護という教範やインテリジェンスに関するマニュアルも破棄させられという。

 「左翼勢力の妨害がなかったなら、今回の武漢ウイルス禍への対処はもっと適切にできていたと思う」

これは重大な証言である。

「コロナ禍を契機に、憲法を含め、自衛隊の位置づけや活動内容を改めて問い直すべき」

と阿比留氏は結んでいる。

自衛隊は長い間白い目で見られていた。
職が見つからない人間の就職先ともいわれていた。
自衛隊が国民に認められたのは災害派遣の活躍が知られるようになったからである。
しかしこれも変な話である。
自衛隊の本来の目的は国土を守ることである。
憲法にも認められていない自衛隊のお陰で平和を享受する現在の我々がある。

武漢ウイルス以後、支那はますます自国の権利を主張し自由主義国に圧力を加えようとしている。
日本は未開発弱小国の支那に長年にわたり莫大なODAを献上し、こんな怪物にしてしまった。
その責任を取らなければなるまい。
幸いなことに、同盟国のアメリカは共和党のトランプ大統領になって支那の横暴を食い止めようとしている。
日本は国内の野党やメディアの反日左翼勢力を駆逐して共通の敵に当たらなければならない。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:13  |  支那武漢ウイルス  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2020.05.29 (Fri)


小池都知事、今度はウイズコロナ(コロナと共生)だと


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

東京の青空をブルーインパルス隊が飛んだのに

今日、航空自衛隊のブルーインパルス隊は武漢ウイルスと戦う医療関係者に敬意を表した

産経ニュース(2020/5/29)
東京の空で華麗なアクロバット ブルーインパルス、医療従事者に感謝


2020052901.jpg

航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」6機が29日昼過ぎ、東京都心で、新型コロナウイルスと戦う医師や看護師ら医療従事者に感謝の意を示すアクロバット飛行を約20分間披露した。
 空自の精鋭パイロットたちは空自入間基地(埼玉県狭山市)を出発。高度約800~1400メートル上空で8の字を描くルートを2周し、白のスモークを噴射した。ルート付近には新型コロナ患者を受け入れている医療機関が点在している。
 河野太郎防衛相は同日の記者会見で「医療関係者やさまざまな方が感染拡大防止に努力されていることに敬意を表する」と述べた。空自によると、ブルーインパルスが都心を飛ぶのは平成26年5月の旧国立競技場のお別れイベント以来。
 米ニューヨークなど海外でも、軍がアクロバット飛行により医療従事者に感謝する試みが行われている。


産経ニュースの動画をみると感動的だ。

しかし、皮肉な事に東京都は今日、新たに22人の感染者を出した。
にもかかわらず小池都知事は記者会見で報道陣を前に6月1日にステップ2に移行すると宣言した。

20200052903.jpg

得意げに、これからは武漢ウイルスと仲良く共生して行くことになるから「ウイズコロナ」だと。
横文字遊びもいい加減にせよ。
支那と共生しろというのか。

メディアも今秋の都知事選を控えて毎日のようにテレビに露出する小池都知事の選挙運動に加担するのか。
「爺殺し」で二階を篭絡し、いずれは国政復帰を狙っているとも言われている。

それを阻止する対抗馬を出せない自民党も情けない話だ。
出戻り女に首相になってもらう積りなのか。

小池都知事は東京五輪がコケた途端に武漢ウイルスにご執心だと言われている。
降ってわいたような武漢ウイルスは小池にとっては天の恵みか。

もう一人のお笑い地方首長が愛知県知事。
他の首長が人気上昇中なのに、愛知トリエン事件で評判を落とした上に、緊急事態都市に認定されそうになって抗議したかと思えば「愛知も仲間に入れてちょう」と手の平返しで馬鹿にされた。

そして今度は東京と大阪の首長がメディアでもてはやされるのを妬んで「東京と大阪は医療崩壊してる」と難癖を付け、吉村大阪府知事に反論され、世間にもう一度馬鹿にされた。

武漢ウイルス禍のお陰で各地の首長の実力が露呈してしまった。
次の首長選で落選運動が始まるかもしれない。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:16  |  支那武漢ウイルス  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2020.05.27 (Wed)


TBSを潰さなければならない理由


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

報道ではなく視聴者洗脳が目的

5月26日のTBS「ひるおび」で久々に民主党の事務局長をしていたパヨクの伊藤惇夫(政治評論家)が登場した安倍総理を批判した。

TBS「ひるおび」(2020/5/26)
緊急事態宣言の1ヵ月半
政府のコロナ対策を検証


今回の緊急事態宣言解除に・・・

伊藤惇夫
「なんで前倒しにしたのかなというのはまだちょっと不透明だ」


と早速ケチをつけた。

いつも伊藤氏と張り合う田崎氏・・・

田崎史郎(政治ジャーナリスト)
「14日の解除方針で『必要が無くなったら解除する』という既定が設けられた。データに従ってそうした」

北村義浩(日本医科大学特任教授・専門は感染症学)
「私の予想通りだ。いいタイミングだと思う。前倒しで宣言解除したのは問題ない」


不透明だなどと何処を指して言うのか。
伊藤センセは本当に不勉強だ。

伊藤
「あくまで結果論だが、ここで宣言を出す事によって、フッと気が付くと例の検察の問題とか、黒川さんの問題がどうもちょっと薄れたな、あるいは関心から逸れたなという印象がある」


流石、元民主党の事務局長。

大谷昭宏
「今日も読売新聞の一面に女性の編集局次長が『偶然に頼るのは止めようよ』というコラムを書いている。
非常に成績は良かったけれど、果たして本当に我々の実力でここまで持ってきたのか。それとも非常にラッキーな要素があって世界から羨ましがられるような結果になったのか、ここは割とシビアに検討しなくちゃいけないんじゃないかという論調も結構ある」

恵 俊彰(MC)
「大谷さん、見事な切り替えし、有難うございます。」

大谷(嬉しそうに)「いえいえ」


「そこですよね。ですから総理が仰ってた日本モデルとは何なのかという事なんですが・・・」


日本の死者数は多い?

2020052800.jpg

伊藤
「日本モデルと仰るなら日本モデルの中身ってなに?という話になっちゃう」

恵 
「日本はこれだけ成績はいいが評判が良くない。海外のメディアは・・・」


2020052701.jpg

「海外では公衆衛生的には患者を一刻も早く見つけて隔離して、経済は非感染者だけが回すという方法が歴史的に一番いいという頭なので、日本のやり方はこの成功の方法に則ってない。
だからおかしいという話になる」


そしてこの日も執拗に朝日と毎日、読売の安倍内閣支持率を取り上げた。

恵 
「韓国の文在寅の支持率は71%になった。
台湾は74.5%だ。
コロナ対策が嵌れば上がる。
じゃあ日本は良い成績だから上がる筈だが・・・」


2020052708.jpg


「大谷さん、日本は上手く行ってるはずなんですが」

大谷
「10万円はどれだけの人に届いたのか?マスクは我が家は当然届いていない。それから給付金も5月1日に申請したのには未だに届いていない方が一杯居る。
政策は分かった。しかし実行したのかというのが結局、この世論の数字に表れている。
今回はエラーがかなり目立ったという気がする」

2020052707.jpg

伊藤
結果からすると上手く行っているだけであって、逆に言うと安倍のマスクの2枚、動画のコラボの印象が国民に物凄く強いという気がする。
つまり、政権が我々国民と距離が随分離れているなあという印象を非常に強く思ったのではないか。
アメリカの有名な調査会社ギャラップインターナショナルの報告では18カ国のリーダーは上手く対処しているかという質問に対して、4月の段階で日本は18カ国中17位だ。
数字て言うと、18カ国の平均の『上手くやっている』が69で日本だけ19だ。
やっぱり国民は上手くやってくれてるとはちょっと思えないなあと。
いろんな問題がこれから出て来ると思うけど」


「結果良ければ全て良し」と言うではないか。

2020052608.jpg

伊藤
「小出し、後だし、やり直しだと国民は思っているのではないかな」


恵 
「確かにそうなんですよねえ」

2020052709.jpg

田崎史郎
そういう部分に焦点を当てた報道が多かったという事だと思う
死亡者数は最初から少なかったが、そっちに焦点を当てた記事はあまり無かった。
だから、ここが上手く行ってない、あそこが上手く行ってない、ダイヤモンド・プリンセス早く降ろしてやれ、降ろしたら、なんで降ろすんだという話、その繰り返しが続いてきたので、報道に接する側の国民からすると報道によって左右される事があるんじゃないかなと思う。
そういうのが浸透した背景にはやっぱり国民の不安の心理があると思う。
世論調査すると国民の9割がコロナの問題に不安だと答えている。
そういう非常に不安な心理の時に安倍総理も含めて政治家の態度がその不安感を和らげることが出来なかったのだろうと思う。
でも、じゃあ、どの政治家だったら和らげられたかなと思うと想像力が働かない。
この政治家だったら和らげただろうなあという人が伊藤さん、誰か居ますか?」


田崎氏は遠回しに反日メディアの責任を追及している。
しかし、ここで伊藤が反論。

伊藤
「田崎さんのおっしゃると通りだが、昨日の会見を聞いていても、やっぱりメッセージの発信力に疑問がある。
もっと簡潔に結論を言い、その背景をいい、なおかつ国民に向けて強烈なメッセージを発信し続けることがちょっと足りなかったのじゃないか。
総理はいつも会見で冒頭20分以上、いろんな細かな説明をするが、おそらく多くの国民はそれを聞きたいのじゃなくて、総理の覚悟を聞きたいのだ
その発信の部分がボクは不足していたと思う」


伊藤は本当に安倍首相の会見を聞いたのか。
冒頭に「非常事態宣言を解除する」と結論を言い、その根拠を示し国民の協力と努力に感謝し、日本人の誇りを語り、今後も油断するなと語った。
スピーチライターが安倍首相と相談して万全を期して書いたものだ。

伊藤の難癖はためにするものでしかない。


「田崎さんのいう国民の不安を解消するような政治のリーダーシップがあったかどうなのかという部分で言うと、普通で言うと成績が良いわけですから、どこの時期に変えてたのと言われる筈じゃないですか。先生の評価が低いということに今日は注目したいと思う」


ここから「政府のコロナ対策を検証と題して朝日と毎日の世論調査結果で安倍政権の支持率が急落したの、マスクが不足したの、アベノマスクの配布が遅れているだの、小さいだの、不良品が多いだの、公明党の圧力で30万円が10万円になっただの、その至急で大混乱したの、ドイツでは申請したら2日目に60万円が振り込まれていただの、メルケル首相の支持率は68%だのとドイツを引き合いに出して日本を叩く。

大谷
「やることなすこと上手く行ってない」

伊藤
「世論の後押しで30万が10万になった。この時から世論がワアッと動き始めた」


そんな世論は聞いたことがない。

この後、黒川検事長の問題を取り上げて政府批判。
馬鹿らしいので以下省略。

朝日新聞、毎日新聞、テレ朝、TBSは潰さなアカンとつくづく思った。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:59  |  支那武漢ウイルス  |  TB(0)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑

2020.05.26 (Tue)


政府の解除宣言にケチつけるメディアは要らない


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

賢明な日本国民は反日メディアの存在を学んだか

昨日の安倍首相は記者会見で緊急事態宣言の終結を表明した。

安倍首相
「日本ならでのやり方で、僅1か月半で今回の流行をほぼ収束させることが出来ました。
まさに日本モデルの力を示したと思います」


これが面白くない朝日新聞は毎度の事ながら安倍批判のトーンは一層強めた。

朝日新聞社説(2020/5/26)
緊急事態の全面解除 教訓くみとり「次」に備えよ


確認された死者も約800人と、数万人の欧米各国に比べ大幅に少ない。首相は「日本モデルの力を示した」と胸をはったが、その効果と課題については、しっかりした検証が必要だろう。
 また、諸外国に比べPCR検査の実施件数が少ないため、見逃されている感染者が大勢いるのではないかとの懸念はぬぐえない。今月末まで宣言を延長しながら、期限を待たずに順次、解除を進めた政府の前のめりな姿勢も不安材料である。医療体制などを含めた総合判断とはいえ、目安とした数値を超える地域の解除は、政治の恣意(しい)を許す余地を残しかねない。

(中略)
 感染拡大が止まったにもかかわらず、安倍政権への国民の視線は厳しい。朝日新聞の先週末の世論調査では、政府の対応を評価しないが57%で、評価するの倍近かった。首相への信頼感が高くなったは5%で、低くなったが半数近い48%だった。
 未知のウイルスへの対応に試行錯誤はやむをえないとはいえ、場当たり的で無定見にも見える政治判断に対する不満が背景にあるのではないか。


(アベノマスク、10万円支給の混乱を批判)

国民の心に響く首相の発信も乏しかった。
記者会見では準備した原稿を読み上げる場面が多く、「肉声」はほとんど聞かれなかった。


(正確を期すために原稿やプロンプタ―を読み上げて何が悪いのか。失言すれば執拗に批判する癖に)

首相は「日本モデルの力を示した」と胸をはったが、その効果と課題については、しっかりした検証が必要だろう
 また、諸外国に比べPCR検査の実施件数が少ないため、見逃されている感染者が大勢いるのではないかとの懸念はぬぐえない。

宣言解除後の最大の課題となる感染防止と経済回復の両立では、専門知を糾合する政治の力量がより厳しく問われることを、首相は肝に銘じるべきだ。


東京新聞(同上)
緊急宣言の全面解除 新しい日常へ進むには


長引く活動自粛によるこれ以上の経済への影響は避けたいのだろうが、解除に前のめりになってはいないか、疑問が残る。

(日本経済がどうなってもいいのか)

再び感染が広がれば、再度、緊急事態が宣言され、活動が規制される事態を想定せねばならない。その際、緊急事態地域に再指定する基準を示さなければ、国民の理解は得られまい。
分かりやすい基準があれば、流行を避けるため、個々人が行動を決めやすくなる。
ところが政府は、この基準さえ明確に示していない。今回の緊急事態宣言解除も含め「総合的に判断した」と言うが、ならば政策決定のプロセスを公表すべきだ。


(データを出せ、エビデンスを示せと言い募るのは野党と同じだ。
政府は感染者数のトレンドと出口戦略は示した。)

(中略)

どんなに対策を講じても感染リスクをゼロにすることは難しい。だからこそ、リスクを下げる対策を個々人が考え、周囲の理解を得ながら進めるしかない。
 そのためには感染症に対する正確な知識が必要で、その情報を提供するのは政府の重要な責務であることを再認識すべきである。


産経新聞社説(同上)
【主張】緊急事態全て解除 次の波への備えを急げ 対応検証し新たな戦略を示せ


 国民挙げての努力で感染状況が落ち着いたことはよかった。これからは、自粛の副作用で冷え込んでしまった社会経済の活動再開へ歩み出したい。
(中略)
医師や看護師、保健師など感染の危険があるにもかかわらず責務を果たしてきた全ての関係者の献身には改めて感謝したい。(医療関係者に社説で謝意を示したのは産経新聞だけ)
(中略)
政府や都道府県が再び感染拡大に転じることを警戒して、自粛要請の緩和を段階的に行う方針であるのは妥当だ。
(中略)
 安倍首相は、各省庁や専門家会議などに指示して新たな戦略がとれないか検討し、結果が出れば早期に説明してもらいたい。
そのためには宣言時はもちろん、宣言前にさかのぼり政府などの行動を検証する必要がある。首相は会見で「検証の段階でない」と述べたが翻意すべきだ。検証を問題点改善にもつなげたい


(検証にはまだ早い。第2波、第3波に備えるべきだ)

 ウイルス禍は、先進国とされる日本の行政や医療、教育システムの弱点を明らかにした。宣言が解除された今になっても政府からのマスク配布は完了せず、持続化給付金や一律給付の10万円などは行き渡っていない。検査の拡充も遅々としている。
 このようなありさまだから、新型ウイルス感染症による日本の死者数(人口比)が先進国の中でけた違いに少ないのに内閣支持率が低迷するのだろう。行政や学校のIT化や新型ウイルス対策の特別措置法の改正などやるべきことは山積している。安倍首相はリーダーシップを発揮して、ボトルネックを急ぎ取り除くべきだ。


(朝日の記者と産経の記者が賭麻雀をしたことが内閣支持率の低下に一役買っている事をまず謝罪せよ)

過去にはこんな記事もあった。

Newsweek(2020/4/28)
コロナで見えた「意識低い系」日本人
石野シャハラン(日本国籍のイラン人)


2020052600(1).jpg

日本で新型コロナウイルスの影響が出始めて随分たつ。近隣国に発生源の中国があるため、欧米よりもずっと早い1月末から懸念が報道されてきた。だが私はこれまで日本人のコロナ対応を見て、その危機感のなさと社会貢献の低さに少し唖然としている
(中略)
マスクや防御服や人工呼吸器が足りなくても寄付しよう、生産しようという企業や個人がとても少ない。これが世界第三位の経済大国なのだろうか。私の生まれたイランとは対照的だ。(中略)
私はこのコロナ禍を通じて、日本人は総じて自分が社会の一員であるという自覚に疎いと感じてしまった。
(中略)
政府や地方行政のパンデミック対策に思うところのある人は、次の選挙で投票に行き意思を示すべきだ。民主主義の経済大国の社会のあるべき姿とはそういうものだと思うのだが、どうだろう。

いま流行りのヘイト条令とやらに抵触するかもしれないが、スマホも携帯も無い時代に、上野駅界隈を不法入国した多数の不良イラン人達が変造テレカを売っていたことを覚えているだろうか。

イランは支那の一帯一路にドップリ浸かっていたために、保健相も感染したではないか。
今日現在、イランの感染者数136万6千人、死者は7500人で、人口当たり死亡者数はイタリアに次いで第2位だ。

そんなイラン帰化人に「日本人の危機感の無さと社会貢献の低さ」を指摘されたくはない。
「どうだろう?」と言いつつ、早い話が次の総選挙で政権交代を実現しようと言ってる。

WHOのヘドロス事務総長が日本の武漢ウイルス対策を高く評価している。
気持悪いからアンタには言われたくない。

この国難時の政権にケチつけるだけのメディアは要らない

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

19:50  |  支那武漢ウイルス  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT