FC2ブログ

2019.01.21 (Mon)


日本の防衛省は韓国に遂に匙を投げた


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

難破魚船の救助ではくて脱北者の拿捕だった?

防衛省は今日、韓国のレーダー放射について完全な反論をホームページに掲載し、韓国の嘘を完膚なきまでに打ちのめした。
その上で、嘘つき韓国をこれ以上相手にするのは止めたと宣言した。

産経ニュース(2019/1/21)
「韓国との協議、もはや困難」防衛省がレーダー問題で最終見解 「音」も公開


 防衛省は21日夕、韓国海軍艦艇による海上自衛隊機への火器管制レーダー照射問題に関する「最終見解」を公表し、防衛省のホームページ(HP)に掲載した。これまでの韓国側の対応について「客観的かつ中立的な事実認定に応じる姿勢が見られないため、これ以上実務者協議を継続しても、真実の究明に至らない」と強調。その上で「本件事案に関する協議を韓国側と続けていくことはもはや困難」だとして、協議を打ち切る方針を示した
 また、火器管制レーダーの探知音も初めて公表した。一般的な捜索用レーダーの探知音もあわせて公表し、両レーダーの音の違いを明らかにした。
 「最終見解」では、韓国側が説明を二転三転させ、データに基づく検証の呼びかけにも応じていない状況を詳述し「一連の韓国側の対応ぶりや、これまでの韓国側の主張が一貫しておらず信頼性に欠けるものであることを踏まえると、韓国側が事実とは全く異なる主張を繰り返している」と結論付けた。
 その上で「改めて強く抗議するとともに、この事実を認め、再発防止を徹底するよう強く求める」とした。日韓・日米韓の防衛協力の重要性も強調し、引き続き協力継続へ「真摯に努力していく」とも記した。
 韓国側は「海自機が低空で脅威飛行した」「通信が聞き取れなかった」などと主張しているが、こうした個別の論点についても改めて反証を示した。
 最終見解とあわせて「補足説明資料」も公表し、火器管制レーダーの特性や、照射を受けた海自哨戒機の飛行経路などを図示して解説した。


防衛省のホームページに詳細が載っている。

防衛省(同上)
韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案について


韓国側に、相互主義に基づく客観的かつ中立的な事実認定に応じる姿勢が見られないため、レーダー照射の有無について、これ以上実務者協議を継続しても、真実の究明に至らないと考えられることから、本件事案に関する協議を韓国側と続けていくことはもはや困難であると判断いたします。

20190121000(1).jpg

火器管制用レーダー探知音は緊急事態を示す警報音であり、韓国側の主張する探索用レーダー探知音はアンテナが回転したリズミックなものでまったく違う。

韓国側の主張する「韓国駆逐艦に脅威を与えるような飛行」も完全否定された。

となれば、韓国側の言う「人道主義的救助作戦」は真っ赤な嘘である。

フジテレビ「報道プライムサンデー」(20109/1/20)

20190121001.jpg

荒木和博(拓大教授)
「遭難している船なんていくらでもあるのに、なんであの船のために海洋警察最大の警備艦と海軍の駆逐艦で出て行く必要があるのだろうと、その組み合わせにすごく違和感がある」


しかもこの北朝鮮の船には無線アンテナとみられる設備がある。
いままで瀬取りの疑いが噂されていたが、これは北朝鮮のスパイ船だろう。

山田吉彦東海大学教授は北朝鮮からの重要な脱北者が乗っていたのではないかと推測している。
金正恩の依頼を受けた文在寅がこのような小船を救助するためではなく拿捕するために最大の警備艦と駆逐艦を派遣した。
そこへ日本の哨戒機が飛来してきたのでレーザー照射で威嚇した。

真相は恐らくこういう事だろう。

荒天でもないのに、難破船をレーダーで捜索していたと嘘を付き、海自の哨戒機が脅して来たと嘘をつき、日本に謝れと言う韓国の姿を日本人はしっかりと直視すべきである。

しかし白髭のおじさんの締めのコメントは酷かった。

20190121002.jpg

鎌田 實
「ちょっと怖いですよね。しかし、中国、ロシア、北朝鮮を文脈で考えていく時、日本と韓国はもっと仲良くしないといけないので、やはり、日本の政治力が、外交力がこのところ弱っていることが大きな問題のような気がするのでもうちょっと民間のつながりみたいなものも大事かのなと。
なんか嫌いというのでぶっつかり合っちゃってる。これはとても平和を守っていくのに怖い状況になっている」


こういう御仁が居るから韓国に舐められるのである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






19:26  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.01.20 (Sun)


日本は朝鮮に酷い事をしたから文在寅に一利あると青木理


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

TBS「サンモニ」は日本人の番組か

今日のサンモニは厚労省の勤労統計不正問題に時間を掛けた。

今年の1-3月に政権を揺さぶる事件が起こると誰かが予見していたがその通りになった。
かつての「消えた年金」事件も厚労省の内部告発から起きた。
昔から日本は政治家は馬鹿でも官僚が優秀だから日本はうまくいっていると言われた。
ところが最近は官僚がバカで政治家の足を引っ張っている。

それはともかく、日韓関係を取り上げたサンモニはいつものように酷かった。
青木理は日本が過去に韓半島(それを言うなら朝鮮半島だろう)に悪い事をしたから文在寅の言い分にも一理あるとコメントした。
このような反日評論家が日本にいる限り、韓国の誤った日本蔑視はなくならないだろう。

TBS「サンモニ」(2019/1/20)
風をよむ
どうなる日韓関係


20190120000.jpg

姜尚中
「文在寅は対応がまずい。一言で言うと反日というよりは僕の言葉で軽日だ。
首相の方に丸投げしている。
ただ問題の本質は東アジアに構造的な変化が起きて、南北が急速に接近してしまった。
ただ、太田さん(太田昌克共同通信編集委員)やこのビデオと違うのは、北朝鮮は実は中国を信用していないと思う。
自分の義理の叔父さんをなぜ粛清したのか。それはやっぱり中国の傀儡だ。
金日成以来、中ソ対立をうまく乗り切る。いまは米中だ。
それをうまく乗り切ることによって自分達の独自性を発揮できる。
韓国の国民は実は日本以上に嫌中感情が凄い。
世論調査で米中が戦争したらどちらを支持するか聞いたら90何%以上がアメリカだ。
だから南北が全部中国寄りになるというのはかなり誤った解釈で、むしろ米韓関係をグリップした上で北朝鮮と当たらないと問題は解決しないというのが廬武鉉政権以来のひとつの反省だ。
だから私は日韓関係は場合によっては本質的な問題に○○し合えると。
短期的には厳しいだろう。東アジアの冷戦構造が終わる以上は、そこで日韓関係をしっかりとやっていかなくてはいけないというのが結論だ」


李洛淵首相に丸投げしていると首相のせいにしているが、文在寅自身の責任だ。
姜センセはレーダー照射事件についてはコメントを逃げた。
「南北が急速に接近した」のは「アジアの構造的な変化」のせいではない。
もともと左翼の文在寅が金正恩に前のめりになっているというだけの話だ。

「日韓関係をしっかりやって行く」などと朝日新聞のような上から目線だが、韓国は狂っていて話し合えるような相手ではない。

幸田真音(作家)
「世論調査では日本も韓国も8割がお互いに対して批判的だ。
今年の正月にゴルフをしたが、その時に相手の2人が韓国人で、ほんとにいい方で、すごく親切で優しい男性だった。
嫌韓とか反日とか言いながら去年一年間800万人の観光客が日本にいらしてる。
だから民間も、平成が終わることなので、新しい東アジアを両国同士でやっていこうと。
米中の派遣争いもこれから長く続くだろうし、トランプさんは何やるか分かんない中で、隣国としてこれから東アジアをどうやって行くかということで仲良くするということが大事だと思う」


その昔、韓国の何とかいう男優に日本中の中年オバサンが参ってしまったらしいが、幸田もその一人か。

中西哲生(スポーツジャーナリスト)
「落としどころがそろそろ必要になってきた。感情に突き動かされてはいけない。
状況は刻々と変わって行く。言うべきことは言う。引くべき所は引くというバランサー的な役割が日本として重要なものがあると思う。
そこを考えた上での判断が必要だと思う」


スポーツ馬鹿の中西クンには楽屋裏でブリーフィングをした筈なのに、とんでもない発言。
バランサーとは両者の間に立つ人間や国の事。
北東アジアのバランサー役を買って出た廬武鉉は自殺した。
「落としどころ」は古い政治家の談合政治。
日韓の落しどころなど無い。

涌井雅之(造園家・東京都市大学教授)
「日本の自衛隊の諸君の冷静な対応は良かった。
いま韓国の海軍の艦艇の名前は全部日本を意識した名前になっている。
アメリカには仮想敵として日本を提案している。
もうちょっと考えて欲しい。
お互いに東アジアの経営をどうするか。
どうやって手を組むかを考えてお互いにつまらない事は止めましょうと・・・」


ここでチャイム。

涌井クンとしてはマシな事を言った。
でもつまらないことではない。

青木理
「レーダーの問題と慰安婦・徴用工の問題は分けて考えた方がいいと思う。
65年の日韓国交正常化の時に解決済みと日本は言うが、その通りだが、個人の請求権は消えてないし、そもそも日本が酷い事をしたといことを考えると、もう少し謙虚になって欲しいという文在寅大統領の言葉に一理ある。
レーダー問題の韓国の弁明は凄く不自然で、韓国側は歴史問題の恨みをこれで晴らそうとしているのではという気配も見える。
怖いのは相互にナショナリズムが高まってしまう事だ。
日本で嫌韓感情みたいなものがこれで煽られて、定着しちゃうじゃないかという事をボクは一番恐れている


嫌韓感情の定着・・・結構ではないか。
すべて韓国側のなせる業である。
嫌韓は日本人の率直な感情だ。
とにかく近寄るな、纏わり付かれるのは不愉快だというのが日本人の素朴な感情だ。
それはつまり非韓三原則ということだろうが、一度ガツンとやることはお互いのためにいいのではないか。
でないと、これからも纏わりついて面倒だ。
レーダー放射事件はいいきっかけである。
日本は経済制裁も含めて報復手段を取るべきである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






22:08  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2019.01.19 (Sat)


韓国の味方をする日本の反日メディア


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

港商売オンラインは韓国の代理店か

 韓国国防部のあまりに常軌を逸した日本叩きに唖然とする普通の日本人に対して、左翼サイトの港商売オンライン(ハーバービジネスオンライン)は韓国の手先としか思なえい暴論を吐いている。
その一部を抜粋してご紹介。

筆者の牧田寛は 1月12日にも・・・

⇒日韓「レーダー照射問題」、際立った日本側報道の異常さ。そのおかしさを斬る

と題して日本の報道が際立って異常だと論じている。

⇒ハーバービジネスオンライン(2018/1/18)
日韓「レーダー照射問題」、膠着状態を生み、問題解決を阻む誤情報やフェイクニュース
(牧田寛)



「日韓レーダー照射問題は、完全に膠着化の趨勢です。これまでに日本側で垂れ流された大量の誤情報や出所の怪しい情報によって日本側報道は惨憺たる状態であり、そのような低質の報道が大量に流れているというのは極めて憂慮すべきことです。」

 「韓国側は、高度150m、距離500mでP-1が接近飛行をしており、それはたいへんに脅威を感じるものであったとしています。脅威の評価は日韓それぞれ独自に行うことですし、韓国側が脅威を感じると主張する以上、そうであったのでしょう。P-1は四発機(エンジン4つ)でB737程度の大きさですので、150mの高度、500mの距離ですと、かなり迫力があったとは思います。」


韓国側がそう言ってるからそうだろうと鵜呑みにして信じ込んでいる。
しかし韓国側が公開した写真は高度と距離が十分にあったことを逆に証明している。
また、海自のP-1哨戒機の音はそれほど大きくないとどこかで読んだ記憶がある。

「STIR180による電波照射(おそらくイルミネーターモード)は、指揮部(おそらく司令部)の許可がなければできないという主張は妥当です。 」

現場の暴走が考えられ、文民統制が問題になっているのだ。

・P-1からの呼びかけの英語が酷すぎる。(映像字幕では意訳や超訳をしているが、字幕と英語音声の乖離が大きい。)

確かに上手い英語とは言えないが、十分理解できる。
字幕と英語音声との乖離はない。

 今回の軍事的インシデントについてP-1から司令部へ伝達され、その後防衛省を経て官邸、自民党に情報が流れているが、防衛省から発信した時点での情報が不明確さを多く含んでおり官邸周辺、自民党所属議員から誤情報が膨大に拡散されている。結果、事実に立脚しない主戦論を煽ることになっている。これは極めて危険であり、大日本帝国滅亡の原点となった約90年前の失敗の再現という他無い

大東亜戦争と無理にコジツケて大東亜戦争の意義を毀損している。

自衛隊、防衛省の情報発信への信頼性が極めて低い
首相官邸の独走によって情報漏えい、無意味な二国関係悪化が生じている
韓国国防部公開の反論映像は、含まれる情報こそ少ないが、プロパガンダ映像としては極めて優れている。そのうえ多言語版を供給している。結果、二国間のプロパガンダ合戦と考えても完全に敗北している。理由は簡単で、防衛省発の情報は、すべて国内向けエクスキューズであるため。


韓国側の映像が優れているとは恐れ入る。
日本側の映像の大部分を利用して韓国側の映像はわずか5分。
安物のメステリードラマのようなおどろおどろしい音楽を流した粗悪品だ。

韓国側こそフェイクニュース流を流しているので、日本側も新しい証拠を公開するらしい。

⇒ZAKZAK(2019/1/19)
レーダー照射問題、防衛省が「新証拠」公開へ 強烈な「警告音」で国際世論を味方に


 韓国海軍の駆逐艦が、海上自衛隊のP1哨戒機に危険な火器管制用レーダーを照射した問題で、防衛省は、韓国側が事実関係を認めず「日本が謝罪しろ!」などと常軌を逸した主張を続けていることを受け、来週にも哨戒機内で記録されたレーダー探知時の「警告音」を公開する方向で調整に入った。嘘八百を並べる隣国に「新証拠」を突き付けて、屈服させる。
 日本政府の断固たる姿勢について、ハワイ訪問中の岩屋毅防衛相が19日(現地時間18日)、調整を急ぐことを言及した。公開を調整している「警告音」とは、探知したレーダーの電波信号を音に変換して、ロックオンされた事実を乗組員に伝えるもの。
 2013年1月、中国海軍のフリゲート艦が東シナ海で、海自護衛艦に火器管制用レーダーを照射した際も、相当激しい「警告音」が艦内に鳴り響いたという。
 日本政府が今回、「警告音」の公開を調整しているのは、日韓防衛当局間で2回目の実務者協議が14日、シンガポールで行われた後も、韓国国防省の報道官が「(日本は)非常に無礼」(15日)などと、加害者が被害者を装うような対応を続けているためだ。

NHKニュース(同19時24分)

・・・これに対して韓国国防省は19日午後にコメントを出し、日本側はこれまで事実をねじ曲げ、争いを助長していると改めて非難したうえで「不正確な内容を一方的に主張することは望ましくない」とけん制しました。
そのうえで「不正確なレーダー探知の音を公開し、脅威を受けたと主張するのは国際社会に誤った認識を与える。日時、方位、周波数の特性など正確な情報を公開しなければならない」として、公開する場合は関連するさまざまな情報も明らかにするよう求めました。
そして「日本は不適切な世論戦を繰り広げるのではなく、正確な証拠を示して両国の専門家が科学的かつ客観的に検証すべきだ」と主張しましたが、日本側が求める双方のデータの提示に応じるかには言及しませんでした。


日韓と反日メディアが入り乱れた泥仕合である。
日本側がいくらデータを提供しても韓国側は否定するだろうから、日本は韓国を相手にせず自らの正当性を国際社会に訴えて国際世論を味方につけなければならない。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:11  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2019.01.18 (Fri)


日本は非韓三原則でいいのか?


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

言ったもん勝ちの国際社会では通用しない

韓国は「助けず、教えず、関わらず」を旨とすべしという非韓三原則という言葉がある。
古田博司筑波大学大学院教授が唱えた日本の韓国に対応する原則である。

日韓併合以来、いやそれ以前から朝鮮半島と関わりあった日本は碌なことがなかった。
その歴史的事実から生まれた言葉である。

いままで日本の保守派はこの非韓三原則を旨として来た。

しかし文在寅政権以来、韓国の日本に対する敵対行為が激しくなってきた。
この期に及んで、関わらないという原則はもう当てはまらないと考えるに至った。

「金持ち喧嘩せず」では国際社会では通用しないからである。

韓国は歴史的な呼称である「日本海」に「東海」を併記しろと国際水路機関(IHO)を味方にして難癖を付けて来た。

読売新聞(2019/1/18)
日本海呼称「韓国と協議を」国際機関が強く要求


韓国が日本海の呼称に「東海」を併記するよう求めている問題を巡り、日本海の単独呼称が国際的に認知されている根拠のひとつである国際水路機関(IHO)の指針について、同機関が、改訂を望む韓国との協議を日本に要求していることがわかった。日本は併記につながりかねない改訂論議に消極的だったが、IHOは強い態度で迫っているといい、厳しい状況に追い込まれる恐れがある。
IHOは、世界の海洋名や境界などが記され、各国の海図作製の指針となる刊行物「大洋と海の境界」を出版している。外務省によると、1929年の初版から現行版(1953年作成)まで日本海の海域には「Japan Sea」と一貫して記載されている。
 一方、韓国は92年に国連の会議で日本海の名称を批判し、呼称問題を国際社会に初めて提起。以後、「日本海は日本の植民地支配の結果広がった呼び名」などと主張し、当初は「東海」への改称を、近年は併記を訴え続けている。
 日本は「日本海の名称は19世紀から国際的に使われており、韓国の主張に根拠はない」などと反論。2004年には、国連が日本の問い合わせに「日本海が標準的な名称」と回答した。
韓国は近年、指針が1953年から変わっていないことに着目し、改訂を求めるようになった
。(以下登録会員限定)

韓国はいわゆる徴用工(櫻井よしこ氏によれば正しくは戦時朝鮮人労働者)や竹島の領有権紛争について国際司法裁判所への出頭を拒否する姿勢だ。
一方で拒否し、一方で国際機関を利用する韓国に日本は手をこまねいているだけでいいのか。

慰安婦問題についても、韓国は国連のナンクタラ人権委員会を利用して日本に賠償を求めている。

レーダー照射事件については日本も新たな証拠で嘘つき韓国をギャフンと言わせる算段だ。

日テレニュース(2019/1/18)
日本政府 " レーダー照射" 新たな証拠公開へ


自衛隊機が韓国軍から射撃の際に使用するレーダーの照射を受けた問題で、政府は、照射を受けた新たな証拠を公開する方針であることが日本テレビの取材でわかった。
この問題をめぐり、日本側は射撃用の「火器管制レーダー」の照射を受けたと抗議しているが、韓国側は否定し続けていて、対立が深まっている。
こうした中、複数の政府関係者によると、日本政府はレーダー照射を受けたことを示す新たな証拠を公開する方針であることがわかった。
防衛省幹部によると、具体的には、レーダー照射を受けた際に自衛隊機の装置が反応した音の記録で、このレーダーの照射を受けたことを示す明確な特徴があるという。ある防衛省幹部は、「客観性の高い証拠だ」と説明している。
公開する時期については、アメリカを訪問中の岩屋防衛相が20日に帰国してから、最終的に判断する方針であることがわかった。


もう一刻も早く白黒の決着を付けて欲しいものだ。

韓国への対抗措置について、当ブログのヤフー版で⇒アンケート(1月3‎1日締切)をお願いしたところ、次のような途中結果になっている。

20190118001.jpg

圧倒的に「経済制裁」が多い。

韓国では就職難の大学生が日本に職を求めて大量に押し掛けて来るというニュースを今日も読んだ。
とんでもない話である。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:13  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2019.01.17 (Thu)


日本の統合幕僚長が韓国の「無礼」呼ばわりに猛反論


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


まずは遺憾砲から

日本を「無礼」呼ばわりをした韓国の防衛当局に対し日本軍の最高指揮官が猛反論した。

200190117000.jpg


河野統合幕僚長
「主権国家たる日本に対して責任ある韓国の人間が『無礼』などと言った事については極めて不適切であり遺憾だと思っている。
我々の要求はまったく合理的なもので、韓国の批判は当たらないと思っている」


外交上、「無礼」などという感情的な発言をする国は珍しい。
民主主義国と独裁国家間の口喧嘩ならともかく、同じ価値観を持っている筈の民主主義国同士のやりとりとしては戦後、聞いたことがない。
韓国側が如何に焦っているかの証左でもある。
あるいは如何に日本を馬鹿にしているかの証左かもしれない。

政治家達は「遺憾砲」を撃ち過ぎるが、軍人さんの「遺憾砲」は珍しく、韓国も肝を冷やしていることだろう。
それとも蛙の面にショ●ベンか。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:54  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT