FC2ブログ

2019.07.24 (Wed)


河野外相は感情的になるなと毎日新聞の与良正男


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

WTOの日韓せめぎ合いの結果は?

WTOの会議が始った。
韓国側は福島など近県8県の水産物輸入禁止措置の逆転勝利に成功したWTO担当のエースを投入した。
対する日本側は長くても5分間の主張をするという。
その結果は24日に明らかになるだろう。
しかし、訴訟で争うのはそれからで、結果が出る前に日本が韓国をホワイト国から排除すれば韓国は絶体絶命だ。

TBS「Nスタ」(2019/7/23)
日韓対立 国際社会に訴え


20190724000.jpg

与良正男(毎日新聞専門編集委員)
「(日韓の)どちらが説得力を持つかということだ。日本側は安全保障上の措置だという事をどれだけ冷静に説明できるかということだ。
徴用工問題の対抗措置ではないと言っているが、世耕大臣もツイッターで徴用工問題と並べてツイートした。
対抗措置だと私も思う。そこをどう説明できるのか。
もうひとつは安全保障上の措置だとずうっと言っているが具体的にはまだ明らかにしていない。
それを具体的に今回説明するのかどうかという事だ」


日本政府は明かにすれば情報ルートが切れるから情報源は明らかにしないとしている。
それも一理ある。

日本側が韓国に対して3年以上にも亘り、不明な3品目の行き先を明らかにせよと要求しても無視されて来た。
それを指摘するだけでも説得力があるはずだ。
韓国側は「不良品を日本に返品したから」などと真っ赤な嘘をついているが。

そして最後の言葉・・・

与良
「政府家は(韓国に対して)あまり感情的にならないことだ。河野さんを見ててもね」


納得顔の井上貴博(MC)とホラン千秋(サブMC)。

やっぱり日本政府が悪いのだ。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

01:00  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019.07.23 (Tue)


韓国への輸出正常化に9割以上が賛成


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

パブコメは明日、締切り

韓国に対する3品目の輸出優遇措置廃止を拡大することに賛成か否かのパブコメ募集は明日締め切られる。
当ブログは過去記事でご紹介したが、あなたはもうコメントを寄せられただろうか。

「今日からパブリックコメント募集開始」(2019/7/1)

今日現在3万件の意見がよせられたが、9割以上が「優遇措置の解除に賛成」としている。

20190723002.jpg

これほどの多くのパブコメが寄せられた事は珍しく、しかも9割以上が政府の措置に賛成することも珍しいと言う。
日本国民が、これまでの度重なる韓国の無礼に如何に腹を立てているかの証左である。

レジスト、フッ化ポリイミド、フッ化水素の3品目だけでなく、来月からはホワイト国から排除しなければない。

韓国の通貨危機は日本の陰謀だったなどと妄言を繰り返す韓国に対しては、その時、日本が助けたのだという歴史的事実を突きつけなければならない。

同時に韓国の銀行が発行する信用状を日本が担保するのを止めることだ。
これだけでも韓国の息の根を止めることが出来る。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






23:11  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2019.07.23 (Tue)


日本の領空で韓中ソが勝手に争うな


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テレビは「反社会集団」とタレント騒動にうつつを抜かす

日本の領土である竹島の上空をロシア軍機が侵犯したとして韓国が警告射撃をした。
ロシアと支那が合同演習をした可能性があると韓国軍関係者は言ったそうな。

日本の領空を3国とも勝手に侵犯するな。

産経ニュース(2019/7/23)
露軍機に警告射撃360発 「領空侵犯」と韓国軍 竹島周辺上空


【ソウル=桜井紀雄、モスクワ=小野田雄一】韓国軍合同参謀本部は23日、ロシア軍機が同日午前に領空侵犯したとして、韓国が不法占拠する竹島(島根県隠岐の島町)周辺で、韓国軍戦闘機が警告射撃したと明らかにした。露軍機の韓国領空侵犯は初めてとしている。別の露軍機や中国軍機も韓国の防空識別圏内に侵入したという。
 領空侵犯したとされる露軍機はA50空中警戒管制機で、2度にわたって侵入。韓国軍の戦闘機はA50の前方約1キロに向けて1回目に約80発、2回目に約280発の計約360発を警告射撃した。
このほか、ロシアのTU95爆撃機2機と、中国のH6爆撃機2機も韓国の防空識別圏内に入った。韓国の戦闘機がA50を含む中露機に計約30回無線で警告したが、応答はなかったという。韓国の聯合ニュースは、中露軍機が日本海上空で合流飛行するのは異例で、「中露が合同訓練をしていたとみられる」との韓国軍関係者の分析を伝えた。米韓軍が8月に計画する合同軍事演習への牽制(けんせい)との見方もある。
 韓国大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長は、パトルシェフ露安全保障会議書記に「事態を非常に重く見ており、こうした行為が繰り返される場合、はるかに強い措置を取る」と警告。韓国外務省が中国の邱国洪駐韓大使を呼び抗議した。
 露国防省は「領空侵犯はしていない」と韓国側を非難。「警告射撃は受けていない」とも説明した。イタル・タス通信が伝えた。


「韓国よ、お前は米日の味方か、それとも中露の味方か」と脅迫されたのではないか。
日本が韓国に対する僅か3品目の輸出優遇措置を是正しただけで、「経済戦争だ」「経済侵略だ」と集団ヒステリーを起こしているのは絶好のチャンスと見たわけだ。

東テレNews24(同上)
竹島領空侵犯と警告射撃


ロシアの軍用機が竹島周辺の領空を侵犯したとして、韓国の国防省は警告射撃を行ったと発表した。一方、日本政府はロシア・韓国双方に抗議した。

菅官房長官「ただちにロシア・韓国それぞれに対し外交ルートで厳重な抗議をし、再発防止を強く求めたところです」

菅官房長官は、竹島が日本の領土であることから、ロシア機が日本の領空を侵犯したとの認識を示すと共に、韓国が警告射撃を行ったのは「到底、受け入れられず極めて遺憾だ」と述べた。
今回は、自衛隊機が緊急発進して対応したという。


菅官房長官は支那に言及していないのだが?

それにしても韓国に日本の領土である竹島を占領されて未だに取り返せないとは情けないものだ。
その教訓を生かさないと、尖閣諸島も、沖縄もいずれ支那の手中に落ちる。
さらに対馬は既に韓国人に占領されているという。
メディアはその危機感を報道しようとしない。

(今日もチャネルダイヤルを回すと、正確にはリモコンのチャネルボタンを押すと、ナンタラ芸能事務所のタレントと「反社会」関係にウツツをぬかしている。
「反社会集団」などと回りくどい言い方をしないで、「ヤクザ」とか「暴力団」とか何故言えないのだ。)

自衛隊を憲法に明記しないという公明党と野党の始末をつけなければ、もはや時間の問題だ。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:18  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019.07.23 (Tue)


韓国への優遇措置中止はブーメランだとNHK「時論公論」


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

反日NHKは国営放送にせよ

朝日、毎日と並んでNHKも反日メディアだが、このところNHKウォッチングを怠っていた。
久し振りに「時論公論」のアーカイブを覗いて見て驚いた。
韓国に対する3品目の輸出優遇措置の見直しについて、ブーメランになるぞとか、日韓両国の相互依存を理解していないと日本政府を批判していた。
いったいどこの国の放送局だ。
NHKは公共放送であり、国有放送局ではない。
というより、前から売国放送である。

当ブログを開設した2005年頃は8月15日の敗戦日前後になるとプロ市民を集めて反日放送番組を繰り返していた。
正確に言えば、NHKの偏向報道に腹を立ててテレビに向けて叫んでいたのを、ブログという鬱憤のはけ口を見付けたのが当ブログの始まりだった。
 
爾来、NHKは受信料という名の金を視聴者から強奪し、子会社を作ってボロ儲けし、社員の平均給与は1500万円を超えるという噂もある。
NHKで放送した番組をビデオやDVDにして再販売しているのは違法ではないかとすら思う。
最近はあまり見かけないが新聞に全面広告を出していた。

20190722005.jpg

今回の参院選挙で「NHKから国民を守る党」から出馬した立花孝志氏がスクランブル放送の実現を掲げて比例代表で当選した。
もっとも立花氏はNHKの放送内容は政治家として批判しないとしているから残念な事ではあるが・・・

立花氏が無料で配布している「NHK受信料支払いお断り」のラベルを自宅のポストに貼っておくと、NHKの委託集金人がやって来ないという事だが、効果のほどは分からない。

NHK「時論公論」(2019/7/8)
「対韓国 輸出優遇見直しの波紋」(ここに注目!)
神子田章博 解説委員


20190723000.jpg

Q 日本の投げたブーメランが跳ね返ってくるということですか?
A そのおそれがあります。今回優遇措置を見直すのは、有機ELディスプレーの製造に使われる化学製品など3品目です。韓国はこれらの品目の7割から9割を日本から調達していて、日本からの輸出が滞ると、有機ELディスプレーや半導体の生産ができなくなるおそれがある。そうなると、日本メーカーは有機ELパネルの全量を韓国から輸入していますので、有機EL画面のテレビやスマートフォンがつくれなくなる可能性があるというわけです

NHK「時論公論」(2019/7/19)
「対韓輸出優遇見直し~国際社会の理解は」


出石 直 解説委員
「徴用をめぐる問題では日本が韓国に、貿易管理をめぐっては韓国が日本に外交協議を求め、ともにこれを拒否して隘路に陥っている状況です。北朝鮮や中国への対応など胸襟を開いた連携が求められているにも関わらず、外交が機能せず対立ばかりがエスカレートしていくのは、双方にとって得策とは言えないのではないでしょうか。」

神子田解説委員
「韓国との対立が感情的にエスカレートし、互いの経済を傷つけることのないよう、冷静で理性的な対応を望みたいと思います」


喧嘩両成敗?
あなたはこれでも受信料を払う気になるだろうか?
NHKは電波の押し売りを止めてスクランブル放送にすれば問題は解決する。
もっといい方法は、完全に国営放送にして、海外に日本文化だけではなく、日本政府の立場をPRすることである。
慰安婦問題にせよ、‬いわゆる徴用工問題にせよ、輸出3品目の貿易管理の強化にせよ、日本は他国に比べてロビー活動で遅れを取っている。
国営放送にして日本の主張を強化できれば、視聴者は喜んで受信料を払うのではないか。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

00:14  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2019.07.22 (Mon)


参院選自民勝利にケチつけた朝日・毎日・東京新聞社説


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

憲法改正絶対反対と異句同音に

参院選が終り一夜明けた今日、新聞各紙は社説でどう取り上げたか比較・検証してみる。

まずは「安倍憎し」の朝日新聞。

自公が勝ったと言ったって、その中身が問題だとケチをつけた。

朝日新聞社説(2019/7/22)
自公勝利という審判 「安定」の内実が問われる


「首相が訴えた『政治の安定』は、ひとまず有権者に支持された形だが、「1強」による長期政権のおごりと緩みは誰の目にも明らかになっている。
 首相は自ら緊張感をもち、野党に投票した有権者も意識して、丁寧な合意形成に努めなければ、国民の重い負託には応えられないと肝に銘じるべきだ。

予算委員会も開かれなかった、金融庁の老後2000万円必要の報告書も拒否した。
朝日新聞の世論調査では、首相支持の理由で一番多いのは「他よりよさそう」で、政策や首相個人への評価を常に大きく上回っている。


「他よりよさそう」は「政策や首相個人への評価」ではないのか?
弱小野党が有権者の消去法に耐えられなかっただけの話だ。

内政・外交とも難題が目白押しのなか、首相個人の(憲法改正の)思い入れで強引に議論を進めることは、社会に深刻な亀裂をもたらすだけだ。

憲法改正は自民党を立党した時の党是である。首相個人の趣味ではない。

結語は・・・

「民主主義における選挙は、勝者への白紙委任ではない。野党や国民との対話や議論抜きに、国の針路を正しく定めることはできないはずだ。」

投票と言う形で民意が示されたのに、それにケチを付ける朝日新聞は独裁政権を望んでいるのか。

毎日新聞(同上)
19年参院選 自公が多数維持 課題解決への道筋見えず


ただし、今回の参院選が日本の抱える人口減少や少子高齢化という長期的な課題の解決に資するものだったかというと、心もとない。

と取り敢えずケチをつけた上で、「強引な憲法論議避けよ」という小見出しで

「ただ、選挙戦で改憲の中身が議論されたわけではない。首相がこだわる自衛隊明記案に関する情報量は圧倒的に不足しており、公明党は慎重だ。国民民主党も反対している」

「選挙結果を盾に国会の憲法審査会を強引に運営することは許されない。 」


と憲法審査会の論議すら逃げて回る野党を擁護。

秋田では「イージス・アショア」配備への反発も自民現職の敗北につながったとみられる。新潟では公共事業をめぐる忖度(そんたく)発言が批判された自民現職が敗れた。それだけ与党支持が消極的なものにとどまっていることをうかがわせる結果だ。

と安倍政権の勝利を認めようとしない。

 「さらに今回からは選挙区の合区であぶれた自民党の候補者を救済する目的で比例代表に「特定枠」が設けられた。本来は有権者が投票権を行使しやすくなるように配慮すべきであり、これでは政党側の都合を優先させた制度の変更だ。 」

しかし特別枠を利用したのが自民党ならぬ「令和」を悪用した似非政治家の山本太郎
二名の重障碍者を当選させた。
太郎本人は落選したが、重障碍者が責任を全うできないという理由で辞任すれば自動的に繰上げ当選の可能性もあるという。

朝日新聞は舞台の奈落に落下して下半身不随になった矢代英太という車椅子議員も過去に居たと書く。
過激な議員の仕事を彼等が全うできるかという素朴な疑問を抱く人も居るかもしれない。
しかし映画「寅さん」ではないが「それをいっちゃあオシメエよ」
それを言ったら人権派の連中の餌食になってしまう。
だから誰もそんな馬鹿な事は口が裂けても言えない。

立候補者の木村えい子氏が山本太郎に「障害(碍・がい)者を利用したと言われないか」と心配すると・・・

山本太郎
「上等だ!障害者を利用して障害者政策を変えていける!」


と言ったそうな。
如何にも三文役者のセリフだ。

国会の施設や規則の変更が急がれるというのが模範解答だ。

読売新聞(同上)
[参院選]与党改選過半数 安定基盤を政策遂行に生かせ


 「安定した政治基盤の下で内外の難題に正面から取り組み、結果を出してほしい。そうした民意が示されたと言えよう。(中略) 安定した政治基盤の下で内外の難題に正面から取り組み、結果を出してほしい。そうした民意が示されたと言えよう。」

と選挙結果を評価。

「憲法改正論議の活性化を」という小見出しで

「国会での憲法論議を活性化させることも急務だ。」

と憲法改正にも賛意をしめした。

最後に・・・

「衆院を抑制、補完するという参院の役割をどう考え、衆参両院の選挙制度を構築するか。憲法改正の選択肢も排除せず、与野党は議論を急ぐべきである。」

と繰り返し憲法改正を急げと強調した。

産経新聞(同上)
【主張】参院選で与党勝利「大きな政治」の前進図れ 
有志連合への参加を試金石に
 


憲政史上最長の首相在任を視野に入れる安倍晋三首相は、有権者から引き続き政権運営を託された。第25回参院選で与党の自民、公明両党が過半数を得て、国会での安定基盤を確保した。

と今回の選挙結果を評価。

≪憲法改正を説くときだ≫

 安倍首相は21日夜、民放テレビ番組で憲法改正について「改選議席の過半数を得た。しっかり議論していけという国民の声をいただいた。国会で議論が進んでいくことを期待したい」と語った。
そうであるならば、首相と自民党は、9条や緊急事態条項などの改正実現の必要性を国会の内外でこれまで以上に説くべきだ。国会と世論における多数を形成する努力をはらう必要がある。
安倍首相の自民党総裁任期は令和3年9月である。衆院議員の任期満了は同年10月だ。2年間などあっという間だ。政権運営を託されたからといって一息ついている暇はない」


と安倍首相の背中を押した。

おまけに地方紙の東京新聞社説を紹介すると・・・

東京新聞社説(同上)
改憲派3分の2割れ 政権運営は謙虚、丁寧に


有権者は政治の安定を望んだが、改憲勢力に発議可能な議席を与えなかった。安倍晋三首相は強引な改憲でなく、謙虚で丁寧な政権運営に徹するべきだ。

◆白紙委任状は与えない
◆改憲以外に課題が山積


という小見出しで、憲法改正絶対反対と叫んだ。

進歩派の左翼紙はどうしてこうも憲法改正に反対なのか。
戦後70年以上経っても一言一句変えない憲法は今の時代に適合しているのかという思いの一片も無いのは理解に苦しむ。
彼等こそ正真正銘の「保守派」と言えよう。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

18:54  |  2019参院選  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT