FC2ブログ

2019.09.15 (Sun)


韓国チョグク法相を再批判した櫻井よしこ氏


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

文在寅とチョグクで韓国の左傾化が進む

今日の「日曜報道」も櫻井女史の登場で見応えがあった。
残念ながら下司トコメンテーターの橋下 徹を呼んだためにボケてしまった所もあったが・・・

フジTV「日曜報道 The Prime」(2019/9/22)
チョ法相 "検察闘争の人生"
改革なのか?権力争いか?


文在寅政権が検察改革にこだわる理由は

李相哲(龍谷大学教授)
「政府機関に左派寄りの人達を据えて、今ただ一つ掌握出来ないのが検察だ。
検察まで掌握すれば、その先には憲法改正をし長期政権を実現して、ワンコリア(南北統一)を実現するという夢を描いている」


1980年の光州事件のなか、社会主義革命を目指す過激派組織が誕生した。
チョグクは1993年、その組織に関わったとして国家保安法違反の罪で有罪判決を受けた。 

釈放後、チョグクは・・・

「国家公安法という法律が存在する限り私の思想は有罪である。
しかし、真の歴史・時代を反映する法と精神の下では私の思想に対する評価は変わるだろう」


一方で、9月8日のタス通信によれば文正仁特別補佐官が・・・

「韓国が核武装すればアメリカとの軍事同盟は必要なくなる」

と述べた。

ブログ主が嫌いな橋下 徹(弁護士時代は評価していたが)がゲストコメンテーターとして、開口一番、チョグクに引っ掛けて日本の政治を批判した。

橋下 徹
「(チョグクを選んだのは)能力だ。日本みたいににお飾りの大臣みたいな、今回の内閣の布陣でも分かるように何人か居るが、そうじゃなくて、検察改革を進めて行こうとしたら・・・
日本は戦前、軍に悩まされていた。昭和天皇も悩んでた。
誰も手が付けられなかった。
たまたま日本は敗戦でGHQにガツンとやられたが、韓国は今もがき苦しんで軍はなんとか民主化できた。後は検察だという意志だ」

20190915000.jpg

櫻井よしこ
「国際社会から見ても、国民の目から見ても、チョグクさんというのは相当変な人だ
自分の思想の自由と行動の自由は、今の国家公安法の下では違反だと言っていたが、凄い巧妙なトリックのある表現だと思う。
日本も韓国も思想信条の自由は許されている。
内心どんな過激な事を考えていようと、それを行動に表して交番や警察を襲ったりしない限りは有罪にはならない。
あの時、チョグクさん一派は明白に破壊行為を行った。中央機関の強盗までやった。
彼自身が直接にやったのではないが。
今の国家公安法に象徴される北と対峙する朝鮮の在り方を変えたいと。
韓国の軍はこの30年、保守派が全部排除された。左派にリーダーシップを取られてしまっていて、最後のこの検査改革をやれば、検察の上に組織を作ることによって、どんな人も逮捕し尋問することが出来るということしだ。
文在寅さんとチョグクさん達が目指す南北統一にまっしぐらに走っている。
この機会を逃すともう達成することは出来ないと思っている。」

韓国軍は民主化されたと橋下は好意的に解釈しているが、櫻井女史は韓国軍は完全に革命左派に占められたと危機感を表明している。
そのすれ違いのまま議論は進む。


橋下
「最後は韓国国民が選挙で判断するから、選挙制度が確立している国であれば、どちらの方向に行くかは韓国国民の判断だ。悪影響があればボクラはトコトンやっていかなければいけないが」


一時の感情に走りやすい韓国国民が信用できるというのか。
最初に櫻井氏に反論するような言い方をしながら、「悪影響があればボクラはトコトンやる」などとイイカッコシイをする。
韓国が日米韓から離れて中北露の陣営に入ることを櫻井女史は懸念しているのである。

番組は1993年のチョグク発言以来、その思想は変わっていないと指摘。

チョグク(9月5日の聴聞会で)
「韓国の司法主義の矛盾を解決するには社会主義が必要」


記憶では、日本のメディアはそのような重大発言を取り上げなかった。

櫻井
「本当にこの時代の社会主義革命をしようとしている。
文在寅さんの経済政策は財閥から取って分配する。ある意味では貧しい人達にとっていい方針かもしれないが、どうしていま韓国は社会主義国なのか。
韓国経済や韓国社会のありかたよりも、北朝鮮的なものに接近して行くのか、そこの所の価値判断が全然理解できない
橋下さんが言うように、これは韓国の人達のチョイスで、私達はそれに介入出来ないが、こういう事を政権が目指しているという事を韓国の人達はどこまで理解しているか分からない。
だから今、反文在寅運動が凄く起きている。
文在寅さんとチョグクさんは歴史を辿れば廬武鉉さんとか金大中さんに行きつくもので、大韓民国の歴史や存在意義を真っ向から否定する人達だ。
ただから革命政府だと思っている」

橋下
「社会主義と一言で言っても中身は色々ある。日本はアメリカからみれば相当社会主義だ。分配は凄く、格差も少ない。ボクは文在寅やチョグクと考えは違うが、ただ、国が成熟する過程において、日本だって戦前、財閥が力を持ち、軍隊が暴走する、特高もデタラメな事をやった。反国家体制の人間をショッピイて無茶苦茶な事をやってた。たまたま敗戦で、GHQ(全部賛成ではないが)がガツンと改革してくれて、今の日本がいま成熟してくる。韓国はそれを自らやろうとしている段階で、軍隊、検察の改革、財閥解体をもがき苦しみながら今やっている。
混乱があっても仕方がない。
ぼくらは自分の力でやってない。もし日本が敗戦しないで自分の力でやろうと思ったら同じような混乱をやっている。
最後は韓国国民の良識に期待している


戦時中の日本はすべて悪。GHQのお陰で民主化できた。韓国は自分の力でやろうとしているから今、混乱していると言いたいらしい。
賛同できるものではない。

橋下を見つめる櫻井女史の眼が厳しい。

韓国で一番左のハンギョレ新聞の若手記者が幹部の辞任を要求した。

20190915001.jpg

櫻井
「これは凄く象徴的なことだ。これを報道するのはフジTVぐらいなものだ。他にあまり報道されていない。
いままで反文在寅で動かなかった人達の大きなうねりが生まれるかなというような所ロに来ているような気がする。
これは橋下さんが言うように韓国の人達に任せるべきことだが、日本の国益に取っても物凄く影響がある。
私はこれを注意深く見て行こうと思っているし、ハンギョレ新聞までもが編集局長を解任しろといったことは一つの転換点かもしれない」


橋下が読売新聞だってどんどん安倍政権を応援している、若手記者が「ちょっとやり過ぎだよねと言っている、どこの国でもあると反論すると櫻井女史が爆笑。

201090915003.jpg

子供扱いだ。
櫻井氏は韓国には報道の自由はないと説明。

櫻井
「韓国と日本のメディアの国内事情は違う事を頭に入れておいた方がいいかなと思う」


橋下が再度韓国と日本のメディア統制を指摘すると・・・

櫻井
「日本のメディア統制ってなにがあるか?
朝日は相変わらず物凄い社説を書いているし・・・

橋下
「そうそう、そうそう!」


変に迎合するな。

櫻井
「メディア統制なんて安倍さんはしていませんよ!」


めずらしく声を強める。

櫻井
「自民党もしていない・・・」


橋下がまた反論するので松山MCがまあまあと話を遮る。

韓国が旭日旗を東京五輪に持ち込むことに反対している。

米軍の制服や軍用機には旭日旗が採用されている。
かつて戦った相手に対する尊敬の念があるという。

いわゆる「徴用工」問題について櫻井女史は、橋下の考え方は弁護士の考え方だと切り捨てていた。

この間、ずっとCMが流れていなかったのは異常とも言えたが、橋下が長々と徴用工問題は解決していないと弁舌を垂れたので、ついにCMがカットインした。

橋下をゲスト(下司人)コメンテーターに呼んだのは番組編成のミスだ。
橋下は正面から論議しないで、弁護士の屁理屈で部分的に賛同したと見せかけて斜めから反論していた。
櫻井よしこ氏さんお疲れ様でした。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:15  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2019.09.14 (Sat)


「韓国反日フェイクの病理学」のお勧め


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

感情的な嫌韓から理性的な嫌韓に

20190914002.jpg

昨日、取り上げた「韓国反日フェイクの病理学」(崔 碩栄著)今年4月に刊行されたものだが、アマゾンのキンドルブックで読んでみたら、これが滅法面白い。
簡潔に、理詰めで(実証的に)韓国の、それも韓国メディアの反日フェイクをデータを示しながら暴いている。
他にも数冊の本を書いているようだ。

韓国の反日はずっと前から続いてると思いがちだが、実はそんなに昔からではない事も分かった。そう言われればそうだった。
北朝鮮の情報機関が関与しているらしいことも理解できる。

旭日旗に対する反感も、日本海呼称に対する反感も相手によって変わるダブルタンダード(二重規範)だという事もよく分かった。
日本に対しては日本海ではなくて東海だと主張する癖に、中国が日本海と呼んでも怒らない。中国は上海の東の海を東海と呼んでいる(国際的には東シナ海)は日本海を東海と呼ぶことになれば、呼称を変えなければならない。

「5千万人が使う『東海』のため、14億人が使う『東海』を諦めなければいけないのだ」

旭日旗についても韓国人は2010年頃まで何の反応も示さなかった。
朝日新聞の社旗は旭日旗そのものだが韓国人は文句を言わない。
なぜなら・・・

 「朝日は韓国に友好的な記事を量産してきたメディアだ。日韓が対立する歴史、外交問題について、韓国に多くの『配慮』と『友情』を見せてくれた代表的な親しいメディアであり、韓国では『日本の良心的メディア』と高く評価されている」

しかし、良心的なメディアだというのは・・・

「韓国の主張をそのまま受け入れ、報じてくれるので、良心と呼ばれるのである」

フムフム。

そう言えば、日本の経産省が輸出3品目の管理適正化やホワイト国からの除外を宣言した時に7月26日8月2日の社説で・・・

「日本は考え直し、撤回すべきだ」と主張したし、常に韓国マインドだ。

ヒラリー・クリントンが大統領選で使った旭日旗のようなポスターにも文句は付けなかった。

「つまり、韓国が反発する旭日旗デザインは『形』が問題ではなく、それを使った主体が問題なのだ。これがこの問題におけるダブルスタンダードの根幹である」

「現在の反日は戦後、韓国で日本を『教育』と『報道』によって『間接的に経験』した世代による恨みである」


20190914003.jpg

 韓国が「より古く」「より少ない」被害を与えた日本に対し、「より新しく」「より大きい」被害を与えた北朝鮮よりも「大きな」怒りを表していることは、韓国が「被害者」としてのダブルスタンダードを持っていることを示している。また、韓国の反日が「自然」ではなく「人為的」だという証拠でもある。

慰安婦問題や徴用工問題についても纏めていて参考になる。

文在寅は最初から親北路線だった。
その病が膏盲に入って朝鮮半島統一で日本を凌駕しようとしている。
果たして韓国の国民がそれを阻止する知恵があるかどうか。
たまねぎ男・チョグクのスキャンダルを批判する市民運動が文在寅打倒運動に広がるかどうかで韓国の命運は決まる。
日本は静かに傍観していよう。
非韓三原則「助けず、教えず、関わらず」を守りながら。

韓国人が書いた韓国批判本は色々あるが、この本は一番説得力があるのではなかろうか。
本書を韓国語に翻訳して韓国で出版して欲しいいものだ。
まだお読みでない方は是非ともお読みになることをお勧めしたい。

「韓国『反日フェイク』の病理学」 (崔 碩栄著 小学館新書 2019/4 907円)

【目次】
はじめに
第1章 韓国マスコミの反日報道はこうして捏造された

韓国マスコミが広めた「狂牛病怪談」/「オール反日」の韓国マスコミ/捏造された「朝鮮人強制連行労働者の落書き」/目的は日韓を対立させること/捏造写真が韓国の歴史教科書に登場/罪を日本に着せた「独島アシカ絶滅」/「精力剤」として虐殺されたアシカ/すべてを日本のせいにする/日本人学者の主張を正反対に伝えた公共放送KBS/旭日旗を利用して反日感情を煽る/日本軍独島上陸のショッキングな映像/ノルマンディー上陸作戦と日中戦争の写真を「コラージュ」/捏造放送の後遺症は残る/韓国が桜にこだわる理由/花見は韓国伝統文化にあらず/KBSの歪曲報道/デマと嘘を放置してきた韓国メディア

第2章 なぜ天皇を日王というのか

反日活動家たちのダブルスタンダード/かつては「天皇」が使われていた/「天皇」が「日王」に変わったきっかけ/ダブルスタンダード1 韓国も対外的には「天皇」を使用/ダブルスタンダード2「天皇陛下」と呼んでも許される人たち/「日本海」呼称に対するクレーム/「日本海」反対運動の影に北朝鮮あり/中国が使う「日本海」には抗議できない韓国/消えない「日本海アレルギー」/「旭日旗」に似ているだけで怒り出す/「猿の真似事件」が契機/韓国の戦後世代だけに見られる症状/旭日旗を使っても批判されない人々/わずか10年で変わった/北朝鮮から受けた被害は忘れた?/恐中病か、恐北病か、恐左翼病か

第3章 慰安婦の隠された真実

韓国国内で行われている慰安婦論争/罷免され、謝罪を強要された大学教授たち/「この本の出版は公共の利益にならない」/「慰安婦」と「性奴隷」という言葉/なぜ1991年まで慰安婦問題は「問題」でなかったのか/「慰安婦」という言葉が持つ意味の変化/国語辞典の「慰安婦」の意味が変わった/慰安婦についての韓国人の認識は「恥」だった/歴史書には「初期の慰安婦は売春女性」との記述/まだ生きている《吉田清治》の亡霊/韓国の言論、学界、教育に甚大な影響を与えた吉田証言/韓国の息がかかった「クマラスワミ」文書/朝鮮人労働者のために設置された慰安所/「奴隷」に「支配階級の女性」を配置?/民族の反逆者と見なされた「慰安所経営者」/現代の「性奴隷」には沈黙/慰安婦問題の行方/韓国で「徴用工」はどう教えられているか/「独創」という言葉は適切か?/徴用に対する誤解を生んだバイブル/韓国語版が出るまで43年かかった理由/翻訳版で削除された部分/強制連行か、内地への出稼ぎか/「密航者」の存在/日本で大金を手にした朝鮮の労働者/賃金差別はなかった/徴用経験者たちの証言を検証する/徴用験者に「オイシイ話」を吹き込んだ人々/「連れていかれたわけではない」/戦時中の朝鮮人労働者は「同情」の対象なのか

第5章北朝鮮の影

米軍の後方基地だった「日本」/金日成のトラウマ/日本の左翼から見た韓国/日本を「悪の加害者」として描写/北朝鮮の日韓会談妨害工作/北朝鮮が「竹島問題」に言及し始めたのは1965年/金日成の「カックン戦術」/「反米」から「反日」へ/北朝鮮の主張を拡散させる人々

第6章 本当は日本が好きな韓国人

「親日派」は背信者である/実は韓国人は日本が好き?/韓国で旋風を起こした「ギンギラギンにさりげなく」/XJAPANの曲に熱狂/日本文化はまだ「解禁」されていない/クレヨンしんちやんの主人公は「シンーチヤング」に/大統領に「日本語」のあだ名をつける国/歴代大統領の葬式は日本式だった/素直になれない不幸/「国民感情」という虚構

あとがき


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2






テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:58  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

2019.09.13 (Fri)


「ミヤネ屋」が韓国のフェイク特集


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

「韓国『反日フェイク』の病理学」の著者も登場

20190913003.jpg

今日の日テレ「宮根誠司のミヤネ屋」が韓国特集をしていた。
バラエティ番組としてはそこそこ面白いが、宮根が二重瞼の手術をしてから、何か気持ち悪くて見る気がしなくなっていた。

おまけに今日見たら、いい年して頭の毛の両サイドを短く刈り上げて若者気取りだが実に似合わない。

それは別として、ネットの世界では広く知られている韓国のフェイクや、当ブログでも取り上げた韓国でベストセラーになっている「反日種族主義」の日本語版が近く日本でも出版されることなどを伝えていた。

「反日種族主義」より・・・

「韓国の嘘の文化・政治・学問・裁判は、この国を破滅へと導くだろう」

しかし、法相になりたてのチョグクが酷評した。

チョグク(Facebookより)
「売国親日派という呼び名以外に何と呼べばいいのか、ヘドの出るような内容本だ」


同じフジTVの「日曜報道 The Prime」で松山俊行(MC)が現地でインタビューした共著者の一人・イウョン氏を再びインタビューした。
氏は韓国の学校教育が問題だと指摘。
小6年生の教科書の写真は「強制労働に苦しめられたわが民族」とあるが、実は韓国人ではなくて日本人だった。
これもネットでは広く知られている事実だ。
今問題になっているいわゆる徴用工(正しくは朝鮮人戦時労働者)の虐待もまったくのフェイク。

今年4月に出版された「韓国『反日フェイク』の病理学」の著者・チェソギョン氏も登場して韓国の公営放送のフェイクを紹介。
チェ氏はキャラかもしれないが、テンションが低かった。

20190913004.jpg

日本兵が竹島に上陸しようとしているゴムボートに日本兵が6-7人乗った白黒写真
になぜか旭日旗だけがカラーになっている。

20190913005.jpg

その原画は旭日旗ではなくて日章旗。向かっている先は竹島ではなくて川の向こう岸(笑)。

パラリンピックでの旭日旗の使用禁止を求めた韓国。

竹島のアシカが絶滅したのは日本のせいだとしていたが、実は韓国がアシカの生殖器から精力剤を作る為に乱獲したためだとか、フェイクのタネは尽きなかった。

このような韓国発のフェイクをテレビメディアが正確に報道することはテレビしか見ない日本の情弱者にとっては良いことだ。

韓国の小学校の教科書から「漢江の奇跡」が消えた。
日本国内メディアの「報道しない自由」と同様な事が韓国でも行われている。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2





テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:45  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2019.09.12 (Thu)


中国もパラ五輪メダルにクレーム?


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

安倍首相は韓国に国際条約を守れと要請

韓国という国は日本に対してなんでもイチャモンを付けたい症候群を病んでいる。
例のごとく、来年のパラ五輪メダルが旭日旗を思い出すとして異議を申し立てた。

今日のLINEニュースは産経新聞の記事から・・・

「メダルが旭日旗連想」韓国が改めて批判 中国反対

とあったので、中国も反対するのかと早とちりしてしまった。
しかし、良く読んでみると、中国は韓国に反対したのだった。

産経ニュース(2019/9/12)
「メダルが旭日旗連想」 韓国が改めて批判 パラ選手団長会議


2020年東京パラリンピックに参加予定の各国・地域の国内パラリンピック委員会(NPC)を対象にした選手団長会議で12日、韓国の代表者が「メダルのデザインが旭日旗を連想させる」という趣旨の主張を展開し、大会組織委員会に対応を要請したことが、関係者への取材で分かった。
 組織委は韓国側に会議の場ではなく個別でやりとりするよう求めた。また、出席した中国の代表者からも「五輪やパラリンピックはグローバルな大会で、政治問題と混同させるべきではない」との声が上がった。
(以下略)

20190912002.jpg

国際パラリンピック委員会のパーソンズ会長は・・・

「伝統的な日本文化を扇で表現しているデザインで全く問題はない。
組織委に対してデザインの見直しを指示するつもりもない」


と韓国の下らない言い掛かりを一蹴した。

中国も反対となぜ早トチリしたかというと、先週、何かと問題の共同通信が韓国には中国を巻き込んだ旭日旗反対の動きがあると報じていたからだ。

共同通信(2019/9/4)
韓国、旭日旗阻止へ中朝と共闘
国会委員長が表明


【ソウル共同】韓国国会の安敏錫文化体育観光委員長は4日、東京五輪・パラリンピック組織委員会が旭日旗の競技会場への持ち込みを禁止しない方針を明らかにしたことに遺憾を示し「過去に(日本の)侵略の被害を受けたアジアの国々、特に中国と北朝鮮を中心とする国際連帯を模索すれば効果がある」と述べ、阻止に向け共闘を目指す意向を表明した。中朝がこうした提案に応じるかは不明。(以下略)

反日仲間を誘って日本を貶めようとする汚いやり方だ。

韓国は日本の輸出管理の適正化を違反だとしてWTOに訴えた。

JCASニュース(2019/9/12)
【日韓経済戦争】再開のゴング、韓国がWTOに日本提訴! 
負けても「勝利宣言」する韓国の論理とは?


疑惑の「タマネギ男」チョ・グク氏の法務部長官(法相)任命問題が混乱を招き、「休戦状態」になっていた日韓経済戦争のゴングが再び鳴り響いた。
文在寅(ムン・ジェイン)政権が2019年9月11日、日本の輸出規制強化が「差別的だ」として世界貿易機関(WTO)に提訴したのだ。韓国メディアは「韓国政府、69日ぶりに剣を抜いた」(ハンギョレ)などと大騒ぎだが、WTOをめぐってはもう一つの「日韓激突」も話題になっている。

(以下略)

韓国も日本をホワイト国から除外したからお互い様だ。
それとWTOの結果が出るまで数年かかる。それまでに韓国企業は干上がっていることだろう。
さらに言えばWTOは今年11月に要員不足で解散するという噂もある。

いずれにしても韓国に勝ち目はないだろう。

「韓国人は」と言えば人種差別ヘイトになるから、「韓国という国は」本当にイヤらしい国だ。

海上自衛隊の艦隊は旭日旗を掲揚して韓国に入港するなとか、サッカー選手が日本人を侮辱したのは応援席に旭日旗があったからだと嘘を付いたりとか、とにかく日本のやることなすことにイチャモンを付ける。

それで日本に対して優位に立った積りだろうが、それは劣等感の裏返しであり、むしろおのれを貶めていることに気が付かない。

安倍首相は11日の内閣改造首相会見で・・・

20190913001.jpg

「韓国側から日韓請求権協定の一方的な違反行為など国家間の信頼を損なう行為が残念ながら相次いでいる。
政府としては国際法に基づいて、韓国側の適切な対応を求めている。
これまで通り、韓国にはまず我が国と国との約束を守って頂きたい


と韓国を厳しく批判した。
新閣僚の布陣は韓国許すまじの布陣とも言える。

余談ながら、菅官房長官が新閣僚を発表した時に閣内を移動する閣僚を「横滑り」と言ったのには驚いた。
「横滑り」とは世間の俗な言い方と思っていたからである。
「滑る」というのは語呂が悪いから「閣内移動」とか言えば良かったのではないかと。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2




テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:02  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2019.09.12 (Thu)


内閣改造 各紙社説を比較検証する


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

憲法改正に反対の朝日・毎日、急げと読売・産経 

 安倍首相の内閣改造発表から一夜明け、各紙社説はどう論じたか見てみよう。
一言で言えば、朝日・毎日は憲法改正反対、読売・産経は憲法改正を急げという論調であった。

朝日新聞はまだ執念深くモリカケ問題を提起し、関係者の登用を批判し、「憲法改正への挑戦」は間違っていると結語した。
石破派からの登用が無いとクレームをつけたのも反安倍体制を支持している証拠である。

朝日新聞
安倍新体制「挑戦」課題を見誤るな


閣僚19人中17人を交代させ、うち13人が初入閣というものの、刷新のイメージよりは、側近の重用と派閥の意向に配慮した内向きの論理が際立っていると言わざるをえない。
(中略)
森友問題で公文書改ざんという前代未聞の不祥事を起こした組織のトップである麻生氏に対し、社説は繰り返し、政治責任をとって辞職すべきであると主張してきた。続投を決めた首相の判断は承服できない。
 それに加え、首相は今回、加計学園の獣医学部新設問題への関与が取りざたされた側近の萩生田光一・党幹事長代行を文部科学相に起用した。森友・加計問題は、いまだ真相が解明されていないというのに、既に「過去のもの」と言わんばかりだ
(中略)
 政治信条の近い議員の登用は萩生田氏ばかりではない。首相補佐官から1億総活躍相として初入閣した衛藤晟一氏は、新憲法制定を掲げる保守系の運動団体「日本会議」に中心的に関わってきた。総務相に再任された高市早苗氏については、前回、放送局が政治的な公平性を欠く放送を繰り返したと判断した場合、電波停止を命じる可能性に言及し、放送への威圧と批判されたことを忘れてはなるまい。
一方、総裁選で争った石破茂・元幹事長の派閥からの起用はゼロだった。

(中略)
首相は組閣後の記者会見で、新内閣が取り組む「挑戦」について、全世代型社会保障への転換など内外の諸課題を挙げたうえで「その先にあるのは憲法改正への挑戦だ」と語った。しかし今、国民の間に改憲を期待する機運があるとは思えない。党総裁としての残り任期2年の間に何を成し遂げるか、挑戦する課題を見誤ってはいけない。

毎日新聞は女性・女系天皇を認めない右翼中心のメンバーだと批判。
憲法改正が進まないのは首相が国会を軽視したからだとチンチンカンな論評。
憲法改正を阻もうとする反日メディアとそれに乗じた「野党の国会軽視」が原因だろう。

毎日新聞社説
安倍内閣の大幅改造 本気で懸案の「仕上げ」を


新内閣が仕上げるべき懸案の一つがアベノミクスの出口に道筋をつけることだ。
(中略)
その責任は首相と麻生太郎副総理兼財務相にある。
(中略)
男系男子による皇位継承を絶対視する右派団体「日本会議」の中心メンバーで首相側近の衛藤晟一、萩生田光一両氏を入閣させたことは、女性・女系天皇を認めないスタンスを打ち出したように映る
(中略)
しかし、これまで憲法論議が進まなかったのは安倍政権の強引な国会運営が野党の反発を招いたからだ。まずは首相が国会審議を軽視する姿勢を改めるべきではないか。

読売新聞は社会保障制度改革の必要性を認めた上で、「憲法論議の環境整えよ」と憲法改正の必要性を主張し、非協力的な野党を批判した。

読売新聞
安倍再改造内閣 総仕上げへ戦略的に挑め


衆参両院の憲法審査会は、与野党の対立で建設的な議論ができない状態が続く。国の最高法規について不断に論じるという役割を蔑ないがしろにしてはならない
(中略)
立憲民主党などは、安倍政権下では憲法論議に応じないという姿勢を改めるべきである。

産経新聞は憲法改正を急げと新内閣に注文をつけた。

産経新聞社説
【主張】内閣改造 憲法改正に不退転で臨め 悪化する国際情勢に備えよ


安倍首相は自民党総裁任期があと2年である。自身に残された課題解決の時間はないという危機感を持ち、国益に資する政策を果敢に遂行してもらいたい。
中でも、最も重要なのが憲法改正に向けた取り組みである

(中略)
安倍首相は参院選後の会見で、憲法改正について「少なくとも議論すべきだという国民の審判は下った」と語った。ならば首相自らが先頭に立ち、改正の重要性を丁寧に国民に説明していく必要があろう。憲法改正の手続きを定めた国民投票法改正案は一歩も前に進んでいない。議論すらしないというのでは、与野党とも政治の無責任が極まる。職務怠慢だ。
 憲法改正の核心は、「戦力の不保持」を定めた9条2項の改正である。その前段として憲法に自衛隊を明記することは大きな意義がある。

以下、中露外交を仕切りなおせと注文をつけたが、韓国に関しては完全スルーした。当
然である。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2




テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

09:31  |  -新聞  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT