FC2ブログ

2019.07.22 (Mon)


参院選自民勝利にケチつけた朝日・毎日・東京新聞社説


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

憲法改正絶対反対と異句同音に

参院選が終り一夜明けた今日、新聞各紙は社説でどう取り上げたか比較・検証してみる。

まずは「安倍憎し」の朝日新聞。

自公が勝ったと言ったって、その中身が問題だとケチをつけた。

朝日新聞社説(2019/7/22)
自公勝利という審判 「安定」の内実が問われる


「首相が訴えた『政治の安定』は、ひとまず有権者に支持された形だが、「1強」による長期政権のおごりと緩みは誰の目にも明らかになっている。
 首相は自ら緊張感をもち、野党に投票した有権者も意識して、丁寧な合意形成に努めなければ、国民の重い負託には応えられないと肝に銘じるべきだ。

予算委員会も開かれなかった、金融庁の老後2000万円必要の報告書も拒否した。
朝日新聞の世論調査では、首相支持の理由で一番多いのは「他よりよさそう」で、政策や首相個人への評価を常に大きく上回っている。


「他よりよさそう」は「政策や首相個人への評価」ではないのか?
弱小野党が有権者の消去法に耐えられなかっただけの話だ。

内政・外交とも難題が目白押しのなか、首相個人の(憲法改正の)思い入れで強引に議論を進めることは、社会に深刻な亀裂をもたらすだけだ。

憲法改正は自民党を立党した時の党是である。首相個人の趣味ではない。

結語は・・・

「民主主義における選挙は、勝者への白紙委任ではない。野党や国民との対話や議論抜きに、国の針路を正しく定めることはできないはずだ。」

投票と言う形で民意が示されたのに、それにケチを付ける朝日新聞は独裁政権を望んでいるのか。

毎日新聞(同上)
19年参院選 自公が多数維持 課題解決への道筋見えず


ただし、今回の参院選が日本の抱える人口減少や少子高齢化という長期的な課題の解決に資するものだったかというと、心もとない。

と取り敢えずケチをつけた上で、「強引な憲法論議避けよ」という小見出しで

「ただ、選挙戦で改憲の中身が議論されたわけではない。首相がこだわる自衛隊明記案に関する情報量は圧倒的に不足しており、公明党は慎重だ。国民民主党も反対している」

「選挙結果を盾に国会の憲法審査会を強引に運営することは許されない。 」


と憲法審査会の論議すら逃げて回る野党を擁護。

秋田では「イージス・アショア」配備への反発も自民現職の敗北につながったとみられる。新潟では公共事業をめぐる忖度(そんたく)発言が批判された自民現職が敗れた。それだけ与党支持が消極的なものにとどまっていることをうかがわせる結果だ。

と安倍政権の勝利を認めようとしない。

 「さらに今回からは選挙区の合区であぶれた自民党の候補者を救済する目的で比例代表に「特定枠」が設けられた。本来は有権者が投票権を行使しやすくなるように配慮すべきであり、これでは政党側の都合を優先させた制度の変更だ。 」

しかし特別枠を利用したのが自民党ならぬ「令和」を悪用した似非政治家の山本太郎
二名の重障碍者を当選させた。
太郎本人は落選したが、重障碍者が責任を全うできないという理由で辞任すれば自動的に繰上げ当選の可能性もあるという。

朝日新聞は舞台の奈落に落下して下半身不随になった矢代英太という車椅子議員も過去に居たと書く。
過激な議員の仕事を彼等が全うできるかという素朴な疑問を抱く人も居るかもしれない。
しかし映画「寅さん」ではないが「それをいっちゃあオシメエよ」
それを言ったら人権派の連中の餌食になってしまう。
だから誰もそんな馬鹿な事は口が裂けても言えない。

立候補者の木村えい子氏が山本太郎に「障害(碍・がい)者を利用したと言われないか」と心配すると・・・

山本太郎
「上等だ!障害者を利用して障害者政策を変えていける!」


と言ったそうな。
如何にも三文役者のセリフだ。

国会の施設や規則の変更が急がれるというのが模範解答だ。

読売新聞(同上)
[参院選]与党改選過半数 安定基盤を政策遂行に生かせ


 「安定した政治基盤の下で内外の難題に正面から取り組み、結果を出してほしい。そうした民意が示されたと言えよう。(中略) 安定した政治基盤の下で内外の難題に正面から取り組み、結果を出してほしい。そうした民意が示されたと言えよう。」

と選挙結果を評価。

「憲法改正論議の活性化を」という小見出しで

「国会での憲法論議を活性化させることも急務だ。」

と憲法改正にも賛意をしめした。

最後に・・・

「衆院を抑制、補完するという参院の役割をどう考え、衆参両院の選挙制度を構築するか。憲法改正の選択肢も排除せず、与野党は議論を急ぐべきである。」

と繰り返し憲法改正を急げと強調した。

産経新聞(同上)
【主張】参院選で与党勝利「大きな政治」の前進図れ 
有志連合への参加を試金石に
 


憲政史上最長の首相在任を視野に入れる安倍晋三首相は、有権者から引き続き政権運営を託された。第25回参院選で与党の自民、公明両党が過半数を得て、国会での安定基盤を確保した。

と今回の選挙結果を評価。

≪憲法改正を説くときだ≫

 安倍首相は21日夜、民放テレビ番組で憲法改正について「改選議席の過半数を得た。しっかり議論していけという国民の声をいただいた。国会で議論が進んでいくことを期待したい」と語った。
そうであるならば、首相と自民党は、9条や緊急事態条項などの改正実現の必要性を国会の内外でこれまで以上に説くべきだ。国会と世論における多数を形成する努力をはらう必要がある。
安倍首相の自民党総裁任期は令和3年9月である。衆院議員の任期満了は同年10月だ。2年間などあっという間だ。政権運営を託されたからといって一息ついている暇はない」


と安倍首相の背中を押した。

おまけに地方紙の東京新聞社説を紹介すると・・・

東京新聞社説(同上)
改憲派3分の2割れ 政権運営は謙虚、丁寧に


有権者は政治の安定を望んだが、改憲勢力に発議可能な議席を与えなかった。安倍晋三首相は強引な改憲でなく、謙虚で丁寧な政権運営に徹するべきだ。

◆白紙委任状は与えない
◆改憲以外に課題が山積


という小見出しで、憲法改正絶対反対と叫んだ。

進歩派の左翼紙はどうしてこうも憲法改正に反対なのか。
戦後70年以上経っても一言一句変えない憲法は今の時代に適合しているのかという思いの一片も無いのは理解に苦しむ。
彼等こそ正真正銘の「保守派」と言えよう。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

18:54  |  2019参院選  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2019.07.22 (Mon)


参院選は自民党勝利!


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

韓国が失望

韓国は安倍首相の強気外交はどうせ参院戦の票集めが目的だと言ってきた。
「参院選が終われば軟化する」と多寡を括っていたが、自民党が圧勝した今、追加措置に怯えている。
参院選では韓国の話など何ひとつ無く、明らかに韓国の勘違い、思い込みだった。

産経ニュース(2019/7/21)
「参院選用」との楽観から一転、韓国は次なる措置を警戒


韓国メディアは21日夜、日本の参院選で与党が改選過半数を確保する見通しだとの日本の報道を引用して相次いで速報した。韓国では、安倍晋三政権が安定的な政権運営に必要な議席を確保したことで、半導体材料の輸出管理厳格化に次ぐ経済的措置に近く踏み出す可能性があるとの警戒も強まっている。
 韓国紙、朝鮮日報(電子版)は、安倍政権が「政治的勝利を宣言し、韓国に対する措置を引き続き推し進めるとの観測が出ている」と報じた。
 韓国では当初、日本の措置について、安倍政権が参院選を前に保守層を結集させるための「選挙用カード」で、参院選が終われば、日本の強硬姿勢が和らぐとの楽観論があった。
 だが、候補者らが韓国問題を選挙戦に利用することもなく、最近は文在寅(ムン・ジェイン)政権内でも、日本の措置は単なる「選挙用」ではなく、「長期化する恐れがある」との認識が広がっている。
 一方、李洛淵(イ・ナギョン)首相は21日までに、訪問先の中東で「参院選が終われば、日本が平常心で外交的協議に臨みやすくなるだろうし、そうなることを望む」と記者団に語った。(ソウル 桜井紀雄)


「選挙が終われば日本は平常心」とは随分と日本を舐めたものだ。

「輸出規制は参院選のアピール?」(2019/7/21)

この見出しは韓国の中央日報か、朝鮮日報か、それとも東亜日報か?
実は日本の週刊朝日である。

「国内では参院選の結果に注目が集まるが、外交では日韓関係がかつてないほど悪化している。政府が、半導体の製造に必要な素材の輸出を規制したからだ。反日感情が高まる韓国に強い姿勢で臨めば、選挙前に国民の支持が得られやすいとの思惑が見え隠れする。」

朝日新聞が如何に韓国に通じているかの証左でもある。

今回、ブロ主は比例では自民党と書かずに、「わだまさむね」と初めて議員名を書いたが、当選して良かった。
しかし滋賀県の自民現職が前知事に敗れたのは残念。
「脱原発」という寝言に選挙民は騙された。
亀石倫子(立民)、山本太郎(れいわ)の落選はGood News!

しかし偽リベラル派の反論は百も承知の上で敢えて申せば、「れいわ」の二名の重障碍者議員は今後、政治家として十分力を発揮できるのだろうかと正直なところ疑問が残る。
そもそも特定枠とは合区制度の欠陥を補うために自民党が考え出したものだ。

「投票率が低いのは国民だけでなく政治家の責任でもある」

テレビ東京「参院選ライブ」の池上彰がしたり顔で締めのコメントをしていた。
理由は簡単、投票してもしなくても自民党が勝つと思っていたからだ。
それと、野党が勝つために野合したからだ。
志位和夫共産党委員長が今インタビューを受けている。

志位
「日米安保は廃棄だ。しかし野党共闘のためにそれは主張しない」

勝つためには党是も無視する共産党のようないい加減な政党は消えるべきだ。

テレ朝「報ステ」を辞めた政治音痴の小川彩佳アナがカンペをこっそり見ながら下手な切り回しをして行くのが哀れ。
カンペを見るために剥き出した目を更に剥き出すのだから、コッソリという訳には行かない。

次期首相候補の3位と言われてニンマリした石破の話を聞いてるフリをしてカンペをしきりに見ていたのは哀れ。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

05:52  |  2019参院選  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |