FC2ブログ

2020.06.02 (Tue)


「正論」7月号は安倍・櫻井対談、西尾乾二論文必読


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

「安倍晋三と国家の命運」(西尾乾二)が読ませる

2020060100.jpg

2020060201.jpg

先月(6月)号から表紙を黄色一色にした言論誌「正論」
それは日本に対する黄色信号かあるいは武漢ウイルスの厄災を意味するのか。
いずれにしても効果的だ。

支那が世界中に撒き散らした「武漢ウイルス」という国難に日本はどう対処すべきか、元凶の支那という存在、そして朝鮮半島問題の3本柱で構成されている。(以下敬称略)

本号は「安倍晋三と国家の命運」(西尾乾二)を読むだけで充分と言っていいほどの力作。
後は付録のようなものだと言ったら言い過ぎか。
それだけ安倍晋三像を欠点も含めて的確に描いている。
武漢ウイルスの初期対応、支那への対応等々。

「今後、習近平は "21世紀のヒトラー" として歴史に名を遺す可能性すらある。安倍氏にはここでよく考え踏み止まって、以後徹底して距離を取ってもらいたい」

「安倍晋三氏は平和主義者(ハト派)では決してない。『軍事問題』一般に目を開いている政治家である。」


と評価しつつも、アイヌ新法、種子法廃止、水道法改正、定住外国人の増加、カジノ誘致、地方でのヘイト禁止条例成立を批判している。

そして最後に・・・

「安倍政権は民主党政治の混乱から日本を救い出し、長期の安定をもたらしたが、今や現実が見えなくなり、変化をこわがっている。しかし国民は国家が動きだすことを決して恐がっていない。国民はしっかり目がさめているのである。」

と結んでいる。
しかし、国民は果たして目が覚めているだろうか。残念ながら多くの国民は反日メディアの洗脳によって「現実が見えなくなっている」のではないか。

安倍晋三内閣総理大臣と櫻井よしことの対談「日本は国難を克服する」は5月15日のインターネットの言論テレビ「櫻ライブ」から収録したもの。
国会質疑での型どおりの答弁や記者会見の発言とは違って生の声が聞ける。
まあ、リベラル左翼は安倍・櫻井の出来レースだと批判するに違いないが。

世論調査で国民の信頼度が落ちていること、尖閣諸島への中国公船への対応、黒川元検事長の問題を取り上げている。
解説の「10年前の政治介入に声を上げたのか」(櫻井よしこ)は朝日、NHK、検察OB等が民主党が過去に犯した政治介入に無言だった事を批判している。
要するに、左翼リベラルはダブルスタンダードだということである。

パフォーマンスだけの首長はもういらない(八幡和郎)

小池都知事は休業要請する一方、6500億円の都のヘソクリをばら撒いたのは選挙対策。

舛添要一だったら現場に乗り込んでいい仕事ができたかも知れない。そういう能力は小池にはない。
評論家は反政権的知事を評価する傾向がある。

一部の首長たちのパフォーマンスや「地方分権ごっこ」など百害あって一利なし


全て御尤も。吉村大阪府知事の評価は高かった。

特集「中国という存在」は香田洋二元自衛艦隊司令官を除いてややパンチ不足か。
むしろ「正論」誌編集部の解説が参考になる。

「ご都合主義が過ぎるメディア」(阿比留瑠比)は籠池騒動の真相を突いて読ませる。

第二部「朝鮮半島の情勢報告」によれば北朝鮮の金正恩はやはり病んでいるらしい。
韓国は慰安婦運動で内ゲバが始まったと西岡 力。

6月号の「正論」は教科書検定問題で「つくる会」を批判していて意外だったが、今月7号で藤岡信勝拓大客員教授が、誤解だと反論している。
プログ主も産経新聞は何百万もする「つくる会」賛同者の全面意見広告を出して置きながら、「正論」で批判するのは如何なものかと思っていたが、「つくる会」反論の場を与え、田北眞樹子編集長が「批判する意図は一切無い。合格本を作って貰いたいとの思いから論文を掲載した」と書いた。
これが保守論壇のあるべき姿だ。
リベラル左翼の論壇と訳が違う。

エジプト人のタレント、フイフイの連載が始まった。
反政府、ノーテンキ・リベラリルの芸能人と違って正論を吐くフイフイに期待。

「HANADA」「WILL」に比べて地味だが「正論」も欠かせない。





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:01  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2020.06.01 (Mon)


岡田晴恵氏、玉川徹、不用意発言で集中砲火


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

「PCR全員検査」の主張も迷走

テレ朝「モーニングショー」の岡田晴恵と玉川徹は言論誌やネットで叩かれ始めてイメージチェンジを図ろうとしているようだ。
羽鳥が玉川の髪型を見てからかい、玉川がふざけて答えるなどのやりとりで雰囲気を変えようとしているのが小賢しい。

今日も岡田と玉川の不用意なコメントがネットで批判されている。

テレ朝「羽鳥慎一モーニングショー」(2020/6/1)

北九州市で武漢ウイルス感染者が4日続けて2桁となったということで、第2波が懸念されているというニュースのなかで・・・

20200060100.jpg

岡田晴恵
「抑えて置かなければいけないことは、夏場になっても感染者は居るということ。」


夏場は暑くなるから流行は下火になる。インフルも出る冬場が心配と言っていたのに、また前言を翻した。
アビガンを早く飲ませれば岡江久美子さんは助かったかも、と言っていた癖に、副作用問題で認可が遅れると、アビガンに頼らない方がいいとシレーッと言う。
その他様々な変節はネットでも指摘されている。

岡田
「要は早く検査をして、クラスターを小さい内に潰して行くことが必要なんだろうなと思います」


相変わらず無症状でも検査しろというスタンスは変わらない。
自覚症状のあるなしに関わらず、少なくとも東京都民全員(約1400万人)のPCR検査をせよと提言しているのだから。

岡田
「こういう風にクラスターが出たから、積極的に検査するから見つかった無症状の患者さんが居たわけですね。
SARSの時もそうだったんですけど、実はお子さんとか小学校では全然流行が無かったんですけど、今思えばこういう検査をすれば出て来る人も居たかもしれない。だから学校がどうということでもないと思う」


・・・とタラレバ論を展開。
若者の感染率は中年、壮年、老年に比べて極めて低いと言っていなかった?
素人が視聴者惑わす武漢ウイルス♪

北九州市は濃厚接触者の検査をして53人の陽性が判明した。

羽鳥MC
「これは岡田さん、今迄だったら分からなかったでしょ?」

岡田
「そういう事ですね。早く封じ込められると早く隔離できるし、そういうことで野放しに市中で感染者が居ないなという事だと思います」


2020060101.jpg

玉川
「無症状の者でもPCR検査をやったという市長は非常に合理性のある良い判断をしている。
更に言えば感染者97人の内、34人が感染経路不明のわけですね。
その34人は必ず誰かから感染した。ということは34人にうつした方が居る。
その人達はいまだ捕まえ切れていないんです。
ということを考えると、症状のある人を捕まえますとか、症状のある人の周辺だけを検査して済ますという事ではどうしても限界がある。
僕はいつも言っている。
成程という話が後で出て来る」


この「野放し」と「捕まえる」がネットで叩かれているようだが、事の本質はPCR全員検査を相変わらず主張しているところだ。
これが医療崩壊につながることは多くの専門医が指摘している。
さらに酷いことに、玉川は「PCR全員検査は医学的には意味が無いかもしれない」と25日の同番組でコメントしている。
出鱈目である。

岡田センセも含めた素人が軽々しくワイドショーで発言することは厳に慎むべきであろう。
いや、日本を混乱に陥れようとしている支那の回し者かもしれない。





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:29  |  支那武漢ウイルス  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

2020.05.31 (Sun)


中国なしでは日本の繁栄はあり得ないと姜尚中


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

日韓が連携して第3極を作れと

今日のTBS「サイテーモーニング」で姜尚中が米支の対立が一層激しくなるなか、日本は韓国と連携して第3極を作れと提案し、田中優子(法政大学学長)が賛同した。

TBS「サンモニ」(2020/5/31)
風をよむ
コロナ禍の中国


2020053000.jpg

関口 宏(笑いながら)
「昔からピンチをチャンスにという言葉があるけどさ。それを考えてるのかなという気がしないでもない」


笑って済ますような事ではない。

姜尚中(東京大学名誉教授)
「新しい覇権国家に中国がなるのかどうかですね。
その意味では、米中の間の○○戦が始まるのかどうか。
それに対して日本はどう対応すべきなのかということが、やっぱポイントになると思いますね」


そんな事は改めて言うまでも無い当たり前の事。


「で、そのポイントは尖閣諸島や日本海域への中国の脅威ということは明らかに日本にとっては大きな問題です。
しかし、その抑止力としてのアメリカの軍隊が、今度は米中直接対立で、もし局地的な紛争が起きた場合に、日本はどうしたらいいのかと。
つまり日米安保という形でアメリカと運命共同体。
しかしもう一方では経済的には中国をはずしては日本の繁栄はあり得ないと思うんですよね


(日本は支那への過度の依存で今回の武漢ウイルス被害を大きくしたことを反省しなければならない。
サプライチェーンと称して支那に生産拠点を移したこと、インバウンドと称して支那観光客を無節操に取りこんだこと。
グローバリズムの失敗はナショナリズムへの回帰につながる。

「グロ―バリズムという仕組みが、一握りの人たちだけにしか恩恵を与えない搾取構造であることがあきらかにされた」(渡邉哲也「新型コロナ恐慌後の世界)

「第一はグローバリズムの大後退が起こるだろう。過去2,3年の動きを見ても、中国をめぐる論争を通じて、進歩派、リベラル派、左翼の唱えていたグロ―バリズムの敗色は濃厚である。
グローバリズムとはマルクス主義の裏返しである。貿易面で停滞を起こさせないために国境をなくせという主張の裏側には、グローバリストたちの国家破壊という究極の目的がある」(宮崎正弘「『コロナ以後』中国は世界最終戦争を仕掛けて自滅する」


そういうジレンマの中で日本がやっぱ立たされているわけで、私はアメリカンファーストも問題だし、中国の覇権的な拡大はもっと問題だと思いますけども、やっぱり私は日韓関係をやはり良好にするしか、ひとつの手立てはないと思ってますね。韓国にとってもアメリカと中国の間で股裂きに遭ってるわけですね。

(なんで、ここに韓国が入ってくるのか。「韓国にとっても」ということは日本も股裂きになっているということだが間違っている)

ですから、今後の日韓、まあ僕の目からするとミミッチイ消耗戦は止めて、日韓が連携し、後はオーストラリア、場合によってはEUのドイツをはじめとする緩い連携のなかで第三極を作って行くべきだと思うんです。

「平成の30年間で、日本企業が失っていったシェアがたくさんあるのだけれど、どこが奪ったのかというと中国と韓国
ですから、中国と韓国をはずした新しいサプライチェーンの構築をすればいいんです」(渡邉哲也 「コロナ大恐慌 中国を世界が排除する」(渡邉哲也・宮崎正弘対談)


(EUは今回の武漢ウイルスを契機に、ますます崩壊の道に向かっている。何をいまさらEUか。
むしろ日米協定にオーストラリアその他の国を入れて支那の覇権主義に立ち向かうべきである。
支那に加担する韓国は除外する)


今迄の様な二国間外交に国の運命を預けるのはもうまずい時代です。多国間主義でなければならない。
それがやはり日本に任されていることで、二頭の鯨がいまから戦おうとしているわけすね。
その間を自由に飛び回るドンキイ(?)にはなれると思うんです。
日本と韓国だけで1億7000万居るわけですよ。世界第3位と10位の経済大国ですよ。あとオーストラリア、シンガポール、EUと連携しながら第3極を作って行く事が今とても大切な時期に来ていると思います」


韓国は武漢ウイルス禍で経済的に崩壊する。
日本は支那の手下の韓国などは無視して日米安保を一層強化して支那に立ち向かうべきである。

田中優子(法政大学学長)
「私も第3極を作って行くことが大切だと思います」
(以下略)

「みみっちい消耗戦」を日本に仕掛けているのは他ならぬ韓国である。
その証拠に・・・
今日中に日本が韓国に対する「輸出制限」を解かなければ、韓国は再び日韓GSOMIAの破棄を宣言すると言っている。
日本が無反応なので焦っているのである。
勝手に期限を決めて日本を脅している積りの文在寅。

第3極を作れということは日米安保協定の破棄を促しているのか。
姜尚中や田中優子は支那のスパイではないかとさえ思う。

聯合ニュース(同上)
韓国の輸出規制撤回要求 きょう期限=日本側から回答なく


【ソウル聯合ニュース】韓国政府が日本に対し、半導体材料など3品目の対韓輸出規制を強化した措置について、31日までに解決策を示すよう求めたが、日本はまだ回答していない。韓国政府は同日いっぱいまで待つとしているが、日本が前向きな回答を示すかは不透明だ。
日本は対韓輸出規制の理由として、両国間の政策対話の中断、通常兵器に転用可能な物資の輸出を管理するキャッチオール規制が整備されていないこと、輸出管理体制・人員の脆弱(ぜいじゃく)性を挙げている。韓国政府は日本側が提起した問題を全て改善しており、輸出管理強化措置を維持する理由はないと主張している
 ただ、日本が前向きな立場に転じる可能性は高くないとの見方が多い。対韓輸出規制を維持し、両国の懸案を巡る交渉カードとして使う可能性があるとの分析もある。
日本が回答しない場合、韓国政府がどのような措置を取るか注目される。世界貿易機関(WTO)提訴の手続きを再開する可能性もある。韓国政府は昨年、日本側の措置は不当としてWTOに提訴し、両国は2国間協議を行った。だが、昨年11月22日、韓国が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了通告の効力を停止させ、WTO提訴手続きも停止した。
韓国政府がGSOMIAの終了というカードを切る可能性もある。だが、韓国政府が昨年8月にGSOMIA終了を通告したことに対し、米国が韓国側を強く批判したことを考えると、可能性は低いとみられる。
 韓国の政府関係者は「日本の立場を確認した後、総合的に考慮し、(今後の出方を)判断する」と述べた。


日本の非韓三原則が効いている。
韓国は無視していればいい。

「輸出規制の3品目の韓国への年間輸出額は、154億円相当です。それが止まると韓国で作れなくなるものが約20兆円分の製品。20兆円の製品が作れなくなると60兆円稼ぐ会社が潰れるんです」(渡邉哲也 「コロナ大恐慌 中国を世界が排除する」(渡邉哲也・宮崎正弘対談)

韓国が焦っているわけである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

19:41  |  支那武漢ウイルス  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2020.05.30 (Sat)


武漢ウイルスに立ち向かう自衛隊の足を縛る左翼勢力


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

同盟国アメリカと連携を強化して支那に立ち向かえ

昨日、航空自衛隊のブルーインパルスが都民の医療関係者に謝意と敬意を示した飛行は印象的だった。

しかし、忘れてならない事は、左翼勢力は武漢ウイルスで活躍した自衛隊の活動を評価せず足枷をはめようとしていることだ。
昨日、東京の青空に展開した感激のシーンを見て目を潤ませたに違いないジャーナリストの井上和彦氏は、たまたまその前日に産経新聞の「正論」欄で自衛隊員が如何に武漢ウイルスと戦ったかを書いていた。

自衛隊は支那の湖北省から在留邦人を帰国させるチャーター機2便に搭乗した。
クルーズ船の乗客のPCR検査支援や患者の搬送など延べ約4900人の自衛隊員が活躍したという。
感染者は一人も出なかった。
日本の反日メディアはほとんど報道しなかったからブログ主も知らなかった。

自衛隊には歴史的に鍛えられた防疫意識があるという。

「特に陸上自衛隊は、日頃からNBC(核・生物・化学)兵器に対処すべく、より高度な防御技術を身に付けており、これを今次の疫禍に応用したわけである。そもそも軍隊は、敵と戦いながら劣悪な環境下で広がる疫病と戦わねばならず、歴史的にも軍隊にとって防疫は重要課題なのだ。それゆえに自衛隊員一人一人の防疫に対する意識は高い」

「4月以降、全国の都遣府県知事等からの要請を受け、陸上自衛隊は各地の医療関係者をはじめ自治体職員、民間宿泊施設従業員らに感染予防等についての教育支援などを開始した。またこの自衛隊式感染症予防方法は、陸自が、医療従事者、自治体、個人向けの動画をインターネッ下上で公開しており、誰でも見ることができるようになっている。加えて自衛隊中央病院などには、内外の退院された方々から感謝の手紙が多数寄せられており、その診療や看護の姿勢に学ぶことも多かろう。
 このように新型コロナの感染拡大防止に見事に成功している自衛隊の医療ノウハウが、今後予想される新型コロナ第2波への有効な予防策になることを期待したい。」


なお産経ニュースの動画で自衛隊中央病院の上空を飛ぶブルーインパルス機に関係者が手を振っている姿を見ることが出来る。

これに呼応するかのように翌29日の産経新聞で阿比留瑠比論説委員が連載コラム「極言御免」で、このように活躍している自衛隊を左翼勢力が如何に妨害しているかを書いている。

阿比留瑠比の極言御免(2020/5/29)
自衛隊 もっと活躍できた?


クルーズ船で感染したドイツ人夫妻が自衛隊中央病院の医療チームの手厚い看護を受けて幸運だったと感謝の手紙を出したという。
この老夫妻の感謝する姿はテレビでチラリと見た覚えがあるが、自衛隊と結びついた話という記憶はない。
阿比留氏は自衛隊は頼もしいと思う一方で、左翼勢力がその活躍を妨害していると具体例を挙げて証明している。
西村幸祐氏と福山隆・元陸将の対談集『「武漢ウイルス」後の新世界秩序』のなかで・・・

  「社会党と共産党は、今日の新型コロナウイルスに対処する自衛隊の能力を阻害した責任があります。(中略)自衛隊の充実強化を長年にわたり阻害し続け、国民の安全も蔑ろにしてきたこれら左翼政党・・・」

・・・と福山氏は先輩からメールを貰った。
当時、社会党や共産党に国会で反対されて特殊武器防護という教範やインテリジェンスに関するマニュアルも破棄させられという。

 「左翼勢力の妨害がなかったなら、今回の武漢ウイルス禍への対処はもっと適切にできていたと思う」

これは重大な証言である。

「コロナ禍を契機に、憲法を含め、自衛隊の位置づけや活動内容を改めて問い直すべき」

と阿比留氏は結んでいる。

自衛隊は長い間白い目で見られていた。
職が見つからない人間の就職先ともいわれていた。
自衛隊が国民に認められたのは災害派遣の活躍が知られるようになったからである。
しかしこれも変な話である。
自衛隊の本来の目的は国土を守ることである。
憲法にも認められていない自衛隊のお陰で平和を享受する現在の我々がある。

武漢ウイルス以後、支那はますます自国の権利を主張し自由主義国に圧力を加えようとしている。
日本は未開発弱小国の支那に長年にわたり莫大なODAを献上し、こんな怪物にしてしまった。
その責任を取らなければなるまい。
幸いなことに、同盟国のアメリカは共和党のトランプ大統領になって支那の横暴を食い止めようとしている。
日本は国内の野党やメディアの反日左翼勢力を駆逐して共通の敵に当たらなければならない。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:13  |  支那武漢ウイルス  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2020.05.29 (Fri)


小池都知事、今度はウイズコロナ(コロナと共生)だと


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

東京の青空をブルーインパルス隊が飛んだのに

今日、航空自衛隊のブルーインパルス隊は武漢ウイルスと戦う医療関係者に敬意を表した

産経ニュース(2020/5/29)
東京の空で華麗なアクロバット ブルーインパルス、医療従事者に感謝


2020052901.jpg

航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」6機が29日昼過ぎ、東京都心で、新型コロナウイルスと戦う医師や看護師ら医療従事者に感謝の意を示すアクロバット飛行を約20分間披露した。
 空自の精鋭パイロットたちは空自入間基地(埼玉県狭山市)を出発。高度約800~1400メートル上空で8の字を描くルートを2周し、白のスモークを噴射した。ルート付近には新型コロナ患者を受け入れている医療機関が点在している。
 河野太郎防衛相は同日の記者会見で「医療関係者やさまざまな方が感染拡大防止に努力されていることに敬意を表する」と述べた。空自によると、ブルーインパルスが都心を飛ぶのは平成26年5月の旧国立競技場のお別れイベント以来。
 米ニューヨークなど海外でも、軍がアクロバット飛行により医療従事者に感謝する試みが行われている。


産経ニュースの動画をみると感動的だ。

しかし、皮肉な事に東京都は今日、新たに22人の感染者を出した。
にもかかわらず小池都知事は記者会見で報道陣を前に6月1日にステップ2に移行すると宣言した。

20200052903.jpg

得意げに、これからは武漢ウイルスと仲良く共生して行くことになるから「ウイズコロナ」だと。
横文字遊びもいい加減にせよ。
支那と共生しろというのか。

メディアも今秋の都知事選を控えて毎日のようにテレビに露出する小池都知事の選挙運動に加担するのか。
「爺殺し」で二階を篭絡し、いずれは国政復帰を狙っているとも言われている。

それを阻止する対抗馬を出せない自民党も情けない話だ。
出戻り女に首相になってもらう積りなのか。

小池都知事は東京五輪がコケた途端に武漢ウイルスにご執心だと言われている。
降ってわいたような武漢ウイルスは小池にとっては天の恵みか。

もう一人のお笑い地方首長が愛知県知事。
他の首長が人気上昇中なのに、愛知トリエン事件で評判を落とした上に、緊急事態都市に認定されそうになって抗議したかと思えば「愛知も仲間に入れてちょう」と手の平返しで馬鹿にされた。

そして今度は東京と大阪の首長がメディアでもてはやされるのを妬んで「東京と大阪は医療崩壊してる」と難癖を付け、吉村大阪府知事に反論され、世間にもう一度馬鹿にされた。

武漢ウイルス禍のお陰で各地の首長の実力が露呈してしまった。
次の首長選で落選運動が始まるかもしれない。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:16  |  支那武漢ウイルス  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT